ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

2014年 04月 21日 ( 1 )

4/20日記

オークスの1着賞金は9700万円。
一方、日本ダービーは2億円。

今期POGりんの結末において、この差がドラマを生むのか?
そして私は今も、ミッキーアイルのダービー出走を密かに願っている。
マイルCの後、「馬の生涯に一度だから」とかいう方向で。

今朝は9時過ぎに起床。
例の如く先に起きていたオッサンは朝食のため外へ。
ジャパネット口座のキャッシュカードを渡し、オッサンと、オッサンに馬券購入を頼んだ警備会社の人の馬券資金を入金してくるよう依頼した。
自分のことは自分でせんかい、というか、せっかくカレーを作ったのだから、余計な外出と出費は避けたかった。

ほどなくして福島の1Rが発走。
前夜買いしておいた阪神2Rまで、そして中山2R以降の馬券。
まったく当たらず。
中山5Rまで、すべてのダート戦で9連敗。

朝、昼とカレーを食った。

福島6Rで連敗脱出。
b0096101_23141568.png

上位人気3頭で決まった何てことない馬券だが、この絞りっぷりは我ながらイケてる。

その後、福島連勝。
b0096101_23161276.png

今日はイマイチ煮え切らない馬券格闘だったが、昨日今日と福島に救われた。

その後の的中は二つ。
b0096101_2320066.png

b0096101_23201155.png

阪神の最終で打ち止め。
PATの残は9千円で終了。
本日はマイナス6400円。
土日トータルでプラス3千円。
平和である。

数えてみたら、この土日で計40レースの馬券を買った。
的中は10レース。
私が持っている基準的中率(約18%)を少し上回っている。
ただ、爆発的には勝てていない。
もう少し的中率を下げてでも、踏み込んだ穴から買う必要があるかもしれない。
とは贅沢な話か。

17時過ぎ、オッサン退散。
貸している14000円と携帯代の9千円。
帰り際、来週末までに少なくとも13000円は返して欲しいと伝えた。
残りの1万円は来月の上旬、10日頃まで待ってもいいと思っている。
なぜなら、来月の13日に東サラの引き去りがあるから。
今月、支払いをスルーしたので、次回は2ヶ月分が落とされる。

例の如く、夕方以降はPOG関連の更新業務。

19時半頃、作業を終えたところで外へ。
先月あたりか、「次の給料が入ったら座椅子を新調しよう」と考えていたのを思い出した。
セブンでSBI口座から1万円を出金。
職場近くのホームセンターへ。
割と閉店間際。
2千円で売られていたそれっぽい座椅子を購入。
ホントは5千円ぐらいの、ちょっといいやつを買おうと思っていたのだが、ついつい安物買いの血が騒いでしまった。

帰宅して、20時半頃にカレー。
昨日の夜、そして今日の朝昼晩で食い尽くした。

その後は比較的ボンヤリと過ごしている。

来週から始まる東京開催。
馬券的に苦手意識があるのだが、この時期は裏開催が福島→新潟と続く。
特に新潟のダートは得意イメージがある。
しかしながら、JRAのHPで断面図を見ると、新潟は「ザ・平坦」みたいなコースで、私が常日頃言っている「タフなダート」のイメージとは程遠い。

この得意イメージとコース形態のギャップはどこから生まれるのだろう?
ヒントを得るべく半笑い氏の著書を本棚から引っ張り出してみた。
なるほど、ちょっと分かった。

新潟ダ1200の話だが、平坦のスピードコースであるが故、テンに掛かる負荷が厳しい。
「中盤」という概念がほぼ存在しない1200において、テンの速さはそのまま「レース全体の厳しさ」に繋がる。
すなわち「時計が掛かる」=「レースレベルが下がって低指数の馬が足りてしまう」という現象が起きにくい。

ちなみに、指数研究者の私が主戦場とするダ1000~ダ1900の中で最も苦手意識を持つ距離は1400である。
この距離、どうも時計が遅く出るレースが多く、限界能力的に少し足りない馬が突っ込んでくることも多い印象。
きっと1400って、スプリント系の領域なのに「プチ中盤」、それも「ユルみやすい中盤」が存在するのだと思う。
ジョッキー心理として、1000とか1200だと「えい、行き切ってしまえ」ってなるものが1400だと「最後、タレたら嫌だから、少しでも息を入れておこう」みたいなのがあるんじゃないか。
1200から1400へ転戦してくる馬も多いし、ジョッキーは「いかに折り合って脚を溜めるか。それが技術ってものだろうよ」みたいな意識を持っているようにも思う。

「中盤がユルむ」ということは、ダート戦特有のサバイバル的要素が薄れることに結びつく。
サバイバルレースになると、指数を持っていない馬や昇級初戦の馬は勝手に脱落してくれる。

ちなみに、この中盤論は「逃げ・先行馬が多いからハイペース」みたく単純な話じゃないから難しい。
前に行く馬が多くても、序盤で隊列が決まれば中盤で息が入ってしまうこともある。

まあそのつまり「レースは生き物」ってことだあね。

明日は遅番勤務。
どうせ昼前まで寝てしまう。
あんまり寝過ぎると明日の夜が眠れなくなる。
だから、今夜はそれなりに夜更かししてから寝る。

んではまた。
[PR]
by efurin | 2014-04-21 00:16 | 日記 | Comments(0)