ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

3/24日記

「と、思いきや・・・」というやつである。
早とちりは私の悪い癖。

昨夜、日記を更新した後、2時頃だったかに隣人が帰宅。
特に騒ぎ出すことは無かったが、「あ、逃げてねえじゃん」と。

3時半頃だかに寝た記憶がある。

今朝は10時ちょうどに目が覚めた。
アラーム無しで。
毎度お馴染み、洗濯機を回してからの二度寝。
これがまた、いつもに増して深く寝入ってしまった。

12時半、携帯の着信音で起床。
津里氏から。
「オースミイチバンが勝った」と。
50分ほど話した。
この電話が無ければ、下手すりゃ4時頃まで寝ていたかもしれない。

2時前、衣類を抱えて外へ。
コインランドリーの機械を回し始めたところでマンションの管理会社より着信。
こちらもちょうど連絡しようと思っていた頃合だった。
とりあえず、隣が在宅している旨を報告。

この件に関し、何やらマンションのオーナー氏が酷く憤慨してくれているらしい。
「真面目にしている側が出て行くのは絶対に許せない。えふさんにはぜひ住み続けてもらいたい」
とおっしゃられていることを伝えられた。
また、隣人に対しては強硬な姿勢で退去を迫るよう、担当氏に指示が出された。
何やら、オーナーサイドは転居費用の補助として家賃の1ヶ月分を隣人に払う用意があるらしく、管理会社も別の住居を斡旋するにあたり、あれこれ便宜を図るとのこと。
あんなクソ爺さんに対し甘いんじゃないの、とも思ったが、それより、そこまでこちらのことを考えてくれているのか、と感動した。
あらゆるカードを手にして、担当氏も「事が進めやすくなった」と言っていた。
オーナー氏に感謝の念を伝えてもらうよう依頼して終話。

隣のコンビニで弁当を買い、ランドリー内で食った。

2時半頃に帰宅。
PATへネット口座の残6800円を投入。
計3300円を用い、中山10Rと東西重賞の馬券を購入。

中山10Rと毎日杯を外して迎えた日経賞。
小銭バクチ打ちの本領発揮とも言える馬券が当たった。
b0096101_22382262.jpg

今の中山芝がまともな状態ではないことを把握できていれば、ネコパンチは買う他に無い。
人気のルーラーシップとウインバリアシオンは共に重馬場実績があり、力を考えても2頭軸として買いやすかった。
などと偉そうに言ってみるが、下手すりゃ寝過ごして買えていなかった可能性もある。

そう思い津里氏に電話。
起こしてくれたことに感謝し、ついでに、そのきっかけとなったオースミイチバンの激走にも感謝。

調子コクことなく中山最終を軽く購入。
b0096101_22412858.jpg

手堅いし安いが構わない。
テレ東の中継内で井森美幸が言っていた。
「プラマイゼロなら儲けみたいなものですからね~」と。
いいこと言うじゃないか。

PATから口座へ43420円を全額出金。
ここで迷った。
元々、今日はベースギターを買うべく中古楽器屋へ行くつもりだった。
だが、いかんせん起きるのが遅く、始動が遅れた。
ヤフオクとかアマゾンで買えばいっか、とも思う。
資金に余裕もできた。

とりあえず急ぐことはあるまい、とPOG記事を書いてから外出。
バスに乗り府中駅へ。

ブラブラと散策し、松屋で中おちカルビのW定食。
990円とは恐ろしく贅沢である。
美味かったから良いが。

ファミマで馬三郎を入手後、ダイソーで300円の財布を買った。
久し振りに新調してみようかと。

バスに乗って帰宅。
重賞予想を手始めに、幾つかの馬柱に指数を転記。

明日は前半戦から勝負どころがある。
中山の3R。
POGりん云々抜きに、⑮ハーコットの軸は固いだろう。
近走の指数が一枚以上違う。
「アタマから買える」とか自信満々に言うと2着に負けそうな気がするので控えておく。
そして、おそらく2番人気に推されるであろう⑥スパークオンアイスを軽視することにより、配当的妙味も生まれるはず。
3戦連続2着の馬だが、どれも牝馬限定で指数的なレベルは低い。
ただ、今回のメンバーもハーコット以外は低調な組み合わせなので、ここでもイヤイヤ来るかもしれない。
だからイヤイヤ買うが、相手には⑫ダッシュファイアーを取りたい。
ヒモ穴方面では①フレンドワンあたりか。

後半では阪神最終の②モエレジュンキン。
④⑧⑫⑮⑯を絡めてどう買うか。

さて、明日はどうしようか。
特にこだわりはないが、やはり手に触れて使う道具は、実物に触れてから買うのがいいように思える。
元々、新大久保駅前の中古楽器屋へ行こうと思っていたのだが、高円寺あたりでもいいような気もする。
新宿の雑踏はめまいがして疲れる。

とりあえず、できるだけ早く起きよう。
月曜が9時出勤ってのもあるし。

それではまた明日の晩。
[PR]
by efurin | 2012-03-24 23:21 | 日記 | Comments(0)