ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

3/23日記

不戦勝みたいなものか、これは。

今朝は7時55分に起床。
8時14分の南武線。
微妙な空模様の中、傘を持たずに出たのだが、行き交う人々が皆、傘を手にしているのを見て「ああ、皆さん律儀に天気予報見ているんだな・・・」と感心。

いつものようにファミマで買い物を済ませてから出社。
朝イチから軽いヘマをやらかしたが、まずまず快調に仕事。

5時の退勤前、派遣会社の管理者が来社していることを課長より告げられた。

最後の仕事が押し、5時半に退勤。
会議室にて15分ほどの退社手続き。
3年10ヶ月、長々とお世話になった。
この半年間、派遣の身分として真面目っぽく働いた。
人事担当であるパツンパツンの姉さんもそれを評価してくれ、我が社に次の人材派遣要請を掛けているらしい。
せめてもの恩返しのつもりである。
ただ、(私の前の職場からは)誰も行きたがる人がいないらしい。

6時頃に会社を出た。
軽く雨が落ちていたが、傘が無くても問題ない程度。
ファミマで東スポを買ってから調布駅へ。

準特急に乗って府中駅まで。
「かなで」に行った。
6時台はいつも混んでおるのでいかがかと思ったが、雨のせいかとても空いていた。

食後、しばし駅近辺をフラフラとしてからバスに乗って帰宅。
すぐにPOG記事を書いた。

さて、やはりである。
この3日間、隣に在室の気配がまったく無い。
まだ断定はできぬが、管理会社と音信不通になっている点を合わせると、隣人は逃げた可能性が高いと思われる。

現代の情報化から取り残された老人にとって、「管理会社からの退去命令」そして「隣人(つまり私)からの訴訟予告」のツーパンチ。
これは相当効いたのかもしれない。
以前から書いている通り、少し知識があれば、どちらも開き直って構わない話。
でも、古い人間は「訴訟」「裁判」と聞くだけで怖気づくのも無理はない。
無論、私も「訴訟を起こそう」などと思い立ったのは人生で初のことだが、それとて「日記のネタになりゃいいや」ぐらいのライト感覚。

ソッと逃げる理由。
これは私にもよく理解できる(した事はないが)。
この手の敷金礼金ゼロ物件は、退去時に結構な金が飛んでいく。
(それとて、最近はあまり無茶な請求はされないのだが)
散々っぱら暴れていた隣人である。
結構、部屋のあちこちを損壊していた可能性も考えられる。

あんな年寄りを雇う会社だ。
きっと、住み込みの寮なんかがあるのだろう。

実は私にも、引越しを億劫にさせる似た理由が存在する。
ちょっとした当ブログの読者なら容易に想像が付くことだろう。
煙草のヤニで壁紙が汚れているのである。

とはいえ、まだ何とも言えない。
4~5日の間、自宅を空けることは誰にでもある。
携帯など出たくなけりゃ出なきゃいいだけの道具である。

まあでもきっと、これは不戦勝なのだろう。
義理堅い私には、担当氏の奮闘に報いる義務がある。
更新料を払って住み続けようと思う。
(実際、先のことは分からぬが、少なくとも更新はする)

昨日、「競馬のことをドップリやる」とか書いておきながら、結局ほとんど何もしていない。
重賞予想をやっつけ程度に済ませただけ。

いいんだ。
明日は出掛けるつもりだから。
都心へと向かう。

そんじゃまた。
[PR]
by efurin | 2012-03-24 02:03 | 日記 | Comments(0)