ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

今日、明日のPOGりん

それでは土曜の結果を。

・中京1R 未勝利 ダ1200(16頭)
⑦ビッグビート(ちち・川須)・・・4着

・中京2R 未勝利 ダ1800(16頭)
⑪ブリングスザサン(胴長熊猫・田中博)・・・6着

・中京4R 未勝利 芝1400(18頭)
⑫ロイヤルチョイス(肉まん・中井)・・・5着

・中京5R 未勝利 芝2000(18頭)
④カポーティスター(えふりん・高倉)・・・1着(5.0p)

・阪神1R 未勝利 ダ1800(牝・12頭)
⑤マーチャンテイマー(きばりん・川田)・・・1着(5.0p)
(管理人・・・2600円→2860円)3コロ

・阪神3R 未勝利 ダ1800(12頭)
⑧リーノレオン(安田ろろ・田中健)・・・5着

・阪神4R 未勝利 芝1800(15頭)
⑩リインカネーション(ちち・川田)・・・3着(1.3p)
③ゼログラヴィティー(リッチモンド・池添)・・・5着

・阪神6R 500万 芝1200(10頭)
⑤カルナヴァレ(リッチモンド・幸)・・・2着(2.8p)

・阪神9R ゆきやなぎ賞(500万)芝2400(12頭)
⑩ジャングルクルーズ(えふりん・福永)・・・2着(3.8p)
②トーセンホマレボシ(toki・川田)・・・5着
⑤アルディエス(OM・秋山)・・・12着

・中山5R 未勝利 芝2000(16頭)
⑩ジェノアチャリス(ちち・後藤)・・・7着

・中山6R 新馬 ダ1800(16頭)
④ガーンディーヴァ(ビスコ食べてますから・岩田)・・・10着

・中山11R アネモネS(OP)芝1600(牝・16頭)
⑨クッカーニャ(ちち・武士沢)・・・3着(5.76p)A
②ガーネットチャーム(ちち・三浦)・・・11着
⑦ハッピーシャワー(galvez・後藤)・・・16着

カポーティスターは単勝200円の1番人気。
今日は過去2戦と比べて、それなりに行き脚が良く、先行集団の少し後ろ目あたりを追走。
4角では安易に外へ出さず、といったところでしたが、直線に入ったところで少し前が窮屈に。
それでも馬群の中をこじ開けて抜け出すと、最後は2着馬に1馬身半の差を付けて1着。
スローペースで時計は遅いですが、とにかくフルゲートの中で勝てたのが何より。
相手関係を見定めてレースを選んだ陣営の好判断だったと思います。
管理人は3頭目の勝ち上がり。
上位にいる割に少ないですが、これで牡馬3本柱が・・・とでも言っておきます。

マーチャンテイマーは単勝170円の1番人気。
まずまずのスタートから行き脚も付いて前へ。
道中は逃げた馬の半馬身ほど後ろを大名マーク。
砂というか泥を被らない絶好の位置取りでした。
直線に入るとサッと後続を突き放し、最後は2着馬に3馬身半の差を付けての快勝。
芝での詰めの甘さをダートで補ったとも言えますが、それ以前にこのメンバーでは能力の元値が違った。
今後、また芝に戻るかダートで続戦か注目したいところ。
きばりんさんは今シーズン4頭目の勝ち上がり。

ジャングルクルーズは単勝660円の4番人気。
スタートから後方に控え、道中はスローの中、後方の外目を追走。
じっくりと脚を溜め、馬群が固まった4角でも大外に持ち出して追い込み開始。
前2頭が早めに抜け出したところ、坂に入って猛追。
最後はマイネルテンクウをハナ差交わして2着。
距離適性を示してくれましたし、どうにかダービーに間に合ってもらいたい馬です。

カルナヴァレは単勝640円の4番人気。
ポンと好スタートを切った後、内枠の馬を先に行かせ、道中は前2頭と少し距離を置いた3番手追走。
直線に入り、外から抜け出して直線半ばでは一旦先頭に。
最後は勝ち馬に差されてしまい、内から伸びた3着馬にも交わされそうでしたが、最後は差し返して2着確保。
いきなりクラスのメドが立ちましたし、1000~1200なら相手なりに走れそうなタイプです。

クッカーニャは122.2倍の15番人気。
OP特別4着馬がこんなに人気薄とは。
スタートはほぼ五分に出て、道中は中団のやや後方。
4角では外を回り、勝ち馬との併せ馬の形から伸びてきましたが、先行したマイネエポナにはクビ差届かず3着。
権利獲得まで僅かだったのですが残念。
馬場がマシな外を通った分の利もあったでしょうが、力のあるところを見せてくれました。

リインカネーションは単勝1890円の7番人気。
スタートは五分に出て、道中は中団馬群の中で折り合いに専念。
直線入口では最内へ潜り込み、しっかりと伸びて上位争いに加わりましたが、勝ち馬にはコンマ2秒及ばず3着。
ただ、4着以下にはきっちりと差を付けましたし、重馬場も苦にしないのが強み。
とにかく不当に人気が低かったと思います。

では、明日の16頭。

・阪神1R 未勝利 ダ1200(牝・16頭)
①アドマイヤラック(えるこん・川田)
⑥アワーグラス(えるこん・岩田)

・阪神5R 新馬 芝1800(16頭)
⑩ロードハリケーン(えるこん・ピンナ)

・阪神6R 500万 ダ1400(16頭)
⑧フェアリーライン(津里俊満・幸)
⑩デアリングプライド(リッチモンド・浜中)

・阪神11R フィリーズレビュー(GⅡ)芝1400(牝・16頭)
④アイムユアーズ(ビエンビエン・ピンナ)
⑦ファインチョイス(カワタカ・池添)
⑧アンチュラス(肉まん・川田)
⑬ラシンティランテ(肉まん・四位)

・中京2R 未勝利 ダ1800(16頭)
⑯サードシアター(肉まん・横山和)

・中京3R 未勝利 ダ1400(16頭)
⑤サザンネスト(カワタカ・長谷川)

・中京5R 未勝利 芝1200(18頭)
⑰マイネサヴァラン(リッチモンド・高倉)

・中京10R 沈丁花賞(500万)ダ1800(16頭)
⑮ウインミーティア(スモグリ・丸田)

・中山2R 未勝利 ダ1800(16頭)
④トーセンセカイオー(メジロマック委員会・横山典)

・中山7R 500万 芝2000(11頭)
③アーカイブ(そらおみ・福永)
⑥スピルバーグ(そらおみ・内田博)

アドマイヤラックは前走、2/12の京都芝1800でデビューして8着。
マウントシャスタ相手に1秒差なら、まずまず及第点と言える結果。
今回は一気の距離短縮で初ダート。
最内枠を引いてしまったので、スタートで行けるかどうかがカギ。

アワーグラスはデビュー4戦目。
昨秋のデビューから3戦は芝1600~1800を使われて奮わず。
テンに行けない現状なので、今回の距離は厳しいかもしれませんが、母父ブライアンズタイムの血が活きればダートに適性を見せる可能性はあると思います。

ロードハリケーンは、えるこんさんの7位指名馬。
父ディープインパクトの牡馬で、昨年の皐月賞3着馬・ダノンバラードの全弟という血統馬です。
母系の血が出ているのか、ダート向きといった声も陣営から出ておりますが、ひとまずは芝デビュー。
半兄のロードアリエスも含め、ちょっと勝ち味に遅い一族ではありますが、やはり血統的なポテンシャルは高そう。

フェアリーラインは前走、2/11の東京ダ1400で新馬勝ち。
出遅れて後方からの競馬でしたが、直線では豪快な末脚を見せてくれました。
今回は適鞍を求めての関西遠征。
牡馬のクラス実績馬もいるメンバー構成ですが、牡馬以上の馬格を誇る馬ですし、ヒケは取らないと思います。
ただ、スタートは決めたい。

デアリングプライドは前走、デビュー3戦目で初勝利。
二度目のダートと距離短縮で鮮やかな変わり身を見せてくれました。
今回は初の阪神コースとなりますが、前回と同じ距離ですし、直線の坂も苦にしないと思います。
昇級初戦なのでここが試金石となる一戦でしょう。
このクラスにメドを立てられるか。

アイムユアーズが阪神JF2着以来の出走。
過去3走すべて重賞ですが、とにかく崩れないのが身上。
最後はきっちりといい脚で伸びてきます。
既に桜花賞出走への賞金は足りており、ここは叩き台の意味合いを含むかもしれませんが、能力的には当然、最上位クラス。
芝1400はファルブラヴ牝馬が得意な印象があり、実際にこの距離の重賞を勝っておりますし。

ファインチョイスは前走、阪神JFで11着。
スタートが良過ぎて、押し出される形で前に行かされたのが痛かった。
ただ、もしかしたら距離の問題かもしれず、その意味でも今回の距離短縮は良さそう。
元はと言えば、ファンタジーSの1番人気馬ですし、そこでも崩れていないので、GⅠ惨敗ぐらいで見限るのは早計。
こちらも桜花賞の賞金は足りておりますが、ここで巻き返しておきたい一戦でしょう。

アンチュラスは阪神JFで5着。
ディープ牝馬ですが、パワフルな先行力を持ち合わせており、坂のあるコースも苦にしない。
実際、今回のコースで勝ち鞍がありますし、前走のGⅠでも崩れておらず、コース適性は強みでしょう。
ファンタジーS2着の賞金があるとはいえ、現状、本番の出走は微妙なところなのでここで権利を獲っておきたいところ。

ラシンティランテは前走、フェアリーSで6着。
その前の阪神JFでは15着に大敗しましたが、この馬もファインチョイスと同様、前に壁が作れず掛かり気味に行かされたのが痛かった。
前走は上位大混戦の結果でしたし、やはり能力は秘めております。
折り合いが課題の馬なので、ちょっと外目の枠が痛いところですが、距離短縮は良さそうです。

サードシアターはデビュー7戦目。
2歳戦の4走は常に掲示板前後を確保し、そこそこいいところを見せておりましたが、年明けの2戦が二桁着順続き。
前走が連闘だったので、今回はその影響が心配されますが、きっちりと間隔を取っているので大丈夫でしょう。
減量効果でどこまでやれるか。

サザンネストは5ヶ月の休み明け。
デビューから2戦は芝の1800と1600を使われておりましたが、父タイキシャトルで今回の条件はいかにも向きそう。
牡馬としては馬格が無い部類なので(前走432キロ)、今週末の脚抜きの良い馬場も好条件かもしれません。
一発あるかもしれません。

マイネサヴァランはデビュー4戦目。
夏の新潟デビューから、思うように使えていない現状です。
今回も2ヶ月のレース間隔ですが、元々、マイネルの評判馬ですし、左回りの芝短距離という条件は新馬4着当時と同じ。
1キロでも減量があるのは有利ですし、ここは見せ場以上も。

ウインミーティアは前走、2/12の京都ダ1800で未勝利脱出。
2着にコンマ6秒差を付ける強い勝ち方でした。
フィリーズRにも登録があったのですが、出走は厳しく自己条件に回ってきました。
今回は牡馬相手の昇級戦ですが、前走は2着と3着も大きく離れた結果で、その勝ちっぷりからいきなり通用していい。
それほど抜けて強い相手もおりませんし。

トーセンセカイオーはデビュー4戦目。
デビュー2戦目の中山ダ1800で2着に来て、その後が期待されましたが、前走の東京ダ1600では7着。
相手関係もあるでしょうが、現状、中山向きなのかもしれません。
その意味で今回のコースは魅力ですし、巻き返しの可能性も十分。
今シーズンも残り2ヶ月半、そろそろ初勝利を・・・。

アーカイブは先週の弥生賞で10着。
現状、GⅡでは家賃が高かった。
今回の連闘はある程度想定内らしく、この厩舎のお得意さんである鞍上を確保。
いかにも東京向きのディープ産駒という感じもしないでもないですが、それでもこのクラスなら。
ここ2戦の重賞経験を活かしてもらいたい。

スピルバーグは前走、共同通信杯で惜しい3着。
ディープブリランテにハナ差及ばず、賞金加算が叶わなかったのは残念でしたが、相手関係からすれば価値は高い。
無論、このクラスの平場戦なら格上的存在。
過去3戦すべて東京コースで、こちらもディープ産駒で中山コースと馬場状態がどう出るかですが、そんなことは言っていられない一戦でしょう。
[PR]
Commented by きばりん at 2012-03-10 19:26 x
マーチャンテイマー勝ちましたね(^^♪
久々の勝利、ああよかった~
競馬場に置いてある「ファンファーレガチャ」をこの前からやっていますが、京都・阪神の一般レースのファンファーレがダブって3個になり、途方に暮れています(;∇;)欲しい方、お譲り致します(っていらないか)
Commented by efurin at 2012-03-10 19:34
きばりんさん・・・マーチャンテイマーの初勝利おめでとうございます!
本文にも書きましたが、初ダートとかへったくれもなく、ここでは力が違いました。
期間内にもう一つは勝ってもらいたい馬です。
では、そのファンファーレは私が桜花賞当日に貰いましょう。
それもこれも明日の結果次第であります。
by efurin | 2012-03-10 16:15 | POGりん | Comments(2)