ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

今日、明日のPOGりん

では土曜の結果を。

・東京1R 未勝利 ダ2100(16頭)
⑨トーセンオウジ(メジロマック委員会・田中博)・・・16着

・東京5R 未勝利 芝1800(16頭)
⑧リバーオリエンタル(せつな・吉田豊)・・・8着

・東京10R ヒヤシンスS(OP)ダ1600(16頭)
⑮ゲンテン(謎男・福永)・・・2着(7.2p)
⑤マシュマロ(安田ろろ・C・デムーロ)・・・10着

・京都2R 未勝利 ダ1800(16頭)
⑫リーノレオン(安田ろろ・国分恭)・・・8着

・京都4R 新馬 ダ1800(16頭)
⑧スマートファミリア(胴長熊猫・秋山)・・・4着

・京都5R 未勝利 芝1600(16頭)
⑥マーチャンテイマー(きばりん・藤岡佑)・・・3着(1.3p)
③リインカネーション(ちち・川田)・・・4着
⑮アルアマーナ(えふりん・国分恭)・・・9着
⑬チュウキチ(平田・武豊)・・・13着

・京都9R こぶし賞(500万)芝1600(14頭)
⑤クッカーニャ(ちち・藤岡佑)・・・5着
④マデイラ(肉まん・藤岡康)・・・12着

ゲンテンは単勝2850円の8番人気。
スタートは良かったのですが、すぐにポジションを下げて道中は後ろから2頭目の位置。
直線入口で外に出し、前が止まった残り200あたりから一気に他馬を交わし、勝ち馬と半馬身差の2着まで。
距離不安もあった中、意識して脚を溜めたのが良かったのでしょう。
元より重賞3着の実績馬ですし、人気落ちの気楽な立場も有利に作用したかもしれません。
謎男さんは貴重なOP2着ポイント獲得となりました。

マーチャンテイマーは単勝370円の1番人気。
まずまずスタートも良く、そこそこ行き脚もついて、道中は先行集団の6番手あたり。
直線では軽く外へ出し、しっかりと伸びましたが、前の2頭には離され、どうにかリインカネーションを交わして3着。
ただ、いつも自分の力はしっかり出す馬ですし、今回は牡馬相手の分の3着でしょう。

では、明日の10頭。

・京都1R 未勝利 ダ1800(牝・16頭)
⑪オーファメイ(せつな・中舘)

・京都3R 未勝利 ダ1400(16頭)
⑥デアリングプライド(リッチモンド・中舘)

・京都5R 未勝利 芝2000(16頭)
②ゼログラヴィティー(リッチモンド・安藤勝)
④イクオリティ(toki・松山)

・京都7R 500万 ダ1800(16頭)
①ウイニングサルート(伊藤開示・安藤勝)
(1700円・・・管理人)
⑨ハギノタイクーン(galvez・国分優)

・東京4R 未勝利 芝1600(16頭)
⑮ライズアゲイン(そらおみ・蛯名)

・東京9R セントポーリア賞(500万)芝1800(16頭)
④ヴァリアシオン(せつな・藤岡佑)
⑪オコレマルーナ(フレンチサラダ・福永)
⑯ボーイフレンド(カワタカ・岩田)

オーファメイは2週前、京都のマイル戦でデビュー。
着順こそ6着でしたが、勝ち馬とはさほど差は無く、初戦としては上々の内容でした。
父ディープの血統的にも芝で続戦と思われましたが、ここでダート投入。
藤原英厩舎は最近、この手のパターンが多いですが、芝の未勝利戦がハイレベルだからでしょう。
軽く湿ったダートは好材料かもしれません。

デアリングプライドはデビュー3戦目。
初ダートとなった前走(ダ1800)は6着。
勝ち馬とは2.3秒離されましたが、そこそこ前に行けたのは良かった。
今回はダート2戦目の慣れも見込めますし、ダイワメジャーの距離短縮で。

ゼログラヴィティーは前走、1/29の京都2000でデビューして3着。
スローペースの中、後方から伸びてきた脚が印象的でした。
今回も引き続き同じコースですし、今の芝中距離未勝利としては強い相手も数頭なので、ここでも上位争いになるはずだと思います。
シンボリクリスエスの叩き2戦目で。

イクオリティは前走、2週前の小倉2000でデビューして4着。
9頭立てでの結果なので過信はできませんが、ある程度の素質は見せてくれました。
今回は中央場所のフルゲートで、前走より相手関係は厳しいと思いますが、ダーレーの良血馬ですし、上位争いに加わってもおかしくはないはず。
時計をどこまで詰めることができるか。

ウイニングサルートはデビュー7戦目。
前走は昇級初戦でいきなり2着。
ダ1800を使われ続け、この条件で着実に力を付けていることを見せてくれました。
今回は連闘後の中1週となりますが、それだけ体調がいいということですし、ここも力を出し切れば差は無いはず。

ハギノタイクーンはデビュー5戦目。
約2ヶ月半の休み明けだった前走で3馬身差の鮮やかな初勝利。
高いダート適性を示してくれました。
今回は昇級初戦ですが、前走の内容ならいきなりから好勝負になると思います。

ライズアゲインは前走、2/4の東京1800でデビューして2着。
父ディープながら、そこそこ馬格があるタイプで、前々から攻めることができる馬です。
半兄キングレオポルドという血統面からしても、今回の距離短縮は悪くないでしょう。
そこそこメンバーは揃いましたが、ここでも十分、上位争いになる。

ヴァリアシオンはデビュー4戦目。
11/26に東京芝マイルで新馬勝ちの後、500万クラスでは12、9着と冴えず。
ただ、今回は条件が新馬勝ち当時と近いので、もう少しはやれていいと思います。
相手関係も特別戦としては、さほど厳しくないので。

オコレマルーナは前走、11/27のベゴニア賞で2着。
今回は2ヶ月半の休み明けとなりますが、このクラスでは明らかに力量上位。
デビューから3戦すべて東京コースで馬券圏内を外しておらず、走り慣れたコースで今回も崩れなさそう。
休み明けの影響さえ出なければ勝ち負け。

ボーイフレンドは前走、浦和の中央交流戦で1着。
デビュー8戦目での初勝利となりました。
前走が5馬身差の圧勝だったので、ダートで続戦かと思いましたが、ここで芝の特別戦というあたりが、いかにも森厩舎っぽい。
ただ、芝でも連対実績があるので、そこそこには。
[PR]
by efurin | 2012-02-18 20:14 | POGりん | Comments(0)