ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

今日、明日のPOGりん

かなりの好調っぷりでした。

・東京1R 未勝利 ダ1400(16頭)
⑤フォルテリコルド(スモグリ・蛯名)・・・1着(5.0p)
(管理人・・・1000円→1400円)

・東京2R 未勝利 芝1600(13頭)
⑥サトノレオパード(ビスコ食べてますから・横山典)・・・2着(2.0p)

・東京9R 百日草特別(500万)芝1800(9頭)
⑤ベストディール(えふりん・蛯名)・・・1着(10.0p)
⑧サトノプレジデント(フレンチサラダ・北村宏)・・・4着
③マイネエカテリーナ(九官鳥・松岡)・・・9着

・新潟1R 未勝利 ダ1200(15頭)
⑧ボーイフレンド(カワタカ・松田)・・・6着

・京都11R ファンタジーS(GⅢ)芝1400(牝・17頭)
⑫アイムユアーズ(ビエンビエン・メンディザバル)・・・1着(30.0p)
③アンチュラス(肉まん・川田)・・・2着(14.4p)A
⑤ファインチョイス(カワタカ・岩田)・・・3着(7.5p)


アイムユアーズは好スタートから、すぐに抑えて中団の外目を追走。
終始、馬群の外を走っておりましたが、上手く折り合いもついておりました。
4角手前で各馬、鞍上の手が動く中、手応え良く馬なりで徐々に捲り上がり直線へ。
最後は大外から豪快に伸びて差し切り勝ち。
1馬身1/4差を付けての快勝でした。
直前輸送の影響が心配されましたが、追い切りでしっかり動きつつプラス4キロと馬体重が増えていたぐらいで、陣営の調整が上手くいったのと、馬自身に精神力の強さがあるのだと思います。
ビエンビエンさんは08年10月のデイリー杯2歳S(シェーンヴァルト)以来、3年振り2回目の重賞制覇。
おめでとうございました。

アンチュラスは今回も前々の競馬。
インの3番手を追走。
直線ではコースの真ん中やや外目に持ち出され、途中からファインチョイスとの併せ馬の形に。
なかなかファインチョイスを交わせませんでしたが、最後はハナ差だけ前に出ておりました。
勝ち馬の決め手には屈しましたが、これまで同様、ディープ牝馬らしからぬ力強い先行力を見せてくれましたし、何より賞金加算できたのが大きいでしょう。
京都より阪神向きのタイプに思えますし、阪神JFから桜花賞にかけても面白い存在だと思います。
肉まんさんは着々と強力な布陣を築いております。

ファインチョイスは馬群の中、好位を追走。
直線入口では、いかにもこの鞍上らしく、アンチュラスと入れ替わるようにインへ。
アンチュラスの内から馬体を併せて叩き合いましたが最後は3着。
跳びがキレイな馬で、雨で若干滑る馬場も影響したらしいです。
レース後、距離はマイルまで問題ないとのコメントも出ておりますし、阪神JFへの叩き台としてはまずまずの結果だったと思います。

単勝200円の1番人気に推されたベストディール。
ちょっと危うい感じのスタートでしたが、ほぼ五分に出てすぐに4番手の位置へ。
3~4角にかけて徐々に外からポジションを押し上げ直線へ。
残り400で先頭に立つと、スッと後続を引き離して2馬身差の1着。
まさに横綱相撲と言える内容でしたし、ペースの割に1.48.5の勝ち時計はなかなかの好タイム。
上がりも33秒台を使えましたし、これは今後が楽しみになる1勝だったと思います。
いやはや良かったです。

フォルテリコルドは単勝550円の2番人気。
好スタートから手綱を押しておりましたが、すぐに抑えて番手追走。
逃げた断然人気のドラゴンプライドをビッシリとマークする形で直線へ。
直線でいったんはドラゴンに離され、かなりしぶとく粘り込まれましたが、ラスト100を過ぎてからようやく交わして3/4馬身差の1着。
初ダートだった前走みたいな重馬場ではなく、今日のような力を要する良馬場の方が持ち味が活きる感じです。
スモちゃんは今シーズン4勝目。
5頭デビューして4頭勝ち上がっているあたりがさすがであります。

サトノレオパードは、ゆっくりとしたスタートから、すぐに置かれてしまい、道中はまさにポツンと離された最後方を追走。
3、4角の間から加速していきましたが、直線入口でもまだかなり後ろの位置でした。
しかし、外へ持ち出されると鋭く伸び、最後は3/4馬身まで迫っての2着。
気合いをつけてハナに立った前走とは真逆の内容でしたが、とにかく極端な乗り方が合うタイプなのでしょうか。
いかにもウォーエンブレムといった感じではありますが、ポテンシャルはなかなかのものを持っていそうです。

では日曜の12頭。
(東京6R、ビスコ君のアルフェロアは出走取消)

・東京1R 未勝利 芝1600(牝・11頭)
⑩トゥルーマートル(リッチモンド・吉田豊)

・東京3R 未勝利 芝1400(16頭)
⑤ウィケットキーパー(伊藤開示・蛯名)

・東京5R 新馬 ダ1400(16頭)
⑤ダイワミストレス(胴長熊猫・横山典)

・東京6R 新馬 芝1800(10頭)
⑦ダイワネクサス(そらおみ・北村宏)

・東京7R 500万 ダ1400(11頭)
③ヴィンテージイヤー(リッチモンド・田辺)

・京都1R 未勝利 芝1400(牝・17頭)
⑰エーシンエムディー(ビエンビエン・岩田)

・京都3R 未勝利 芝2000(12頭)
④テイエムオペラドン(カワタカ・和田)
⑦ダノンムーン(toki・岩田)
⑩プレザントライフ(ビスコ食べてますから・福永)
⑪ダノングーグー(えふりん・北村友)

・京都5R 新馬 芝1800(13頭)
①エックスマーク(galvez・福永)

・新潟1R 未勝利 芝1000(18頭)
⑮カルナヴァレ(リッチモンド・太宰)


トゥルーマートルは前走、10/8の東京芝1600でデビューして7着。
外を回らされつつ直線入口では見せ場もありましたし、まずまずの内容だったと思います。
当時の3着馬(パストフォリア)は、その後すぐに勝ち上がりましたし、そこからコンマ5秒差というのも悪くないでしょう。
ただ、いかにも中山向きのネオユニヴァースといった風情もあり、引き続きの東京コースでどうか、というのはあります。
ただし、今回も牝馬限定戦ですし、頭数がフルゲートから11頭に減るのも好材料なのでぜひ上位に食い込んでもらいたい。

ウィケットキーパーはトゥルーマートルと同じ新馬戦で6着。
こちらは中団から競馬を進めましたが思ったほどは伸びず。
開幕週の馬場でタキオン産駒らしい切れが見られると思っていただけに残念でした。
ただ「前の馬を交わそうとしない」といったコメントが見られるように、多分に気性面が関係しているような感じですし、このあたりは一度競馬を使われて変わってくるのではないでしょうか。
今回は牡馬相手となりますが、距離短縮でピリっとした面が出てくれば面白いと思います。

ダイワミストレスは胴長さん5位指名の牝馬。
8/21のダイシンキャンディ(引退)以来、待ちに待った今シーズン2頭目のデビュー馬となります。
父がここまで好調の新種牡馬ダイワメジャーで、母父がホワイトマズルというなかなか面白い血統馬であります。
母のサウンドバイトは現役時代1勝のみでしたが、その勝ち鞍を挙げたのが東京のダ1600。
9月中旬から美浦で入念に乗り込まれてきたみたいですし、10/20には坂路で51秒台を出されております。
初仔であることも含め、未知の部分が大きい存在ですが、どんな走りをするか見守りたいところ。

ダイワネクサスは、そらおみさんの6位指名馬。
これで6頭目のデビュー馬となります。
父ジャングルポケットの牡馬で、母は言わずと知れたスカーレット一族のダイワルージュ。
全兄がOPで活躍中のダイワファルコンという良血馬であります。
こちらも9月初頭から2ヶ月、一度も放牧に出ることなくしっかりと乗り込まれており、万全の態勢で迎えるデビュー戦だと思われます。
やはり出たとこから期待を集める存在ですし、初戦から恥ずかしい競馬はできないでしょう。
走ってみないと分かりませんが、ジャンポケ×SSの配合は管理人も好きなので注目しております。

ヴィンテージイヤーはデビュー3戦目。
昇級初戦となった前走プラタナス賞では強力メンバーの中で4着。
勝ち馬からは1.3秒離されましたが、これは相手が強すぎた。
この馬なりに良く走っていたと思います。
今回は平場戦ということもあり相手関係も一気に楽になりそうですし、輸送も2回目で慣れが見込めるでしょう。
追い切りの坂路でも好タイムが出ておりますし、スムーズなら上位に割って入ってくるのではないでしょうか。

エーシンエムディーは6/26の阪神芝1400でデビューして3着。
その後3ヶ月の放牧に出され、今回が約4ヶ月半振りの復帰戦。
前走は勝ち馬(ニンジャ)からコンマ8秒離された結果でしたが、当時4着だったアルアマーナがその後、未勝利で堅実に駆けておりますので、未勝利を勝つ力は十分に持ち合わせているはずでしょう。
相変わらず坂路で動けておりますし、久々でも走ってきそうな気配はあります。
ただ、ちょっと大外枠は気になるところ。
本日、重賞勝ちを果たし、一気に首位に詰め寄ったビエンさん。
勝てば首位浮上となる注目の一戦であります。

テイエムオペラドンは前走、10/8の京都芝1800でデビューして10着。
開幕週の超高速馬場、外回りの瞬発力勝負では分が悪かったかもしれません。
ブービー負けではありましたが、勝ち馬から1.5秒差と、そこまで大きく負けたわけではないので、内回り2000で、ある程度変わる余地は残していると思います。
いきなりポイント圏内ともなるとちょっと厳しいかもしれませんが、テイエムオペラオー×テイエムオーシャンという夢の配合馬ですので、ぜひ健闘してもらいたい。

ダノンムーンはオペラドンと同じレースでデビューして3着。
勝ち馬からはコンマ4秒差でしたが「外を回った分の差」と岩田Jがレース後にコメントしておりましたし、力負けではなかった感じでした。
先週、当時の2着馬(ピュアソウル)が未勝利を勝ち上がりました。
一度使われて調教の動きも良くなったみたいですし、ここも引き続き上位争いの競馬になると思います。
ダービー馬の兄・エイシンフラッシュも勝ち上がりはデビュー2戦目の京都2000でしたし、同じ道を辿ることができるか。

プレザントライフはデビュー3戦目。
阪神マイルの新馬戦で3着後、期待を集めた前走は5着。
ここまでの2戦は外回りコースでしたが、1600、1800ときて今回は更に距離延長の内回りコース。
父シンボリクリスエス、半兄・ヒカルカザブエという血統からして、このぐらいの距離の方が良さそうですし、切れ勝負の外回りより内回りの方が向く可能性もあると思います。
素質はそれなりに高いものを持っている馬だと思いますし、相手関係で手強そうなのも数頭しかいないメンバーですので、上位争いを期待できそう。

ダノングーグーは3週前の京都マイル戦でデビュー。
1番人気ながらブービーの11着に敗れました。
ただ、パドックでの入れ込みが半端なかったらしく、馬っ気を出してそれはもう大変だったようです。
なので、まずは当日に落ち着いて競馬へ臨めるか、現状ではそれがすべてだと思います。
能力は持っていると思いますし、二度目の競馬で入れ込みが少しはマシになることを願います。
エース馬だけに、マジお願い。

エックスマークはgalvezさんの2位指名馬で牡馬エース。
父はディープインパクトで、半兄が現3歳のショウナンバーズ。
ドラフト前に評判が高かった馬で、早期デビューも予定されておりましたが、あれこれあってここまでデビューが遅れました。
ただ、まったく遅いという時期でもないので、今からなら十分クラシックにも間に合います。
この距離の外回りコースですし、ディープ産駒にはもってこいの舞台設定。
最内枠なので早めに外へ持ち出せれば、と思います。

カルナヴァレは2週前の新潟1000で2着。
元々、北海道の3戦で軽快な先行力を見せていた馬ですし、17番枠を利しての好走でした。
そして今回も15番枠といいところを引き当てました。
直1000運の強い馬だと思います。
札幌から戻っての2戦目ですし、ここでぜひ決めておきたいところであります。
日曜3頭出しのリッチ君ですが、まずは朝イチのここで勢いに乗りたい。
[PR]
Commented by 肉まん at 2011-11-06 01:24 x
この時期に賞金加算できると楽しみが増えますね
順調にG1へ向かってほしいです

勇気が無く複コロを投入できなかった自分を恥じておりますが・・・
Commented by efurin at 2011-11-06 02:01
肉まんさん・・・仮想とはいえ、コロガシが1万円を突破すると慎重になってしまいますよね、そりゃ。
それにしてもアンチュラスの賞金加算は大きいですね。
これでTRまでは使いたいレースを使えるわけだし、もう一発加算できれば春GⅠも安泰でしょう。
あとは馬の無事を願いましょう。
by efurin | 2011-11-05 22:44 | POGりん | Comments(2)