ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

7/15日記

さっき帰宅したとこです。

今、思い出したんだけど、勤務先のロッカーにますざぶのネタ帳を置き忘れてきた・・・。

これに関して話すと少し長くなるけどヒマなんで書きます。

まず、別に、休憩中とか仕事中にネタを書こうと思ってネタ帳を持って行ったわけではありませんで、なぜか手に抱えたまま出勤してたのですよ。
これはもう、日々寝ボケながら生きている事の証、としか言いようのない出来事です。

いや、過去にもこういうの多いんですわ。
以前、会社の寮から徒歩で通勤してた頃など、テレビのリモコンを手にしたまま会社に到着したりしてました。
みなさんもあるでしょ?

でもって、うちのローソンは事務所が異様に狭くて、ロッカーも男女それぞれ1個ずつしか用意されてないわけですよ。つまり共用。

やだなー、あんなの見られちゃ。
後で取りに行こうかどうか迷うところ。
いや、面倒なので行かないけど。

さて、昨日から今日にかけて気になるニュースがいくつかございました。

まず、忌野清志朗さんが咽頭ガンにかかられたという話。
まあ元気そうな人なので、サクっと回復されるとは思いますが、病気が病気だけにやや心配です。でも、もう55歳なんですね、清志朗師匠。

でもって、セリエAの八百長裁判は3チームがセリエB降格の判決。ミランもCL出場権剥奪だとさ。ユベントスなんて、どえらい勝ち点マイナスからのスタートらしいし。
どうなる、ユーべ・・・。
でも、ユーべに関しては、そんなにたくさん選手出て行かないような気もするし、何かどえらいモチベーションで勝ちまくって1年でAに復帰しそうな気もする。

とりあえず、まだ確定判決ではないようなので事の推移を見守りましょう。

ますざぶハガキは昨日から1枚だけ追加。現在、計16枚を投函しております。
今晩、「本誌の決断」のハガキをエイヤっ!と書き散らして、あと適当に何か1枚書いて目標達成の予定。
「本誌の決断」は、どうしても自前のキャラが必要なネタを思い浮かべてしまったので、いよいよイラスト描きます。
[PR]
# by efurin | 2006-07-16 01:08 | 日記 | Comments(3)

8月号自分ネタ回顧。

さあ!神秘的なまでに自己満足な記事を書くぞ!

ムダに張り切ってみた。

ハガキ8枚(だったと思う)送って掲載3本。
今月号発売直前に危惧した通り、「まウォーズ」準決勝を戦うにはちと弱かった。
しかも、よくよく考えてみると、載った内、「エロ馬名」と「日本の心」は先々月に送った分だったりして、先月送った8枚で載ったのは「馬討論」だけ、ってか。
そういや先月の回顧でも同じような事を書いたような気が・・・。

いやあ、それにしても長文系は惨敗でしたわ。
「イリオモテヤマネコ」で勝負をかけた「本誌の決断」と、「グロディウス」と「理事長立志伝」の「クロスレビュー」。
「本誌の決断」はここに全文載せたいぐらいだわ。
ま、「本誌の決断」は掲載スペースの関係上、競争率高そうだしね。
でも、いつか掲載されたいものです。

さて、「馬名 日本の心」の、

ブルーホリゾン→「埋蔵金発掘失敗落胆」

まあ、9個ぐらいネタを書いた中では自信作でしたが、語尾の「落胆」を付けるかどうかで最後まで迷ったもんでした。「ブルー」の部分を書いてしまうか、書かずに「失敗=ブルー」という連想に任せるか・・・。橋田壽賀子の脚本のように、ナレーションですべてを説明してしまうかどうか、みたいな話。で、迷ったあげく壽賀子方面へと・・・。
ま、どーでもいいや。
わざわざ技能賞扱いにしてもらって大変にありがたい感じ。

でもって、「エロ馬名系統図」の

「ボイントス(父ナブルスキー)」

これ、おそらく大量にカブってボツになると思ってましたが、恐ろしく零細な位置にポツンと掲載されましたね。
ボツネタには、
「ブルマカブルボーイ(父アネノパンツヌスム)」とか、
「オレタマッテルゼ」(父フグリポートボール)などがありました。
このコーナー、案外楽しいです。

最後に、「馬討論」の、

「ほら、だからブラジルは負けるって言ってたんだよ。」

これ、編集作業のリミット的にブラジルがベスト8で負けていなければ掲載されてなかったでしょうね、多分。
ありがとうアンリ、ありがとうフランス。

しかし、ますざぶ歴を重ねる毎に思うのですが、馬討論に掲載されるのは実は難しい。
だって、先月送った8枚の内、3枚がこのコーナーだもん。
ネタの数にして18本。
いやはや厳しい。
毎月1本は掲載されてるだけありがたい。
載せるの大変なのね。

でも、討論を組み立てる編集側はもっと大変だと思う。

さて、来月号に向けての話でいうと、今月号は「珍厩舎」スルーされてましたね。
先月送った珍厩舎は、個人的に新機軸を打ち出した意欲作でした。
自分で「意欲作」とか言うなよ。
でも、今月号を買う前にスルーとはつゆ知らず、新作を送ってしまいまして、まあ、どっちか載ってくれたらいいなぁ・・・って感じです。
[PR]
# by efurin | 2006-07-15 04:19 | ますざぶ | Comments(0)

8月号お気に入りネタ。

《馬名 日本の心》

カルチョビット→「小内刈」はマジでウマいっす。やっぱ横綱は違うわ、と唸らされた。

《エロ馬名》

「アネノパンツヌスム系」発展の異様さに笑った。
「ユデル」とか「タベル」とか、なんかやっぱ関東勢の発想は恐ろしい。

《クソゲークロスレビュー》

やっぱり川上栄治さん、ここは強いですわ。
少なからず影響は受けております。

《ターフィー075プロフ》

よく頼まれること→「棚の上にある物を取ること」 なんか好きだなぁ、こういうの。

《名画批評》

「片足を交互に上げて・・・」「ケツを大きく開いてー!」に笑わされました。ライデン飯田ーさんは「チョイ悪井崎」以来、ちょっと注目しております。

《競馬イラスト》

「燃えろ!JRA夏競馬」は月並みな感想ですが、「ずるい」っす。

《朝まで馬討論》

「タマーダ、マキ、カマモート」にムダに笑わされました。
あと、「オムライスのケチャップ文字・・・」

《ターフィーナンバーシリーズ》

優勝作の「ターフィーウソ800」にはシビれました。
今月のベストヒットです。

《競馬レアグッズ》

「熱く燃え上がったあの夜の思い出を抱いて」の歌い方を・・・ 文字ネタでは一番笑えました。実際、教えてほしい。

そんなわけで、TOP10ランカーのファンタジスタっぷりに舌を巻いた今月号のますざぶでした。
[PR]
# by efurin | 2006-07-15 00:08 | ますざぶ | Comments(0)

7/14日記

今朝は連休明けおなじみの時差ボケにより、10時頃まで眠れませんでした。
眠れないついでに、ますざぶの「エロ馬名」ネタを考えて一人盛り上がってしまいましたよ。

でもなぜか、そこそこ目覚めは良かったのですが、それでも、いつものように3分ほど遅刻にて出勤。
そしてまたいつものように僕の連休明けは、ジュース棚がスカスカ状態。

そんなわけで、ウォークイン(ジュース棚の中)に籠って補充をしていたら、キリンのジュースオマケを大量に発見。
「勝ちパンダ」とかいう「サッカー日本代表を応援しよう」的なグッズ。

僕:「このオマケどうします?」
店長:「あ、全部付けといてよ」
僕:「でも、これ明らかに時期過ぎてますよ」
店長:「そーだなぁー」
僕:「今こんなの付けてると、ここのローソン何か凄いズレてる、とか思われますよ?」
店長:「いや、いいんだ。うちはこういうローソンなんだ」

うちのローソンの「ユルさ」を象徴するような会話でした。

ますざぶハガキは現在15枚完成。てゆうか、すでに投函済みですわ。
今月の目標枚数まで残り5枚。

さて、明日はいつもより時間がズレて、16-0の勤務。
なもんで、日記更新が少し遅くなりますね。
毎日更新を維持する為に、今夜日付が替わってから、ますざぶ記事でも書きます。
[PR]
# by efurin | 2006-07-14 22:45 | 日記 | Comments(0)

8月号購入。

朝5時過ぎ、いつもサラブレを買うファミリーマートへ行く。
雑誌コーナーにサラブレが無く、少し焦る。

「今日の雑誌はいつ来ますか?」
「あ、もう来ましたけど」

どうやら、ファミリーマートはサラブレ切ったな。

で、すぐ近くのローソンで発見しましたよ。
ああ、ローソンだとローソンパスのポイントが加算されるのでありがたい。
てゆうか、うちのローソンにも来月から入荷させよう。

そんなグダグダ話はどーでも良い。

「まウォーズ」準決勝敗退。
てゆうか、東京強え~。

でもね、わたくし4p獲得となっておりますが、よく見ると5pなんじゃないでしょうか・・・。
ま、それが訂正されたところで、「まウォーズ」は総得点差で負けですが。
どうやら、鳥取に在住ながらにして京都チーム、ってのが混乱を引き起こしているのか・・・。
でも、ちゃんと鳥取の住所で投稿してるからなー。

ま、詳しいレビューは別記事で書くとして、さりげなく嬉しい事がありました。

「馬名 日本の心」に初掲載。

ああ、久し振りに字を太くしてみた。

思い起こせば約1年前。
「ますざぶ」に投稿するぞ、と決意して最初にネタを考えたのがこのコーナーだったんですよ。
てゆうかね、僕の場合、基本的に載るコーナー限られてるでしょ。
「名画批評」「時間割」「珍厩舎」「馬討論」、およそこの4つ。
なもんで、なかなか嬉しいわけですよ。

ただ、今回は「サうブレ次号予告」とか結構自信あったんだけど、残念。

ま、通算50p超えたわけで、殿堂入りまでの折り返し地点といったとこですな。
これから、まだまだ道は険し。

次号春場所千秋楽、鬼脚発動へ向けてハガキ書きまくりでございます。

って、何を目指しての鬼脚なのかわけ分からんが・・・。

あ、分かった。
永遠のライバル、リッチモンド氏に勝つ為だ(笑)。
[PR]
# by efurin | 2006-07-14 06:22 | ますざぶ | Comments(4)

7/13日記

日に日に暑いっすね。

今日は午前中、あまりに寝苦しくて、禁断の手段であるところの店のエアコンを稼動させてしまいました。
やっぱり生きものってのは夜に寝るようにできてるのですね、まったく。

で、午後3時にローソンへ休日出勤。思わず30円引きのかき氷を食べてしまいました。

約2時間、店の近辺の会社を回って、うな重のセールスをしました。
結局、店長といっしょに回ったのですが、トーク噛みまくりの店長を押しどけて、ほとんど一人でしゃべってました。
でも、やはり年配の人ってのは、そういう食べ物の旬みたいな習慣には反応するもんなのですね。そこそこ予約取れましたよ。

夕方、帰宅してから仮眠。
ちょうど店のエアコンが効いていたので、店と部屋を繋ぐドアを少し開けて冷気のおこぼれをもらいました。
おかげで気持ち良く寝る事ができました。

さて、ますざぶハガキは現在13枚完成いたしました。
それでも、目標の20枚投稿に向けては、まだまだ厳しい感じです。
マジでイラストに手を出すかもしれません。
いや、いいネタは浮かんでるですよ。
描けるかどうか・・・。

ネタ作成中に、ふと先月のネタ帳を振り返ってみました。
今、異様に高いモチベーションでハガキを書いている視点で考えると、いまいち弱い。
3pぐらい取れてたらいいなぁ・・・ぐらいの感じ。

とりあえず夜明けの頃にサラブレを買いに行きます。
[PR]
# by efurin | 2006-07-13 23:06 | 日記 | Comments(2)

7/12日記

果てしなく寝続けてしまいました。

就寝前、間違いなく8枚だったますざぶに送るハガキが、目覚めると9枚に増えてました。
いつの間に1枚書いたのでしょうか。

で、1次締め切りは18日必着でしたね。
そりゃそうだ。
どこで「16日必着」という勘違いが生まれたのか。

日々、寝ボケながら生きてるような感じです。

明日は、そろそろ不動産屋さんに行って引越しの計画を立てようかと思っております。
しかし、予算面で折り合いがつくかどうかと、引越してしまうと、しばらくパソコンが使えなくなるという問題があり、少し二の足を踏んでる状態でもあるわけです。

ま、ここの更新はしばらく携帯からでもいいかもね。

さすがに、今日は書く事がないですね。
さらっと、ここらで終わっておこう。
[PR]
# by efurin | 2006-07-12 23:07 | 日記 | Comments(0)

7/11日記

さてはて、この1週間、我ながらよく働いたもんです。
6日間続けて働いたのは久しぶりだったもんですから。

本日からローソンは、鳥竜田揚げ棒20円値引き、カキ氷30円値引き、揚げチヂミ新発売と怒涛のFF攻勢を展開し始めました。
でも、どれもいまいちパンチ不足な感じ。
つくね棒増量の時にも思いましたが、女子高生の「味覚オヤジ化」が促進されているだけな感じです。

スカートが異様に短い女子高生の足をしげしげと眺めてしまい、
「ああ、俺も32歳なんだなぁ・・・」
と痛感した1日でした。
だって、カワイかったんだもん。
ま、どーでもいいな、この話は。

さて、今朝までに書いたますざぶ投稿ハガキは8枚。
20枚への道はここからが険しい感じです。
「馬体チェック」のモワイモメース号なんか、全然書ける気がしないし。

ここ数日、相変わらず、ますざばー以外には意味不明の日記で申し訳ない感じ。
ま、毎月この時期は仕方ないか。

明日は1日、ぐったりした感じで過ごす事になるでしょう。
いつもの事です。
[PR]
# by efurin | 2006-07-11 23:06 | 日記 | Comments(0)

7/10日記

イタリア優勝はいいんだけどなぁ・・・。
やっぱ、決勝のPK戦ってのはかなりムゴいものがある。
イタリア国民は、ワールドカップ優勝よりも国内リーグの八百長疑惑の裁判がどうなるかの方が気になってるみたいですね。
そりゃそうだろうな。
ユベントスとかラツィオが降格するかもしれん話なわけで。

さて、うちのオヤジの店も少しづつ盛り上がってきております。
個人的には、マニアック路線に同意できかねる部分もあるのですが、まあ、何か色を出していくというのは良い事だと思っておるわけです。
何もせず、指をくわえて待ってるよりは全然良い。
先月、参加者4人でスタートした常連会の試合も、今月は10人集まっていた模様でした。
まあ、オープンのハウストーナメントではなく内輪限定の常連会というあたりが、うちのオヤジらしい所でして、これについても、
「好きにやってくれ」
という感じです。

そういや、今月のますざぶ一次締め切りは16日必着と少し早めなんですね。
例の如く、鳥取は雑誌が1日遅れでの発売なもんで、遅くても発売日翌日の午前、余裕を持たすなら発売日当日の午後にハガキを出さないと間に合わないわけですよ。

いや、それはそれでいいと思います。
その為に、お題の先行発表があるわけですから。
まあ、ツラいのは最新号のみに掲載のサンプルイラストを使わざるをえない、「本誌の決断」ぐらいなもんですからね。

そんなわけで、「名画批評」と「クロスレビュー」4本の内3本のネタを完成させましたよ。

さて、今週のバイト休みは水木となっておりますが、本日、店長から恐ろしい依頼がありました。

木曜の午後に外回りの営業をやってきてくれ、との事です。
いや、今、ローソンでは土用の丑の日の1800円だかするうなぎ弁当の予約を受け付けておるわけでして、その受付状況があまりよろしくなく、近所の会社等に営業を掛けよう、という話になったわけです。
あーいうのって、鳥取県内すべての店舗ランキングが出るのですよ。
なもんで、
「近所の知り合いのローソンは100以上の予約を取って県内1位だぞ」
などと店長が一人、熱くなってるのよ。

で、本社のスタッフといっしょに回ってくれと。
てゆうか、店長あんた行きなさいよ、って感じです。

ま、いいや。
いろいろあるから仕事は面白い、とも言う。
[PR]
# by efurin | 2006-07-10 23:59 | 日記 | Comments(0)

7/9日記

ますざぶHPが更新されましたどすな。

今どき、京都のどこでも聞けない京都弁を使ってみた。
山村美紗サスペンスの中では聞けるけど。

「まウォーズ」って3位決定戦もあるのですね。
ちょうど昨日、ワールドカップ3決の無意味さについて書いたばかりですが、僕もその気分を味わう事になるのかもしれないですね。

対戦オーダーを見ましたが、僕は温泉ペンギンさんとの対決でした。
「うちの主人は・・・」という定番ネタでおなじみの方ですね。
さて、勝負はどう転んだのか?

で、お題先行発表と同時に、ハガキ20枚投入へ向けネタ作りを開始。
最近は、部屋を暗くしてベッドに横になり目を閉じてネタが浮かんだら書く、というスタイルが定着しつつあります。
睡眠学習です。
とりあえずインパクトが強かった名画批評のお題から手を付けましたよ。

文字ネタしか書かない僕がハガキ20枚も書く為には、それこそ「クロスレビュー」とか「本誌の決断」なんかは、それぞれいくつかあるお題すべてに手を出さねばならないわけです。
それはそれで、一種の苦行として挑戦してみます。

さて、ワールドカップ決勝ですな。
決勝はNHK地上波に中継してもらいたかった、というのが本音です。
できれば、山本浩アナに復活してもらって。

そういや、NHKの町田右アナの下の名前って何って読むの?
「みぎ」か?「う」か?
だったら面白いけど。

でも、わざわざ調べるほどの事でもないのです。
[PR]
# by efurin | 2006-07-09 23:39 | 日記 | Comments(2)

7/8日記

うちのローソンのスタッフってのは、一部の学生を除いて、みんな仕事を掛け持ちしてる人ばっかりなんですね。
それでいて、シフトがまだまだ固定できてない事もあって、みんなの勤務時間帯も不規則になりがちな現状。
なもんで、体調不良者が続出するわけです。

今夜も、今、バイトから戻ってきたばかりですが、この後、0-3間ワンポイント出勤する事になりました。
ま、どうせ起きてる時間帯ですし、少しでも稼いでおこうかな、と。

少し早めに日記を書いているのは、その為です。

今夜は、ワールドカップの3位決定戦ですか。
何時からかな?
でも、観れなくてもいいです。
大会中で一番意味の無い試合ですからね、3決ってのは。
グループリーグの消化試合なんかでも、まだ、
「何とか1勝を」
とか意気込んだりするもんですからね。
その点、決勝進出一歩手前で負けたチームに試合をさせるのは酷だと思うんだけどな・・・。
得点王争いも、ほぼクローゼで決まりだろうし。
お情けでカーンが出てくるのが唯一の見所なのか?
キャプテンマーク巻くのかな、カーン。

そういや、過去2大会、全試合録画をしたと以前書きましたが、どちらも3位決定戦だけは録画してませんでした。
今でこそ、そういうのって、HD内臓デッキとかパソコンとか使えば簡単なんだろうけど、ビデオ時代ってのは、結構大変だったわけですよ。

なもんで、3決だけは僕のモチベーションも落ちていたのでしょうね。
観る方にとっても1ヶ月ってのは長丁場なんですね、ワールドカップ。
[PR]
# by efurin | 2006-07-08 21:51 | 日記 | Comments(0)

7/7今日の名曲

「HAPPY XMAS(War is over)」(ジョン・レノン)

正直、ネタが尽きてきましたわ(笑)。

しかし、この記事を無くすと、ブログタイトルの「ロック」ってのがどっかに消えてしまいそうなので、毎日頑張って更新してるわけです。

さて、いったい誰のために・・・?(笑)

ま、まだ取り上げてないアーティストも一杯いるとは思うのだけれどもね。
でも、2ヶ月毎日書いたのは凄いな、我ながら・・・。
などと、文章的には連載終了の流れになっておりますな、これ・・・(笑)。

ああ、ムダに「(笑)」が多い・・・。

まあ、明日の気分次第で続行かどうか決めます。
多分、終わるな。

そんなわけで、今日は僕がこの世で一番愛する歌です。

事の経緯がどうであれ、僕は戦争を放棄した国に生まれた事を誇りに思います。

でも、世界平和は遠いですね。
やっぱり、単一民族国家で、限りなく無宗教な日本人には理解できない争いの種ってのが世界中にはたくさん存在してるわけです。

でも、少しでも多くの人が、このジョン・レノンが残したメッセージに共感してくれればいいなぁ、と日々思うわけです。

さて、万が一、
「えー、終わっちゃうのー、これ」
とか思ったりする奇特な方がいらしたらコメント下さいな。

二人いたら続けます(笑)。

一応、書いてみた。
[PR]
# by efurin | 2006-07-08 00:43 | ロック | Comments(3)

7/7日記

毎日、ローソンの店内はネバネバネバネバ・・・と、やかましいです。

最近は、夜8時半あたりに帰宅してから、小2時間ほど居眠りする事が多いのですが、今日はそれほど眠くもなかったので、ボケーっとTVを見てました。

思わず、「金スマ」とか最後まで見てしまった。

そういや、1ヶ月ほど前に、ワールドカップのキャンペーンでコーラにオマケのチップが付いてる、って話を書きましたが、ふと気付くと、今やたらと増えてますよね、ジュースのオマケ。
タミヤ模型のミニチュアとか、キン肉マンとか、ディズニー関連とか・・・。

あれね、コンビニで陳列する時に付けるのですが、けっこう面倒なんですよ。
まあ、それ自体は仕事なんで別にかまわないのですが、ただ、あれが売上げに繋がるかどうかっていうと微妙なところだと思います。

いらない、と思う人の方が多い気もします。

世の中にはああいうののコレクターみたいな人もいるのだろうねぇ。
でも、大半の人は捨てると思う。
で、最初の頃は嬉しがって、オマケ付きの物を買うのだけれども、やがてみんな、
「どうせ捨てるのだから、何も付いてないのがいいや」
となるもんだと思います。
ちょうど今がその時期なんじゃないでしょうかねぇ。

それなら時々やってる、タバコにライターが付いてるキャンペーンの方が、まだ実用的で良い。

ぼちぼち、頭をますざぶモードに切り替えねば、という時期になってきました。
お題の先行発表が近づいておりますが、それより、「まウォーズ」対戦組み合わせの発表も気になるところです。
でも今回の相手は、ブラジルとかイタリアみたいなもんですからね・・・、サッカーで言うと。
まあでも、こっちもポルトガル級の力は持ってると思いますよ。

とりあえず、選ばれし20人に残れて光栄ですわ。
でも、負けたら一気にモチベーション下がりそうな気もしますねぇ。
ムダに無茶な目標でも立てましょうか。
「ハガキ20枚投稿する」
とか。
いや、文字ネタオンリーで20枚はけっこうキツイですからね・・・。

今月はそれでいってみよう。
[PR]
# by efurin | 2006-07-07 23:42 | 日記 | Comments(3)

7/6今日の名曲

「恋するカレン」(大瀧詠一)

日本音楽界の仙人的存在ですね、この方。

はっぴいえんど解散後、他の3人がそれぞれの道で活躍する中、大瀧氏ってのは、音頭がどうちゃら、ってマニアックでぜんぜん売れない音楽ばかり作っていたそうです。

で、何を思ったか、突然、至極のポップアルバム、「A LONG VACATION」を発表。
「松本隆&大瀧詠一」のゴールデン・コンビ復活と共に、大ヒットを記録したのですね。
80年代日本のポップ、ロックの最高傑作に挙げる人も多いと思われる名盤です。

このアルバムに関して大瀧氏は、
「ポップスの黄金パターンを10個集めた作品」
みたいなコメントを残しております。

いわば、
「確信犯的売れ筋ポップス集」
なわけですね、これ。
で、売れ筋に弱い僕としては非常に愛すべき作品だったりするわけです。

このアルバム一番の聴き所は、やはり「雨のウェンズデイ」と表題曲の両名バラードですかね。
松本氏の確信犯的ベタな詩と、大瀧氏のベタな曲の融合が、とっても淡く切ない感じの世界をかもし出しております。

その後、大瀧氏は半隠居状態へと突入。
ナイアガラ・トライアングルのプロデュースとか、一瞬、はっぴいえんどの再結成があったりとか、突然トレンディードラマ(死語)の主題歌を作ったりとかしておりますが、ほとんど表舞台には登場せず。
音頭作ってるのかな、やっぱり。
[PR]
# by efurin | 2006-07-07 01:02 | ロック | Comments(0)