ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

<   2011年 05月 ( 57 )   > この月の画像一覧

5/31日記

(POGりんドラフト登録用記事はこれの2個下)

隣のジジイはだいぶ頭がイカれているらしい。

今朝は7時半頃に起床。
夜の間に登録されたドラフト指名の確認作業。

シャワーを浴び、いつもより5分ほど早く出発。
バスが行ったばかりだったので徒歩。
いや、そろそろバス代もケチらなくてはならないから。
途中、ローソンで朝、昼の食料を買い歩きながら食った。
このところこのパターンが多い。
時間の節約である。

隣の席がミウラ君だったので、ひたすらバカ話をしながら仕事。
お陰でまったく電話の本数が取れない。
いや、たくさん取ったからと言って給料が増えるでなし、どうだっていい。

5時に退勤。
分倍河原から帰宅の同期マダム衆と歩いた。
途中、金曜日の店の予約の電話をかけた。
希望の6時からが空いておらず、仕方なく5時半からの予約を入れた。
職場から店まで徒歩10分弱。
最後の電話にハマると間に合わない時間であるがしょうがない。

分倍駅前の立ち食いそば屋で牛すじカレーを食った(今回はコロッケ乗せ)。
普通に美味い。

一駅だけ電車に乗るのも気が引けたので(電車代云々というより帰宅ラッシュの混雑にわざわざ巻き込まれるのが嫌)、徒歩にて帰宅。
途中、100円ローソンに寄って3点買い物。

帰宅してドラフト管理業務をこなした後、ちゃっちゃとラジオ収録。

その後、ドラフト結果発表記事の下書き。
今のうちから準備しておかないと。

10時半頃より、隣の部屋から不気味な物音が。
特に客人が来ている気配はなく、しばらく聞いてみると、どうやら寝言っぽい感じ。
それがやたらと声がデカい。
まあ、寝言なら悪気のあるものじゃないし・・・とも思うが、もう少し遅い時間なら対処を検討せにゃならんかも。

ロクでもないな、このマンション。
サクっとWIN5でも当てて引っ越したいところである。

明日は月初の全体朝礼。
いつもより少し早く出ねばならぬ。

それじゃあまた明日。
[PR]
by efurin | 2011-05-31 23:39 | 日記 | Comments(0)

5/30日記

昨日の日記。
(POGりんドラフト登録用記事はこれの下です)

土曜の夜、騒音であまり眠れなかったくせに日曜は早起きだった。
それでいて、日曜の深夜は2時頃まで、POGドラフト登録のコメントを待ったりしていたので夜更かし。
だって、毎年この夜が一番楽しいんだもん。
早々に登録して下さった方々にはお礼を申し上げておきます。

それでも月曜は普通に起きて歩いて出勤。

勤務中、アホほど眠かった。
7時まで仕事。

8時頃に帰宅して、日中に指名登録して頂いた分をチェックしたら一気に眠くなった。

起きたら朝でした。

以上。
(5/31 19:03)
[PR]
by efurin | 2011-05-30 23:59 | 日記 | Comments(0)

いよいよ、今年もこの記事が登場しました。
ですが指名馬登録は、ここへのコメントでなくても問題ありません。
日記とかでもまったく構いません。

・受付開始はこの後、5/30(月)0:00からです。

・この記事を更新した後、管理人は先に登録を済ませます。

・1次ドラフトの登録期間は6/3(金)の23:59までですが、管理の都合上、可能な方はできるだけ早く済ませていただけると非常にありがたいです。

・コメントを非公開にするのを忘れないで下さい(送信をクリックする前に、コメント枠の左下のボックスにチェックを入れる)。


・登録に際して、最小限の必須事項は「参加者名」「指名順位」「母名」です。

・もちろん、父名や性別、予定のものを含めて馬名なども添えて頂けると助かります。

・15頭を1コメントで書き切れない場合があると思うので、その時はコメント2個で分割するといいと思います。


・登録ついでに今シーズンの抱負などを添えて頂けると、ラジオで読んだりします。
(指名馬登録とは別コメントでも構いません)
ハッタリの効いたのをお待ちしております(笑)。


それでは今年もよろしくお願いします。
[PR]
by efurin | 2011-05-29 21:16 | POGりん | Comments(62)

5/29日記

寝不足で眠い。
早いとこ日記を書いて、ドラフト登録用記事をアップして自分の登録を済ませないと、うっかり寝てしまいそうである。
いやほら、日記を先に書けばドラフト用のが上に来て目立つでしょ。

昨夜は2時頃に消灯したものの、隣の部屋が騒がしくて眠れなかった。
仕方なく再び灯りをつけ、パソコンを立ち上げて競馬新聞とにらめっこ。
念のため、レコーダーで隣の騒音を録音。
年寄りのくせに恐ろしく常識に欠ける。

5時半頃に寝た。

今朝は10時前に起床。

10時過ぎ、オッサンから電話。
なぜか車で府中まで来ているとのことで、うちに立ち寄ると。

個人的に今年のPOG最後の大一番となった京都1~3Rまでをリプレイ観戦した後、オッサンの知人のWIN5の買い目108点を購入代行。

その後、マンションの管理会社へ電話。
昨夜の件を報告。
「次は直接怒鳴り込むつもり」というのを丁重な口調で伝えておいた。
別に管理会社の人が悪いわけじゃない。
ただ、この後しっかりと対応してもらえればそれでいい。

11時半にオッサンと歩いて西府駅へ。
車は隣の駐車場に置きっぱなし。
あの神社の駐車場はとても便利である。

南武線に乗って本町駅へ。
駅の立ち食いそば屋で冷やしきつねうどんを食った。

競馬場に着いてすぐ、オッサンとお別れ。
そしてカワタカ氏と合流。
競馬博物館へ行ってみたが、さすがに雨のダービー当日、屋内の居場所を求める人が多く、お気に入りのソファースペースは満席だった。
あそこでラジオ収録やりたいと常日頃思っておるのだが。

仕方なくメモリアル60地下のフードコートへ。
時折、焼き鳥とかソフトクリームとかたこ焼きを食いながらカワタカ氏と雑談。
やっぱダービーはお祭りだから、そういう物が食いたくなる。
てか、フードコートにずっといるからそうなる。

3時前、津里氏が到着。
すぐにラジオの前編を収録。
10分×2の1本に収めるつもりだったが、ダラダラとしゃべっているうちにフードコート内収録だけで20分になってしまった。

降り続く雨の中、外に出て4角の芝生スペースで後編を収録。
放送内でもしゃべったが、かつてない過酷な収録だった。

ダービーが終わり、津里氏とカワタカ氏を残して競馬場を後に。
西門のところで久し振りに、JRAの緑服警備員のウラモト君と出くわした。
10年前の松屋バイト時代の同僚。
1分ほど立ち話をした。

本町駅のセブンで1万円を出金。
ああ、このところ金下ろしまくりである。
口座の残1万円。

ついでに夕飯を買い、電車に乗って帰宅。
妙に腹が減っていたので、まだ5時前だったが買った食料をすべて食った。

すぐにラジオをアップし、それからPOG記事の更新。

8時前、東京電力の集金おじさん登場。
今夜来ることが分かっていたから金を下ろしておいた。
いや、わざと家に帰らずすっぽかそうとも考えたが、どうせ来月の半ば近くになると督促状が来て止められそうになるのだから、今のうちに払っておいた方が良かろう。

その後、POGりん用の指名馬リストの最終チェック。
選んだ15頭が現時点で無事かどうか、母名や性別は自分のノートに書いてあるもので正しいかどうか、などの確認。
登録コメントが誰にも見られないからといって、そのあたりを自分が間違うわけにはいかない。
参加者の皆さんに厳しく言っている以上、自分がちゃんとしないことには話にならない。

明日は残業勤務。
仕事が終わったらまたグッタリだろう。

あ、明日あたりそろそろ、会社の同期入社3周年記念食事会の店の予約をせにゃならん。
もう今度の金曜だもんな。
忘れないように。

では、また明日。
[PR]
by efurin | 2011-05-29 21:00 | 日記 | Comments(0)

今日のPOGりん

では最終日の結果。

・東京11R 東京優駿(GⅠ)芝2400(18頭)
⑤オルフェーヴル(メジロマック委員会・池添)・・・1着(180.0p)A

⑥クレスコグランド(ビスコ食べてますから・浜中)・・・5着(18.0p)A
⑯トーセンレーヴ(スモークス・ウィリアムズ)・・・9着
⑪デボネア(toki・デットーリ)・・・12着
⑧フェイトフルウォー(メジロマック委員会・田中勝)・・・13着
⑨コティリオン(えるこん・小牧太)・・・14着
④リベルタス(toki・四位)・・・中止

・京都1R 未勝利 ダ1800(牝・15頭)
⑫レッドレジーナ(えふりん・鮫島良)・・・3着(1.3p)

・京都2R 未勝利 ダ1200(16頭)
③ジュライザセヴンス(えふりん・和田)・・・3着(1.56p)A
⑨グリモワール(ちち・鮫島良)・・・12着(20.0p)

・京都3R 未勝利 芝2000(17頭)
⑪ディープフィールド(えふりん・幸)・・・4着

・新潟1R 未勝利 ダ1800(牝・11頭)
⑥カイアナイト(肉まん・水口)・・・3着(1.3p)

・新潟2R 未勝利 ダ1200(14頭)
⑭ブリリアントクラン(ビスコ食べてますから・松山)・・・14着

・新潟6R 未勝利 芝1600(16頭)
⑭ゼンノルジェロ(えるこん・丸山)・・・1着(5.0p)
⑪ラロメリア(ビエンビエン・田辺)・・・4着
⑧スプリングフェスタ(ビエンビエン・勝浦)・・・10着


1番人気に推されたオルフェーヴルは道中後方のやや外目。
直線に入って狭いところに押し込められた時は厳しいかと思えましたが、ナカヤマナイトの内を抜けていく時の脚には軽い戦慄を覚えました。
抜け出す脚の速さ。
一気に後続を突き放し、最後はウインバリアシオンの追撃を振り切って2冠達成となりました。
その結果、メジロマック委員会さんが堂々たる優勝。
第4代POGりん王の座に輝きました。
おめでとうございました。

クレスコグランドは終始、オルフェーヴルの少し前の位置を追走。
この馬場の中、最後までバテずに伸びていたあたり、相当なスタミナの持ち主だと思います。
菊花賞でも楽しみな存在。

ゼンノルジェロは枠なりに外目を先行して4番手。
直線に入って外へ進路を取り、追い出してからちょっとフラつくような場面もありましたが、最後までしぶとく伸びて1着。
開催後半で馬場も荒れておりましたし、こういうパワーを要する芝が向くタイプではないでしょうか。
えるこんさんは今シーズン5勝目。

レッドレジーナは初出走とは思えないセンスある内容で、直線インから前に迫りましたがコンマ1秒及ばず3着。
臨戦過程を考えたら、この馬は先々、結構走ってきそうです。
ああ、もっと早くデビューできていたらなぁ。

ジュライザセヴンスは終始2番手の位置を追走して直線に向きましたが、やはり逃げ切った強い馬を負かしに行った分、最後は力尽きたのでしょう。
今後も相手次第。

カイアナイトはスタートから押してインの4番手。
4角手前の捲り合戦でちょっとモタつくようなところもあり、直線ではいったんポジションを下げておりましたが、最後はあの態勢からよく3着まで届いた。
他がバテた中、バテずに走れた。

グリモワールは無事に出走を果たし、ちち氏が最後の最後で今シーズン8人目の全馬デビュー達成。

では、今シーズンの最終結果。

優勝 メジロマック委員会 466.24p(6.2.3.31)
準優勝 OM 289.1p(10.2.3.19)
‐3位 スモークス 271.72p(9.5.9.16)
‐4位 toki 204.96p(12.3.6.21)
‐5位 肉まん 178.9p(11.6.5.32)
↑6位 ビスコ食べてますから 154.52p(8.4.3.21)
‐7位 伊藤開示 153.5p(9.3.6.24)
↓8位 galvez 145.0p(6.14.5.37)
‐9位 ビエンビエン 138.92p(7.12.2.28)
‐10位 えるこん 131.52p(5.5.6.22)
‐11位 そらおみ 123.28p(9.8.4.24)
‐12位 せつな 84.48p(6.5.7.27)
‐13位 謎男 83.0p(6.3.3.31)
‐14位 津里俊満 67.22p(6.4.6.23)
‐15位 リッチモンド 66.5p(4.3.1.25)
‐16位 えふりん 61.78p(3.9.8.20)
‐17位 胴長熊猫 56.4p(3.5.5.21)
↑18位 ちち 53.32p(4.1.3.34)
↓19位 カワタカ 37.8p(5.0.1.16)
↓20位 九官鳥 35.9p(3.5.1.22)
↓21位 安田ろろ 34.3p(1.1.5.27)
‐22位 れんが 31.46p(3.3.4.25)
‐23位 平田 29.0p(4.1.2.22)

全910回出走(140.104.98.568)


今シーズンはブエナビスタ、アンライバルドなどがいた第2回シーズン以来のハイレベルな上位争いだったと思います。
最終週を迎えた時点で6名に優勝のチャンスが残されていたあたり、やはりダービーに出走馬が多くいると盛り上がる。

その中で開幕前の話題をかっさらったメジロマ委さんがオルフェーヴルとフェイトフルウォーの「ステイゴールド×メジロマックイーン」ニックス2枚看板を擁し、この2頭だけでポイントを稼ぎ最後は圧勝フィニッシュ。
1着6回、2着2回、3着3回はすべてこの2頭が重賞とOP特別と新馬戦で挙げたものです。
その他の出走馬7頭は(0.0.0.28)という。
でも、POGとはそういうもんです。
何千頭の中に埋もれているGⅠ級の馬を、目隠しして探り当てるゲーム。

OMさんは2シーズン連続の準優勝。
まさに「無冠の帝王」ですが、この上位安定っぷりはPOGりん界の中でも際立っております。
レーヴディソールの離脱が痛かったですが、これもまた競馬の運不運でしょう。

とにかく、今シーズンもどうにか無事に1年間の更新を終えることができました。
参加者の皆さん、そしてすべての馬に感謝したいと思います。


今シーズンの最後に・・・

昨年の秋、れんがさんこと俊哉さんがご病気のため急逝されました。
POGりんとしては、ここまであえてこの話題には触れませんでした。
もちろん、それには理由があります。
常日頃申しておりますが、わたくしには管理人としての理念があります。

「ドラフトさえ参加してもらえれば、あとは何もしなくていい」

だから、俊哉さんは何もしなくて良かった。
つまりわたくしの中で、POGりん参加者としてのれんがさんは今日まで生きていたのです。
ただ、「来る者拒まず、去る者追わず」という理念もある中で、追いたくても追えないのは悲しい限りです。

昨秋の日記でも、この話題には簡単にしか触れませんでした。
なぜなら、実生活において、わたくしなどよりはるかに彼と親しくしていた方々がいる中で、自分が大げさに思い出話を書いたりするのは、その親しかった方々に失礼だろうという想いがあったからです。

でも、ことがPOGりんとなれば話は別です。

あれは4年前の春でした。
わたくしが、ふと「POGでも始めようか」とブログに書いた時、真っ先に飛び付いてくれたのが俊哉さんでした。
つまり、彼はわたくし以外の参加者第一号ということになります。
そして彼は「POGりん」の名付け親でもあります。
彼の一言がなければ、このPOGは「なんちゃらPOG」という名前でした。
今思えば、シンプルながらホントにいい名前を付けてもらった。

わたくしは、JRAの競馬が続く限り、自分以外の参加者が一人でもいる限り、そして自分の体力が続く限り、この「POGりん」という看板を背負っていこうと思います。
そして、俊哉さんが好きだった血統の馬を見るたびに彼のことを思い出そう。
それが彼に対する自分なりの供養になると思っております。

安らかに眠って下さい。


では皆さん、1年間ありがとうございました!
またすぐに新しいシーズンが始まりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by efurin | 2011-05-29 18:55 | POGりん | Comments(20)

日曜重賞予想

・東京優駿(GⅠ)

◎⑥クレスコグランド(浜中)
〇⑰ユニバーサルバンク(福永)
▲⑨コティリオン(小牧太)
△②サダムパテック(岩田)
△⑧フェイトフルウォー(田中勝)
△⑤オルフェーヴル(池添)
△⑭ショウナンパルフェ(三浦)

[PR]
by efurin | 2011-05-29 00:23 | 競馬 | Comments(0)

5/28日記

ダービの前夜。
そしてドラフト登録開始、約24時間前。
どことなく、そわそわしてくる。

今朝は9時半だかに起床。
しばらく待った後、夜中に買っておいた京都1Rからの5レースを観戦。
1着4着地獄。

昼前にコンビニへ。
食料を買い、帰宅して食った後、管理人的なPOG作業をあれこれ。
明日の分を含め、POG記事の下書きを書いたりとか。

2時半過ぎ、PATに残った800円を用い(どこかで200円買って外した)東西重賞の馬券を購入。
金鯱賞はルーラーシップとサンライズベガのワイド1点。
目黒記念はマイネルキッツからの3連複フォメ7点。

5時半頃、再びコンビニへ。
東スポではなく馬三郎を購入。

7時頃、オッサン到着。
すぐに車に乗せてもらいセブンへ。
オッサンの知人分12000円とオッサンの3千円、そして自分の2千円の計17000円をネット口座に投入。

帰宅してから、しばしダービーとWIN5の検討会議。
オッサンに現金500円を手渡し、自分の資金を2500円にした。

オッサンのWIN5を800円と3連単16点を購入代行。
細かくてどうでもいい話だが、入金手数料が100円引かれており、500円手渡した時点でオッサンの資金は2400円。
オッサンの知人分は明日の朝10時に買い目を伝達するとのこと。

10時半頃、オッサンが去っていった。

その後、自分のWIN5を16点購入。
⑥⑭→①⑦→③⑧→⑥⑩→⑥で。
正直、今までで一番難しい。

残った金で京都2Rの3連複4点と3連単4点、そして③-⑩の馬連1点を買った。
あれこれ見渡して、明日の中でこれが一番固そうな2頭軸に思えた。
ただ残念ながら、指数上では我がPOG馬・③ジュライザセヴンスは⑩ニザエモンに数馬身チギられての2着く臭いという結論。
だから3連単は⑩→③→(⑧⑫⑭⑮)で4点。
ダート1200はスピード指数が一番予想に効果的な舞台。

後は明日、現場でダービーの生馬券を買うのみ。
買い目は決めてある。

さて、そのダービー。

この天気で、どうしても思い出されるのが一昨年のダービー。
グッチャグチャの不良馬場の割に、ジョーカプチーノが引っ張ったペースはほどほどに速く、最後は前に行った馬も、後ろの馬もすべて脚が上がっていたレース。
で、道中3番手と2番手の馬がそのまま1、2着の結果。
きっと、ジョッキーや調教師の頭の中にも、あのイメージが焼き付いているに違いない。
その証拠に今回、結構「前に行く」的なコメントの陣営が多い気がする。
典型的な逃げ馬はいないが、それが逆に先行意欲を掻き立てるのである。

意外とペースは流れるのではなかろうか。
少なくとも去年みたいなドスローはないのでは。

なもんで近年、あまり有効的ではなかったベタな長距離血統理論を持ち出せるような気がしている。
中でもフェイトフルウォーとユニバーサルバンクの母は、共に現役時代に2500だ2600だで勝ち鞍がある。
フェイトフルはステイゴールドにしては馬格があり、重馬場も苦にしないだろうし、先行して粘り込める余地は十分。
ユニバーサルバンクは、直線で躓いたのが致命的だったラジオNIKKEI杯と、妙な高速決着だった若葉S以外は連を外していない。
外枠が嫌われているのかもしれないが、昨年みたいなダンゴスローならともかく、今年は馬群もそれなりに縦長になるだろうし、元よりダービーの舞台はあまり内外気にしなくても良かろう。

でもって、ダービーでありがちなパターンに思いを馳せる。

1着→社台系生産の個人馬主の馬。
2、3着→社台系クラブの馬。

かと言って近年、このパターン通りに収まった結果など無いのだが、他のGⅠだと結構あるように思える。
近いところでは、ヴィクトリアマイルが「社台個人→社台クラブ→非社台クラブ」でマイルCが「社台個人→社台個人→社台クラブ」か。

なもんで、明日の3連単はフェイトフルとユニバーサルの2、3着固定を1着6頭で12点買う。
1着オルフェーヴルだと「社台クラブワンツースリー」になってしまうが、さすがにこの買い方で1番人気を外すわけにはいかぬだろう。

一方、いつもの3連複の軸は②サダムパテック。
果たしてこの馬、父はフジキセキで母サマーナイトシティも現役時は短距離馬。
母父エリシオだけど、エリシオって結構、牝馬は短距離馬に出るもんねぇ。
とにかく、先ほどの「ベタな長距離血統理論」からすると矛盾がある。
でもね、もっとこの馬、売れてもいいと思うんだな、本来。
皐月賞のオルフェーヴルと似た世間の雰囲気を感じる。
当時のオルフェーヴルは「左回り不安」だけで人気を落としていた、と言っても過言ではない。
そして、今回のサダムも「距離不安」だけで人気を落としている気がする。
と言っても2番人気だから、人気を落としているというのも妙だが、本来、もっとオルフェーヴルに迫る売れ方をしていい馬(いや、今オッズみたらそれなりに迫ってきたわ)。

そういう世間の反目を、根拠を持って突き進むのが馬券の、博打の常道ではないか。
その根拠とは、これも先ほどの話と矛盾するが、まず枠順がいい。
そして、明日の馬場でフジキセキが持つ「ダート適性」が噴出するのではないかと思うのである。
ちなみに母サマーナイトシティもダート馬だった。
また、同じように距離不安をささやかれ続けながら3冠ロードを2、3、2着にまとめた、同じ父のドリームパスポートと似た臭いもする。

3連複は②→⑥⑧⑰→⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑭⑰の18点。
これで明日の馬券費用は計3千円。

そして、WIN5のダービー1点は⑥クレスコグランド。
これは単に「タニノギムレットだから」という理由。
父サンデー系が16頭を占める今回、いかにも母父SSの方が勝ったりしそうではないか。
取って付けたような理由だけど。

明日は昼過ぎから競馬場へ。
今シーズン最後のラジオ収録をしてきます。

ではまた。
[PR]
by efurin | 2011-05-29 00:17 | 日記 | Comments(0)

今日、明日のPOGりん

では土曜の結果。

・新潟1R 未勝利 ダ1800(10頭)
⑥キリマンジャロ(OM・田辺)・・・4着

・新潟3R 未勝利 ダ1800(11頭)
②ジョーアポロン(平田・勝浦)・・・1着(5.0p)

・新潟4R 未勝利 ダ1200(15頭)
④ファンドリソフィア(ビエンビエン・水口)・・・5着

・新潟10R カルミア賞(500万)芝1400(16頭)
⑮サトノフローラ(伊藤開示・丸田)・・・1着(9.0p)

・京都2R 未勝利 ダ1800(13頭)
⑤ゲバラ(galvez・四位)・・・4着

・京都3R 未勝利 ダ1400(16頭)
①フラアンジェリコ(伊藤開示・北村友)・・・2着(2.0p)

・京都6R 500万 ダ1800(12頭)
⑨スカイスクレイパー(肉まん・小牧太)・・・4着

・京都7R 500万 芝1600(10頭)
⑩エーシンジェネシス(galvez・小牧太)・・・4着

・京都10R 白百合S(OP)芝1800(10頭)
③ヴィジャイ(そらおみ・岩田)・・・9着

・東京2R 未勝利 ダ1600(11頭)
①コスモノーハーム(せつな・松岡)・・・4着

・東京6R 500万 芝2000(7頭)
①ヴァーゲンザイル(ビエンビエン・三浦)・・・1着(7.0p)


サトノフローラはスタートから控えて中団の後ろ目から。
枠なりに外々を回る競馬でしたが、4角から直線に入るあたりの推進力というか加速力が素晴らしかった。
かなり芝が荒れている模様でしたが、他馬とはまるで違う脚色で2馬身半差の快勝。
やはりこの馬、体調さえまともだったら桜花賞戦線に乗ってきていた素材だと思います。
今後もマイル前後あたりで活躍してくれるのではないでしょうか。
伊藤さんは今シーズン9勝目で最終週を締めました。

ヴァーゲンザイルは単勝170円の1番人気。
ちょっとテンにもたつくところもありましたが、この頭数だし多少位置取りが後ろでも問題ないので、折り合いに専念したような感じでした。
追い出されてから、少し内にもたれるようなシーンもありましたが、最後は、ここでは自力の違いとしか言いようのない2馬身半差勝ち。
ビエンビエンさんは今シーズン7勝目。
ビエンさんは明日も2頭が出走を予定しており、他POの結果次第でもありますが、最高7位浮上までの目が残されております。

ジョーアポロンは道中、馬群の切れ目の中団。
外へ持ち出し、4角手前から捲り気味に進出。
直線に入るまでに、思ったほど前との差を詰めれなかったので届かないと思いましたが、最後は3/4馬身差の差し切り勝ち。
相変わらずちょっとズブい感じですが、元々、馬体の良さは評価されていた馬ですし期間内の最終週に勝ち上がれて良かった。
平田さんは最後に一矢報いる今シーズン4勝目。

フラアンジェリコは中団のやや後ろ目。
内目を追走しておりましたが、馬群がバラけたのでスムーズに追い出すことができましたが、さすがに勝った馬とは位置取りの差が響いた形。
ちょっと1400も忙しかった印象ですが十分守備範囲。

そして今シーズン最終日の16頭。

・京都1R 未勝利 ダ1800(牝・15頭)
⑫レッドレジーナ(えふりん・鮫島良)

・京都2R 未勝利 ダ1200(16頭)
③ジュライザセヴンス(えふりん・和田)
⑨グリモワール(ちち・鮫島良)

・京都3R 未勝利 芝2000(17頭)
⑪ディープフィールド(えふりん・幸)

・新潟1R 未勝利 ダ1800(牝・11頭)
⑥カイアナイト(肉まん・水口)

・新潟2R 未勝利 ダ1200(15頭)
⑭ブリリアントクラン(ビスコ食べてますから・松山)

・新潟6R 未勝利 芝1600(16頭)
⑧スプリングフェスタ(ビエンビエン・勝浦)
⑪ラロメリア(ビエンビエン・田辺)
⑭ゼンノルジェロ(えるこん・丸山)

・東京11R 東京優駿(GⅠ)芝2400(18頭)
④リベルタス(toki・四位)
⑤オルフェーヴル(メジロマック委員会・池添)
⑥クレスコグランド(ビスコ食べてますから・浜中)
⑧フェイトフルウォー(メジロマック委員会・田中勝)
⑨コティリオン(えるこん・小牧太)
⑪デボネア(toki・デットーリ)
⑯トーセンレーヴ(スモークス・ウィリアムズ)


レッドレジーナ・・・7位指名の牝馬。タキオン産駒で、体質的に弱い部分があってここまでデビューが遅れました。半兄がシビルウォーという血統で砂適性はあると思いますが、ここは初出走がこの馬のみの組み合わせでちょっと厳しいかも。
ジュライザセヴンス・・・ここまで5戦すべてダ1200を使われ掲示板を外していない馬ですが詰めが甘い。ただ、これまでを見る限り脚抜きの良い湿ったダートが良さそう。ダーレーの所有馬ですし(名義はシェイク・ハムダン氏)、殿下が来日する今回は仕上げてきているのではないかと思います。メンバー的にも今回は勝ち上がりのチャンスでしょう。
グリモワール・・・9位指名の牡馬。父はタイキシャトルで半姉が準OP勝ちのあるシングライクバード。3/19の阪神でデビュー予定でしたが、発走直前に取り消し。無事にゲートさえ出れば、ちち氏は全馬デビュー達成。まあ、二度も続けて同じようなことはないでしょう。
ディープフィールド・・・前走、5/1の新潟2000で2着。これで新馬戦に続き二度目の2着で、未勝利では力が上位であることを示してくれました。ただ、エンジンの掛かりが遅い印象で、できれば外回りコースで見たいところですが、連に絡んだ2走はともに内回りコースなので問題はないでしょう。管理人はこの京都の朝3レースで2勝すれば14位浮上という、個人的には最後の見せ場。
カイアナイト・・・デビュー7戦目。前走は久々の芝で13着大敗でしたが、ダートでは一度だけ3着に来た実績があり、牝馬限定のこの頭数で少しは見せ場があっていいと思います。あまり馬格がある方ではないので、今回は減量起用も効いてきそうな気がします。
ブリリアントクラン・・・デビュー3戦目。前走は4/30の京都マイルで12着。今回は距離短縮しての初ダートですが、芝1200の新馬戦が9着ながらそれほど大きくは負けていないので(1.0秒差)、この距離自体は問題なさそう。ただ、400キロを切る馬体重で砂適性がどうかですが、砂を被らずに済みそうな外枠、馬場も渋れば更にいいかもしれません。
スプリングフェスタ・・・前走、3/26の小倉1200でデビューして13着。上がスプリングソング、カレンチャンという快速一族ですが、この馬の父はゼンノロブロイなのでマイルぐらいの方がいいかもしれません。ただ、今回は少し間隔が空いたのも気になり、勝ち負けになるのは、もう少し使い込んでからかもしれません。
ラロメリア・・・前走、3週前の今回と同じコース条件で中団から末を伸ばして2着。初出走でしたが見事な結果、内容でした。初戦激走の反動さえ出なければここも好勝負になりそう。ビエンさんはこの馬で最後に少しでもポイントを上積みしておきたいところです。
ゼンノルジェロ・・・デビュー5戦目。ここ2戦はダートを使われ4、8着でしたが、芝ではデビューから2戦して3、4着とそれなりに適性のあるところを見せておりました。父シンボリクリスエスの馬格があるタイプなので、渋った芝が向くかもしれません。ただ、今回は2ヶ月半の休み明けでそのあたりがどうか。
リベルタス・・・前走の皐月賞では勝ち馬から9.9秒差のしんがり負け。ちょっと負け過ぎの感があり、2走前の13着からしても、この頂点の舞台でいきなりの巻き返しは厳しいかもしれません。ただ、今回は前に行きそうな気配ですし、その競馬でどこまで粘りこめるか、というのを見てみたい。
オルフェーヴル・・・前走、皐月賞で3馬身差の圧勝。当然ながら今回は1番人気に推されております。レース経験を積むごとに気性面のモロさも解消されてきている印象で、そのことが本来秘めている末脚の威力発揮に繋がっているのだと思います。ただ、今回は馬場の悪化が予想され、末の切れが削がれるようなコースになる可能性も高く、そのあたりは不安材料。
クレスコグランド・・・前走、京都新聞杯勝ちで3連勝を飾り、一気にこの舞台まで登り詰めてきました。以前はジリジリと伸びる印象でしたが、ここに来て末脚に切れも加わってきた印象。2走前の特別戦で今回と同じ距離の重馬場をこなしておりますが、本質的には良馬場の方が良さそうなタイプだと思います。父がタニノギムレットで東京コースは歓迎のクチ。ビスコ君はここを勝って大逆転優勝なるか。
フェイトフルウォー・・・前走は皐月賞12着でしたが、さすがに3ヶ月の休み明けで好勝負できるほどGⅠは甘くないということだと思います。今回は一度使われて上積みがあるでしょうし、ステイゴールド産駒としては大型馬で(前走500キロ)、馬場悪化も問題なし。実際に新馬戦は重馬場で勝っている。1着好走時は先行している馬で、今回もそのような競馬をするみたいですし、穴の魅力十分の存在。
コティリオン・・・前走、NHKマイルCで出遅れながら怒涛の末脚を見せて2着。橋口厩舎悲願のダービー制覇に望みを繋いだ2着でした。これまでは折り合いが難しく、使える脚も一瞬だったのですが、小牧Jが付きっ切りで調教を付けているのもあり、長くいい脚を使えるようになってきた印象。距離延長で今までと同じような脚を使えるかがポイントですが、ディープ×トニービンという配合だけ見ればいかにもこの舞台向き。それより不安なのは馬場。
デボネア・・・今週の中間、競馬界の話題をかっさらったのがこの馬の陣営。ダーレーが初めて送り込む日本ダービー出走馬とあって、ゴドルフィンの主戦・L・デットーリ、そしてモハメド殿下が来日。今週、何回「デットーリが乗ると5馬身違う」のフレーズを目にしたことか。前走はオルフェーヴルからコンマ8秒離された4着でしたが、いかにも権利獲りといった風情の競馬でした。今回、当然のことながら勝負仕上げが施されているでしょうし、大型馬でデビュー当初はダートで走っていたぐらいですから、パワー勝負の馬場になるのは歓迎でしょう。
トーセンレーヴ・・・青葉賞3着から連闘で臨んだプリシパルSを勝ち、ギリギリでダービー出走権を確保。確かにローテは厳しいですが、これまでの重賞でも崩れておらず、能力は十分持っているはず。走ってみなければ分からない面が大きいですが、それほど体調面も悪くなさそう。ただ、やはりプリンシパルSのメンバーレベルには疑問が残り、ここで好勝負するのなら、昨年のルーラーシップぐらいのインパクトは欲しかったかも。
[PR]
by efurin | 2011-05-28 16:22 | POGりん | Comments(14)

5/27日記

とうとう隣の部屋に人が入った。

今日も勤務に励み、ようやくダービーウィークの平日が終わった。

府中駅まで歩き、セブンのATMで1万円を出金。
ダービー資金が心もとなくなったので。
ついでに東スポを購入。

松屋へ行き、食べるラー油の牛めしとサラダ。

煙草屋でマルボロミディアムを2箱買い、バスに乗って帰宅。
今日は往復バスだった。
歩かにゃ。

7時前に帰宅。
本日分のラジオをアップしてからPOG記事を書いた。

8時台、オッサンから電話。
明日の夜にWIN5資金を預けに来るとのこと。

その後はボンヤリと競馬の予想。

数日前から隣の部屋から物音が聞こえる。
2日ほど前、その隣の部屋に来客があり、玄関先での会話を聞く限り、入居者は年寄りのオッサンっぽい。

でもって、今夜は10時頃から、これを書いている今まで、隣からドンドンカンカンという音が断続的に鳴っている。
推測するに、引越し直後で荷物の整理をしているっぽい。
いつのタイミングで壁を蹴るか叩くか迷うところである。
そんな派手な音ではないが、この時間にいい迷惑。

以前からの経緯からすると、おそらく隣の部屋はどこぞやの会社が借り上げている部屋だろうから、そこに雇われたオッサンが入居したのだろうか。
で、就業してから初の週末を迎え、荷物をダンボールから出して配置したりしているのかもしれない。

とか、そんな話はどうでもよくダービーである。
本命は決まった。
あとは馬券をどう買うかである。

日付が替わってから、ネット口座の残3900円をPATに投入。
締め切り直前に慌しくヒネった予想より前夜予想の方が当たりそうなので、前半戦の計5レースの馬券を買ってみた。
京都と東京の1、2Rと新潟2R。
計2900円を使った。

11時頃に目覚め、立て続けにレース映像を観戦するのが理想的な楽しさであろう。
もしくはレース映像を見ずに残高の増減だけ見るのも楽しいかもしれない。
いや、まるで増えてないと悲しいから、それはやめておこう。

明日は洗濯でもしつつ引きこもる予定。

ではまた。
[PR]
by efurin | 2011-05-28 01:58 | 日記 | Comments(0)

土曜重賞予想

・目黒記念(GⅡ)

◎⑦マイネルキッツ(松岡)
〇⑰ハートビートソング(秋山)
▲⑨イコピコ(石橋脩)
△②ケイアイドウソジン(藤田)
△⑭トレイルブレイザー(安藤勝)
△⑥マイネルアンサー(川島)
△⑧キングトップガン(横山典)

・金鯱賞(GⅡ)

◎⑬ルーラーシップ(福永)
〇⑯アドマイヤメジャー(ウィリアムズ)
▲⑨アーネストリー(佐藤哲)
△⑪サンライズベガ(北村友)
△⑤キャプテントゥーレ(小牧太)
△⑥フミノイマージン(太宰)
△⑭マイネルゴルト(幸)

[PR]
by efurin | 2011-05-28 00:29 | 競馬 | Comments(0)