ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

<   2010年 02月 ( 51 )   > この月の画像一覧

2/28日記

「とか言いながら、テイエムアンコール、トーセンクラウンといった差し馬勢の突っ込みにも期待している」(昨日の日記より抜粋)

何もワンツーで決まることないじゃんか・・・。
やはり、荒れると見越したらとことん踏み込まねばならん、という教訓だが、踏み込めるだけの資金が無かった。

という中山記念。
買ったのはこういうの。
b0096101_21572518.jpg

直線半ばでは「でけたー!」って思ったんだけど、ラストで軸のドリームサンデーがタレて終了。
よく粘ってくれたけどね。
前夜予想で本命だったサニーサンデーは、今日になってどうにも違和感を覚えたのでヒモに下げた。
危険な穴人気の典型みたく思えてきたので。

今日は11時半まで寝てたっけ。
起きてすぐ、昨日のカレーの残りを食った。

競馬中継をのんびりと眺めながら、東西重賞の馬体重が出るまではボンヤリと。

阪急杯はエーシンフォワードから馬連流し。
ヒモ抜けでダメ。
中山記念は冒頭の通り。
トーセンとテイエムの2頭軸流しってのも一瞬、頭をよぎったけど、そこまでは踏み込めなかった。

これで給料日まで残り2週、馬券を買えなくなった。
とか言いながら、しぶとく買ってたりするのが最近のありがちな展開だけど。

4時台になり、今日もカレー作り。
いよいよ、まな板と包丁を取り出し、たまねぎとじゃがいもを切ってみた。
それらと豚肉をふんだんに使い、スープカレーっぽくならぬよう、とろとろ感を出すべく今回はルーを惜しげもなく大量使用。
鍋のふち目一杯の量をこしらえてみた。

やはり、野菜が入っているカレーは良いものだと思った。
ただ、煮込む前の炒め方が甘かったのか、豚肉の味がイマイチだった。

その後は、少し迷いつつ、コインランドリー行きを回避。
休日の残り僅かな時間を、横になりながら怠惰に過ごすことを選択。
明日できることは明日で良かろう。
明日は仕事が5時までだし。

そうこうしてるうちに2月が終わる。
ただ平々凡々と月日は過ぎてゆくのだが、果たして3月は何か面白いことがあるのだろうか?
いきなり狂ったように馬券が当たり出すとか。
「ありえねー」とか思っているようではいかん。

じゃなきゃ、競馬なんてやってられんもんね。

では、さっさと風呂にでも入って寝る。
[PR]
by efurin | 2010-02-28 22:20 | 日記 | Comments(0)

今日のPOGりん

こんな週もあるわなぁ。

・阪神1R 未勝利 ダ1200(牝・16頭)
⑯アルーリングライフ(メジロマック委員会・幸)・・・2着(2.4p)

・阪神2R 未勝利 ダ1800(16頭)
①ジョープライド(俊哉・角田)・・・2着(2.0p)

・阪神3R 未勝利 芝1800(16頭)
⑥ビジュアルショック(謎男・福永)・・・6着
⑫コードゼット(toki・安藤勝)・・・8着

・阪神5R 新馬 芝1800(15頭)
⑥エーラゴーデオ(津里俊満・小牧太)・・・13着

・阪神6R 500万 ダ1200(15頭)
②ホクセツキングオー(ちち・岩田)・・・10着

・中山1R 未勝利 ダ1200(16頭)
⑬リリーマルレーン(メジロマック委員会・丸田)・・・13着

・中山2R 未勝利 ダ1800(16頭)
③ソルスティス(メジロマック委員会・小野寺)・・・13着

・中山5R 未勝利 芝2000(16頭)
⑪サトノジューオー(ビスコ食べてますから・田中勝)・・・9着
⑨カクテルハート(カワタカ・中舘)・・・14着

・中山7R 500万 芝1600(牝・16頭)
⑧ラッキーダイス(そらおみ・伊藤工)・・・6着


アルーリングライフは今回も後方からの競馬となったようで、前に行った勝ち馬とは5馬身の差。
ダートの短でこの脚質は苦しいところでしょうが、能力は持っております。
新馬戦から連続2着、次も人気になるでしょう。

ジョープライドは、やはりダート2戦目で上積みがあったのでしょう、デビュー5戦目で初のポイント獲得。
ダートなら期間内に勝てそうな感じか。

それでは微動があったランキング。

‐1位 toki 170.7p(12.2.1.18)
‐2位 OM 72.56p(7.2.3.9)
‐3位 えるこん 70.4p(6.1.4.16)
‐4位 えふりん 65.8p(5.4.5.15)
‐5位 ちち 60.56p(6.7.1.12)
‐6位 リッチモンド 58.6p(6.5.5.20)
7位 俊哉 56.4p(4.2.3.9)
8位 謎男 55.76p(5.7.4.10)
‐9位 スモークス 50.96p(5.3.2.15)
‐10位 ビエンビエン 49.52p(5.6.3.12)
‐11位 そらおみ 46.6p(6.4.2.21)
‐12位 九官鳥 37.8p(4.4.2.14)
‐13位 胴長熊猫 32.4p(4.0.0.13)
‐14位 安田ろろ 25.88p(2.3.0.17)
‐15位 ビスコ食べてますから 23.4p(1.5.1.11)
‐16位 津里俊満 13.0p(2.1.3.11)
‐17位 メジロマック委員会 5.76p(0.2.2.21)
‐18位 カワタカ 2.0p(0.1.0.13)


2p加算だけで順位が入れ替わる混戦ぶりですが、来シーズンのウェーバー制導入に向け、順位の一つ一つが意味を持ってくるわけです。
未勝利戦の2着とてバカにできない。

次週からは中京開催もスタートし、3歳の特別戦も5鞍組まれております。

最大の注目は弥生賞に出走予定のヴィクトワールピサでしょう。
堂々たるクラシック候補ですし、一見、派手な勝ち方ではなかったラジオNIKKEI賞も、上位馬のその後を見ると納得。
あの中で一番だった馬ですから確かに強い。
大砲クラスがお休みしていたtoki帝国軍ですが、ここから再加速しそうな気配。
また、ここには謎男さんのミッションモードも登録されており、こちらも皐月賞の権利獲りに向けて重要な一戦。

土曜日には桜花賞TRのチューリップ賞。
ここにはヴィクトリーマーチ(ビエンビエン)、マシュケナーダ(アルメリア賞とW登録)、ラナンキュラス(えるこん)が登録。
どの馬も素質馬だけに、ぜひ桜の権利を獲ってもらいたいところ。

500万特別に目を向けると、土曜中山の黄梅賞にアドマイヤロイヤル(ちち)、ダイワファルコン(ビエンビエン)がエントリー。
アドマイヤはアルメリア賞、ダイワファルコンは弥生賞とそれぞれ兼登録されておりますが、果たしてどちらに出てくるのでしょうか。

アルメリア賞にはピサノユリシーズ(管理人)、ルーラーシップ(ビスコ食べてますから)が登録。
中間に一頓挫(二頓挫か)あったルーラーシップですが、ダービーに向けて落とせない一戦かもしれません。
ピサノもシンザン記念で1番人気を背負った素質馬。
こちらも期待したい。

中京のあざみ賞には津里先生のパドトロワが登録。
未勝利勝ち後、3ヶ月振りの出走となりますが、中京の1200はいかにも向きそうな条件。
ここでいい勝負ができるようなら、中1週でファルコンSへ向かいたいところか。

これから競馬が華やかなシーズンに向かっていきます。
1頭でも多くクラシックの舞台へ駒を進めてくれるよう願っております。

では、また金曜日。
[PR]
by efurin | 2010-02-28 17:21 | POGりん | Comments(0)

2/27日記

味気の無い週末。
いや、カレーの味はあった。

10時半だかに起床。
少し早め。

すぐにカレー作り開始。
この1ヶ月、IHヒーターの上に居座り続けていたフライパンが、ついにその座を明け渡した瞬間だった。

カレーらしき具材は肉しか無く、とりあえず肉を炒めて煮てカレーのルーを加えて煮込んで完了。
ルーをケチった関係で、若干、シャビシャビとした仕上がり。

食ってからサミットへ。
ダイソーへ行き、カレーには必須のお玉と、カレーには関係無いけど靴下とシェービングクリームと計3品購入。
後はサミットで食材を900円ほど。
引き続きカレー作りに勤しむべく、たまねぎとじゃがいもを購入したり。

帰宅してすぐに競馬中継。
中山5Rのワイドを100円だけ買ってみた。
3着5着ではどもならず。

期待していたステージプレゼンスが3着に敗れヘコむ。
直前にまたカレーを食ったのがいかんかったのか。
んなわけない。

その直後、津里先生から電話が鳴ったので、しばらくトーク。
野菜の扱い方を教わった。
じゃがいもの芽に毒があることを知り「先生から電話が無かったら俺、死んでたかもなぁ」と思った(んなわけない)。

4時台から居眠り。
8時頃まで寝てたか。

その後は本を読んだり、オッサンからの電話に対応したり。
給料日直後に買った「大相撲殺人事件」というふざけた題名の本を読了したのだが、これが中身もなかなかふざけていて面白かった。
本格ミステリのパロディー的な感じで、本場所中に14日連続で対戦相手の力士が殺されるとか、かなりの無茶苦茶っぷり。

今、軽く歯がうずいたので、久々に鎮痛剤を飲んでみた。
これでよく寝れるかもしれない。

明日は1600円で、いかに馬券を買うか。
日曜分の東スポは買ってないし、そうなると重賞だけ買うのが良さげ。
中山記念を3連複1頭軸のフォーメーションで11点、阪急杯はエーシンからの馬連流しで5点、といった按配か。
中山記念は前に行く馬が揃ったけど、それでも土曜の馬場を見る限り、先行馬だけ買ってりゃいいような気もする。
ありゃダートだ。
とか言いながら、テイエムアンコール、トーセンクラウンといった差し馬勢の突っ込みにも期待している。

では、明日もカレーを作ります。
[PR]
by efurin | 2010-02-28 01:57 | 日記 | Comments(0)

日曜重賞予想

・中山記念(GⅡ)

◎⑥サニーサンデー(佐藤哲)
〇⑤テイエムアンコール(浜中)
▲①キングストリート(武豊)
△⑨ドリームサンデー(戸崎)
△⑭シャドウゲイト(横山典)
△③トーセンクラウン(江田照)
△②モエレビクトリー(的場)

・阪急杯(GⅢ)

◎②エーシンフォワード(岩田)
〇⑫トウショウカレッジ(川田)
▲⑬ラインブラッド(福永)
△③ビービーガルダン(安藤勝)
△①ヘッドライナー(酒井)
△⑪グッドキララ(四位)
△⑩トライアンフマーチ(デムーロ)

[PR]
by efurin | 2010-02-28 01:26 | 競馬 | Comments(0)

今日、明日のPOGりん

煮え切らない管理人。

・中山5R 未勝利 芝1600(16頭)
⑮ウォンビーロング(そらおみ・横山典)・・・5着
⑭ゴールデンダニエル(メジロマック委員会・江田照)・・・11着

・中山6R 新馬 芝2000(16頭)
⑪サンリヴァル(そらおみ・内田博)・・・3着
⑬メジロチェスター(メジロマック委員会・村田)・・・6着

・中山9R 水仙賞(500万) 芝2200(11頭)
⑧ステージプレゼンス(えふりん・川田)・・・3着
⑨スペースアーク(そらおみ・内田博)・・・9着

・阪神6R 500万 芝1400(16頭)
⑬グレナディーン(えるこん・小牧太)・・・5着


残念ながらポイント獲得馬は無し。

ステージプレゼンスは馬場とコース適性の問題でしょう。
1、2着馬の父がモンジュー、ガリレオなんて結果ですから、今日の中山はロンシャンか何かだったのでしょう。

サンリヴァルは素人目に見てもカッコいい馬体でした。
素質の片鱗は十分見せてくれましたし、順調なら期間内には勝ち上がるでしょう。

メジロチェスターは4角の勝負処で一瞬、置いていかれましたが、直線でジワジワと伸びてました。
思ったよりテンに付いていけてましたし、2400とか2500の距離で勝ち上がるイメージが浮かびます。

グレナディーンは5着でしたが、勝ち馬とはコンマ3秒、それほど負けておらず、休み明け初戦としてはまずまずの結果か。

明日は11頭。
朝イチから出走ラッシュ。

・阪神1R 未勝利 ダ1200(牝・16頭)
⑯アルーリングライフ(メジロマック委員会・幸)

・阪神2R 未勝利 ダ1800(16頭)
①ジョープライド(俊哉・角田)

・阪神3R 未勝利 芝1800(16頭)
⑥ビジュアルショック(謎男・福永)
⑫コードゼット(toki・安藤勝)

・阪神5R 新馬 芝1800(15頭)
⑥エーラゴーデオ(津里俊満・小牧太)

・阪神6R 500万 ダ1200(15頭)
②ホクセツキングオー(ちち・岩田)

・中山1R 未勝利 ダ1200(16頭)
⑬リリーマルレーン(メジロマック委員会・丸田)

・中山2R 未勝利 ダ1800(16頭)
③ソルスティス(メジロマック委員会・小野寺)

・中山5R 未勝利 芝2000(16頭)
⑨カクテルハート(カワタカ・中舘)
⑪サトノジューオー(ビスコ食べてますから・田中勝)

・中山7R 500万 芝1600(牝・16頭)
⑧ラッキーダイス(そらおみ・伊藤工)


アルーリングライフは2着だった新馬戦から中1週の競馬。
前回の勝ち馬(ホクセツキングオー)は強かったですし、牝馬限定のここでは正直、負けられないところだと思います。
早い時期に勝ち上がる一族ですし、メジロマ委さんの今シーズン初勝利も気配濃厚でしょう。

ジョープライドは前走、初ダートで3着に好走。
前夜の段階では、そこそこ人気になっている様子ですが、正直、評価の難しい一頭だと思います。
3着とはいえ勝ち馬から1.3秒離されたものでして、そこだけを見ると過信は禁物なのですが、ダート2戦目で慣れが見込める、というのはある。

ビジュアルショックはデビュー戦(6着)以来、約3ヶ月振りの出走。
新馬は砂を使われてましたが、父キングマンボの外国産馬で、芝でも問題ないのではないかと思われます。
ダート1400ってのは、いかにも忙しかったように思えますし、距離延長もいいのではないでしょうか。
ただ、休み明けだけに、まずはメドの立つ内容を。

母ヘヴンリーロマンスのコードゼットはデビュー戦から5、4着。
いずれも着差を1秒ほど付けられてますし、ちょっと晩成気味なのかなぁ、とは思います。
ここにきて動きが良くなっているらしいので、更に上の着順は期待できるのではないでしょうか。
ただ、1番人気に推されそうですが、アタマ鉄板とまではいかないと思います。

エーラゴーデオは津里先生の8位指名馬。
前回の京都開催で一度、ダート戦にエントリーされてましたが、直前に筋肉痛で取り消し。
今回はそこら辺の影響が気になるところですが、果たしてどうでしょうか。
どのくらい走るか、ちょっと予測のつかない一頭ではあります。

ホクセツキングオーは2週前の新馬戦でコンマ4秒差を付けての快勝。
そこそこメンバーも揃っていた感があるので、価値があると思います。
京都から阪神にコースは替わりましたが、今回も同じダ1200。
前夜オッズではびっくりするぐらい人気が無いですが(単勝1480円)、明日になればもっと売れてくると思われます。
ナイトオブザオペラとの1点で勝負したい。

リリーマルレーンは健気に走り続けて、ここがデビュー9戦目。
今回は中京での連闘後の一戦であり、ちょっとその辺が気がかりですが、中山ダ1200の外枠、というあたりに少し期待が持てるかもしれません。
目指せ掲示板、といったところでしょうか。

ソルスティスはダートのマイル前後の距離を使われ続けておりますが、結果が出ていない現状。
ここ2走は勝ち馬から3秒以上の大差を付けられており、あれこれ厳しいところではありますが、今回は▲の減量騎手起用に活路を見出したいところであります。

カクテルハートは暮れの今回と同条件の新馬戦で13着。
後方からバテた馬を交わしただけ、という内容でした。
この手の血統(父オペラハウス)は走りに前向きさが出て、ある程度先行できないと厳しいような気がしますが、この2ヶ月の間でそういう面が出てきていれば前進も可能かもしれません。

サトノジューオーは2ヶ月半振りの出走。
昨秋はコンスタントに4走使われ、4、4、3、6着と、詰めは甘くも堅実に走っておりました。
社台F産の良血ですし、順調なら期間内には勝ち上がれるとは思いますが、今回は休み明けなので一度、静観してみたいところです。

ラッキーダイスは前走の菜の花賞で9着でしたが、昇級初戦で前走との間隔も2ヶ月空いていたので仕方のない結果だったと思います。
その前走は道中最後方からの競馬を強いられてましたが、元々、もっと前に行ける馬ですし、平場の牝馬限定戦なら前走みたいなことにはならないでしょう。
[PR]
by efurin | 2010-02-27 21:57 | POGりん | Comments(0)

2/26日記

寝ても寝ても寝ても寝ても眠い。
そんな今週だった。
ロクに日記も書けちゃいねえ。

今週は30分の残業を3日もこなした。
月末なもんでそういうのを依頼されてしまうのだけど、やはり余計な仕事はしない方がいい。

今夜もまた9時頃には寝ていたのだが、日付が替わった頃、オッサンからの電話で起こされた。
あれが無かったら、また朝まで寝ていたのかもしれない。

今度の給料を計算してみた。
やはり2月は日数が少ないので、前回より5千円だか手取りが減りそう。
そんなんで遠征かけても大丈夫なのか?
どうであれ行くけども。
「花月園・ザ・ファイナルvol.1」と題された最後のFⅠ開催。
2年と少し前、関東遠征の際に行き損ねて良かったのかもしれないね。
今回のために残しておいたと思えば。

この土日はとにかく静養に努めようかと。
せっかく鍋を買ったことだし、カレーを作って、ひたすらそれ食って。

肩こりが酷い上に、タバコばっかり吸ってると吐き気までしてきた。
こりゃとっとと寝るに限る。

ではまた。
[PR]
by efurin | 2010-02-27 01:30 | 日記 | Comments(0)

土曜重賞予想

・アーリントンC(GⅢ)

◎①フラガラッハ(デムーロ)
〇⑬レト(幸)
▲③ザタイキ(藤田)
△②ニシノメイゲツ(北村宏)
△⑪シゲルモトナリ(北村友)
△⑫ペガサスヒルズ(安藤勝)
△④モエレデフィニット(岩田)

[PR]
by efurin | 2010-02-27 00:40 | 競馬 | Comments(0)

明日のPOGりん

厳寒期が過ぎ(たのか?)、競馬の世界も徐々に春へと向かいつつある今日この頃。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか、管理人でございます。

さて、今週から中山・阪神に舞台を移し、POG的にはいよいよトライアルシーズンへ。

今週は18頭がエントリーされております。
実は、そのうちの半数をメジロマ委さん(5頭)とそらおみさん(4頭)で占めているという、この二人にとっては出走ラッシュっぷりであります。

明日は7頭。
外枠ばっかりじゃんか。

・中山5R 未勝利 芝1600(16頭)
⑭ゴールデンダニエル(メジロマック委員会・江田照)
⑮ウォンビーロング(そらおみ・横山典)

・中山6R 新馬 芝2000(16頭)
⑪サンリヴァル(そらおみ・内田博)
⑬メジロチェスター(メジロマック委員会・村田)

・中山9R 水仙賞(500万) 芝2200(11頭)
⑧ステージプレゼンス(えふりん・川田)
⑨スペースアーク(そらおみ・内田博)

・阪神6R 500万 芝1400(16頭)
⑬グレナディーン(えるこん・小牧太)


ゴールデンダニエルは3週前の新馬戦で人気薄ながら差の無い3着に奮闘。
中2週で順調にここへ駒を進めてきました。
東スポの印を見ると、前走がフロック視されているのか、ここもそれほど人気にはならなさそうです。
今回は外枠不利なコースではありますが、牡馬としては馬格が無い方なので、揉まれない枠でいいんじゃないでしょうか。
人が思っているよりは強いと思います、この馬。

ウォンビーロングはデビューから3戦続けて2着の後、放牧明けの前走で初の連外し。
しかし、ここは距離がマイルに戻って叩き2戦目。
いい加減、このあたりで決めてくれないと困る馬。
まともなら連は外さないはず。

サンリヴァルはそらおみさんの1位指名馬。
フサイチコンコルド、アンライバルドの半弟であります。
牡馬としては繊細なところがある馬らしく、堀師は古馬になってからの活躍を期待するようなコメントっぷりですが、初戦でも期待をしているみたいです。
注目の良血ですし、いきなりから走っても不思議ではないでしょう。

メジロチェスターはメジロマ委さんの10位指名馬。
父がメジロマックイーン、母父がエルコンドルパサーという、血統だけ見るならばバリバリのステイヤーという感じであります。
やはり奥手のタイプらしく、使われつつ徐々に、という感じでしょうか。
ただ、こういう馬がいきなりぶっちぎって勝ったりすると、それはそれで楽しくなる。

先週に続き、管理人の馬が500万特別で1番人気を背負いそうな気配の水仙賞。
日曜日の悪夢(タイセイレジェンド12着)が再び脳裏をよぎる管理人でありますが、さすがにここはどうにかしてもらいたいステージプレゼンス。
復帰戦から中1週続きの押せ押せローテも気になりますが(きっと、わたくしのドラフト時の予測通り、オーナーがケツを叩いているのでしょう)、「ここを勝って放牧→TRからダービーへ」というのが青写真ではないでしょうか。
中山向きとは思えない脚質ですが、この頭数ならどうにかならないか。

スペースアークは12月の葉牡丹賞(4着)以来、3ヶ月振りの出走。
2歳時は札幌2歳S(6着)→東スポ杯(9着)と、強いメンバー相手に揉まれてきました。
葉牡丹賞の上位もなかなかの顔触れでしたし、今回のメンバーでも決して見劣りはしない素材だと思います。
レースではまだ本気で走っていないらしく、今回はブリンカー着用でそのあたりの改善を狙っているようです。
ただ、鞍上のケガの回復具合はどうなんでしょう?

グレナディーンは2ヶ月半振りの出走。
12月の今回と同条件の平場戦では人気を裏切って6着に敗れておりましたが、元をただせば重賞3着、500万特別2着という、このメンバーでは実績上位の存在です。
2歳戦で、えるこんさんの快進撃を支えた1頭だけに、明け3歳初戦のここを良い形で滑り出してもらいたいものであります。
[PR]
by efurin | 2010-02-26 20:40 | POGりん | Comments(2)

2/25日記

金曜の朝、7:52でございます。

2晩続けてサボっておりました。
最近の弱りっぷりたるや酷いものがあり、2日続けて夜7時半に寝てた。

ここ2日のトピックスとしては、

水曜日:ホームセンターで鍋を買った。
木曜日:ダイソーで包丁とまな板を買った。

てなぐらいなもん。
しかし、作るのは相変わらずチャーハン。
週末はカレーを作ってみるつもりだけど。

昨日(木曜)は朝、いそいそと弁当を作っていたのだけど、今朝は面倒に思える。
まだ出発まで20分ほどあるのだけど、たまにはコンビニ弁当でもいっか。

では、また今夜からあれこれ、しっかり書きます。
[PR]
by efurin | 2010-02-25 23:59 | 日記 | Comments(0)

2/24今日の名曲

8位だっけ。



こういうのをやってると、8位あたりでダレてきてもいいようなもんだけど、サザンの場合、まだまだ「ホントは3位あたりでいいんじゃないの?」みたいな曲がワンサカあるのが恐ろしい。

まあ、この曲も「ジャパニーズ・グラフィティ」を撮るのだとすれば挿入できそう、というか、この曲だけで1本の作品が作れてしまうのではないか。

高校生の頃、僕にはどこにでもラジカセを持ち歩く癖があった。
夏の夜、仲間内で花火をやるとなりゃ持参してレゲエを流したりとかそんなん。
ロケット花火で狙撃されてたけど、ラジカセ。

で、高校の卒業旅行で与論島へ行った時、他の旅行客の女の子たちを捕まえて、そこから個人行動に移って・・・って、まあこりゃベタな「ジャパニーズ・グラフィティ」ですわな(与論島にまで来てキャッチボールやってたあたりはマヌケだが)。
そして日も暮れ、3月のまだ少し寒い浜辺に並んで腰掛けて「俺らはみんなで野球やってたんだよねぇ」とか話すのですよ。
まあ、そんなしょうもないボキャブラリーしか無いんだな、18歳なんてのは。
今でも大差無いけど。

そこでラジカセのスイッチを押すと流れてきたのがこの曲。
言葉の足りなさとか、そういうのをすべて駆逐するんだな、サザンのバラードってのは。
それはもう、自分としては横にいる女の子がどうこうじゃなくて、目の前の夕暮れの海と、曲のコントラストが印象に深く、「サザンは映えるなぁ」って思った。

あの頃のボーイズ&ガールズは今、皆さん何をしてらっしゃるのだろうか?

「ミスター音信不通」は今、ここに。
[PR]
by efurin | 2010-02-24 00:15 | ロック | Comments(0)