ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

<   2009年 12月 ( 57 )   > この月の画像一覧

12/31日記

1年最後の日記は、日付が替わる前に書いてしまいたい。
と、そういうことを意識できるだけで大晦日気分。

朝の10時半に起きて、11時半頃に宅急便が届き、何じゃと思ったら、会社の保険の福利厚生のカタログ本。
ホテルとかあらゆる施設の値引き情報が載っているやつ。

午後は津里氏からの電話。
今年を振り返る、とか大げさなものではなくグダグダ話。
クソゲーの話とか。

その話に触発され、サミットへ行き、店内で飯を食った後、ブックオフへ行き、105円でサッカーのクソゲーを購入。
って、まだプレイしてないからクソゲーかどうかも分からんけど。

サーティワンでアイスを買ってから帰宅。
軽く贅沢しようとレギュラーダブル。
お会計で400円と言われ、「あ、580円なのに間違ってるんじゃないの?」と思ったら、今日は31日で値引きの日だった。

帰宅してアイスを食ってからすぐに居眠り。

7時半頃に目が覚めた。
「笑ってはいけない~」を最初から見ようと思っていたのだけど、ちょっと失敗。

当たるはずだった宝くじも不発。
やっぱり馬券とか車券の方が当たる気がするわな。

でまあ、今年を振り返ったりあれこれ書こうと思うのだけど、テレビのCMの間にしか書き進めないような状況で、こんなことは年に一度ぐらいだろう。
さっきのPOG記事もえらく時間かかった。

よくよく考えてみたら、今のこの時間は、金土日の3連休に迎えた木曜の夜みたいなもんで、正月休みなんて貧弱なもんだよなぁ。

おお、出たな、今年もバッグに石倉三郎。
随所にずるいよなぁ、この番組。
笑ってしまうわ、そりゃ。

とりあえずね、特に振り返るような1年でもなかったと思うし、それならそれで無理に振り返ることもないか。
多分、日記を読み返しても味気のない12ヶ月なんじゃないかなぁ。
最近、あまり昔の日記を読んでないから。

とにかく、来年は今年より愉快な年になるよう努めていきたいと思います。
たまには初詣でも行くか。

では、また来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by efurin | 2009-12-31 23:15 | 日記 | Comments(0)

この大晦日の昼間、一気にやっつけるつもりがもうこの時間。
たったの5連休ですから、慌て気味に書いていかねばならん。

第6回目はビエンビエンさん。
昨シーズンはシェーンヴァルトは早々に重賞を勝ってましたが、今シーズンは、やや立ち遅れ気味の出足。
しかし、12月に入ってから3週連続で指名馬が未勝利戦を勝利。
3歳戦へ向け、どうにか態勢を整えてきました。

13位 ビエンビエン 22.2p(3.3.3.8)

1位 ジャポニズム(牡・ネオユニヴァース×オリエンタルアート 栗・池江寿)
2.4p(0.1.1.2)・・・12/26出走
2位 ダイワファルコン(牡・ジャングルポケット×ダイワルージュ 美・上原)
5.0p(1.0.1.0)・・・次走1/24若竹賞予定
3位 ヴィクトリーマーチ(牝・アグネスタキオン×ヴィクトリークライ 栗・大久保龍)
未出走・・・12月中旬入厩→1月後半京都デビュー予定
4位 オメガブルーグラス(牡・グラスワンダー×アイシーサイレンス 栗・大久保龍)
7.8p(1.1.0.1)・・・在厩
5位 クリスマスキャロル(牝・アグネスタキオン×クリスマスキャロル 栗・石坂)
5.0p(1.0.1.0)・・・放牧中
6位 [ハッピーディレンマ](牝・アグネスタキオン×ハンターズマーク)
未出走・・・未入厩
7位 フレイムヴェイン(牝・フレンチデピュティ×スカイクレイバー 美・萩原)
未出走・・・夏ゲート試験合格後、放牧→12月再入厩(1月中山デビュー予定)
8位 エルブロンネ(牝・アグネスタキオン×エミネントピークス 栗・宮本)
0p(0.0.0.1)・・・放牧中
9位 [テラコッタ](牝・アグネスタキオン×シーリング)
未出走・・・未入厩
10位 エーシンリジル(牝・フレンチデピュティ×エイシンルーデンス 栗・野元)
2.0p(0.1.0.4)・・・前走後放牧→12月中旬入厩(1月京都で復帰予定)

まず、6頭デビュー中5頭がポイントを獲得しているあたりがいいですね。
残りの4頭中、馬名登録済みの2頭がデビューのメドが立っているのも好材料。
そして何より、故障馬がいないこと、これが大きい。

勝ち上がった3頭はすべて未勝利戦でのものですが、どの馬も新馬戦で3着以内でしたし、オメガブルーグラスの6着が結果的に距離が長かったと考えれば、3頭とも底は見せていないと言えるのではないでしょうか。
ただ、オメガとクリスマスキャロルがダート短距離での勝ち上がりというのが、POG的には微妙な点かもしれません。

となると、現状で大将格の期待がかかるのはダイワファルコンということになりましょうか。
期待の血統馬ですし、500万クラスでも問題なく通用すると思います。
次走であっさりクリアして重賞戦線に駒を進めてもらいたい。
そういやシェーンヴァルトもジャングルポケット産駒だし、このあたりに何かの縁を感じます。

一方、どうにも煮え切らない感じなのが1位指名のジャポニズム。
朝日杯を勝ったとはいえ、兄のドリームジャーニーも5歳になって本格化した様子ですし、母父のメジロマックイーンというあたりで晩成気味なのかもしれません。
でも、2000の距離では崩れてないですし、今後、距離が延びて変わってくるかも。

とにかく、このまま全馬無事に、これが一番でしょう。
[PR]
by efurin | 2009-12-31 21:37 | それぞれのPOGりん | Comments(0)

12/30日記

GPの魔物とは何か。
その尻尾だけが見えたような、そんな1日。

朝は7時起き。
アラームは6時セットだったけど、つい二度寝。

それでも7時半には京王多摩川着。
片道150円、圧倒的に近くて安い。

正門前には予想より長い行列。
貰った特観席の整理券番号が845番。
一人2枚まで配布していたから、実際はそんな人数じゃなかったと思う。

8時過ぎに入場。
GP当日とあってか、コーヒー牛乳とオニオンスープの無料サービスとか、あれこれサービスが充実していた。
朝イチから、京王閣名物牛皿ライスを食べに行ったら、本日は牛丼しかできないのだと。
でも要するに、いつもはすき焼きとライスを別の皿で提供するのを丼形式にしただけ。
個人的には最強のギャンブル場グルメ。
あれが500円は安い。

500円といえば特観席料金。
GP当日なんだから千円ぐらいに値上げしても誰も文句は言わなさそうなもんで、競輪場への入場料込みの500円は安い。

9時40分頃、遅れてやって来るSSV氏を出迎えようと正門近くのベンチに座っていたところ、目の前を怪物・滝澤正光が通り過ぎていった。
そういや、取手に行った時も場内で山口健治を見かけたし、このあたりが競輪場は面白い。

SSV氏と合流。
ファンサービスのスピードクジでサクっと4等のクオカード2枚セットを引き当てるあたり、地運の違いを見せ付けられたような、どうでもいいような。
特観席内のレストランでコーヒーを飲んでる間に1Rが締め切り。
まあ、朝からあまり気を入れて車券に手出しするのはよろしくないと余裕の見。
いや、ウソ。
2Rからジャンジャカと3連単を購入。
一方の氏はちょこちょこと固いワイドとか2枠複を買い、しぶとくプラスを捻出。

昼はまた牛丼。
氏が食いたいというので。

10RのS級決勝を終え、まったく車券が当たらず。
外したら今後、自炊開始に踏み切る覚悟で財布に6千円を残し(全財産)、GPの車券を購入。
神山1着固定、伏見1着固定、永井1着加藤3着固定の3連単、永井-加藤からの3連複流しを節操も無く購入。
そして、ふとした着想で最後に買い足したのがこれ。
b0096101_0405832.jpg

1260円の配当じゃ焼け石に水だったけど、一度も払戻機に券を突っ込まないという惨事は免れたから良かったのかもしれない。

表彰式中の哀愁漂うひとコマ。
b0096101_0443932.jpg

このお嬢は、いったい何想う。

自転車に乗ってきた氏といったん別れ、分倍河原の駅で再合流。
ワイドを2千円獲った氏がご馳走してくれるというので駅前の居酒屋へ。
って、奴もトータルではマイナスだったのだが、あれだけのものを見て損失が千円ってのは勝ちに等しいという見解。

2時間ほどウダウダと感想戦。
3年前の覇者はライン3番手の人(有坂)、去年もライン3番手ながら実質単騎の人(井上)、そして今年も完全単騎の海老根。
2年前は先行の番手の人(伏見)だったけど。
これが何を物語るのか?
GPは限りなく個人競技に近いレースだということではなかろうか。
例えば、井上にしても海老根にしても、自分の前後にラインができていれば、逆に勝てていなかったのではないか、と。
個人競技なんだから仲間のことを気にしなくていい人、つまり単騎が勝つ。
これは極論だけど、普段の競走よりはその可能性が高まる、ということを言いたい。
もちろん、選手に力があることが大前提だが。

8時過ぎに帰宅。
ここでささやかなサプライズが。
久々にパソコンのメールをチェックしたところ、プロバイダからのメールが溜まっており、どうせあれこれの宣伝メールばかりだろうと思いながら目を通していたら、ネット開線のキャッシュバックを振り込みます、だかいうお知らせが。
今年の初夏の頃か、ケーキをくれた営業の兄ちゃんがキャッシュバックがどうちゃらと言っておったので、先月ぐらいまでは「いったい、いつの話なんだろうか・・・」と気にしてメールをチェックしていたのだけど、まったく音沙汰が無く、兄ちゃんの名刺も捨ててしまったので聞くにも聞けず、そうしているうちにすっかり忘れていたのだけど、12/25付けでそんなメールが届いていたとは。
イーバンクの口座をお持ちの方はすぐに手続きできるとのことで、すかさずチョチョイと操作したら、すぐに残高が増えた。
15000円、ああ、死ぬほどありがたい。
死なないけど。
初めてイーバンクの口座が役に立った瞬間でもある。
何でもかんでもジャパンネットの方で済ませていたから。

これね、12/25の時点でメールに気付いていたらヤバかったろうね。
そのタイミングだと、かなり高い確率で有馬記念とGPに突っ込んでいただろう。
補足情報として、メール通知後45日間放置だとキャッシュバック権利を失っていたらしい。

という具合に都合良く本日の散財の大半が補填され、明日は競艇場行きの無料バスに吸い込まれてしまいそうな恐怖を覚えるのだが・・・。
いや、おとなしく過ごそう。

あ、大事なことを書き忘れた。
SSV氏との別れ際、話の流れのノリで変な誓いを立ててしまったのです。
「来年1年間、枠複(枠連)とワイドしか車券、馬券を買わない」という、ある意味、禁煙よりも難しいと思える無謀な宣言をしてしまったんだな。
最終的に「競馬は馬連も認める」という妥協案に落ち着いたのだけど。
で、有馬記念と立川GPでようやく3連単やら3連複を解禁して良いという。
氏曰く「あんたは枠複とワイドならズバズバと当たるはず」という進言なんだけど、うーんまあ、何かの修行だと思ってやってみよう。

果たしていつまで続くことやら・・・。

では、また明日。
[PR]
by efurin | 2009-12-31 01:23 | 日記 | Comments(0)

そろそろ、1日数本ずつ書いていかないと間に合わない気がする。
いや、気のせいじゃない。

第5回目はご存知(ご存知だらけか、このシリーズは)、POGりんの名付け親として有名な(そうなのか?)俊哉さん。
初年度から7位、11位と煮え湯を飲まされてきた印象ですが、今シーズンはついに大物を引き当てた気配であります。
台風の目かもしれぬ。

9位 俊哉 35.8p(4.1.0.8)

1位 アーデルハイト(牝・アドマイヤタキオン×ビワハイジ 栗・松田博)
未出走・・・脚部不安のため入厩メド立たず
2位 アドマイヤプリンス(牡・アグネスタキオン×プロモーション 栗・松田博)
8.4p(1.0.0.2)・・・12/26出走
3位 バルトーロ(牡・ダンスインザダーク×ポトリザリス 牡・角居)
0p(0.0.0.1)・・・放牧中
4位 ラヴアズギフト(牝・Tiznow×Fast as Light 栗・音無)
0p(0.0.0.3)・・・放牧中
5位 マイネルレイン(牡・ロージズインメイ×ミスクラブアップル 美・鹿戸雄)
7.0p(1.0.0.0)・・・放牧中
6位 [ヒーロー](牡・フジキセキ×ブリリアントベリー)
未出走・・・未入厩
7位 [ウィステリアアーチ](牝・キングカメハメハ×バービキャット)
未出走・・・未入厩
8位 [フレデフォート](牡・Dubawi×Perfect Promise)
未出走・・・未入厩(2月入厩目標)
9位 ジョープライド(牡・アルカセット×ジョープシケ 栗・中竹)
0p(0.0.0.2)・・・放牧中
10位 テイラーバートン(牝・ジャングルポケット×ブリリアントカット 栗・角居)
20.4p(2.1.0.0)・・・12/27出走

まずは勝ち上がった3頭すべてが新馬勝ちという点が秀逸でしょう。
一方で勝てない3頭は全走掲示板に届かず、このあたりもむしろ潔い感じがする。
オールオアナッシング的な。

その勝ち上がった3頭の中で大注目なのがテイラーバートン。
暮れの500万戦で2勝目を飾り、俊哉さんにとってはPOGりん初のOP馬となりました。
ここまでの3戦の内容が非常に濃い。
新馬戦は牡馬相手に5馬身差の圧勝。
2戦目も2歳戦としては早めのペースで逃げ、敗れはしたものの勝ち馬はラジオNIKKEI杯2着のコスモファントム。
そして先日の3戦目は控える競馬を覚え、牡馬の実力馬ダノンスパシーバを抑えて勝利。

という感じに、このまま順調なら牝馬の重賞戦線で上位を賑わしてくれるでしょう。
そして、主戦の四位Jがラナンキュラスとレースが被った時、どちらを選ぶか、ここにある程度の答が見えるような気配がします。
個人的にはテイラーバートンを選ぶような気がしております。
厩舎との関係とか、そういうのを含めて。

その他、アドマイヤプリンスは新馬勝ち以降、どうにも母父ヘクタープロテクターが持つ、悪い意味の軽さが出てしまっているような気がします。
マイネルレインは軽い脚部不安などで放牧が長引いているようですが、復帰してきてどんな競馬を見せてくれるか注目したい。

上位進出のカギがテイラーバートンに委ねられているのは明らかですが、優勝争いともなればあと1、2本は矢が欲しいところで、アーデルハイトの近況が厳しいことを考えると、マイネルレインが上のクラスで通用することプラス、これからのデビュー組で1頭、新馬勝ちクラスが欲しいところか。
[PR]
by efurin | 2009-12-30 23:14 | それぞれのPOGりん | Comments(0)

個人的には年末年始の風物詩、それが「それPOG」です。
ある種の苦行、いや修行みたいなものですが。

さて、第4回目の今回は、ご存知POGりんの王様、九官鳥さんです。
3連覇を目指すべく臨んだ今シーズンですが、ここまでは若干、厳しい展開となっております。
そりゃまあ、参加者が年々増えているわけで、そう簡単ではない。
でも、デビュー6頭中3頭が勝ち上がっているあたり、王様の底力。

10位 九官鳥 27.8p(3.4.2.9)

1位 トゥエルフスナイト(牡・キングカメハメハ×シーザリオ 栗・角居)
未出走・・・未入厩
2位 カザンリク(牡・Kingmambo×Believe 栗・松元)
0p(0.0.0.2)・・・放牧中
3位 ナショナルフラワー(牝・アグネスタキオン×ナショナルフラッグ 美・国枝)
0p(0.0.1.0)・・・在厩
4位 ダイナミックムーヴ(牡・ファルブラヴ×ムーヴオブサンデー 栗・松元)
未出走・・・未入厩
5位 アマファソン(牝・フレンチデピュティ×アドマイヤセラヴィ 栗・松田博)
5.0p(1.0.1.3)・・・放牧中
6位 シンキ(牡・フレンチデピュティ×ピサノキャニオン 美・藤沢和)
未出走・・・12月上旬入厩
7位 サザンクロスレディ(牝・シンボリクリスエス×ウシュアイア 栗・角居)
4.0p(0.2.0.2)・・・12/27出走
8位 アースガルド(牡・ネオユニヴァース×レディフェアリー 美・勢司)
11.8p(1.2.0.2)・・・12/27出走
9位 [ハイアライト](牝・ゼンノロブロイ×レアパール)
未出走・・・未入厩
10位 ロジフェローズ(牝・タニノギムレット×スイートフェローズ 美・大竹)
7.0p(1.0.0.0)・・・次走1/23菜の花賞を予定

8月に牡牝1頭ずつが未勝利勝ち。
2頭とも上のクラスで掲示板を確保し、力のあるところを見せてくれましたが、その後はややパンチ不足。
しかし、アマファソンあたり、500万、OPで戦った相手(リルダヴァル、コスモファントム、ラナンキュラス)をモノサシにすれば、500万は十分に勝てるはず。

そして今後の希望は11月の新馬戦を勝ったロジフェローズ。
牝馬限定戦ながら、2着馬に1.1/4馬身差を付けての勝利で、決め手のあるところを示してくれました。
これが今世代タニノギムレットの当たりだとすれば、GⅠ戦線に乗ってきても不思議ではない。
また、同じ新馬戦で牝馬エースのナショナルフラワーが3着し、とりあえず外れでは無さそうなところを見せてくれたのもひと安心か。

一方、2位指名で、今シーズンPOGの人気馬の一角だったカザンリクは不発。
多分に気性面が影響しているのでしょうが、16、14着では厳しい。

1位指名のトゥエルフスナイトは蹄が弱いとか何とかで調整が遅れている様子。
期間内に出てきてくれればいいのですが。

とにかく、上位浮上のキーホースはロジフェローズでしょう。
この馬の大爆発があれば。
[PR]
by efurin | 2009-12-30 22:29 | それぞれのPOGりん | Comments(2)

12/29日記

静かに興奮するGP前夜。
いよいよ来たか、という京王閣GP。
とか言いながらさっきまで居眠りしてたけど。

すべての競輪ファンにとっての大晦日は明日なんです。

昼間の話なんてどうでもよろしい。
いや、日記なんでいちおう書いておこうか。

予想通り、朝からヒマで、いつもの半分強ぐらいしか仕事をしてない感じか。
退勤後、休憩室での納会をスルーするつもりだったけど、やはり流れで軽く参加することに。
まあ、目の前にあれこれ料理が並べられていりゃね、食ってしまうわな。

それでも、7時からのビンゴ大会開始を前に、誰に言うでもなくこっそりと退席。

帰宅して、すぐに本日のSSカップの結果チェック。
2コーナーあたりで小嶋社長と村上兄さんが叩き合う展開。
あの展開なら浅井ラインがマクっても良かったようなもんだけど、そこは社長が強かった。

POG記事を書いてから、しばらくウトウト。

11時、オッサンからの電話。
昨日の段階では3-6-9(神山、山崎、海老根)の3連単ボックスを買いたいと言っていたオッサンに前売りオッズを問われ、そのあたりが240~300倍なのを告げると、他に神山絡みで良さげなフォーカスは無いものか、と問われたので2-3-5(永井、神山、加藤)を推奨。
ここなら8万から10万超えまである。

確かにここは、先日書いた「神山の単独3着以内」の困難さを抜きにすれば、オッズの盲点だと思う。
だって、3車別線決着(まあ、海老根は単騎だが)の3-6-9に比べ、永井と加藤はラインなわけだから。
永井が売れていないのは、これひとえに「永井は逃げ潰れる」というファン心理が影響しているのではないか。

しかしここで、ある意味「競輪らしく」推測を進めてみる。
どのラインでも同じだけど、岐阜の2人が考えているのは当然、ワンツー決着。
その中、加藤はこのメンバーの力関係は十分、承知しているに違いない。
永井が逃げても残れない(可能性が高い)と。
元々、スプリンタータイプの脚質だし、去年のGPを見てもそれは明らかだろう。

一方、唯一ライン3車の関東軍。
前日インタビューでも平原、武田は「自分が勝つ競走に徹する」という内容を強調している。
しかし、これが逆に何かが臭う。
ここで「競輪らしく」裏を読もうではないか。
裏というか、この2人が「神山さんを勝たせよう」と考えるのは人として自然なものではなかろうか。
「競輪界の七不思議」とまで言われた神山先生のGP未勝利。
年齢的にも、おそらく今回がラストチャンスだろう。

そして山崎-伏見。
ここは昨年のこのレースで後方不発に終わったトラウマがある。
逃げずとも、ある程度早めに仕掛ける展開はイメージが湧く。

つまりだ、2コーナーあたりで今日のSSカップみたく平原と山崎が併走する形があってもおかしくなかろう。
そこを永井-加藤がマクるいう、そういうの。
今日の結果(SSカップの岐阜ワンツー、S級準決勝で山口富が1着)からすれば、流れは岐阜勢に向いている、というのもある。

この年末年始を優雅に過ごせるか否か、すべては明日次第。
興奮を抑えつつ、その時を待ちます。
日テレ系列で生中継するみたいなので、皆さんもぜひご観覧あれ。

ではまた。
[PR]
by efurin | 2009-12-30 00:13 | 日記 | Comments(0)

残り16人分、遠くて長い道のりですが(大げさ過ぎる)、どうにか書いていきます。

第3回目の今回は、過去3、4位と上位の常連であるOMさん。
悲願の優勝(これも大げさか、まだ3シーズン目なのに)に向けて管理人に言わせるところの「OM銀河系軍団」を組んでくましたが、よもやの大出遅れ。
しかし・・・。

12位 OM 22.36p(3.1.2.4)

1位 レーヴドリアン(牡・スペシャルウィーク×レーヴドスカー 栗・松田博)
6.0p(1.0.1.0)・・・次走1/9福寿草特別が有力
2位 アドマイヤブレーク(牡・タニノギムレット×マザーシプトン 栗・友道)
未出走・・・外傷と気性難で入厩メド立たず
3位 アドマイヤテンバ(牝・クロフネ×アドマイヤグルーヴ 栗・橋田)
9.36p(1.1.0.0)・・・12/27出走
4位 ゴールスキー(牡・ネオユニヴァース×ニキーヤ 栗・池江郎)
7.0p(1.0.0.0)・・・次走1/23若駒Sを予定
5位 リアライズトロイカ(牡・Kingmambo×Balistroika 栗・森)
未出走・・・10月新馬戦に登録も出走取消(球節炎)→放牧中
6位 バトードール(牡・クロフネ×ビスクドール 栗・池江寿)
未出走・・・12月上旬入厩(ゲート試験合格)
7位 ルペルカリア(牝・タイキシャトル×ビハインドマスク 栗・矢作)
未出走・・・未入厩
8位 セイクリッドセブン(牡・フジキセキ×グレースランド 栗・松田博)
0p(0.0.0.2)・・・12/26出走
9位 シアトルムーン(牝・アグネスタキオン×シアトルサンセット 栗・松田国)
未出走・・・9月右飛節骨折(全治6ヶ月)
10位 ミラクルレジェンド(牝・フジキセキ×パーソナルレジェンド 栗・藤原英)
0p(0.0.1.2)・・・放牧中

11月末の東京・京都開催終了時点で出走馬がミラクルレジェンド1頭だけという非常にヤバめな状況でしたが、暮れの阪神開幕ともに良血馬が一気にデビュー。
1、3、4位の上位指名馬が血統の額面通りに勝ち上がってくれました。
特に牡牝両エースが結果を出したのは大きく、今後に繋がったのではないでしょうか。

ていうか、もしかしたらこの3頭だけで優勝争いに加わってくるのでは、と思わせるところが銀河系。
アドマイヤテンバはクロフネ×アドマイヤグルーヴで、ポルトフィーノと似たような血統構成ですが(クロフネ×エアグルーヴ)、デビュー2戦の内容を見る限り、重厚感のある走りで、クロフネはクロフネでもブラックシェルみたいなタイプかもしれませんね。

レーヴドリアンは兄・アプレザンレーヴ同様、シラーっと青葉賞には出ていると思います。
そして堅実に走りそう。

ゴールスキーはリルダヴァル、ダノンパッションと大物候補が故障で離脱した池江父厩舎にとって希望の星でしょうし、新馬勝ちから若駒Sというローテだけで大物っぽい。

思えば、少し前の関西の2歳の大物ってのは11月とか12月デビューってのが王道だったりしたわけで、今シーズンはそういう原点回帰の時期なのかもしれず、OMさんの上位進出イコール、その証明となるのかもしれません。

面白いし興味深い。
[PR]
by efurin | 2009-12-29 20:07 | それぞれのPOGりん | Comments(0)

12/28日記

去る土曜日の夜、わたくしはオッサンとの競馬談議の中で申しておったのです。
「有馬記念のゲストはノムさんだから、背番号の1と9は要注意だ」と。

しかし、そんなのはノムさん本人が「ワシは自分の背番号の1と9で買うんや」と言うぐらいで、そんな甘いもんじゃなかった(9は勝ったけど)。

そして本日判明した衝撃の事実。
ノムさんの誕生日は「6月29日」なんだと。
おわああー!3連複1点で獲れてるじゃねえかよ。

という下らない小ばなしで始まった今日の日記。
この後も下らないテンションのままです。

月曜日らしく仕事が忙しかった。
喫煙所にて「去年のこの日(年内最後の月曜)はヒマで、机の上の掃除とかしてたよねぇ」という声を耳にし、ああ、そういやそうだったなぁ、と。
おそらく今年は、この月火に有給を取って9連休にしている人が多く、人員不足だったのだと思う。
うちの職場は月曜は全員出勤が基本なんだけど、年末という大義名分のもと、今回は月曜有給が認められていたんだな。
ああ、その手があったか・・・という感じ。

まあ、さすがに明日はヒマだろう。

昼休みにSSV氏とすた丼へ。
職場から歩いて店に行き、普通に飯食って、また歩いて戻ってビルの下で一服してちょうど1時間。
ひたすらGPの展開予想。
先行するのは平原なのか永井なのか?
永井はここでもひたすら「先行します」の一点張りだけど、あれは密かにハッタリなんじゃなかろうか。
でも、関東軍がすんなりの展開だと何も面白くならない。

一方で昨夜、電話でオッサンが「俺は神山から別ラインの2人を絡めてボックスを買いたい」と。
果たして、神山先生が確定板に上がる(3着以内)結果で、尚且つ武田が4着以下の展開とはいかなるものか?
普通に読んだら、それは考えにくい(共倒れの可能性は十分にあるが)。
しかし、それが現実のものになった時、ドリーミーな配当が舞い降りる。

例えばこうだ。
打鐘から永井ラインが最終ホームで先頭に踊り出たその時、平原がいきなりインに潜り込む。
平原という選手は強烈な自力を持ちながら器用な選手でもある。
確かに普通に考えれば、後ろに武田-神山を従えてラインの前を走る以上、小細工はしないはずだが、1億円を目の前にしたジャンが鳴った時、本能的にトリッキーな動きを起こすことは無きにしも非ず。
そこで、平原の動きに一瞬、戸惑った武田が平原との連結を外してしまう。
外に浮いた武田は、こりゃいかんと2コーナー手前あたりから自力発進。
何せ、後ろを回るは悲願のGP制覇が懸かった神山先生。
後方のまま撃沈、というわけにはいかんだろう。
そして直線、力尽きた武田の番手から抜け出る神山と、後続の誰かがゴール前強襲。

という絵だろうか。
可能性は低いだろうが、どんなことも起こりうるのが競輪というものだろう。
このメンバーにおいて、まったくのノーチャンスなんて選手は誰一人としていない。
難しいが面白い。

さて、今さら言うまでもなく、明日は今年のラスト勤務。
5時まで働いて、納会なんぞはすっぽかして帰る。

ではまた。
[PR]
by efurin | 2009-12-29 00:47 | 日記 | Comments(0)

あと8日間で17人分、どうにか書き進めていきたいと思います。
どうせ年始はヒマだろう。

今回はご存知「関東馬の魔術師」ことそらおみさん。
こだわりの関東馬限定戦術で、今シーズンも早期からデビュー馬をわんさか送り込んできました。

7位 そらおみ 46.6p(6.4.1.14)

1位 [サンリヴァル](牡・スペシャルウィーク×バレークイーン)
未出走・・・脚部不安などで未入厩
2位 ラッキーダイス(牝・ネオユニヴァース×ミスベガス 美・藤沢和)
6.0p(1.0.0.3)・・・次走1/11フェアリーS予定
3位 トンデモナーク(牝・ファルブラヴ×スプリットザナイト 美・小島茂)
未出走・・・10月に左前脚骨折(全治6ヶ月)
4位 マイネテレジア(牝・ロージズインメイ×マイネヌーヴェル 美・稲葉)
5.0p(1.0.0.2)・・・10月に左前脚屈腱炎発症
5位 スペースアーク(牡・スペシャルウィーク×サミットヴィル 美・堀)
7.0p(1.0.0.3)・・・放牧中
6位 ウォンビーロング(牝・ストラヴィンスキー×タイフウジョオー 美・藤沢和)
6.8p(0.3.0.0)・・・前走取り消し後、放牧中
7位 ダノンシュナップス(牡・デュランダル×ミスベルベール 美・国枝)
5.0p(1.0.1.2)・・・放牧中
8位 シーズンズベスト(牝・ゼンノロブロイ×シーズアン 美・藤沢和)
7.0p(1.0.0.0)・・・前走後、ヒザの脱臼、骨片除去手術など→経過良好
9位 ロジディオン(牝・サニングデール×ウメノディオン 美・萩原)
7.0p(1.0.0.1)・・・前走後、放牧→11月に入厩も再放牧
10位 コロラトゥーラ(牝・プリサイスエンド×ベルグチケット 美・手塚)
2.8p(0.1.0.3)・・・7月の未勝利13着後骨折→10月に戦線復帰

ご覧の通り、今年も年内に8頭をデビューさせ全馬ポイント獲得、6頭を勝ち上がらせるという手腕を発揮してくれました。
しかし、その後が不運の連続で、500万クラス以上でポイントを獲る馬が現われておりません。
特に、新馬戦の勝ちっぷりから相当な器だと思われたシーズンズベスト。
同じ父の牝馬・アニメイトバイオにも劣らない能力の持ち主だと踏んでおるだけに、無理のない形で戦線復帰してもらいたいところです。

一方、順調な組で今後の期待がかかるのが牝馬エースのラッキーダイスとスペースアーク、ダノンシュナップスの牡馬2騎でしょうか。
ラッキーダイスは年明けのGⅢ戦で真価が問われます。
ネオユニヴァースの仔は中山に向くイメージがありますし、初コースで能力発揮といきたいところか。
牡馬の2頭は共に、勝ち上がってからがワンパンチ欠ける印象の走りですが、スペースアークはしぶとい末脚、ダノンシュナップスは特に前走、後方から鋭い末脚を見せてくれたので、それぞれその持ち味に磨きがかかれば500万は勝てるのではないでしょうか。

今後はこの3頭を主軸に、いつでも勝ち上がれそうなウォンビーロングの奮起、そしてシーズンズベストの早期復帰、これらが上位戦線に踏み止まる条件となってきそうです。

あと、母バレークイーンとトンデモナークは期間内に間に合ってくれるでしょうか・・・。
2シーズン連続の全馬デビュー達成はこの2頭次第。
[PR]
by efurin | 2009-12-28 21:10 | それぞれのPOGりん | Comments(0)

12/27日記

有馬記念が終わったというのに、まだ年の瀬気分がやって来ない。
年々、そういう感覚が希薄になっているような気がする。
年末だとか年始だとか。

なぜかって言えば、おそらく、個人的な年末年始のイベントが無くなっているからではないかと思う。
そりゃね、昔は初詣に行ったりお年玉を貰ったり両親の実家に家族で挨拶に行ったりあれこれあったわけですよ。
んでまあ、冬休みも長々とあったりして。
それが今となっては、そういうイベントなんてのはギャンブルモノしか無くなっているわけで。

11時半まで寝てました。
昼過ぎに本町駅まで出向き、ヨーカドー内のATMに有馬記念用の資金を投入し、焼き鳥を食いながら帰宅。
一瞬だけ競艇場行きのバスに乗ってみたくなったけども。

とりあえず有馬の馬券はというと、
b0096101_0405367.jpg

他にもあれこれ買ってたけど、また今年もエアシェイデイ抜けかよ。
学習能力の無い男だとは思うが、それは時の運だからしょうがねえか。

残った1100円で阪神最終の馬連を買って今年の競馬は打ち納め。
来年こそはチマチマ買いじゃない馬連に回帰しようと思った。

特にフテ寝することもなく、7時頃にサミットへ。
ブックオフで文庫本を4冊買い、サーティワンでアイスを買って帰宅。
書くほどのことじゃないが、そもそもほぼ大半、書くほどのことじゃない話で占められてる日記だから、まあいいじゃないか。

このところのありがちだが、今夜もボンヤリとテレビを見て過ごした。
ついついモノマネ特番を最初から最後まで見てしまったりとか。

「情熱大陸」に岡林信康氏が出ていたのに驚いた。
よくぞ取材できたなぁ、と思って見たら、今年あたりから知らないうちに俗世間に降りてきていたらしい。
アルバムが再発されたり、あれこれイベントとかラジオにも出演していたみたいで。

さて、明日と明後日の仕事を終えりゃあ血湧き肉踊るGPだ。
このために日々、目を凝らしてリプレイチェックをしているようなもんだから、と言うのは少々おおげさかもしれんけど。
前検日会見でも、結局、海老根と石丸は「位置を決めず自力」ということで、今年は少々難解なレースになるかもしれん。
そうじゃなくても競輪とは難解なものだけど。

ともあれ、終わり良ければすべて良し、どうにかして車券を当てたいものです。
ま、年末ジャンボが当たるからいいけども。

それではまた明日。
[PR]
by efurin | 2009-12-28 00:59 | 日記 | Comments(0)