ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

明日のPOGりん

どうもこんばんわ。
気が付けば8月ですね。
なかなか気が付かないほど、今年は冷夏の様子であります。

さて、若干遅くなりましたがPOGりんの記事を書きます。

今週もデビュー馬4頭を含む9頭が出走します。
ていうか、もう未勝利馬の方が多いのかい?という感じですが、これは順調度の表れでしょう。

明日は3頭。

・新潟1R 未勝利 芝1800(16頭)
②キングスバウンティ(リッチモンド・後藤)

・新潟6R 新馬 芝1400(18頭)
⑩トップトウショウ(津里俊満・和田)

・小倉1R 未勝利 芝1200(九州産・18頭)
⑬テイエムヨカゲナ(カワタカ・佐藤哲)


キングスバウンティは今回と同条件の新馬戦で3着。
ここは福島1800からの転戦組との比較がカギとなるでしょうが、福島と新潟なんてまったく別のコースなんだから、新潟実績のある方が上なんじゃなかろうか、とは安易な推測ですが、少なくとも連には絡むと思います。
同じ父シンボリクリスエスのオリエンタルジェイとの一騎打ちでしょうか。

新潟の新馬戦では津里先生が今シーズンの初陣を迎えます。
5位指名の牡馬で父はキングヘイロー。
あらゆる面において地味な馬ですが、キングヘイローは今世代で当たりを出しそうな予感がしますし、それがこの馬であっても不思議ではないわけで、そのあたりにひっそり期待してみましょう。
まだ、あんまり仕上がってなさそうなコメントですが、それも走ってみなきゃ分からん。
先生はこの馬の単勝を当てたら管理人にお金貸して下さい。

テイエムヨカゲナは九州産限定の新馬戦からここへ。
デビュー戦はハナに行くスピードだけは見せてくれました。
正直、ダート1000ならかなり面白い馬だと思います。
しかしここは前回と同条件。
しかも、一般馬、しかも評判の良血馬(カレンナホホエミ)相手に2着した馬(パリスドール)と、一般馬相手に2番人気で5着というコウエイマーチがいるメンバー。
どこまで粘りが増せるか・・・。
[PR]
by efurin | 2009-07-31 23:59 | POGりん | Comments(0)

前回に対抗して、今回は日本のTVショー。



1960年代後半、日本ではグループサウンズ、いわゆるGSブームってのがありました。
そんでまあ、ファンの女子が失神したりとか、挙句の果てにステージ上で歌ってる人が失神するのを売りにするとか、そういった事ばかりがGSなんじゃなく、このムーブメントが後のジャパニーズロック界に残した影響ってのは結構デカいのです。

やはりね、このGSブームってのは、レコードを売る側と演奏する側のギャップというか、グループは結構、マジメにロックンロールしていたところを、売る側がヴィジュアル、アイドル路線に仕立てていた、すなわち、初期ビートルズのマネージメント手法的ななんちゃらがあったわけです。
例えばショーケンの自伝なんか読んでいても出てきましたね、そういう話は。

そこにもってきてこの映像。
象徴的だなぁ、って思いました。
冒頭に登場する司会のお兄さんお姉さんとデイヴ平尾氏の温度差ちゃあもう。
特にこのグループはGSを代表する実力派バンドですからねぇ。
さりげなくミッキー吉野氏がいたりとか、あとルイズルイス加部氏のベースとか凄腕。
この映像の音では分かり辛いですが。

GSが残した屈指の名曲であります。
[PR]
by efurin | 2009-07-28 22:39 | ロック | Comments(2)

今日のPOGりん

間もなくすれば、競馬場の方向から花火の音がボンボコ聞こえるのでしょう。
そんな府中の夏です。

とか、どうでもいい前置きはともかく、今日の結果いきましょう。

・札幌4R 新馬 芝1800(13頭)
⑪スペースアーク(そらおみ・三浦)・・・1着(7.0p)
⑬スクーデリアピサ(ビスコ食べてますから・岩田)・・・7着


スペースアークは圧勝って感じではなかったですが、根性のある走りを見せてくれました。
道中は後方からの競馬でしたが、徐々に捲り上げていったあたり、距離は長い方がいいような、そんな印象を受けました。
これで、そらおみさんは2頭目の勝ち上がり馬。
昨年同様、快調な出だしと言えましょう。

スクーデリアピサは1番人気でしたが、昨日の記事で少し触れた通り、直前の陣営コメントがどうにも歯切れが悪い感じだったのですね。
入厩した当初から比べるとトーンダウンした感もありまして。
クロフネってのはダート馬に出る可能性も高いので、どうにもPOGでは獲る気がしないのですね、個人的には。
しかし、まだまだこの馬は今後の変わり身に期待できるでしょう。
全兄(サイオン)も期間内にダートで2勝したわけで。

それでは、今シーズン初のランキングを掲載しておきます。

1位 そらおみ 16.8p(2.1.0.2)
2位 スモークス 14.0p(2.0.0.0)
3位 リッチモンド 7.0p(1.0.3.2)
4位 えるこん 7.0p(1.0.0.1)
4位 toki 7.0p(1.0.0.1)
4位 えふりん 7.0p(1.0.0.1)
7位 ビエンビエン 2.8p(0.1.0.3)
8位 謎男 2.8p(0.1.0.0)
9位 穴見 0p(0.0.2.4)
10位 九官鳥 0p(0.0.1.0)
11位 ちち 0p(0.0.0.2)
12位 俊哉 0p(0.0.0.1)
12位 カワタカ 0p(0.0.0.1)
12位 メジロマック委員会 0p(0.0.0.1)
12位 ビスコ食べてますから 0p(0.0.0.1)
未出走・・・OM、胴長熊猫、安田ろろ、津里俊満


例の如く、この時期のランキングは大した意味も持たないのですが、改めて参加者を列挙する意味も込めて書いてみました。

次週も何頭かデビューを予定しておりますが、ここにきて改めてメイショウホンマル陣営のトーンが高いです。
安田さん2位指名でカワカミプリンセスの弟。
ここまで、まだエースでポイントを獲得した馬はいないので、その意味でも注目でしょう。

ではまた次週。
[PR]
by efurin | 2009-07-26 18:32 | POGりん | Comments(2)

今日、明日のPOGりん

今夜は川崎競輪場で生アントニオ猪木を拝んできました。
サマーナイト!!

さて、意味不明な叫びは置いておいて土曜の結果。

・小倉1R 未勝利 ダ1000(9頭)
⑥エーシンリジル(ビエンビエン・浜中)・・・4着
⑧ウイントランザム(穴見・熊沢)・・・7着

・札幌4R 新馬 芝1200(牝・5頭)
①ネレイス(えふりん・中舘)・・・1着(7.0p)
②アマファソン(九官鳥・岩田)・・・3着

・新潟5R 新馬 芝1400(牝・18頭)
⑥ラッキーダイス(そらおみ・北村宏)・・・4着
⑩メジロカトリーヌ(メジロマック委員会・吉田豊)・・・9着


ネレイスは、少頭数と馬が強かったから良かったけど、下手っぴな乗り方されてましたねぇ・・・。
って日頃、わたしゃあんまり騎手の巧拙には興味無いんですけど、我が指名馬となると、それなりに見てしまうもので、なぜ直線に入るところで、あんなに後ろをチラチラ振り返る必要があるのか?
スタートでやや出負けしてから、慌ててゴシゴシ押していったあたりも。
今後、変な影響が出なければいいですが、まあとにかく管理人は一つ勝ててホッとしました。

アマファソンは距離短いですね、1200だと。
ちょっと道中、もたついておりました。
1500とかダ1700ならあっさりでは。

ラッキーダイスは、これは典型的なネオユニヴァースじゃなかろうか。
距離が延びてから狙いが立ちそう。

エーシンリジルは昨日書いた通り、早起きしてワイド流しを買いましたがハナ差の4着。
でも、言ってた通り、1番人気のトミケンパルティに先着したから良しとする。

さて、明日は札幌で2頭。

・札幌4R 新馬 芝1800(13頭)
⑪スペースアーク(そらおみ・三浦)
⑬スクーデリアピサ(ビスコ食べてますから・岩田)


スペースアークはそらおみさんの5位指名馬。
これで、そらおみさんは4頭目のデビュー馬。
昨年ほどではないにせよ、今年もなかなかのペースであります。
この馬、管理人も「関東馬じゃなきゃ指名リストに入れていた」というプロフの持ち主です。
そういう馬をきっちりと獲ってくるのが、この「関東馬の魔術師」なのです。
きっちり走ってくると思います、この馬。

一方、こちらも良血馬、セレクトで1億何千万だかの高値を付けた馬ですね。
そんなスクーデリアピサはビスコ君の10位指名。
母フサイチエアデールにクロフネというマツクニブランドですが、この馬は白井厩舎。
セレクトで買われた馬は馬主の都合で厩舎が決まるわけで、変に裏読みする必要はなかろう。
上位人気は間違いないだろうけど、まだユルいところがあるみたいだし、この枠もちょいと気になる。
[PR]
by efurin | 2009-07-25 23:47 | POGりん | Comments(2)

日曜重賞予想

・函館記念(GⅢ)

◎⑫メイショウレガーロ(岩田)
〇⑤ミストラルクルーズ(横山典)
▲⑨マヤノライジン(藤田)
△⑩ヤマニンメルベイユ(柴山)
△⑮インティライミ(佐藤哲)
△⑯サクラオリオン(秋山)
△②ブラックアルタイル(丸田)

[PR]
by efurin | 2009-07-25 23:20 | 競馬 | Comments(0)

明日のPOGりん

今夜はすっかり遅くなりましたが管理人でございます。

今週は悪天候のため、栗東の坂路が閉鎖されただとか、ちょっとした騒ぎになってます。
そんな中、今週も各地で計8頭が走ってくれます。

明日は6頭。

・小倉1R 未勝利 ダ1000(9頭)
⑥エーシンリジル(ビエンビエン・浜中)
⑧ウイントランザム(穴見・熊沢)

・札幌4R 新馬 芝1200(牝・6頭)
①ネレイス(えふりん・中舘)
②アマファソン(九官鳥・岩田)

・新潟5R 新馬 芝1400(牝・18頭)
⑥ラッキーダイス(そらおみ・北村宏)
⑩メジロカトリーヌ(メジロマック委員会・吉田豊)


穴屋のわたくしとしては、明日はこの馬の馬券を買うために早起きしようかしら、とまで思っているのがエイシンリジル。
この距離短縮、ダート替わりは絶好の狙い目でしょう。
ダートの新馬戦で勝ち馬から1.8秒離された馬(トミケンパルティ)が人気になるのなら、この馬の新馬戦(ツルマルジュピターから1.4秒差)も評価されるべきだろう。

ウイントランザムもダート替わり。
まあ、「ゼンノロブロイはダート馬が多くなるかも」という噂もチラホラあったので、ここで変わり身を見せても不思議ではないでしょうが、エーシンほどは期待できないかも。

札幌の牝馬限定戦は6頭立て。
ネレイスは管理人の10位指名馬。
ちょいと鞍上には不満が残りますが、まあ、栗東に戻ればそれっぽいところが乗る馬だと思っております。
既にデビューした牝馬エース・ラプリマステラが不発気味だったので、この馬にはきっちりと結果を出してもらいたいところですが、ここに立ちはだかるのが下の馬。

POGりんの王様が今シーズンの初陣を迎えます。
アマファソンは九官鳥さんの5位指名馬。
ノーザンF産で松田博厩舎という、かなりのブランド品です。
フレンチデピュティ×SSという血統もよろしいですわな。
ここは上の馬と一騎打ち「どっちが勝つのか」という次元でしょう。

打って変わって新潟の牝馬限定新馬はフルゲート。
ラッキーダイスはそらおみさんの2位指名馬(牝馬エース)であります。
「先生のために一番の馬を用意した」とはオーナー(吉田照哉氏)のコメント。
まあ、「社台F産のオーナーズクラブ馬の中で一番」という意味でしょうけど、それでも馬のデキが良いのは確かなんでしょう。
ここは人気になりそうですし、今週の関西馬は追い切りがゴタゴタしたので隙もある。
新馬勝ちのチャンスでしょう。

メジロマ委さんの9位指名馬はメジロカトリーヌ。
お馴染みの快速馬・メジロダーリングの仔です。
父がメジロライアンという事で、スプリント一辺倒という感じではないそうです。
「これまでの母の産駒で一番のデキ」という助手コメントからしても期待できそうじゃありませんか。
こちらもチャンス十分。
[PR]
by efurin | 2009-07-25 00:23 | POGりん | Comments(2)

前回はジャパニーズ歌謡曲だったので、今回はど真ん中のストレートで。



アメリカのTVショーでしょうか。

ドゥービー・ブラザーズっちゃあ、初期のトム・ジョンストン時代とマイケル・マクドナルド加入後とで、全然、別物のバンドというのが定説ですが、筆者はもちろんトム派です。
なぜならロックに「お洒落感」は不要だから。
何がAORだ、バカヤロー。

でもって、ロックバンドのライヴ演奏って、個人的にはオリジナル発表直後のバージョンが好きだったりします。
何と言いますか「崩れてない」のですね、形が。
その崩れていない中に、ライヴならではの実直さというか、そういうのが感じられたりして、それは例えばオリジナル発表から数十年経って「味が出た」とか都合の良い言い回しがされたりしますけど、それは単なる衰えだったりするんですね。
やっぱ、ロックは体育ですから。

でもって、この1973年の映像。
オリジナルの発表はその前年。
この曲の動画をあれこれ見ましたが、これが一番しっくりきた。
オリジナルよりギターの音が生っぽくて鮮明だったり、トム・ジョンストンのボーカルもオリジナルより歯切れがよろしい。
サビのとこ、ちゃんと「リッスントゥザミュージッ」って聴き取れるもん。

あと、「あ、このバンドもツインドラムだったんか」という発見。
オールマンブラザーズバンドぐらいしか思い浮かばんかったけど、ツインドラムといえば。

では、また次週にでも邦楽を。
[PR]
by efurin | 2009-07-24 01:01 | ロック | Comments(0)

日記を公開しないと、どうにもブログの間がもたない感じなので、ここらで久々にあのシリーズを再開させようかと。
ていうか、いつまでも「ロック」のカテゴリーをクリックすると一番上に表示されるのが「乙女、パスタに感動」じゃマズかろう・・・。

さて、今のご時世は動画を貼り付けるという技があるわけで。



曲と映像がマッチしてないが、歌詞が載ってるのでこのバージョンを使用。

1972年っちゃあ筆者がこの世に現れる2年前。
それにしても、この歌、この歌詞は深い。
「喝采」っちゃあ辞書を引くまでもなく「拍手喝采」とかの「喝采」ですよ。
それでいて出てくる歌詞は「届いた報せは 黒いふちどりがありました」だの「喪服の私」だのですからね。
短い中にストーリー性があって、人間の業の深さとかいろんなものを感じさせてくれる曲であります。

やはりこの時代、曲をひとつ作って世に送り出すのに、関係者が費やしている執念とか情念とかの密度は濃い。
だから、当時のヒット曲は今でも残っているんだな。
 
サビの出だし「あれは三年前~」のあたり、テンションが上がります。
相当数のアーティストがカバーした曲だと思うのですが、皆、あのくだりを唄いたいんだよ、きっと。
[PR]
by efurin | 2009-07-20 00:44 | ロック | Comments(0)

今日のPOGりん

ああ、最後まで書いて消してしまった・・・。
一気にやる気が失せるが、それは読んでる人には関係ない。

・小倉1R 未勝利 芝1200(9頭)
⑤サリエル(リッチモンド・和田)・・・3着

・小倉4R 新馬 芝1200(13頭)
⑩オーロラナイト(スモークス・福永)・・・1着(7.0p)

・札幌4R 新馬 芝1200(8頭)
⑧オメガブルーグラス(ビエンビエン・三浦)・・・2着(2.8p)

・新潟6R 新馬 芝1600(15頭)
⑥キラウエア(toki・小牧太)・・・8着


オーロラナイトは最終的に九州産のコウエイマーチを抑えて1番人気。
レースは道中、逃げるコウエイマーチをビッチリとマークする形で進め、直線で先頭に立ってそのまま押し切り。
ネオユニヴァース産駒ながら、この距離で俊敏に立ち回れたあたり、2歳戦線でも活躍できそうな気がします。
これでスモークス氏はデビュー馬が2頭連続で新馬勝ち。

オメガブルーグラスも1番人気。
ドラフト時はもっとズブい走りをしそうなイメージだったのですが、実際はこの距離でもピューンと行ってました。
最後の最後で惜しくも勝ち馬に交わされましたが、これは順調なら次で勝てるでしょう。
勝ち味に遅いタイプではなかろう。

サリエルは見せ場たっぷり。
直線半ばまで先頭、最後は上位2頭に差されましたが、かなりの上積みを感じさせたレース内容でした。
牝馬限定とかならあっさり勝てそうな、そうでなくてもそのうち順番が回ってきそう。

キラウエアは8着。
この時期の新潟で降ろす橋口厩舎の新馬って微妙なのが多い・・・って話を昨日、とある某参加者氏と話しておったのですが、まあでも勝ち馬と1秒差なら、まだまだ変わり身が見込める結果だと言えましょう。
キングカメハメハだけにダートでも潰しが利きそうだし。

という感じに今週は2頭が勝ち上がってくれました。
そろそろ次週あたりからランキングでも載せましょうかね。

次週は札幌でラベンダー賞が組まれてますが、POGりんからの出走予定は無し。
考えてみれば、これまでに札幌で勝った馬がいないのだから、そりゃそうだわな。

それではまた。
[PR]
by efurin | 2009-07-19 22:18 | POGりん | Comments(2)

日曜重賞予想

・アイビスSD(GⅢ)

◎⑨クールシャローン(武士沢)
〇⑥サチノスイーティー(吉田豊)
▲⑰カノヤザクラ(小牧太)
△⑫アルティマトゥーレ(松岡)
△⑭エイシンタイガー(内田博)
△②マルブツイースター(村田)
△⑦シャウトライン(吉田隼)

[PR]
by efurin | 2009-07-19 01:39 | 競馬 | Comments(0)