ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

<   2006年 12月 ( 53 )   > この月の画像一覧

12/31日記

今年最後の日記を書きます。

先日の帰省中に悲しい出来事がありました。

我が愛しのiPod様が壊れたっぽいのです。
行きのバスでは快調だったのですが、京都でポケットから地面に落としてしまったんですよ。
多分、その時にダメージを受けたみたいで、帰りのバスで使おうとしたら、中身から、「キュー、カチャ、キュー」という変な動作音がするだけで、全然音楽が鳴らなくなってしまいました。

今年はPSPにジュースぶっかけるわ、iPod落とすわで、やはり僕は精密機器に向いてないのかも知れません。
その内、パソコンも壊しそうで怖いです。

そういや、さっき更新した来年の抱負に書き忘れましたけど、来年はタバコをやめようと思います。
ていうか、今、手元にある2箱で最後にしたいぐらい。

前回、禁煙に成功した時に掴んだコツは、
「タバコを買わなきゃいい」
というものでした。
当たり前の話なようで、実はこれが一番重要なんだ、と。
あれば間違いなく吸いますから。

競馬・競輪予想、文章執筆、麻雀などの友としてタバコというのはなかなか愛すべきものではあります。
しかし、ただでさえ不摂生なこの生活。
タバコぐらいはやめておかないとマズいわけですよ。
ま、タバコを吸わない彼女とか作るのが一番効果的なんですけどね。

競輪GP後、吉岡の引退会見。
「今日は涙で前が見えず、レースにならなかった」
そう思って3着の押さえに留めたんです(嘘)。
いや、カッコいいよ、吉岡さん。
結局、最後には九州3者がまとまってラインを組んだのも吉岡の最後を飾らせたいという事だったんでしょう。
偉いぞ、井上。
来年は後ろに合志やら小野を連れて、GⅠでブイブイ活躍して下さいな。

今年の5月にこのブログを書き始めてから、ほんと多くの皆さんがここを訪れて下さいました。
ありがとうございます。
来年も毎日更新しようと思うので引き続きよろしくお願いいたします。

今夜はこの後、今年を象徴するように、ゆるゆると仕事するフリをしながらローソン店内で新年を迎えます。

みなさんにとって来年が素晴らしい年になる事を願っております。

僕は間違いなくいい年になると思ってます。
昨日、清水さんでおみくじ引いたら大吉だったから。

では、よいお年を。
[PR]
by efurin | 2006-12-31 19:42 | 日記 | Comments(0)

EFURINグランプリ06’③

さて、来年の話。

今年よりは生活も安定するでしょうから、やっぱり仕事と平行して自分の趣味的なものをしっかりとやっていきたい気がします。

競馬、競輪、麻雀、ビリヤード・・・、こう書くとろくな感じがしませんけど。

競馬、競輪に関しては、何回か遠征して現場観戦したいと思っております。
競馬のGⅠは少し混雑するので、まあ、オフ会などに誘われたら行くかもしれないです。
それより来年は特別競輪(GⅠ)に足を運びたいものです。
1月の小倉は少し厳しいかもしれないけど、6月の大津の高松宮記念とか狙ってます。
あと、GⅡだけど来年は共同通信社杯が地元向日町で開催されるので、それは予定を組んでおきたいと思ってます。
そして、年末のGPですね。
来年は立川開催。
なんとか遠征資金を貯めたいとこです。

投稿活動はですね、ますざぶに関してはなんとか今年のペースを維持させようかと。
ゆるゆると中堅投稿者として活動を続けますよ。
絵を描く事が増えると思います。

あと、真面目な競馬投稿をやってみようかな、とも。
最近、いろいろあるでしょ。
「競馬エッセイ募集」とか。
そういうのを。
ボンバイエには出しませんけど。ますざぶ派としては。

その他では、来年は久々に音楽をやりたいと思ってます。
バンド活動ができたらいいんですけど、それは人が集められるかどうか、という問題があるので少なくとも楽器を触るぐらいはしておこうかと。
あと、麻雀牌も触っておきたいです。
ビリヤードのキューはあまり触らないと思います(笑)。

と、まあ遊ぶ事ばかり考えてしまうわけですが、独り者の特権ですからね、これは。
仕事もちゃんとしますよ、そりゃ。

そんなんです。
[PR]
by efurin | 2006-12-31 19:03 | その他もろもろ達 | Comments(0)

EFURINグランプリ06’②

とりあえずさっきですね、今年のサラブレ2~1月号を順番に並べてみたんですけどね、全部読み返すのはやはり面倒だと。
でも、パラっと。
()内は自分の獲得p。


2月号(10)・・・「売ります」の「チークピーシーズ」と「買います」の「アルカセット」がうまい。

3月号(9)・・・「宝庫」画伯の「西原騎手の落書き」、「隔離欄」の安倍ロードさんの肖像画と葛西さんの「変な動物」が面白い。
文字では「買います」アファームドさんの「ニックス」がいいっす。

4月号(0)・・・「ターフィープロフ」の「ゴン太君さん」。

5月号(3)・・・「妖怪・無限ループ」

6月号(1)・・・「チョイ悪井崎」はいまだ心に残る名作です。

7月号(10)・・・「ナンバーズ」の「サメ2枚」。

8月号(4)・・・自分ネタ「埋蔵金発掘失敗落胆」はやはり「落胆」が余分だったと思う。

9月号(20)・・・「売ります」夢幻桜花さんの「ゆでたまごを食べるぺリエ騎手」。

10月号(11)・・・「クロスレビュー」カワタカの動くアレさんの「魔界村」。

11月号(14)・・・イラスト優勝が嬉しかったです。

12月号(19)・・・やっぱ「ステファニーチャン」。

1月号(13)・・・「下書き完全無視」と「ターフィー9602」。


真夏の夜明け頃、車の中で9月号を開いて自分の20p獲得を見た時ってのは今年の思い出名場面の一つですね。
あの時の投稿時(7月)に大量投稿のスタイルを確立したんですよ。
なもんで印象深いっす。
あとは新人王獲得。
オフ会に参加した時、新人王獲得ってのを羨ましがられたのです。
少し誇らしい。
そして殿堂入りですか。
なんか今のますざぶってのは昔と比べてポイントが多く獲りやすいらしいので殿堂入りのハードルが下がったという声も聞きますが、まあ、デビュー3場所目での到達ってのはなかなかのもんではないですかね。
今場所中に、ってのが大目標でしたし嬉しかったです。

ま、ますざぶに関してはこんなとこです。

来年も頑張ってみます。
[PR]
by efurin | 2006-12-31 18:07 | ますざぶ | Comments(0)

EFURINグランプリ06’①

振り返ってみよーじゃありませんか、今年ってやつを。

ってね、今、寝てたんですけど、書留が届いたので起こされたんですよ。
起こされてなかったら存在しなかった幻の企画。
多分、年明けてから書こうとは思わんでしょうから。

僕ね、あの「流行語大賞」とか「10大ニュース」とかって大晦日に発表すべきだと思うわけですよ。
今日、世間を驚かす大ニュースが起こるかもしれないじゃないですか。
いや、別に何でもいいんですけどね。

では、まず個人的な回顧をおおざっぱに箇条書き。


・引越しを2回しました。もうしばらく引越しは嫌です。

・今年も大きなケガ、病気はありませんでした。

・約5年振りに「アルバイト」というのに就きました。気楽で良かったですが、いいのか?という感じも。

・夏前あたりから特にハガキを大量に買うようになりました。

・こっぴどく馬券を外し続けました。当てたのは7月と10月に京都競馬場へ行った時だけで、なんとPATでは的中ゼロ。ある意味快挙でした。

・「投稿者との出会い」という新しいジャンルの人付き合いが発生しました。やはり、同じ趣味を持つ者同士ってのが良いです。

・ここで触れるのを忘れてましたが車を手放しました。親戚にあげました。車って便利この上ないのですが、車があると「歩かない」「事故に遭うかも」「金かかる」という事です。
「小さな生活」への移行ですね。

・久々にビリヤード場のお手伝いをしてたというのに、ここ数年で一番、球を撞きませんでした。

・京都にいた1~3月は、知り合いのビリヤード場が深夜に雀荘化してたのでよく麻雀を打ったのですが、鳥取では一度も打たず。特に11月までは自動卓の横で寝ていただけにもったいない。


とまあそんなとこですわ、おおまかには。

では、②でますざぶでも振り返りましょうか。
[PR]
by efurin | 2006-12-31 16:50 | その他もろもろ達 | Comments(2)

12/30日記

後閑はちょっとちぎれちゃったけど、手島はやっぱり上手かった。
慎太郎師匠もやっぱり表彰台を確保した。
でも、
「そりゃないよ、有坂ぁー」
な鬼脚。

とまあ、今、帰宅したとこなんですけどね。
結果だけ見るのはむなしいので、今ようやくレースダイジェストを観たわけですよ。
やはりGPクラスともなるとライン3番手からでも平気で頭まで突き抜ける。

「A級戦はラインで決まる S級戦は実力」

これ、覚えておきましょーね、皆さん。
何が面白いって、これで車券的にはS級の方が荒れるという事です。
どこまで行っても競輪ってのはラインで車券が売れるからですね。
あー、面白い。

早朝の京都駅から四条河原町経由、清水寺へと、電車、バス、タクシーを一切使わず京都案内。
昔話、今の話に華を咲かせながらひたすら歩きました。
「そうか、あんたが20、俺が19で出会って、大学の寮でファミスタに没頭してたのはもう13年も昔の話なんだね」
と。

で、清水寺の門前に、僕の中学時代の同級生の両親がやってる焼き物屋さんがあって、3年に一度は顔を出すのですけど、今日は息子は不在でしたが、僕がここに遊びに来てたのはもう20年も前なんやねえ、とおっちゃんと昔話。
皆さん、清水寺に訪れる事があればお土産はぜひ、清水さんに向かって右側にある「なかにし」でどうぞ。
1400円の湯呑みを1000円にまけてもらったので宣伝しておきますわ、いちおう。

そんなこんな「10年20年は一昔」という感じの年の瀬でした。

東京大賞典もGPも終わって、もう今年も終わりです。

どっぷり疲れたので、このまま寝てしまいたいですが、今から出勤なんですね、悲しい事に。
ま、3日も休んだからね。

6時間、チャチャっと仕事のフリでもしてきます。
[PR]
by efurin | 2006-12-30 23:28 | 日記 | Comments(0)

12/29日記

多分、
「京都が生んだアンポンタン・ワースト100000」
には入れてもらえると思いますよ、僕ってのは。

そんなわけで、前回の帰省時より京都での定宿となった感のある、河原町蛸薬師のマンガ喫茶「Cybac」に来ております。
地元なのに帰る家のない悲しさではありますが。

っていうか、この店、微妙に名前変わってます、いつの間にか。
2ヶ月前に来た時は、
「Cybex」
だったのに。
自分の記憶違いなのかと思い、会員カードを確認したらカードには確かに「Cybex」と。
ま、そんなマイナーチェンジはどうでもよろしい。
相変わらずこの店は素晴らしい。
まず、今日で3回目の来店なのだが、毎回、店員さんの接客が親切丁寧である。
料金パックの充実、ソフトクリーム食い放題などは前回も書いた気がするので省くが、さりげなくも重要なポイントを挙げると、
「剥き出しコンセント」
というのもある。
これがあるマンガ喫茶ってのは、実にお客様の立場で物を考えているというもんだ。
理由は言うまでもない。

京都駅に到着後、まずは高速バス予約窓口にて、明日8:30発の予約を夕方の便に変更できないかを問い合わせ。
満席のため無理でした。
で、携帯サイトで調べたら大阪-鳥取間は1日に10本とか走ってるんですよ。
なもんで、大阪の窓口に電話して、19時なんば発の便を確保。
すかさず京都-鳥取便はキャンセル。
さすがに麗蘭のライブは行けないけど、これでゆっくりと旧友との再開を楽しめるわけです。

その時点で3時半。
何も考えずJRに乗って向日町へ着いたのが3時40分。
駅前から競輪場に電話をかけて、GP前売りは何時までか問い合わせたら4時20分までだと。
当然、その時間に駅からの無料バスなどあるわけもなく、徒歩だと20分。
タクシーですよ、タクシー、贅沢にも。
歩いても間に合ったけどさ。

到着後、10分ほど最終検討の後、群馬両者を軸に据えた3連単24点を購入。
さて、チャチャっと市内中心部に戻るかいなと思って、無料バスはいつ発車?と警備員のおっちゃんに尋ねたら、「ヤングGPが終わってから」と。
ヤングGPなんか若手の自力型ばっかりのレースで、どう予想しろっつーんだよ、と車券買う気などサラサラなかったのですが、どうせ暇だし、と3分ほど考えて、福島ラインの番手⑦金成の1着軸から①②③⑨へと流した3連単12点を購入。
迷った時は「先行ラインの番手」軸なんですよ。
車券を手にした後、不思議と外れる気がしなかったので払戻所のモニターで観戦。
そしたら、⑦-②-⑨と的中しちゃいまして、⑦-②は本命ラインだったのですが、3着が別線だった分、9190円となかなかの配当。
やっぱ⑦ですよナナ。

今回の交通費が出ちゃいましたね、ありがたい事に。
これで、明日のGPも的中したら年明けにまた京都来れちゃいますよ。
ちなみに正確なGPの買い目は、
「②後閑⑥手島-②、⑥、⑨佐藤-①山崎、②、③吉岡④合志⑤有坂、⑥、⑦小倉、⑨」
と、⑧井上以外全員を買い目に入れる節操のなさ。
まあ、山崎好位から抜け出した佐藤慎太郎の後ろから群馬軍がドドンとやってきて、で、3着は何でもありか、みたいな読みです。
「気がつけばいつも表彰台に慎太郎」とか。
全部、別線で決まるとなかなかの高配当になるんじゃないでしょうか。
人相の悪い群馬コンビに今年の締めを期待します。

明日の朝6時に友を京都駅で出迎えます。
誰か麗蘭のチケット欲しい人探しといて、とか言われてるんだけど、そんな酔狂な奴はおらんと思うから探しません。

明日は京都の観光案内してくれ、と頼まれたので清水寺にでも連れて行ってあげますよ。
[PR]
by efurin | 2006-12-29 20:09 | 日記 | Comments(4)

おまぬけ侍

今年も残り僅か。
僕を積み込んだバスは雪景色の中国自動車道をひた走っている最中なんですけど、先程、けっこうなおマヌけ事態が発生しました。

本日の夜だと思っていた麗蘭のライブが実は明日だったと。
で、今日これから落ち合うつもりだった友達が京都に来るのも明日の朝だと。
なんて事がバスに乗り込んでから掛かってきた電話により判明。

一応、バスに乗る30分前に電話かけたんだけど相手が出ず、で、その10分後の折り返しの電話に今度はこちらが気付かず。
「ま、何も問題はないだろうよ」
とバスに乗ってしまったのも運のなさ。

とりあえず、明日の朝8時発のバスを夕方発に変更し、友との再会だけは果たさねばならん。

しっかしバカだよなぁ、と言っても乗ってしまったものは仕方がないので、京都に着いたら即座に向日町競輪場に行ってGPの前売車券でも買いますわ。
[PR]
by efurin | 2006-12-29 13:24 | その他もろもろ達 | Comments(0)

12/28日記

トイレ以外、コタツから出ない。
そんな1日でした。

15時間寝るつもりが、8時間ほどしか寝なかったんですよ。
なもんで、朝7時起きでした。
で、今ぼんやりと眠くなってきてるので、なんとも健康的な感じです。
が、これは普通の生活をしてる人でいうとリズムが狂ってしまった状態なんですね。

朝10時過ぎ、例の実行委員会より「あんた書類選考に合格したよ」との連絡が。
だがおそらく、審査のふるいにかけるほどの人数は集まっていないと思うんだけど。
いや案外、50人ぐらい応募があって、その中のファイナル5人に残ったとか、そんなのかもしれない。
ありえないな、それ。

で、面接は年明けの9日だそうです。
これで日程面では金杯オフ会に参加できるというわけです。
あとは資金面ですな。
それでも行けない率は70%と依然高い数値をキープ。
ま、無理に参加する事もないさ、とも。

一人で勝手に、
「アーリントンCオフ会」
とか、
「小倉競輪祭オフ会」
とか
「防府競輪FⅡ開催オフ会」
とかやってるかもしれません。
非常にオナニー的な感じで素敵かもしれませんね。
ただ、それは間違いなくオフ会とは呼びません。
自分の行きたいとこに一人で行ってるだけですよ、と。
いや、だからオナ・・・・・・。

まあ、土日が仕事休みになると、土曜日のイベントの方が遠征には都合が良さげなんで、アーリントンCってのはまんざらでもないわけですよ。
京都記念なんかもよろしいですね。
おお!小倉大賞典も土曜開催だ。

夕方から京都の友達と誘い合わせてハンゲームの麻雀やってたんですけど、眠くなったのと、この日記を書くために、
「30分だけ落ちるわ」
と抜けてきたのですけど、多分、戻らないと思います。

このまま寝てしまえば、いろいろと都合がよろしい。
給料日前の夜、保有の食料はきっかり消費し尽くしたし、タバコは残り1本。
明日の夜は京都でライブ観賞、及び酒も飲むだろうから睡眠不足はよろしくないし。

あ、ライブは「麗蘭」ですね。
元RCの仲井戸麗一さんがやってるユニット。

ともあれ、まずはバスに乗り遅れないように。

今年も残り3日っすね。
[PR]
by efurin | 2006-12-28 23:06 | 日記 | Comments(0)

「た」

《ダブルイルミネーション》

敗者復活制を採用するトーナメントの事。

負けると即終了のトーナメントは「シングルイルミネーション」。

「予選ダブル、決勝シングル」
などと、会話の中では「イルミネーション」を省略して用いられる場合が多い。

ポケットビリヤードの大会形式の多くがこの例のパターンである。

そのため、大会を終えた選手がホームの店に戻り、
「試合どうだった?」
と聞かれる際には、
「負け負け」とか、
「負け勝ち負け」とか、
「勝ち負け勝ちでシングルに上がったけどシングル一発目で負けた」
などという表現となる。

このトーナメント形式では、初戦で敗退して敗者ゾーンに回ると、そこから決勝トーナメントへ進出するためには3~6連勝(トーナメントの規模による)が必要となってくるので、やはり1回戦は重要なのである。
それを考えると1回戦不戦勝(トーナメント編成上、どうしてもこれが発生する事も多々ある)というのは幸運以外の何物でもない。

ただし、予選の勝ち上がり方による悲喜こもごもというのはあらゆる側面を持っているものである。
例えば、「勝ち勝ち」という素晴らしい戦績で決勝T進出を決めた場合、もちろん気分的には大満足なのではあるが、この場合、決勝T開始まで相当な長い時間待機しなければならない事が多い。
敗者ゾーンが終わるまで決勝Tは始まらないから。

予選で2試合しか撞いていない上に前の試合から間隔が開くのである。
そこにきて、予選で敗者ゾーンに回り、決勝Tの直前までかけて5、6試合戦ってきた相手と当たったりすると、モチベーションも含め、どっちが有利かは明らかである。
ただ、これはもちろん実力が五分という前提の話ではあるが、トーナメントの明暗を分ける要素の一つである事は確かである。

個人的には「勝ち負け勝ち」あたりで決勝Tに進むのが好ましいと思っている。
もちろん、実際の試合中にそんな事は考えないが。
[PR]
by efurin | 2006-12-28 11:54 | プール用語辞典 | Comments(0)

12/27日記

風邪ひいてるくせにずっと起きてました。
知らん間にこんな時間です。

ここんとこ競輪の話ばっかり書いてますけどね、競輪のレースってネットでライブ中継が観れるのですよ。
もちろん無料で。
こりゃすげーわ。
そりゃ、ネット投票してたら、いくら金があっても切りがないわな。
ここは自制してグレードレースだけ参加するのが賢いのかもしれない。
ま、そもそも、そういう環境を準備する時点で賢くないのだとは思いますが。

多分、来年は馬券の方を控えめにするような気がします。
分からんけど。

今日、鳥取-京都間の高速バスを予約しました。
29日のお昼前に出発して30日の朝一の便で戻る計画。
30日は深夜0時からの勤務なので、もう少し京都でゆっくりしても良いのですが、夕方発走の競輪グランプリを観たいのですよ。
それだけの理由。

てゆうか、来年の目標は、
「グランプリ生観戦」
だな、こりゃ。
いや、いっその事、一年かけてだね、車券を当てたり馬券を当てたりして資金を貯めて、
「有馬記念→東京大賞典→競輪グランプリ」
のすべてに参戦するというのはどうか?
って、来年の有馬記念は23日だからちょっと厳しいわな。
来年のGPがどこで開催されるのかも知らんし。
あとで調べよう。

さすがに眠くなってきましたよ。
こりゃ、おそらく15時間睡眠コースですね。

明日もぐうたらと過ごそうと思います。
[PR]
by efurin | 2006-12-27 22:15 | 日記 | Comments(0)