ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

カテゴリ:年間ギャンブル収支( 6 )

2016ギャンブル収支

①JRA

【JRA・PAT】
b0096101_13333989.png

このうち頼まれた分が10,300円(すべて外れ)。

従ってJRAのPAT収支は「+35,570円(払戻439,870円-購入404,300円)」
中山牝馬Sの一撃が効いている。
b0096101_13414620.png


【JRA競馬場】
「-113,440円(払戻48,560円-購入162,000円)」

【JRA場外】
「-31,440円(払戻34,260円-65,700円)」

ここまで、JRAの純粋な馬券収支は-109,310円(払戻522,690-購入632,000円)。
回収率は82.7%。
紙の馬券での損失が大きい。

【WIN5】
「-18,200円(すべて外れ)」

【地方競馬場】
「-36,900円(払戻7,900円-購入44,800円)」

【地方競馬PAT】
「-3,880円(払戻2,320円-購入6,200円)」

【競輪場】
「-9,600円(払戻0円-購入9,600円)」

全体収支は
「-177,890円(払戻532,910円-購入710,800円)」

[PR]
by efurin | 2017-03-19 13:57 | 年間ギャンブル収支 | Comments(0)

2015ギャンブル収支

①JRA

まずJRAのPAT。
b0096101_1653458.png

このうち、頼まれ分が計11600円(払戻なし)。

PAT(SBI)・・・「購入259100円 払戻145260円」
PAT(ジャパネット)・・・「購入2000円 払戻940円」
WIN5・・・「購入10200円 払戻0円」


PAT合計・・・「購入261100円 払戻146200円」

次にJRAの現場。

競馬場(パークウインズ含む)・・・「購入132900円 払戻120820円」
ウインズ・・・「購入41800円 払戻23080円」


<JRAトータル>
購入446000円 払戻290100円 マイナス155900円(回収率65.0%)


②地方競馬
(地方競馬PAT購入なし)

購入78000円 払戻49220円 マイナス28780円(回収率63.1%)

③競輪

購入14400円 払戻2780円 マイナス11620円(回収率19.3%)

④宝くじ

購入3000円 払戻300円 マイナス2700円(回収率10%)


総計 購入541400円 払戻342400円 マイナス199000円(63.2%)

お疲れした、俺。
[PR]
by efurin | 2016-01-03 16:24 | 年間ギャンブル収支 | Comments(2)

2013ギャンブル収支

<PAT部門>
b0096101_13112376.jpg

b0096101_1311454.jpg

ただし例の如く、ここには人に購入を頼まれた分が含まれている。
頼まれた分は「購入83460円-払戻70600円」であった。

従って私の純粋なPAT収支は、
「購入228440円-払戻149970円」
ということになり、回収率は65.6%。

昨年は「購入435300円-払戻466630円」(回収率107%)だったから、当たり外れはともかく、いかに今年は馬券を買わなかったかがよく分かる。

PAT部門の最後に払戻金別のを掲載。
b0096101_13203024.jpg

特に取り立ててどうこう言うことも無い。

あ、あとPAT絡みで3項目あった。

WIN5・・・「購入5300円-払戻0円」
地方競馬PAT・・・「購入1100円-払戻0円」
住信SBI・・・「購入1400円-払戻0円」



<競馬場、場外馬券、他種目部門>

・開催競馬場・・・「購入80500円-払戻5160円」
・ウインズ、パークウインズ・・・「購入14900円-払戻4980円」
・地方競馬場・・・「購入10400円-払戻1830円」
・競艇場・・・「購入3000円-払戻0円」


この部門のトータルは、
「購入108800円-払戻11970円」
となり、ここでドえらい損失を出していることが分かる。


そして年間総合収支は、
「購入345040円-払戻161940円」
収支はマイナス183100円。

(回収率53.1%)

今年はギャンブルから意識を逸らした分、いざやる時にトータル収支を意識していなかったフシがある。
言い訳がましいが、実際にそれは影響しているはず。
なぜなら、好調だった昨年は年中、収支のことばかり気にしていたから。

ということで、また1年後。
[PR]
by efurin | 2013-12-31 13:46 | 年間ギャンブル収支 | Comments(2)

2012ギャンブル収支

東京大賞典の前だけど先に済ませておく。

まずはPATの収支。
b0096101_517446.jpg

b0096101_5173511.jpg

しかし、ここには人に頼まれた分が「購入17200円-払戻1870円」含まれている。
なので実際は「購入435300円-払戻466630円」となり、回収率は107%。
そして、PATの年間収支はプラス31330円。

ついでに払戻金別のも。
b0096101_518539.jpg

という感じ。

で、JRAの現場買い成績はマイナス10130円。
従ってWIN5を除くJRAの年間成績はプラス21200円。
よく頑張りました。

しかし一方、WIN5はマイナス24500円。
終盤は買い控えるようになったけど、やはりこれは魔物の馬券だった。
今年の序盤、下手に安いのを当てたのがいけなかった。

その他種目と合わせて整理してみる。

・JRAPAT・・・+31330円
・JRA現場・・・-10130円
・WIN5 ・・・-24500円

・地方競馬・・・-3290円
・地方PAT・・・-1100円

・競輪現場・・・-3850円
・競輪電投・・・-1000円
・競艇現場・・・-2300円

・トータル・・・-14840円


やっぱり負けてるのね。
でも、来年は今年ほどWIN5には手を出さないはず。
[PR]
by efurin | 2012-12-27 07:24 | 年間ギャンブル収支 | Comments(0)

2011PAT収支&重賞予想集計

こんな感じ。
b0096101_1371022.jpg

b0096101_1373298.jpg

参考までに2010年のも掲示しておく。
b0096101_1381618.jpg

b0096101_13144119.jpg

前年より購入金額が増えているのは、競馬場やウインズに足を運ぶ機会が減った分に違いない。

とにかく、お膝元の東京開催が酷い。
一方、夏の新潟だけは得意なイメージが持てている。
阪神の安定感も捨てがたい。
この2場に関しては、2年続けて同じ傾向が示されている。
これには何か理由があるのだろう。

次いで2011年の重賞予想集計。
(着成績の後ろは「勝率-連対率-複勝率」)

◎・・・(24.14.12.74) 19%-31%-40% 単回収 67% 複回収 73%
〇・・・(15.12.12.85) 12%-22%-31% 単回収 164% 複回収 125%
▲・・・(20.22.19.63) 16%-34%-49% 単回収 67% 複回収 89%
△・・・(39.40.46.323) 9%-18%-28% 単回収 75% 複回収 93%

△1・・・(10.11.18.85) 8%-17%-31% 単回収 61% 複回収 77%
△2・・・(18.10.7.86) 15%-23%-29% 単回収 114% 複回収 77%
△3・・・(4.11.14.84) 4%-13%-26%  単回収 29% 複回収 127%
△4・・・(7.8.7.68) 8%-17%-24%   単回収 101% 複回収 93%

思った通り、対抗の成績が良い。
▲は「個人的には軽視したいが、どうせ勝つんでしょ、とイヤイヤ押さえる上位人気馬」に打つことが多いので、なるほど良く馬券には絡んでいる。
そして△の2番目の成績が良いのも、なんとなく理解できる。
普段の予想時、買いたい馬を考えると、結果的に5頭ぐらいが候補に挙がるケースが多い(△3、4は無理矢理拾うことが多い)。
そこで真っ先に評価を下げてしまった馬がよく来ているというパターン。

どうであれ、前夜予想は良く当たっていると思う。
しかし、それでなぜ馬券の成績は悪いのか?
そりゃあもう、買い方が下手なのに決まってる。
あえて難しい方、難しい方に寄っていくのである。

この時点をもって、この集計結果は忘れる。
こんなのを意識すると予想スタンスが狂ってしまう。
[PR]
by efurin | 2011-12-31 18:20 | 年間ギャンブル収支 | Comments(0)

2010年PAT収支

グロ氏がブログに載せていたのでマネしてみようかと。

まずは開催別(ちょっと画像が小さくて見にくいかもしれません)。
b0096101_2352668.jpg

極端に購入額の少ない開催が2箇所ありますが、1回東京は給料日直後、ビスコ氏の関東遠征時、3日続けて現場でやられたのが響いております。
で、3回東京は引越し直後の暗黒時代。
ダービーの馬券すら買えなんだ頃。

年間回収率95%という数値は、これすべて7月のアイビスSD一発の恩恵。
ただ、9月以降の回収率の落ち込みも酷い。
上手く収束するもんだなぁ・・・とか感心してる場合ではない。

ちなみに09年の年間収支はこんなん。
b0096101_23591557.jpg

あまりに酷い・・・。

次に競馬場別。
b0096101_00456.jpg

なぜか中山だけ購入額が他場のダブルスコアで多い。
東京と京都は上記の暗黒時期がモロに被ってるとはいえ、阪神の購入金額からすると、どうにも説明が付かない。
あ、中山開催時は、ほとんど現場へ出向くことがない、ってことか。
あと、小倉はどうにかならんかったものか。

でもって騎手別の購入金額上位20名。
b0096101_012268.jpg

吉田のユタカさんには、昨年だけでなくお世話になっているイメージがある。
そして、昨年はヨシトミ大先生を抜きには語れない。

一方で09年に続き、謎なのがこれ(購入金額21~30位)。
b0096101_0173632.jpg

なぜ、ここまで本家ユタカさんで馬券が当たらないのか。
ちなみに09年はこう。
b0096101_025865.jpg

偶然のめぐり合わせだとは思うが、ちょいとおかしい。
[PR]
by efurin | 2011-01-24 00:30 | 年間ギャンブル収支 | Comments(0)