ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

カテゴリ:競輪( 10 )

明日の競輪

小倉 競輪祭
・11R S級決勝

①山崎芳仁(28・福島)逃 116.92 5(BK)
②小嶋敬二(38・石川)逃 114.16 5
③加倉正義(36・福岡)追 110.36 1
④山口幸二(39・岐阜)追 109.27 0
⑤兵藤一也(29・群馬)追 111.65 0
⑥武井大介(27・千葉)逃 104.95 3
⑦井上昌己(28・長崎)逃 112.65 8
⑧香川雄介(37・香川)追 106.95 0
⑨佐藤慎太郎(31・福島)追 111.05 1


ライン的には、山崎-佐藤の同門福島コンビ、小嶋-山口の中部ライン、井上-加倉の九州ライン、武井-兵藤の南関・関東ラインに香川が単騎を選択という感じの4分戦。
ただし、武井は「前々自在に」という事で、実質は3分戦でしょうか。

準決勝の小嶋さんは、権利獲りの為に先行するケースが多いのですが今回もそうでした。
ドームの軽いバンクで、小嶋さんにああも快調に先行されると誰も差せませんよ、そりゃ。
ただし、彼も決勝となれば捲くりに回る事になりそうな。

先行するのは山崎ですかね。
後ろに兄弟子の佐藤慎太郎さんを連れてますからね。
久しくタイトルから遠ざかっている兄弟子を引っ張り出す事は考えられる。
更に昨年のこのレースで逃げ切ったイメージも残っているでしょうし。

井上と武井は是が非とも山崎ラインの後ろの位置が欲しいところでしょう。
それは小嶋さんとて同じ事ですが、彼の場合、どうしても後方からの捲くりのイメージが先に立ってしまう。
香川の初手は、おそらく山崎ラインの3番手でしょう。

どちらにせよ、井上が中団を取り切れば大いに優勝の目も出てくるでしょう。
地元地区の意地もあるだろうし、武井とは戦ってきた相手も違う。
たとえ怪物・小嶋敬二とて、井上の中団からの捲くりの更に上を行くのは難しいはず。
行くかもしれんけど。

◎井上 ○山崎 ▲佐藤 △加倉、小嶋

7-1.2.3.9-1.2.3.9(12点)

[PR]
by efurin | 2008-01-26 19:38 | 競輪 | Comments(0)

KEIRINグランプリ07予想

立川 KEIRINグランプリ07
・12R S級GP

①小嶋敬二(38・石川)逃 112.00
②佐藤友和(24・岩手)逃 112.28
③伏見俊昭(31・福島)逃 113.47
④手島慶介(32・群馬)両 112.31
⑤飯嶋則之(29・栃木)追 110.52
⑥兵藤一也(29・群馬)追 111.09
⑦有坂直樹(38・秋田)追 111.03
⑧渡邉晴智(34・静岡)追 111.95
⑨山崎芳仁(28・福島)逃 115.75


まあ、ここ数日の日記であれこれは書きましたが。

山崎-伏見の折り返しから、というのが素直な買い方なんだと思います。
でもわたくしはひねくれ者及び金欠者なので、そんなチンカスみたいな車券は買いません。

どっから仕掛けるにせよ、有坂は佐藤のケツから千切れてしまうと思います。

自力を持った選手の3、4番手回りは怖いが、飯嶋はそうではないのでノーマーク。

山崎は終わってみれば「おいおい、このメンバーでその展開で3着に残るなんて、やっぱり強えーわ」というオチに期待。

希望的観測として、手島が伏見の位置を狙いに行かんものか、と。
そうなれば隊列が短くなって捲くりが決まるんじゃないか。
捲くるのは小嶋。
そして、その捲くりを晴智さんが差す。
普通なら買い辛い目ではあるが、ここでなら買える。

晴智さんを頭で買うという事は、自然と2着は小嶋さんなんでしょうが、逆に言えば2着に別線が入るとこりゃゴツイ。
という今年最後の夢。

◎渡邉 ○小嶋 ▲伏見 △手島 △山崎 △兵藤

・わたくしの買い目
8-1.3.4-1.3.4.9(9点)

・ホントはこう買いたい
3.8-1.3.4.8-1.3.4.6.8.9(24点)
[PR]
by efurin | 2007-12-29 18:55 | 競輪 | Comments(2)

明日の競輪

向日町 共同通信社杯競輪(GⅡ)
・11R S級決勝

①有坂直樹(37・秋田)追  110.50 0
②村上博幸(28・京都)両  107.38 4
③新田康仁(33・静岡)逃  111.65 7
④室井竜二(36・徳島)追  108.60 0
⑤佐藤慎太郎(30・福島)追113.92 0
⑥北川紋部(33・福井)追  101.72 1
⑦山崎芳仁(28・福島)逃  115.94 11
⑧榊枝輝文(31・福島)両  106.23 0
⑨武田豊樹(33・茨城)逃  109.54 14


しかし、今日の最終は残念なレースでした。
7名落車で96万車券だなんてねえ・・・。

さて決勝。
2分戦となりました。

「山崎-佐藤-有坂-榊枝」の北軍団。
「武田-室井-村上-北川」の混成ライン。
んで、新田が単騎との事。

まあ、先行は山崎という読みでいいんじゃないでしょうか。
最近、妙に意地っぱりな感じの武田ですが、ここは無理に行く必要はないでしょうよ。
ただ、山崎をすんなりと出させてしまうと厳しくなるというのは今日の準決勝を見ての通り。
武田にとっては難しいレースです。

逆に迷う必要が無いのが山崎。
同門の二人と有坂を引き連れ、ブリバリと駆けてくれる事でしょう。
となれば本命は他におりません。

ただ、今日のようにそのままライン通りに入線されても面白くない。
地元の意地にも当然期待。

◎佐藤 ○村上 ▲山崎 △有坂、北川、室井
3連単 5-1.2.7-1.2.4.6.7(12点)
 
[PR]
by efurin | 2007-10-07 20:39 | 競輪 | Comments(2)

明日の競輪

向日町 共同通信社杯(GⅡ)
・12R S級共同賞

①有坂直樹(37・秋田)追 110.50 0
②村上博幸(28・京都)両 107.38 4
③加藤慎平(29・岐阜)追 110.80 0
④後閑信一(37・群馬)追 113.04 0
⑤村上義弘(33・京都)逃 109.72 4
⑥小橋秀幸(28・青森)両 104.44 6
⑦荒井崇博(29・佐賀)逃 112.28 10
⑧室井竜二(36・徳島)追 108.60 0
⑨岡部芳幸(37・福島)両 111.46 1


特選1着と優秀1~3着の皆さんによる2日目のメイン競争。
全員、準決勝進出確保です。
しかも、いつもの記念競輪のように、ここでの着順で準決A、B、Cだとかに振り分けられませんからね。
皆さん、自分の走りたいように走る事でしょう。

というわけで並び。
「兄-弟-加藤」の中近ライン。
「小橋-岡部-有坂」の北日本。
「荒井-室井」の西コンビと、後閑が単騎。

という感じです。

注目は断然、村上ブラザーズ。
兄ちゃん曰く「中途半端な戦法の弟には前を任せられない」
こりゃあ、ここまで言ってるんだし、まして権利獲りを意識しなくても良いここは、久々に「先行日本一」の村上さんが見られるのではないかと思います。
まあ、この組み合わせなら、本来「先行1車」とこなければならないところですが、このところ自在志向が強くなっておりますからね。
初日、先行する佐藤友の番手を奪い取った後、ちょっと前の村上さんなら、すぐに番手捲りを打つところを、今日はしばらく2番手に収まってましたよね。
しかも、捲ってきた渡部をブロックしたりして。
で、漁夫の利を得たのは慎平さん。

漁夫の利といえば、11Rの弟も荒井にスピードを貰って1着。
でも、あの荒井の捲りにちゃんと付いていけてるのだから、怪我明けでも調子は悪くないのでしょう。
というか、一応、自力選手なんだから付いていくのは当然か。
でも、それだけ荒井は強い、って事です。

山崎、伏見、佐藤慎、佐藤友あたりが残れなかった北勢。
ここではやや劣勢ですかね。
岡部が早めに小橋を見捨てて、ようやく間に合うかどうか。

後は、いつも不気味な後閑さん。
いつの間にか持ち点も上げてきました。
ここは単騎との事ですが、競りを名言しないという事は、やはり踏み込みたい位置が無いという事でしょうかね。
地元の兄弟コンビには競りかけないあたり、なんか仁義な感じ。
始まってみないと分からんけど。

結論としては兄の先行に乗る弟の頭じゃないっすかね、ここは。
で、兄はズブズブを喰らって3着あたりか、捲る荒井の存在を考えたら車券からも消えるような・・・。

でもいい。
先行する村上さんが見れればそれで。

◎村上博 ○加藤 ▲荒井 △岡部、村上義、室井、有坂
3連単 2-3.7.9-1.3.5.7.8.9(15点)

[PR]
by efurin | 2007-10-05 21:51 | 競輪 | Comments(0)

明日の競輪

向日町 共同通信社杯競輪(GⅡ)
・11R S級優秀

①有坂直樹(37・秋田)  追 110.50 0 (BK)
②荒井崇博(29・佐賀)  逃 112.28 10
③飯嶋則之(28・栃木)  追 113.00 0
④手島慶介(32・群馬)  両 112.70 0
⑤山崎芳仁(28・福島)  逃 115.94 11
⑥齋藤登志信(34・宮城)両 107.70 0
⑦武田豊樹(33・茨城)  逃 109.54 14
⑧村上博幸(28・京都)  両 107.38 4
⑨佐藤慎太郎(30・福島)追 113.92 0


並びは、まず「山崎-佐藤慎-有坂-齋藤」の北日本ライン。
んで、「武田-飯嶋-手島」の関東ライン。
そして「荒井-村上博」の即席コンビ。

荒井の先行はまず無いとして、問題は武田がどう出るか?
最近の武田はやや先行志向が強いですからね。
増して、この後の12R組も含め、「向日町は捲りが出にくい」みたいな感想を持つ選手が多いようで、ここも案外というか、山崎と武田で前をやりあう展開になるかもしれません。
となれば荒井を狙いたいところですが、いかんせんライン2車だしなあ・・・。
まあ、荒井の場合、単騎でも平気で捲って勝ってしまうので。

◎荒井 ○手島 ▲佐藤慎 △村上博、山崎、飯嶋
3連単 2-4.8.9-3.4.5.8.9(12点)


・12R S級優秀

①村上義弘(33・京都)逃 109.72 4(BK)
②伏見俊昭(31・福島)逃 115.66 2
③渡部哲男(27・愛媛)逃 112.66 6
④岡部芳幸(37・福島)両 111.46 1
⑤濱口高彰(39・岐阜)追 112.64 0
⑥加藤慎平(29・岐阜)追 110.80 0
⑦新田康仁(33・静岡)逃 111.65 7
⑧渡邉晴智(34・静岡)追 111.12 0
⑨佐藤友和(24・岩手)逃 112.91 6


こりゃ凄いメンバーですわ。
ねんせヨーロッパ(競輪は4.6.8番枠に弱い選手が入る)が岡部さん、慎平さん、晴智さんですからね。
「村上義-加藤-濱口」の中部近畿。
「佐藤友-伏見-岡部」の北日本。
「新田-渡邉」の静岡に渡部が単騎。

岐阜の前後に関しては、現在の得点、選手としての格(濱ちゃんは中部の大ボスです)を考えたら「濱口-加藤」で並ぶのが自然なのでしょうが、濱ちゃん曰く「目標の無い時には慎平に任せなきゃならんのだから、ここも前を回ってもらう」と。
岐阜軍団は競輪道に厚い。

さて、展開が難しい。
この組み合わせだと、久々に村上さんの先行が見られんものか。
それでいて多分、行くのは新田じゃないかなあ、とかチンプンカンプン。

でも、本命はあまり迷わず。
渡部が気楽に先行ラインに付いていって、早めに捲って勝つんじゃなかろうか。
取手記念初日(だっけな?)の荒井のように。
車券的には佐藤の捲り脚も怖いので頭に押さえておきましょう。
誰に言ってるんだろうか?

◎渡部 ○佐藤友 ▲伏見 △新田、渡邉、村上
3連単 3.9-2.3.9-1.2.3.7.8.9(16点)

[PR]
by efurin | 2007-10-04 22:35 | 競輪 | Comments(0)

明日の競輪

スプリンターズSの結論の前にこちらを。

取手 水戸黄門賞(GⅢ)
・11R S級決勝

①武田豊樹(33・茨城)  逃 110.34 14(BK)
②小倉竜二(31・徳島)  追 110.25 0
③村上義弘(33・京都)  逃 109.26 6
④山田敦也(24・北海道)追 109.00 0
⑤永井清史(24・岐阜)  逃 109.26 19
⑥伊藤一貴(35・栃木)  追  95.87 0
⑦佐々木則幸(31・高知)逃 109.86 2
⑧富永益生(36・愛知)  追 107.16 0
⑨神山雄一郎(39・栃木)追 112.83 0


それにしても村上さんの準決勝、よくぞあの展開で3着に入ったもんだ。
しかし、相変わらずの援軍不足。
ここも、山田との即席ラインとなりました。

とりあえず大本線は「武田-神山-伊藤」の地元・栃茨ライン。
次いで「佐々木-小倉」の四国ライン。
そして「永井-富永」の中部に、前述の即席コンビという4分戦となりました。

ライン2車だろうが何だろうが、永井は先行にこだわるでしょう。
そしておそらく、武田は地元記念という事で、捲りで頭を取りにいく競争をするでしょうし、神山もそういう事を武田に言ってると思います。

問題は佐々木と村上の出方ですね。
やはり彼らが欲しいのは永井ラインの後ろ、3番手の位置でしょうな。
ここを武田を含めて誰が取り切るか。
正直、分かりません。

ただ、一つ言えるのは、多分、今回に限っては神山先生が武田を交わす事はないんじゃないかなあ、という事です。

という事で、今回は素直に手堅い予想。

◎武田 ○神山 ▲富永 △佐々木、村上、小倉
3連単 1-7.8.9.-2.3.7.8.9(12点)

[PR]
by efurin | 2007-09-29 22:43 | 競輪 | Comments(0)

明日の競輪

珍しく北日本勢不在の決勝戦。

青森 みちのく記念競輪(GⅢ)
・11R S級決勝

①荒井崇博(29・佐賀)  逃 112.62 12(BK)
②石丸寛之(33・岡山)  両 111.27 4
③濱口高彰(39・岐阜)  追 113.38 0
④原司   (36・佐賀)  両 106.78 0
⑤渡邉晴智(34・静岡)  追 111.25 0
⑥加藤圭一(29・神奈川)追 105.57 0
⑦室井竜二(36・徳島)  追 107.39 0
⑧石毛克幸(30・千葉)  逃 106.03 6
⑨後閑信一(37・群馬)  追 111.74 0


自力3名は皆、捲り嗜好で徹底先行型が不在。
ただ、荒井のコメントはきっぱりと「先行で」でした。
師匠の原とは春の平塚記念決勝で連携して、この時は荒井がかなり引っ張って師匠を勝たせたわけですが、また今回も同じような形か、といったところです。
本来なら、一度、義理立ては済ませているとこだし、荒井はGPに向け賞金を上積みせねばならない立場。
ただ、荒井は原の競輪祭シード権を気にしている模様です。

という事で並びは、まず前述の「荒井-原」の佐賀師弟コンビの3番手に濱口。
「石毛-渡邉-加藤」の南関。
「石丸-室井」の中四国。
後閑さんは「単騎で前々、自力」との事。

超一流のマーク屋として、ここはひとつ後閑さんには荒井の番手を競りに行ってもらいたいとこでしたが、やはりそこは仁義の人、師弟の絆には踏み込めないのか。
いや多分、いざレースになれば行くと思いますけどね、そこへ。

展開は荒井の先行、石毛が中団確保、石丸が最終2角あたりからの捲りというのが第一考でしょうか。
おそらく、荒井も平塚の時ほど無理に早駆けはしないと思う。
ここは自分のペースで。
となれば、荒井の押し切りに期待したいところ。

◎荒井 ○渡邉 ▲石毛 △原、後閑、石丸
3連単 1-4.5.8-2.4.5.8.9(12点)

[PR]
by efurin | 2007-09-24 23:33 | 競輪 | Comments(0)

明日の競輪

高知 オールスター競輪(GⅠ)
・12R S級決勝

①山崎芳仁(28・福島) 逃 115.10  10(BK)
②新田康仁(33・静岡) 逃 110.88  8
③伏見俊昭(31・福島) 逃 114.27  4
④豊田知之(40・岡山) 追 107.16  0
⑤佐藤友和(24・岩手) 逃 112.79  9
⑥遠澤健二(42・神奈川)追 104.58  0
⑦飯嶋則之(28・栃木) 追 111.42  0
⑧菊地圭尚(27・北海道)逃 106.57  12
⑨鈴木誠  (42・千葉) 追 108.40   0



しっかしまあ、東に偏ったメンバー構成となったもんです。
最近の特別競輪決勝では珍しく南関勢が3人揃ったり。
でも、そんな時に限って決勝に上がれてない渡邉晴智さん・・・。

自力型4名が揃った北勢がどう出るかが焦点でしたが、先程コメントが出たようで、どうやら4人で結束するとの事らしい。
「山崎-佐藤-伏見-菊地」だとさ。
山崎は既にGPの権利を持ってるからなんですかね、この並びってのは。
っていうかさ、せめて菊地は別線勝負にいってもらいたかったところです。
特別の決勝なんだから。

他は、ここだけはすんなりと予想がついた「新田-鈴木-遠澤」の南関ライン。
飯嶋、豊田は単騎。
飯嶋は北の番手勝負とのコメント。

先行は山崎でほぼ間違いないとは思います。
新田のカマシという線もあるにはありますが、ここは強引にでも山崎が行く筈です。
佐藤か伏見が勝てばいい、というぐらいの気持ちで行く事でしょう。
しかし、話はそう簡単でもなく、佐藤は番手戦に慣れていない上に、ここは飯嶋が競ってくるのです。
自力勝負だったら迷わず佐藤本命なんですけどね。

新田は何か中途半端に終わりそうな気もします。
しかし、いつも援軍不足の中、孤軍奮闘してる彼の後ろにちゃんとしたラインが形成されている今回、一発やらかしてくれないものでしょうか?

結論としては、早めに駆ける山崎、後ろで脚を使う佐藤と飯嶋、その後ろから早めに出る伏見。
3コーナー手前から前団に襲い掛かる新田。
その後ろをひょっこり付いてくる鈴木。
山崎の残り目も一応、押さえておかねばならんでしょう。

◎伏見 ○新田 ▲佐藤 △鈴木、山崎、菊地
3連単 2.3-2.3.5-1.2.3.5.8.9(16点)

[PR]
by efurin | 2007-09-16 19:36 | 競輪 | Comments(0)

明日の競輪

今日のドリーム、村上さんの「戦う姿勢」というのは、ああいう意味でしたか・・・。
いや、あれはあれで戦う男の姿ではあります。

さて、明日の最終は、ドリームに負けず劣らずの好メンバーが揃ったオリオン賞。

高知 オールスター競輪(GⅠ)
・12R S級オリオン

①北津留翼(22・福岡)逃 110.18 12(BK)
②伏見俊昭(31・福島)逃 114.27 4
③渡部哲男(27・愛媛)逃 112.54 7
④小倉竜二(31・徳島)追 110.00 0
⑤荒井崇博(29・佐賀)逃 112.75 11
⑥永井清史(24・岐阜)逃 109.36 17
⑦岡部芳幸(36・福島)両 114.73 1
⑧佐々木則幸(31・高知)逃109.40 2
⑨手島慶介(32・群馬)両 113.37 0


というメンバー。
小倉以外の8人が、日頃、ラインの先頭で自力で走っている選手。

ラインはまず、一番、結束の強そうな「渡部-佐々木-小倉」の四国ライン。
この四国を代表する3選手が同じレースで揃う事はめったにないですからね。
でもって、これも強力な「北津留-荒井」の九州2車の後ろに手島。
で、永井の後ろにナショナルチームの先輩・伏見が付け、3番手は伏見の同県、兄弟子の岡部。
いや正直、手島としては「ナショナルチーム」という括りさえ無ければ、永井の後位を主張したかったでしょうね。

さて、展開ですが、焦点は永井、北津留どちらが逃げるのか、に尽きるでしょう。
共に、現在の輪界を代表する若手の徹底先行選手。
二人とも今年に入って、一気にGⅠトップクラスまで上がってきました。
しかも、今回はどちらも後ろに自力タイプの先輩を連れての戦い。
こりゃ、叩き合いも十分ありえるかと。
となると、渡部の捲り頃というのが第一感なわけですが、話はそう簡単ではないと思います。
だって、みんな自力持ってるもんね。
そして、叩き合いしようが、この若い二人もそう簡単には終わりません。
最終3角あたりまでは粘るでしょう。
そして、そこから2段駆け&捲り合戦。

地元地区トリオの意地にも賭けたいとこだが、ここは荒井の底力、そして3番手回りで人気の盲点になりそうな手島、岡部を狙ってみたいところです。

◎荒井 ○手島 ▲岡部 △伏見、渡部、佐々木
3連単 5-2.3.7.9-2.3.7.8.9(16点)

[PR]
by efurin | 2007-09-13 19:57 | 競輪 | Comments(0)

明日の競輪

世間では安倍ちゃんの辞任で沸いておりますが、そんなのより大事なのは明日のオールスター競輪。

というわけで、しらっと始めた「明日の」シリーズ第3弾です。
わたくしには競輪の世に広める任務があるのではないかという勝手な思い込み。
でも、何とか初心者にも分かりやすく解説をしつつ、レース予想なんぞをやってみようかと。
てゆうかね、車券を買わずとも予想はしていないと「競輪脳」が腐ってしまうとか思ったりもしたわけです。
ホントは車券を買わないと腐ってしまうのですけどね。

前置きが長くなりました。

高知 オールスター競輪(GⅠ)
・12R S級ドリーム

①有坂直樹(37・秋田)追  109.73 0(BK)
②神山雄一郎(39・栃木)追 113.40 0
③山崎芳仁(28・福島)逃  115.10 10
④村上義弘(33・京都)逃  110.40 5
⑤渡邉晴智(34・静岡)追   111.04 0
⑥山田裕仁(39・岐阜)両  105.95 3
⑦武田豊樹(33・茨城)逃  110.45 12
⑧加藤慎平(29・岐阜)追  109.50 0
⑨佐藤友和(24・岩手)逃  112.79 9



という、ファン投票2位から10位の面々(1位の小嶋敬二選手は負傷欠場)。
注目の並びですが、まず「佐藤-山崎-有坂」の北日本ライン。
そして「武田-神山」の栃茨ライン。
そして、微妙だった他の4人に関しては、ひとまず「村上-加藤-山田」の中部・近畿で並び、渡邊は関東3番手回りを嫌い、単騎での戦いを選択しました。

さて、とりあえず出走表として、予想に必要最低限なデータだけを揃えてみました。
戦法(逃・追・両)の次の数字は「競争得点」というやつでして、算出方法を細かく解説するのはかなり面倒なので簡単に申しますと「得点が高い選手ほど強い」という事です。
なんと大雑把な・・・。
んで、最後の数字は「バック回数」というやつでして、これはレースでの最終周回のバックストレート(競馬で言う「向こう正面」ですね)の中間点で先頭に立っていた回数です。
つまり、この数字が多い選手ほど頻繁に逃げている、という事です。
ちなみに、これらの数値は過去4ヶ月のデータです。
なぜ、この数字が重要かと言いますと、競輪というのは競馬以上に展開の読みが重要なギャンブルでして、競輪の予想はまず「どの選手が先行するか?」を考える事から始まるのです。
ちなみに競輪の「先行」とは、競馬の「逃げ」と同義。
んで、なぜ展開、そして先行が誰かの読みが重要かというと、一般的に競輪において、最も有利な位置は「先行選手の後ろの選手」だからです。
これを「番手」と呼びます。
コース形態にもよりますが、この位置の選手の連対率がおよそ50%。
「じゃあ、そいつを買ってれば、ほとんど当たるんじゃねーの?」という話ですが、その選手が誰になるのかレース前には分からない、というのが問題なわけです。
ただし、これははっきりと言える事ですが、競輪において真に強い選手は「先行して勝つ人」なのです。

さて、基礎講義はまた今度に続けるとして(既に長過ぎですが)、明日の展望に移りましょう。

前日のインタビューで気になるとこをピックアップします。
まずは自力(ラインの先頭の人)の3名さん。

村上「ここに選ばれるだけの数字を残してないのに選ばれたのは自分の戦う姿勢が評価されたから。ここもそれを見せる」
佐藤「僕は徹底先行ではない。明日は先行、捲りをうまく使い分ける」
武田「勝負に徹する」

おそらく先行するのは村上でしょう。
このところは、かつての徹底先行を封印して、いろいろとやってる村上さんですが、やはりファンは「先行日本一」の村上さんに投票をしているわけで、それを何より本人が一番分かっているはずです。
岐阜の二人も後ろに付いた事を意気に感じるとも思います。
武田はラインが2車という事で、なんとしても中段4番手の位置が欲しいところでしょう。
強力北ラインを前に置いての8番手なんてのは、いくら武田さんといえども絶望的な位置でしょうから。

という感じにおよその展開は読めてくるわけですが、これとて始まってみないと分からないのが競輪なわけです。

さて、このレースのキーマンとなりそうなのが渡邉と山田。
「何でもやる」というコメントの晴智さんですが、当然、ここは超一流のマーク屋の意地にかけても番手の位置を奪いにくるはずです。
これを「競り」と呼びます。
一応、これに関しては当日の選手紹介の時に本人がどこかの位置を示すわけですから、それを見たいところですけど、まあ、これこそ始まってみないと分からん。

それよりも不気味なのが山田のコメント。
「周回中は加藤の後ろ。流れを見て勝負権のある位置」だと。
これはすなわち、村上が先手を取らない場合は容赦なく自力発進するぞ、という意思表示です。
いちおう、まだまだ山田さんも一流の自力選手ですからね。
そしてこれは、言葉は悪いけど、村上さんに対するある種の「脅し」の意味も含んでおります。

という事で、おそらく村上さんは先行するも、この面子ではさすがに苦しいかな、と贔屓目を考慮しても消しが妥当かと。
そして、番手の加藤も負傷明けのここは苦しいと思う。
このラインから推したいのは山田だけです。

となると、現況の格では断然、山崎が主役なわけですが、どうも彼は人の後ろに付いて走る時は成績が良くないイメージがありまして、ここも印を落とすのが面白いと思う。
有坂は夏休みを取って、家族で3週間ハワイに行ってたんだとさ。
これはどう考えても暮れのGPに照準を合わせているわけで、ここでは買えない。

栃茨2名は、やはりラインの短さが痛い。
でも、すんなり4番手なら怖い。
後は、いつの間にか間に合ってる晴智さん。

◎山田 ○佐藤 ▲山崎 △武田、神山、渡邉
3連単 6.9-3.6.9-2.3.5.6.7.9(16点)


最後まで読んだ人に拍手。
[PR]
by efurin | 2007-09-12 20:53 | 競輪 | Comments(0)