ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

2017年 08月 11日 ( 3 )

それぞれのPOGりん18

シリーズ第18回目はリッチモンドさん。

初年度メンバーであり、執筆時点で通算出走回数、通算勝利数ともに2位。
ロゴタイプ、タマモベストプレイを擁した12-13シーズンの優勝実績もあり、まさにPOGりんの重鎮と呼べる存在。

昨シーズンは19位と自己最低位に低迷。
勝ち上がり3頭中、ドロウアカードがOP戦線で奮闘を見せましたが、全体のポイントは伸び悩み。
全馬デビューに救われての19位は不満の残るシーズンだったかと思われます。

今回の1次ドラフトは3頭の重複負けがありましたが、基本戦術上、元からドラフトには強いスタイル。
ほどなく補欠3位指名まででクリアしておりました。

その基本スタイルが全馬種牡馬バラバラシステム。
かつてのローエングリンは、このシステムによってピックアップされたと言って良いでしょう。
今回もきっちり、10頭の種牡馬の産駒を散りばめてきました。
そんな中、ディープインパクト部門で重複4名を切り抜けた母シユーマは貴重な存在。
また新馬こそ3着に敗れましたが、父スクリーンヒーローの評判馬を拾ってくるあたりは流石の一手。

序盤の始動こそゆっくりですが、全体の進捗状況は悪くなく、この秋以降、そこそこ順調にデビューを重ねてくるのではないでしょうか。


18.リッチモンド

1位 [ブレステイキング](牡・ディープインパクト×シユーマ・7)
4/12・ノーザンF・[サンデーR]・[美・堀]

母父Medicean クラブ募集12000万
母は英GⅠ勝ち
「凄く背中の感じがいい。走ってくれると思う。これだけの柔らかみを感じさせる馬はそうそういない」(育成)
496キロ(8月)

2位 アロハリリー(牝・ハーツクライ×ハワイアンウインド・6)
2/2・
ノーザンF・吉田勝己・栗・高野
母父キングカメハメハ クラブ募集2500万
近親アドマイヤミヤビ
8/20(日)小倉芝1800でデビュー予定

3位
[レイロー](牝・オルフェーヴル×タイキクラリティ・12
3/14・
パカパカF・[フクキタル]・[栗・友道]
母父スペシャルウィーク クラブ募集3500万
半兄クラリティスカイ(NHKマイルC)
511キロ(5月) 秋デビュー予定

4位 メジャーマジック(牝・ダイワメジャー×ソーマジック・10)
3/21・社台F・社台RH・栗・橋口

母父シンボリクリスエス クラブ募集2000万
6月入厩、ゲート合格後、放牧

5位 [サンラモンバレー](牡・ロードカナロア×モンローブロンド・13)
5/2・ノーザンF・[金子真人HD]・[栗・池江]

母父アドマイヤベガ 16セレクトセール5400万
近親ロジユニヴァース、ノーザンリバー

6位 ジャンティエス(牝・ローエングリン×アウトオブザウィム・15)
1/26・ノーザンF・落合幸弘・美・田中剛

母父サンデーサイレンス
半兄バクシンテイオー(北九州記念)、近親カネヒキリ

7位 ジェネラーレウーノ(牡・スクリーンヒーロー×シャンハイロック・7)
1/27・新生F・Gリビエール・レーシング・美・矢野

母父ロックオブジブラルタル 16HBAセレクションセール3000万
7/23(日)函館芝1800でデビューして3着

8位 ギャング(牡・ヴィクトワールピサ×ロリポップガール・17)
5/9・社台F・石川達絵・栗・角田

母父Trempolino 16HBAオータムセール1000万

9位 ラストクルセイド(牡・マンハッタンカフェ×ココロチラリ・6)
2/26・社台F・社台RH・栗・西浦

母父エアジハード クラブ募集2400万
506キロ(7月) 5月入厩、ゲート合格済

10位 コンキスタドール(牡・ルーラーシップ×レーゲンボーゲン・13)
4/17・ノーザンF・KTレーシング・栗・音無

母父フレンチデピュティ 16セレクトセール7200万
半姉アニメイトバイオ(ローズS)、ホーマンフリップ(ファンタジーS2着)、半兄レインボーライン(アーリントンC)
5月入厩、ゲート合格後、放牧
 
 


[PR]
by efurin | 2017-08-11 13:28 | それぞれのPOGりん | Comments(0)

それぞれのPOGりん17

さて、一気にいきまひょか。
第17回目は、一昨シーズンの覇者、せつなさん。
それ以外にも、ディープブリランテを擁した11-12シーズン、クラリティスカイがNHKマイルCを制覇した14-15シーズンで準優勝と、実績十分の強豪であります。

その一昨シーズンは、シンハライト、リオンディーズと2頭のGⅠ馬を擁して圧巻の独走。
しかし、その反動が出たのか昨シーズンは18位に低迷。
それでも6頭の勝ち上がりを出してきたのはさすがでした。

今回の1次ドラフトでは社台系生産馬を主体にしながら無風でクリア。
これはもう、「獲りたい10頭を余すところなく獲れた」ということ。
母シーザリオは、これで3シーズン連続の指名。
せつな軍の看板血統になりつつあります。

特徴的な点としては4頭を占めたハーツクライ産駒。
母ラヴズオンリーミーがボーンシストの影響で順調さを欠いているのは気になりますが、その他は順調。
ディープ勢を打ち負かす底力のある種牡馬ですから、ここの走りはキーポイントになってくるでしょう。
また当然、上位指名3頭、高額軍勢の走りが命運を握ってくる。

執筆時点でシーズン未出走ですが、ゲート合格組は多く、初秋あたりから続々とデビューしてくるのではないでしょうか。


17.せつな

1位 シーリア(牝・キングカメハメハ×シーザリオ・13)
3/17・
ノーザンF・キャロットF・栗・角居
母父スペシャルウィーク クラブ募集7000万
全兄リオンディーズ(朝日杯FS)、半兄エピファネイア(ジャパンC、菊花賞)
「抜群の動きを見せている。坂路を3F47~48秒で駆け上がっていて、ここまで順調。少しの間リフレッシュをさせていたが、すぐに通常メニューに戻せそう。今のところ気性面も問題ないし、息遣いもきれいで、やっぱり心肺機能が普通の馬と違うのかな、という印象。背中の感触も素晴らしく、期待は大きい」(育成)
485キロ(7月) 7月入厩、ゲート合格後、放牧

2位 [ギベオン](牡・ディープインパクト×コンテスティッド・6)
2/20・社台F・[社台RH]・[栗・藤原英]

母父Ghostzapper クラブ募集10000万
母は米GⅠ勝ち
「腰からトモにかけての筋肉は目をみはるものがある。馬体重も520キロを超えてきて、ディープ産駒らしからぬ馬力を感じる。順調に勝ち上がって、来年はクラシック戦線を賑わせていて欲しい」(育成)
520キロ(6月)

3位 [タイセイグランツ](牡・ハーツクライ×ミッキーパール・8)
3/5・ノーザンF・[田中成奉]・[栗・矢作]

母父タニノギムレット 16セレクトセール11000万
近親トーセンジョーダン、トーセンホマレボシ
「値段に見合う非常にいい馬。跳びが大きくてダイナミック」(調教師)

4位 [ジンゴイスト](牡・ハーツクライ×ラヴズオンリーミー・9)
2/28・ノーザンF・[サンデーR]・[栗・矢作]

母父Storm Cat クラブ募集10000万
半兄リアルスティール(ドバイターフ)、プロディガルサン(芙蓉S)
530キロ(7月)

5位 [レッドオルティス](牝・ハーツクライ×マンボスルー・14)
3/4・社台F・[東京HR]・[栗・音無]

母父Kingmambo クラブ募集1600万
母は米GⅢ勝ち
「母の仔は勝ち上がり率が高く、更にこの馬にはそれだけに留まらないポテンシャルも感じる。勝ち気な性格がレースに向いてくれば面白いだろう」(育成)
480キロ(7月)

6位 グランサム(牡・ハーツクライ×バロネスサッチャー・11)
1/22・ノーザンF・キャロットF・美・古賀慎

母父ヨハネスブルグ クラブ募集4000万
母は米GⅢ勝ち
466キロ(4月) 8/26(土)新潟芝1600でデビュー予定

7位 レッドプリモ(牝・ルーラーシップ×アドマイヤエレノア・7
4/4・ノーザンF・東京HR・栗・友道

母父ディープインパクト クラブ募集1600万
近親ピイラニハイウェイ
446キロ(7月) 6月入厩、ゲート合格後、放牧

8位 [レッドラファーガ](牡・ディープインパクト×ツインテール・7)
4/15・
辻牧場・[東京HR]・[栗・角居]

母父Tale of the Cat クラブ募集5000万
464キロ(7月)

9位 ヴィアプライド(牡・マツリダゴッホ×ヴイプラド・14)
4/25・岡田スタッド・ノルマンディーTR・栗・大久保

母父El Prado クラブ募集1120万
501キロ(6月) 6月入厩、ゲート合格後、放牧

10位 ミッキーワイルド(牡・ロードカナロア×ワイルドラズベリー・8)
2/4・ノーザンF・野田みづき・栗・安田

母父ファルブラヴ 15セレクトセール6600万
「丸みを帯びた体形で筋肉量が豊富。性格的にガンガン行くタイプではないので距離の融通は利きそう」(育成)
516キロ(4月) 6月入厩、ゲート合格後、放牧
 
 


[PR]
by efurin | 2017-08-11 11:23 | それぞれのPOGりん | Comments(0)

明日のPOGりん

どうも第11週目のPOGりんです。

今週は土日計10頭が出走予定。
土曜のコスモス賞にはステルヴィオがエントリー。
今シーズン最初の特別出走となります。
また、昨シーズンのチャンプ・謎男さんがシーズン初出走を迎えます。
これで未出走はせつなさんときばりんさんの2名となりますが、両者とも今月中にデビュー馬が出る見通し。

では明日の4頭を。
そらおみさんは早くも5頭目のデビュー馬。
肉まんさんは注目の超良血馬を投下。

・新潟5R 新馬 芝1800(15頭)
⑪ヴォウジラール(そらおみ・内田博)
⑬タニノフランケル(肉まん・M・デムーロ)

・小倉1R 未勝利 芝1200(九州産・16頭)
⑮テイエムミズホゴー(カワタカ・▲三津谷)

・札幌10R コスモス賞(OP)芝1800(11頭)
⑥ステルヴィオ(九官鳥・ルメール)
 
 


[PR]
by efurin | 2017-08-11 10:32 | POGりん | Comments(4)