ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん16

さて、どうにか進めていこう。
第16回目は、ちち氏。
2回目のシーズンから参戦頂いております。

ちち氏といえば全馬デビュー。
10-11シーズンから6シーズン連続で全馬デビューを達成。
連続記録が途絶えてしまった昨シーズンは、ムーヴザワールドとクライムメジャーが特別戦線で奮闘。
共に一時は「GⅠに駒を進めてくるのでは」という雰囲気でしたが、勝負どころで結果が出ず、最終的には17位フィニッシュ。
近年は、ロサギガンティア(スプリングS)、アドマイヤビジン(紅梅S)を擁した13-14シーズンを除き中~下位に甘んじております。

今回の1次ドラフトでは大量の重複負けを喫し、6頭確保に留まってしまいました。
しかし2次ドラフトではスムーズに社台系の良血馬を補充。
結果、ノーザンF産、社台F産が4頭ずつ。
あとは馴染みの西園厩舎とロードHCで計10頭。

序盤から、その西園厩舎のコスモインザハートが新馬を快勝。
札幌2歳Sでの重賞制覇が期待されます。
そして執筆時の翌日、8/6(日)には2頭がデビュー予定。
他馬も進捗状況が早めで、さすがは全馬デビュー職人らしい手練れたところを見せております。
序盤から中盤に掛けてからの攻勢も期待できそうです。


16.ちち


1位
[ウェストブルック](牡・ディープインパクト×ターフローズ・11)
3/24・
社台F・[社台RH]・[美・藤沢和]
母父Big Shuffle クラブ募集10000万
半兄ロサギガンティア(阪神C、スプリングS)、母は伊GⅠ勝ち
「ディープの仔でロサのような硬さもなさそうだし、いい馬。クラシックを意識して生産したんだろうし、牧場でも期待している血統」(調教師)
「見栄えのする体つきをはじめ、ディープ産駒らしい品の良さ、普段の所作と、あらゆる面においてスケールの大きさを感じる。こういう馬が上のクラスに行くんだろうな、という雰囲気がある。調教でもスピード感と迫力を高いレベルで兼ね備えた、素晴らしい動きを見せてくれている。この一族らしい溢れるスピード能力があるのは間違いないと思う。気性面にまったく問題がないし、父がディープに替わったこともあり、兄より長めの距離に適性を示すはず。自ずと2000~2400mの大きな舞台が目標になってくるだろう」(育成)
520キロ(4月)

2位 [
アルマーズ](牝・エンパイアメーカー×バルドウィナ・17)
2/17・
社台F・[社台RH]・[栗・藤岡]

母父Pistolet Bleu クラブ募集3200万
半姉ジュエラー(桜花賞)、ワンカラット(フィリーズR、キーンランドC)
「馬体は500キロぐらいになるんじゃないかな。種牡馬の特徴をよく出す母で、姉たちはみんなタイプが違うけど、走るということは共通している」(調教師)

3位 アーモンドアイ(牝・ロードカナロア×フサイチパンドラ・12)
3/10・
ノーザンF・シルクR・美・国枝

母父サンデーサイレンス クラブ募集3000万
母はGⅠ勝ち
「スピードがありそうな馬格をしているし、仕上がり次第で早めに使えるかも。マイルから中距離ぐらいまでこなしてくれればいいね」(調教師)
「坂路で16秒台のタイムを出しているが、フットワークの軽い柔らかい動きを見せている。ここにきて体重も増えてきて、それに合わせるようにトモにも力が付いてきた。気性はおとなしくて扱いやすいので、距離はある程度もちそう」(育成)
8/6(日)新潟芝1400でデビュー予定

4位
ノーブルスピリット(牡・オルフェーヴル×ノーブルステラ・14)
3/6・
社台F・社台RH・栗・中内田

母父Monsun クラブ募集4000万
母は米GⅡ勝ち
「トモの緩さも解消しつつあるし、着実にステップアップが図れている」(育成)
517キロ(3月) 5月入厩、ゲート合格済

5位 コスモインザハート(牡・ハーツクライ×マーゼリン・11)
2/21・
栄進牧場・ビッグレッドF・栗・西園

母父Barathea 16セレクトセール1600万
「フットワークが大きく、追ってしっかりしている。一歩一歩完歩がしっかりしていてバテない。馬体重も増えて良くなる一方」(育成)
6/18(日)阪神芝1600でデビュー勝ち

6位 ロードゴラッソ(牡・父ハーツクライ×母サッカーマム・15)
5/16・
ケイアイF・ロードHC・栗・藤岡

母父Kingmambo クラブ募集3240万
半姉リラコサージュ(スイートピーS)、レディルージュ(白菊賞)
「生まれた時から素晴らしい馬だった。順調にきているし楽しみ」(調教師)
「現在は1F15秒ペースの調教だが、もう少し踏み込んでもいいかなと感じている。多彩なタイプを出す母親なので、どう育つか楽しみ」(育成)
474キロ(3月) 7月入厩済

7位 ロングランメーカー(牡・エンパイアメーカー×ミュージカルウェイ・13)
2/12・ノーザンF・シルクR・栗・池江

母父Gold Away クラブ募集7000万
半姉ミッキークイーン(オークス、秋華賞)
「手先が軽いし、明らかに芝向き。そこまで巨大じゃないし、いい意味でエンパイアメーカーが出ていない」(調教師)
8/6(日)小倉芝1800でデビュー予定

8位 [サトノルーリー](牝・ディープインパクト×クライウィズジョイ・18)
5/6・レイクヴィラF・里見治・栗・須貝

母父トニービン 16セレクトセール7000万
全兄サトノノブレス(日経新春杯、鳴尾記念)
「大きくはないけど走りが軽い。気性的にスイッチが入りやすそうなところがあるので、上手くケアしながら大きいところに導きたい」(調教師)
「坂路で16~17秒ペースで調整しているが、バネがあっていかにも切れ味がありそうな動きを見せている。距離はマイルぐらいが合っていそう。なんとか420~430キロぐらいで送り出したい」(育成)
398キロ(4月)

9位 コズミックフォース(牡・キングカメハメハ×ミクロコスモス・9)
2/14・ノーザンF・サンデーR・美・国枝

母父ネオユニヴァース クラブ募集5000万
「クロフネ産駒の兄(アンティノウス)とは違ったタイプで軽さがありそうな感じ。気も良さそうだし、芝で走ってくれると思う」(調教師)
463キロ(4月) 6月入厩、ゲート合格後、放牧

10位 [ダイワメモリー](牝・ノヴェリスト×ダイワスカーレット・11)
3/7・社台F・大城敬三・美・国枝

母父アグネスタキオン
母はGⅠ勝ち、近親ダイワメジャー
「姉たちと比べて、まとまりのある馬体に出た。いつ大物が出てもおかしくない血統だし、育成も問題なく進んでいる」(育成)
508キロ(4月) 8/20(日)札幌芝1800でデビュー予定
 
 


[PR]
Commented by ちち at 2017-08-06 23:11 x
ナマステ。今年もそれPOGありがとうございます。
ここ数年成績が奮わない中、シンハライト、ジュエラー、ペルシアンナイトと「上は持っていたのに指名しなかった下が大活躍」のような展開が続いていたため、今年は血の繋がり重視で指名を考えておりました。
両エース含め過半数が上も持っていたお馬さんになったのは、情報不足もあるとはいえ少々過ぎた感もありますが。
(で、取れなかったヘンリーバローズとリンフォルツァンドが大活躍するというオチも十分あり得る……)
また、このパターンだと初仔を拾いにくかったり高齢母が増えたりといったことになるのですが、年齢的にもヤングママよりベテランママさんの方に安心感を感じるようになってきているのかもしれません(苦笑)
さらに、近年は2歳戦のうちはそこそこ、3歳戦がさっぱりの傾向も強いので、今年は3歳戦での活躍を期待して応援を続けたいと思います。
今年はここまでの3頭もいい感じでデビューしてくれていますし、全馬デビューの復活とひとケタ順位を目指したいものです。
まだまだ娯楽の少ないインド生活の中、毎週楽しみにしておりますので引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by efurin at 2017-08-07 00:18
ちち氏・・・ナマステ。
なかなか「それPOG」が進まないのですが、どうにかここまではたどり着きました。
確かにゆかりの血統感が強いラインナップですよね。
かくいう私もコスモインザハートの上(15-16シーズンのエイシンディクティ)を指名していたので、この度のコスモインザハートには歯ぎしりしているところです。
今日の2頭もいい走りを見せてくれました。
もうそろそろ、母ダイワスカーレットもそれっぽい当たりが出ていい頃だと思います。
このペースで全馬デビューの復活と上位進出、期待していります。
今後も何とか、少しでも娯楽の足しになればと努めていきますので、どうかよろしくお願いいたします。
by efurin | 2017-08-05 14:17 | それぞれのPOGりん | Comments(2)