ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん12

どうにかこうにか折り返しの12回目。
今回は肉まんさん。

過去7シーズン参戦。
最初の2シーズンはベストテンをキープしておりましたが、近年はやや低迷気味。
昨シーズンも12位でしたが、フローレスマジックがクラシック路線で奮闘。
その他、タイセイスターリーやアズールムーンなどが特別戦線を賑わしておりました。
全体でも複勝率56.4%という高い数値を残し、なかなか中身の濃いシーズンでした。

今回の1次ドラフトでは8頭の重複負けがあり、残1頭を2次で補充しましたが、いいところで重複勝ちもありました。
結果、母GⅠ勝ちのメジャー良血がズラリと並ぶ豪華なラインナップとなりました。
何ともゴージャス。
指名馬の半数をディープインパクトで占め、新種牡馬の仔はエイシンフラッシュ産駒の1頭のみ。
既に実績のある種牡馬が主体で、安定感がある。

そんな中、開幕2週目にアパパネの仔・ジナンボーが芝1800の新馬を快勝。
この上ないスタートを切ってきました。
他馬も軒並み仕上がりが早そうで、夏から秋に掛け、上位勢を含めてドカドカとデビューしてくる展開が想定されます。

今回こそ優勝争いに絡みたいところですし、その余地は十分感じさせる布陣。


12.肉まん

1位 ノチェブランカ(牝・ディープインパクト×ナイトマジック・9)
4/12・ノーザンF・吉田勝己・美・国枝

母父Sholokhov クラブ募集4500万
母は独GⅠ勝ち
「アルミレーナの全妹になるけど、こっちの方がサイズは大きめ。ディープらしい雰囲気がある。順調に仕上がってくれば早めに使っていけると思う」(調教師)
6月入厩済

2位 ジナンボー(牡・ディープインパクト×アパパネ・8)
3/8・ノーザンF・金子真人HD・美・堀

母父キングカメハメハ
母はGⅠ勝ち
「気性の部分はまだ我慢ができている。少しテンションが上がりやすいところはあるが、悪さをするわけではなく問題ない。坂路で15秒前後の時計を出しているが、順調に調整できている。まだ緩さがあり、トモもしっかりしていないがバネは相当。かなりやれそうな手応えを感じている。体ももう少し大きくなりそう」(育成)
6/11(日)東京芝1800でデビュー勝ち

3位 タニノフランケル(牡・Frankel×ウオッカ・11)
2/9・愛国産・谷水雄三・栗・角居

母父タニノギムレット
母はGⅠ勝ち
「兄姉とは体形こそ似ているが、競走馬向きの気性やスピードなど父のいいところが出ている印象。ウオッカの仔と知らないで走りを見た人が”いい馬だな”と感心することも多い。坂路では指示した時計よりも自然と速くなってしまう。パワーがあるし凄いスピードがある」(育成)
530キロ(3月)
6月入厩、ゲート合格後、放牧

4位 ダノンチェリー(牝・ディープインパクト×ウィーミスフランキー・6)
2/5・ノーザンF・ダノックス・栗・池江

母父Sunriver 15セレクトセール18000万
母は米GⅠ勝ち
「セールの値段に見合う馬。牧場スタッフも乗り心地が抜群と言っているし、桜花賞に行きたい」(調教師)
「ディープの仔は夏を越えてグンと良くなるタイプが多いが、この馬は最初からいい動きを見せていた。でも、早熟ということではなく、まだまだ伸びしろもありそう。調教の動きも抜群で、チップの蹴り上げが凄い。かなりやれそうな手応えがある」(育成)
471キロ(4月) 5月入厩、ゲート合格後、放牧

5位 コスモダリア(牝・ディープインパクト×レインボーダリア・8)
1/15・大栄牧場・田中由子・美・二ノ宮

母父ブライアンズタイム
母はGⅠ勝ち
「初仔にしては体がしっかりとしている。早い時期から使えるかもしれない」(調教師)
「見た目、動きともに母父ブライアンズタイムの影響が強いようで、父、母父が同じ組み合わせのディーマジェスティに似たイメージ。現状は坂路で抜群に動くというわけではないが、その見た目以上に早いタイムが出せている。心肺機能がいいようで、調教後の息の戻りが早いのも好印象。母は本格化まで時間を要したが、本馬は同時期の母と比べると半年ぐらい進んでいる感じ」(育成)
440キロ(3月)

6位 [エイムアンドエンド](牡・エイシンフラッシュ×ロフティーエイム・13)
2/21・
追分F・[キャロットF]・[美・二ノ宮]
母父サンデーサイレンス クラブ募集1800万
母はGⅢ勝ち
「調教は一番進んでいるグループ。来た時からバランスがいい。長く脚が使えそうなタイプで、パワーもあるので芝もダートもこなせそう。距離はマイル前後が良さそう」(育成)
495キロ(5月)

7位
[ブルーメンクローネ](牝・キングカメハメハ×ブルーメンブラット・12)
3/26・
ノーザンF・[キャロットF]・[栗・石坂]
母父アドマイヤベガ クラブ募集4400万
母はGⅠ勝ち

8位 アルジ(牡・ハーツクライ×フィーリングトーン・9)
3/18・
白老F・増田和啓・美・小島茂

母父ワイルドラッシュ 16セレクトセール4000万
近親ドリームパスポート
「大きな馬で少しモサモサしていたけど、調教をやり始めたら変わってきた。去年のアウトライアーズとよく似たパターン」(調教師)
「進めていくうちに体も成長した。推進力があるし、気のいいタイプ。兄姉と比べると走りも軽快」(育成)
493キロ(3月) 5月入厩済

9位 ポジティブスタンド(牡・ハービンジャー×スタンドオンエンド・18)
3/30・
追分F・サンデーR・栗・高橋亮
母父エンドスウィープ クラブ募集1400万
「馴致から順調に成長しているし、気性も安定している。坂路は引っ張ったまま上がってくるほど。母に似ているが、ダートでも芝でもいけそう」(育成)
463キロ(3月) 5月入厩済

10位 エリスライト(牝・ディープインパクト×クリソプレーズ・13)

2/10・
ノーザンF・[キャロットF]・[美・久保田]
母父エルコンドルパサー クラブ募集7000万
全姉マリアライト(宝塚記念、エリザベス女王杯)、半兄クリソライト(JDD)、リアファル(神戸新聞杯)
「姉とは形が全然違う。姉はこの時期に400キロぐらいしかなかった。普段からのんびりしている。長いところが良さそう。スピードに乗るまではそんなに速くないが、一旦スピードに乗ってしまえばグイグイ行く。今でも坂路16秒ぐらいまで進めているが、焦らず成長を促してあげたい」(育成)
436キロ(4月) 秋デビュー予定
 
 




[PR]
Commented by 肉まん at 2017-07-01 15:58 x
それPOG執筆お疲れ様です。

我ながらなかなかの良血メンバーが集まったと思います。
今年も自慰行為的な複コロベットを続けて参りますので
よろしくお願いします。
Commented by efurin at 2017-07-02 00:31
肉まんさん・・・コメントありがとうございます。
血統の額面上では最上位クラスの布陣ですよね。
それでいて早期対応というのも凄い。
タニノフランケルも8月の新潟でデビュー予定ですし。

では今シーズンも、複コロともども、よろしくお願いいたします。
by efurin | 2017-06-26 22:37 | それぞれのPOGりん | Comments(2)