ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん6

手間の掛かる管理人のはすっ飛ばして前回6位の方。
初年度メンバーのビスコ食べてますからさん。
引き続き、現存する初年度メンバーで優勝経験が無いのはビスコ君と管理人のみ。

POGりんのリストにはPOの何かが宿るものですが、いつも終盤になるとエンジンが全開になるのが特徴。
これを称して「鬼ビスコ」と勝手に呼んでおるわけですが、前回もお馴染みの末脚を発揮。
最終週にスワーヴリチャードがダービー2着、サトノクロニクルが白百合Sを勝って6位フィニッシュ。
なぜかこれで通算4回目の6位。
これが最高位でもあり、今後はGⅠ勝ちや優勝争いが待たれるところ。

今回の1次ドラフトでは8頭確保に留まりましたが、上位指名5頭はストレート勝ち。
それぞれ重複7名の激戦となった母ミスパスカリと母プラウドスペルの両獲りはデカい。
ディープ産駒はこの2頭に加え、母マイグッドネスの計3頭ですが、この3頭で十分じゃねえの、というぐらい。
新種牡馬御三家(オルフェーヴル、ロードカナロア、ノヴェリスト)の産駒を1頭ずつ配備し、初年度ブレイクにも備えた態勢。
あとは一発のあるマンハッタンカフェ、ステイゴールド、そして堅実性のキングカメハメハとダイワメジャー。
バランスの取れた布陣ではないでしょうか。

また、執筆時点で4頭がトレセン在厩。
3週目にデビュー予定だった牝馬エース・シャンデリアスピンが一転、放牧に出てしまいましたが牡馬エースは4週目にデビュー予定。
他にも早そうな馬がいて、今回は序盤から飛ばしに掛かっている印象。


6.ビスコ食べてますから


1位 シエラネバダ(牡・ディープインパクト×ミスパスカリ・14)
2/28・
ノーザンF・金子真人HD・栗・音無
母父Mr. Greeley
全兄マウントロブソン(スプリングS)、ポポカテペトル(ゆきやなぎ賞)
「兄(ポポカテペトル)との比較でもこちらの方が評判はいいみたい。今の馬体重が478キロだが、これからもう少し成長してくるかもしれない」(調教師)
「坂路を15秒のタイムで駆け上がっているが、柔らかみのあるいいフットワークを見せている。動きはディープっぽいが性格はディープっぽくなくおとなしい。完成度が高く早い時期からでも対応できそう。距離はある程度あった方がいいタイプだと思う」(育成)
6/25(日)阪神芝1800でデビュー予定

2位
シャンデリアスピン(牝・ノヴェリスト×ダンスインザムード・14)
2/19・社台F・社台RH・栗・松永幹

母父サンデーサイレンス クラブ募集3600万
半姉ダンスファンタジア(フェアリーS)、カイザーバル(君子蘭賞)、母はGⅠ2勝
484キロ(3月) 5月入厩後、放牧

3位 [グレートウォリアー](牡・ディープインパクト×プラウドスペル・10)
2/14・ノーザンF・[サンデーR]・[栗・藤原英]

母父Proud Citizen クラブ募集15000万
母は米GⅠ勝ち
「イヤリング時代からトップクラスの存在として注目されていたが、そのいい状態のまま成長している。走りに安定感があり、乗り味は抜群。2ヶ月ぐらい前まではトモにまだ緩さがあったが、ここにきて強化され踏み込みも良くなってきた。現在は坂路15~16秒台の調教を行っているが、馬群の真ん中で我慢できているし競走能力の高さを感じる」(育成)
500キロ(3月) 秋デビュー予定

4位 ミッキーマインド(牡・ディープインパクト×マイグッドネス・10)
3/10・三嶋牧場・野田みづき・栗・音無

母父Storm Cat
半兄ダノンレジェンド(JBCスプリント)
「兄姉は走っているし、走らせないといけない。今の馬体重が465キロでここまで順調。距離に関してはクラシックというよりマイル向きのスピードがある感じ」(調教師)
「速いところでどんな走りをするか楽しみ」(育成)
7/1(土)中京芝1600でデビュー予定

5位 [ダブルフラット](牡・マンハッタンカフェ×アガルタ・8)
3/3・ノーザンF・[金子真人HD]・[栗・角居]

母父キングカメハメハ 16セレクトセール8600万
母の母ブロードアピール
6月入厩済

6位 [リシュブール](牡・キングカメハメハ×ラストグルーヴ・5)
2/25・
ノーザンF・[山本英俊]・[栗・藤原英]

母父ディープインパクト
母の母エアグルーヴ、近親アドマイヤグルーヴ、ルーラーシップ、ドゥラメンテ
「まだ成長途上段階だが、坂路15秒ペースで乗られているし、柔らかみがあってバネのある動きを見せている。ここにきてだいぶ我慢して走れるようになってきたし、距離は2000ぐらいがベストだと思う」(育成)
458キロ(4月) 秋デビュー予定

7位 [シュナイデン](牡・ステイゴールド×サルヴェジェルマニア・10)
1/17・
白老F・[G1レーシング]・[栗・石坂]

母父パントレセレブル クラブ募集3800万
母は独GⅡ勝ち
「ステイゴールド産駒とは思えないほどの落ち着き。順調に乗り込めている。体力面の不安を感じたことはないし、これから化けてくれるといいね」(育成)
476キロ(3月)

8位 キラーチューン(牡・オルフェーヴル×ティファニーケイス・8)
4/20・
辻牧場・ノースヒルズ・栗・吉村

母父タイキシャトル 15セレクトセール3900万
「年明けに大山ヒルズに移動しているし、遅くはならないだろう。そんなに大きくないけど背中の伸びが出てきたし、何よりオルフェの仔だから距離はもつんじゃないか」(調教師)

9位 ブルヴェルソン(牡・ダイワメジャー×キューティゴールド・11)
3/4・白老F・シルクR・栗・高野

母父フレンチデピュティ クラブ募集5000万
半姉ショウナンパンドラ(ジャパンC、秋華賞)

10位 モンツァ(牡・ロードカナロア×スピードリッパー・7
1/27・ノーザンF・吉田勝己・美・鹿戸

母父ファルブラヴ クラブ募集4000万
近親ポップロック
「立派な馬で脚長の体形だしアカ抜けている。母の良さを受け継いでいる感じだし、雰囲気は良さそう。早い時期から楽しみ」(調教師)
 
 



[PR]
by efurin | 2017-06-11 12:54 | それぞれのPOGりん | Comments(0)