ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん4

第4回目はえるこんさん。
参戦8シーズン中、7シーズンでベストテン内をキープ。
通算特別勝利数は最多タイの20回。
500万特別ハンター(13勝)でもあるので、今後は初のGⅠ勝利が待たれるところ。
昨シーズンはリスグラシューが牝馬クラシック戦線で奮闘。
他、ミリッサとダノンディスタンスが2勝を挙げ、高いレベルで手堅くまとめて4位。

今回のドラフトでは8頭の重複負けがありましたが、上位指名6頭を確保し、獲りたい馬を獲れた感じでしょう。
特に重複5名、すべて3位以内の競合となった母リッチダンサーを押さえたのは大きい。

ディープインパクトとハーツクライ産駒が4頭ずつ。
安定感のディープと、それを負かす余地のある底力のハーツ。
今回も堅実に順位をまとめてきそうですが、その中で一歩突き抜けたGⅠ級が出現すれば。


4.えるこん

1位 フラットレー(牡・ハーツクライ×リッチダンサー・15)
4/8・ノーザンF・[キャロットF]・[美・藤沢和]

母父Halling クラブ募集6000万
半姉バウンスシャッセ(中山牝馬S)
「凄く品があるし、素晴らしい馬だと思う」(調教師)
「順調に成長していて、現在は坂路で14、15秒の時計を出しているが、動きは素晴らしい。馬っぷり、背中の感触ともにいいしスピードも十分。この馬は走ってきそうだし、クラシックに乗せたい」(育成)
472キロ(5月) 6月入厩済

2位 グラマラスライフ(牝・ハーツクライ×プリティカリーナ・10)
1/31・ノーザンF・[シルクR]・[美・田村]

母父Seeking the Gold クラブ募集3200万
全兄エクレアスパークル(若葉S2着)
「素晴らしい馬体をしているし見栄えが抜群。じっくり乗り込んできて順調に成長してくれているし、牧場の評価も非常に高い。相当な期待馬」(調教師)
「乗り味の良さを乗った人間は皆、絶賛している。晩成タイプだと思うのであえてゆっくりに進めており、現在は16秒ぐらいのところで留めているが、能力だけで時計が出てしまう」(育成)
464キロ(4月)

3位 ピボットポイント(牡・ディープインパクト×ペンカナプリンセス・13)
5/25・ノーザンF・[シルクR]・[栗・友道]

母父Pivotal クラブ募集12000万
全兄ワールドインパクト(青葉賞2着)、半兄トリコロールブルー(フリージア賞)
「ここまで順調だが、5/25生まれとあって同じ時期の上2頭と比べると少し小さい。そんなこともあり、現状では成長を促しながらの調教。ワールドインパクトはフレームが少し大き過ぎて重苦しいところがあったが、こちらは素軽い感じ。悪いところがあってゆっくりやっているわけではなく、ダービーのために逆算して調整しているような感じ。そのくらいのスケールはあると思うし、走ってくるはず。上手くいけば北海道でゲート試験だけは受けるかもしれないが、いずれにせよデビューは秋以降」(調教師)
「坂路で16~17秒の調教を行っているが、とても順調。柔らかくていい動きを見せている。気性も真面目でムダなことをしないので、2000~2400mはもってくれると思う。クラシックを狙っていきたい」(育成)
472キロ(5月)

4位 ミーティアトレイル(牡・ネオユニヴァース×ラフィントレイル・12)
2/21・ノーザンF・キャロットF・栗・池添学

母父エルコンドルパサー クラブ募集2600万
半兄ブレイズアトレイル(京成杯AH2着)、母の母ファビラスラフィン
「順調にきており、4月上旬に入厩。牧場での評判もいいしゲート試験を受けてから順調ならデビューも考える。気性も素直」(調教師)
440キロ(3月) 6/18(日)阪神芝1600でデビュー予定

5位 タンタフエルサ(牡・ディープインパクト×タンタスエルテ・13)
5/10・白老F・[G1レーシング]・[美・国枝]

母父Stuka クラブ募集8000万
全姉パララサルー(アネモネS)、半兄タンタアレグリア(AJCC)、母は智GⅠ勝ち
「これはディープらしいタイプ。サイズは大き過ぎず小さ過ぎずという感じ。上との比較ではパララサルーを牡馬にしたようなイメージ。性格も素直そうだし、基本的には長めの距離がいいと思う」(調教師)
「立ち姿が堂々としていて雰囲気がある馬。オンオフがしっかりしていて、併せ馬をすると隣の相手を威圧するようなところもある。全身がバネのようで、調教ではスピードが上がるほど馬体が沈み込み、走る馬の典型的な特徴を見せている。兄と似て省エネというか、どんなペースでも対応できるし、順応性があるので距離はもつと思う。クラシックディスタンスを狙って欲しい」(育成)
446キロ(3月)

6位 レッドイリーゼ(牝・ハーツクライ×スタイルリスティック・16)
4/1・ノーザンF・[東京HR]・[美・手塚]

母父Storm Cat クラブ募集2000万
半兄レッドアンシェル(アーリントンC2着)
「ボリューム感がある体形。前向きで俊敏だし、いかにも軽い芝が合いそう」(調教師)
「イヤリングから来た時は馬体重が400キロを切っていたくらいだったが、現在は体重を測る度に数字が増えている。坂路で3F46~47秒ペースで乗られているし、調整は順調。少しピリピリしたところがあり、まだ気性面で幼い部分があるので、徐々に解消していってくれればいい」(育成)
439キロ(3月) 9月デビュー予定

7位 イペルラーニオ(牡・ディープインパクト×コスモチェーロ・12)
3/2・
コスモヴューF・[キャロットF]・[栗・矢作]

母父Fusaichi Pegasus 16セレクトセール6800万 クラブ募集8000万
半兄ウインマーレライ(ラジオNIKKEI賞)

8位 パルクデラモール(牝・ディープインパクト×レディシャツィ・10)
2/2・
白老F・[G1レーシング]・[美・鹿戸]

母父Privately Held クラブ募集5000万
母はペルーGⅠ勝ち
「ディープの仔にしては肉付きがいいし、しっかりとしたタイプ。いい馬」(調教師)
「能力的なものはあるし、跳びが大きく動ける。夏を越えて付くべきところに筋肉が付いてくれば」(育成)
462キロ(5月) 秋以降デビュー予定

9位 母
マチカネタマカズラ・12(牝・ハーツクライ)
2/12・
ノーザンF・[林正道]・[栗・角居]

母父Kingmambo 16セレクトセール4000万
全姉ホウオウパフューム(寒竹賞)
「ハーツ産駒らしく伸びのある馬体をしていて、軽い走りが特徴的。坂路で15~16秒の時計で進めているが、真面目でいい走りを見せている。雰囲気があるし、このまま順調に成長していってくれれば、いい結果がついてくると思う」(育成)
452キロ(4月) 秋デビュー予定

10位 ルリジオン(牡・ロードカナロア×フェイドレスシーン・10
1/22・
白老F・G1レーシング・栗・石坂
母父タニノギムレット クラブ募集2600万
「父譲りの体で、厩舎で一番トモが大きい。テンのスピードが凄くあるが、冷静になれる気性だし、単距離一辺倒という感じではない」(育成)
490キロ(3月) 5月入厩済
 
 


[PR]
by efurin | 2017-06-08 03:04 | それぞれのPOGりん | Comments(0)