ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん12

随分とモタモタ進めておりますが、ちょっとピッチを上げます。
第12回目は謎男さん。

参戦当初2シーズンは僅かながら内国産を混ぜていたのですが、11-12シーズン以降、指名馬はすべて外国産馬か持ち込み馬のみ。
関東馬縛りのそらおみさんと並ぶ特徴的スタイルの持ち主。

昨シーズンは順位こそ真ん中の12位でしたが、ある意味、最も大きな見せ場を作ったPOと言えましょう。
牡馬エースのラニがUAEダービー優勝を果たし、POGりん史上初の海外ポイント獲得。
その後アメリカへ渡り、3冠レースにフル参戦。
「ラニがもう少し国内で稼いでいたらベストテン入りも・・・」というところでしたが、とにかくインパクトは大きかった。

例の如く、今回も1次ドラフトは危なげなく通過。
例年、1頭は重複負けするのですが、POGりんでは「(下位指名で)下手にマル外に手を出すと謎男さんにやられる」というのが定着しつつある感もあり、今シーズンは例年に増してマル外自体の指名が少なかった。
POGりんのPOGりんたる意味を持たせる重要な存在。

さて、エーシントップを擁した12-13シーズン(5位)以来の上位進出を狙う今回。
カギは何と言っても現2歳が初年度産駒となるフランケル。
現在、日本には父フランケルの2歳馬が10頭おりますが、そのうちの4頭を確保。
歴史的名馬のファーストクロップだけに注目が集まります。

特に牝馬エースとなったソウルスターリングは、父母合計GⅠ16勝(父10勝+母6勝)という垂涎ものの超良血馬。
馬格もあって立派みたいですし、7月末予定のデビュー戦が楽しみ。

リスト全体を見渡すと、例年以上に厩舎が豪華。
もしかしたら馬房のやりくりで出走回数が不足するかもしれませんが、質で勝負できれば関係のない話。
海外遠征慣れした陣営も多いですし、2シーズン連続の海外出走があっていいかもしれません。


12.謎男

1位 ソウルスターリング(牝・Frankel×スタセリタ・8)
2/13・青鹿毛・社台F・社台RH・美・藤沢和

母父Monsun クラブ募集額6000万円
母は仏GⅠ勝ち
「素晴らしい血統。牝馬にしては体も大きいし、しっかりしている」(調教師)
「血統的に生まれる前から注目される存在だったが、ひいき目なしに良血らしい雰囲気を持った好馬体。距離適性も含め、どんな走りをするか楽しみ」(育成)488キロ
7/31(日)札幌芝1800でデビュー予定

2位 [ダノンハーレー](牡・Shamardal×ダルタヤ・11)
5/1・青鹿毛・社台F・[ダノックス]・[栗・角居]

母父Anabaa
母は仏GⅢ勝ち
「元々、母譲りの素晴らしい馬体をしていたが、より格好良くなってきた。大物感があり、非常にパワフルな体つきで迫力満点。同世代の馬とは筋肉の付き方が違う。伸びしろもあるし、それでいて柔軟。トモの力がもの凄いし、脚力がある上で素軽さもある。スピードは相当ありそう。性格もいいし乗りやすい馬。性能の良さを邪魔しないようにするならマイルも合いそう」(育成)504キロ

3位 [ソレイユドパリ](牡・Lemon Drop Kid×Chatham・10)
5/10・栗毛・米国産・[吉田千津]・[美・堀]

母父Maria's Mon 15キーンランドセール53.5万ドル
半兄Air Force Blue(英GⅠ勝ち)
「外国産馬なので入厩当初は疲れを取りながらじっくり調整してきたが、ここにきて一段とたくましい体になってきた。父はダート馬だが、柔軟で脚さばきがきれいなので芝でも十分戦えるだろう。落ち着きもあって文句をつけるところのない馬。スケールが大きいので成長の邪魔をしないよう調教を積んでいきたい」(育成)514キロ

4位 [バリングラ](牡・Fastnet Rock×Sweet Dreams Baby・7)
2/27・鹿毛・愛国産・[キャロットF]・[美・堀]

母父モンジュー クラブ募集額3600万円
515キロ

5位 ライズイーグル(牡・Frankel×Rose of Summer・13)
2/2・芦毛・愛国産・大野照旺・栗・森

母父El Prado 15キーンランドセール80万ドル
半姉ララア(米GⅠ勝ち)
7/2(土)中京芝1400でデビュー(5着)

6位 [フォギーナイト](牡・Tapit×シャンパンドーロ・7)
5/15・芦毛・社台F・[金子真人HD]・[美・堀]

母父Medaglia d'Oro 15セレクトセール23000万円
近親ルーラーオンアイス(米GⅠ勝ち)

7位 ストーミースター(牡・To Honor and Serve×ストーミーレニー・9)
3/11・黒鹿毛・下河辺牧場・保坂和孝・美・木村

母父Storm Cat
「パワータイプでダートっぽく見えるが、芝で大きいところを狙える」(調教師)
5月下旬に美浦入厩済

8位 [サリネロ](牝・Uncle Mo×Aguilera・9)
3/19・黒鹿毛・米国産・不明・不明

母父Unbridled's Song 16ファシグティプトンセール35万ドル

9位 [クーファディーヴァ](牝・Frankel×Eden's Causeway・11)
4/1・栗毛・英国産・[大迫久美子]・[栗・中内田]

母父Giant's Causeway
近親パラダイスクリーク(米GⅠ勝ち)
「いいフットワークをしている。兄ゼンノサーベイヤーと比べて小柄で440~450キロくらいだが、当歳時から見続けてきて、今になって幅が出てきた感じ。時間を掛けて秋以降に入厩させたい」(調教師)

10位 ミスエルテ(牝・Frankel×ミスエーニョ・7)
4/7・鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・池江

母父Pulpit クラブ募集額4000万円
母は米GⅠ勝ち
「父親の長所を引き継いでいてスピードがありそう。桜花賞タイプ」(調教師)
「凄くいい馬。あまり見たことのない走り方をするが、動きはいいし、全身バネという感じ。気性も素直で調教もしやすい。距離はマイルあたりが合っていそう」(育成)460キロ
6月下旬に栗東入厩済
 
[PR]
by efurin | 2016-07-04 17:04 | それぞれのPOGりん | Comments(0)