ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん7

まだまだ折り返しも遠い第7回。
平田さんの回。

昨シーズンはマウントロブソンで悲願の初重賞勝利。
OP戦線で活躍したオデュッセウスとの2枚看板で自己最高の7位フィニッシュ。
前々回23位からの下剋上シーズンとなりました。

迎えた今回の1次ドラフトでは、7名重複の激戦となった母ハッピーパスを除き、ほぼ無風の立ち回り。
ノーザンF系のクラブ馬を中心としたリストを整えてきました。
平田さんの代名詞と言える母リリウムも6シーズン連続で確保。
今回は、あのアイスフォーリス以来の父ステイゴールド。
毛色も同じ芦毛ですし、これは楽しみ。

いかにもPOGりんらしいというか、意外な単独指名となった母ドナブリーニが血統的には目玉ですが、その他は比較的低価格帯のクラブ馬ながら、それっぽい良血馬が揃った印象。
また、そらおみさんと同様、牝馬8頭という偏ったリストになった分、8位ながら牡馬エースとなった母タンザナイトの出来がポイントとなりそうな気もします。

その牡馬エースと母リリウムが早期デビュー予定なので、まずはその走りを見守りたい。


7.平田

1位 メロディーア(牝・ディープブリランテ×メジロフォーナ・9)
4/23・栗毛・レイクヴィラF・キャロットF・美・尾形和

母父ナリタトップロード クラブ募集額1000万円

2位 ベルダム(牝・ディープインパクト×ドナブリーニ・11)
1/26・鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・石坂

母父Bertolini クラブ募集額8000万円
全姉ジェンティルドンナ(牝馬3冠)、ドナウブルー(関屋記念)
「坂路を16秒ペースで乗られている。今はじっくりと体質を強化中。ただ、動きはさすがと言えるものがある。あくまでも馬に合わせた形で、じっくりとペースアップをしていく予定」(育成)422キロ
秋デビュー目標

3位 [ルヴォワール](牝・ハーツクライ×リュヌドール・13)
1/22・青鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[美・手塚]

母父Green Tune クラブ募集額2800万円
母は伊GⅠ勝ち
「500キロを超える大型馬だし、ゆっくりと進めていくことになりそう。血統的にも楽しみ」(調教師)

4位 イタリアンホワイト(牝・ステイゴールド×リリウム・9)
1/2・芦毛・白老F・サンデーR・美・相沢

母父クロフネ クラブ募集額2400万円
全姉アイスフォーリス(フローラS2着)
「500キロくらいの大型馬で見た目にしっかりしている。仕上がりがいいみたいだし、入厩は早くなりそう」(調教師)
7/3(土)福島芝1800でデビュー予定

5位 スナッチアイズ(牝・ディープブリランテ×スナッチド・10)
2/7・鹿毛・白老F・シルクR・栗・高橋忠

母父Cat Thief クラブ募集額1400万円

6位 [シャイントレイル](牝・ヴィクトワールピサ×ラフィントレイル・11)
2/27・芦毛・ノーザンF・[キャロットF]・[栗・吉田]

母父エルコンドルパサー クラブ募集額1400万円
半兄ブレイズアトレイル(京成杯AH2着)、母の母ファビラスラフィン
460キロ

7位 [オフィーリア](牝・ルーラーシップ×ラナンキュラス・7)
3/14・青鹿毛・ノースヒルズ・[ノースヒルズ]・[栗・矢作]

母父スペシャルウィーク
母の母ファレノプシス
「軽快なフットワークはひときわ目立っており、母系の長所を継承している証拠。早期に勝ち上がって夏は成長を促し、秋競馬に備えたい」(育成)416キロ

8位 ダンビュライト(牡・ルーラーシップ×タンザナイト・14)
3/3・黒鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・音無

母父サンデーサイレンス クラブ募集額3600万円
近親アロンダイト、ブラックスピネル
「1歳からずっと見ているが馬はいい。牧場での評価も高い。母はうちで預かった馬だが、こちらの方が脚さばきもいいし、牡馬だから馬格もある。ルーラーシップのいい所が出ているように思う」(調教師)
「この馬はいいと思う。まだ線が細いところがあるけど、実がしっかり入ったらどんどん良くなってきそう」(育成)
7/17(日)中京芝2000でデビュー予定

9位 [メイショウテンシャ](牡・ディープインパクト×メイショウベルーガ・9)
4/16・芦毛・三嶋牧場・[松本好雄]・[栗・池添兼]

母父フレンチデピュティ
母はGⅡ勝ち
「柔らかく柔軟なフットワークをしている。ここにきてトモや首など、ひと回り大きくなった。兄(父ダイワメジャー)とはタイプが違う。これだけ高い素質を持った馬なので大きなところを狙いたい」(育成)480キロ
6月下旬に栗東入厩済

10位 コンプリートベスト(牝・エンパイアメーカー×ミラクルレジェンド・7)
2/18・鹿毛・社台F・吉田照哉・栗・佐々木

母父フジキセキ クラブ募集額3000万円
母は交流GⅡ勝ち、近親ローマンレジェンド
「馬が軽い。芝でも試してみたい」(調教師)
「馬体は母に似て、いい雰囲気があるし、母のこの時期よりしっかりしているかも。エンパイアメーカーとの配合でもあるし、母に少しでも近づくべくダート戦線で頑張ってほしい」(育成)460キロ
秋以降デビュー目標 
 
[PR]
Commented by 平田 at 2016-06-26 22:10 x
いつも更新ありがとうございます。

前シーズンはマウントロブソンの活躍に尽きるシーズンでした。同馬のダービー着順と最終順位が同じだったのも、印象に残りました。
今シーズンもリリウムの仔のデビューで始まりそうなので、昨シーズン同様コンスタントに指名馬達が走ってくれれば…と期待しています。
Commented by efurin at 2016-06-26 23:03
平田さん・・・コメントありがとうございます。

確かに、マウントロブソンの活躍が目立った昨シーズンでしたが、やたらと特別戦に顔を出してくる牝馬勢も印象に深かったです。
今シーズンもそんな状態になるかもしれません。

まずは次週、イタリアンホワイトが元気に出てきてくることを願いましょう。
by efurin | 2016-06-26 12:45 | それぞれのPOGりん | Comments(2)