ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん5

前回5位だったのは九官鳥さん。

POGりん黎明期に連覇後、長らく低迷が続いておりましたが、昨シーズンは古豪復活の狼煙を上げる好調っぷり。
8頭が勝ち上がり、計13勝。
特別戦も3勝を数えた中、やはり特筆すべきはジュエラーによる桜花賞制覇。
その後、故障発生となったのは残念でしたが、オークスに出走していれば最終順位もあと少し上だったのでは、と思わされます。

初年度メンバーとして、史上初3回目の優勝を目指すべく迎えた10回目のドラフト。
僅差で母アパパネを取り損ねたのは痛恨でしたが、08-09シーズン優勝の立役者・ブエナビスタの初仔をウェーバー差で確保。
2次ドラフトで補充したハリーレガシー(ジュエラーの下)と合わせ、過去のGⅠ馬2頭ゆかりの血統を揃えてきました。
まさに10thPOGりんセレクション。

全体としては9頭がクラブ馬。
結果的に種牡馬が分散して、どこからでも当たりが出てきそうな雰囲気。

早期攻勢部隊も充実しており、既デビューのレジェンドセラーに続き、宝塚記念週に一挙3頭がデビュー予定。
スタートダッシュ成功となるか、いきなり軽い見せ場を作ることになりそう。


5.九官鳥

1位 コロナシオン(牝・キングカメハメハ×ブエナビスタ・8)
2/3・鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・池添学

母父スペシャルウィーク クラブ募集額7000万円
母はGⅠ6勝、近親ジョワドヴィーヴル、アドマイヤオーラ
「血統的にも期待の大きな馬なので、じっくりと調整してもらう予定。母がそうだったと牧場スタッフが言うように、夏を越えたあたりでグッと良くなりそうな雰囲気。秋の京都デビューができれば」(調教師)
「冬場も順調に調教をこなせたし、ここにきて体に幅が出ていい筋肉がついてきた。坂路で15、16秒の時計を出しているが、母もそうだったけど、この血統は無理をせず馬に合わせて進めた方がいいので、ゆっくりと調整している。気の強いところはあるが、その点もだいぶ解消されてきたし、柔らかくてフットワークの軽い動きを見せている」(育成)468キロ

2位 [コリエドール](牡・クロフネ×レクレドール・13)
1/29・栗毛・白老F・[サンデーR]・[美・堀]

母父サンデーサイレンス クラブ募集額4000万円
半兄ベルーフ(京成杯)、近親ステイゴールド、母はGⅡ勝ち
「ハロン15秒まで進んでおり、2歳戦から動けそう。筋肉量は凄いけれど重苦しさはないので、芝でもダートでも走れそう」(育成)498キロ
6月中旬に美浦入厩

3位 [バルデス](牡・ハービンジャー×ディアデラノビア・12)
3/14・栗毛・ノーザンF・[キャロットF]・[美・木村]

母父サンデーサイレンス クラブ募集額4000万円
全兄ドレッドノータス(京都2歳S)、半姉ディアデラマドレ(府中牝馬S)、母はGⅡ勝ち
「こちらに来た当初は背腰からトモにかけて緩く、坂路でも頼りない面が見られたが、ここにきてだいぶしっかりしてきた。後は体高から考えて、もう少しボリュームが欲しい。顔や体は兄(ドレッドノータス)にそっくり。走りに関しても、前肢が出て、飛びの大きな走りを見せてくれており、能力は高そう。あまりピッチを上げ過ぎないよう、ゆっくり進めている」(育成)475キロ
秋デビュー目標

4位 レジェンドセラー(牡・ルーラーシップ×トップセラー・12)
3/14・鹿毛・ノーザンF・G1レーシング・美・木村

母父スペシャルウィーク クラブ募集額3000万円
近親アドマイヤメイン
「牧場で見ると、いつでも毛づやが良くて元気一杯。1歳時はソワソワしていたが、今はドンと落ち着いていてバリバリ調教をこなしている」(調教師)
6/12(日)東京芝1800でデビュー(2着)

5位 [ロードアルバータ](牡・ディープインパクト×レディアルバローザ・7)
4/2・青鹿毛・ケイアイF・[ロードHC]・[栗・角居]

母父キングカメハメハ クラブ募集額7560万円
母はGⅢ勝ち、近親キャトルフィーユ、エンジェルフェイス
「母はやや硬い面があったが、この馬はディープ産駒らしい柔らかさを持っている。初仔なので少し小柄。調教師も、いい馬と褒めていた」(育成)464キロ
秋以降デビュー目標

6位 ガーランドワルツ(牝・ハーツクライ×スーパーバレリーナ・20)
5/4・鹿毛・ノーザンF・シルクR・栗・吉田

母父Storm Bird クラブ募集額2000万円
全兄ウインバリアシオン(青葉賞)
6/26(日)阪神芝1800でデビュー予定

7位 アンジュデジール(牝・ディープインパクト×ティックルピンク・8)
5/1・黒鹿毛・辻牧場・安原浩司・栗・昆

母父フレンチデピュティ
半兄アキトクレッセント(昇竜S)
「ディープ産駒だけどフレンチの肌ということもあって力強さが出ている。牝馬の割に体ができているし、動きも非常にパワフル。カイバもしっかり食べるし至って順調。新馬戦から楽しめると思う」(育成)476キロ
6/25(土)函館芝1200(牝)でデビュー予定

8位 ウインブライト(牡・ステイゴールド×サマーエタニティ・9)
5/12・芦毛・コスモヴューF・ウイン・美・畠山

母父アドマイヤコジーン クラブ募集額3200万円
全姉ウインファビラス(阪神JF2着)
「牧場時代の雰囲気は姉と似ている。牧場でハードに乗り込んでいるけど、牡馬の分、進めやすいようで、現時点の評価は姉以上」(調教師)
「乗ると背中を大きく感じさせる。心肺機能が良く、母の性格が出ているのか落ち着いている」(育成)455キロ
6/26(日)東京芝1800でデビュー予定

9位 [キャノンショット](牡・ダイワメジャー×キュー・17)
2/22・栗毛・白老F・[キャロットF]・[美・戸田]

母父フレンチデピュティ クラブ募集額3200万円
半兄ブレイクランアウト(共同通信杯)
「兄姉の中でも一番ビッグサイズだけどキャンターは軽い」(調教師)590キロ

10位 ハリーレガシー(牡・ヴィクトワールピサ×バルドウィナ・16)
2/18・鹿毛・社台F・社台RH・栗・音無

母父Pistolet Bleu クラブ募集額6000万円
全姉ジュエラー(桜花賞)、半姉ワンカラット(フィリーズR)
「500キロ超えの雄大な馬格をしていて頼もしい体つき。順調に進んでいるので、近々山元トレセンに移動するかも。ヴィクトワールピサ産駒は少し硬いところがあるので、そのあたりがどう出るか。ジュエラーは牝馬だから走ったと言われたくはないし、ファンの期待に応えることができるようにやっていきたい」(調教師)
 
 
[PR]
Commented by 九官鳥 at 2016-06-22 02:25 x
お疲れ様です
思った以上にデビューする馬が早いですね。レジェンドセラーだけは指名時にデビュー決まってたのを知ってて入れてたぐらいなんですが。
ドラフト終わった時に率直に思いましたが、もうちょっとディープ仔を入れたかった筈が尽くドラフト負けしてったのが誤算ですね。牡馬エースがコリエドールになったのはまあまあな誤算。
そんな中でも最大の誤算はウェーバー上位での1位を無意味にさせてしまったモクレレですが。1次ドラフト指名時に書いた想定がほぼズバっと当たってて何故取れなかったのか(笑)
まぁ愚痴っても仕方ないので今年はこの10頭で心中します。ブエナビスタの仔は母が大変世話になっただけにこれも絶対に取りたかった馬なのでここは良かったです
Commented by efurin at 2016-06-22 17:08
九さん・・・コメントありがとうございます。

モクレレのゆくえは、ダービーのディーマジェスティの結果次第というエキサイトな展開でした。
結果的には残念でしたが、母ブエナビスタの1位指名者が不在だったことを思うと、「1位アパパネ・2位ブエナ」という読みは、ほぼ正解だったと思います。
あと、確かに「牡馬エースがクロフネかい」と思ったりもしますが、考えてみれば私も同じく、1次ドラフト5位指名はクロフネだったりしたわけで、ドラフトはどう転ぶか分からないものです。
その母ブエナビスタことコロナシオンの走りには、九さんのみならずとも誰もが注目しております。

今シーズンもどうぞ、よろしくお願いいたします。
by efurin | 2016-06-21 21:11 | それぞれのPOGりん | Comments(2)