ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん4

ポツリポツリとしたペースですが第4回。
きばりんさんの回ですね。

昨シーズン、序盤は札幌で新馬を勝ったアラバスターの孤軍奮闘状態。
それもOPでは一歩足りない感じ。
しかしながら、晩秋に未勝利を勝ったディーマジェスティが年明けに覚醒。
皐月賞では、きばりんさんにPOGりん初の期間内GⅠ勝利をもたらし、その勢いに合わせる格好で他馬も次々と勝ち上がり。
終わってみれば全馬勝利にリーチを掛けつつ、自身過去最高の4位フィニッシュとなりました。

ただ、過去の参戦5シーズン「23位→6位→20位→20位→4位」と好不調の波が激しい。
そんな中、今回は連続上位確保を目指すシーズン。

その今回ドラフトですが、とても意欲的なものを感じさせる乱打戦。
9頭の重複負けを喫しましたが、上位指名3頭は確保。
特に評判のディープインパクト牡馬2頭(1、3位)をウェーバー順で確保できたのは大きい。
ディープ産駒3頭をこっそりと確保した8~10位指名も上手い。

2次ドラフトを経て、結果、ディープ産駒が半数の5頭。
2歳戦に強いダイワメジャー産駒が2頭に、一発あるステイゴールド産駒が2頭というバランスの取れた布陣。
年々、指名リストが洗練されつつある印象ですし、首尾良く運べば今回も優勝争いになっていいと思います。


4.きばりん

1位 [モクレレ](牡・ディープインパクト×アパパネ・7)
2/28・黒鹿毛・ノーザンF・[金子真人HD]・[美・国枝]

母父キングカメハメハ
母は牝馬3冠
「初仔だけど全体的にバランスがいい馬。今のところは順調そうだし、俺自身も楽しみ。いつ連れてくるかはオーナーとも相談しながら考えていく」(調教師)
「動きは文句なし。最初はトモに緩さがあったが、乗り始めてからはスムーズで、乗りやすさも申し分ない。16秒の感覚で乗っていても15秒が出てしまう感じで、すぐに息も入るし心肺能力が高いのだろう。デビューは秋になると思うが、クラシックに行ける手応えはある」(育成)480キロ

2位 [オーバーレイ](牝・ダイワメジャー×ヒシシルバーメイド・15)
3/2・鹿毛・社台F・[キャロットF]・[美・奥平]

母父Silver Deputy クラブ募集額1400万円
母の母ヒシアマゾン
「動きが良くなってきており、牧場での評価も高い」(調教師)
「いかにもダイワメジャー産駒らしい、スピードと力強さに秀でたタイプ。兄姉が活躍していることもあり、期待は大きい」(育成)528キロ

3位 [ザウォルドルフ](牡・ディープインパクト×ウィーミスフランキー・5)
2/10・黒鹿毛・ノーザンF・[大塚亮一]・[栗・友道]

母父Sunriver 14セレクトセール14000万円
母は米GⅠ勝ち
「母系が米国血統で少しコロンとしているけど、キズナのようなタイプかな。セレクトセールに上場された頃は少し小さかったけど、今はだいぶ大きくなってきたし、動きも良く順調にきている」(調教師)
「ここまで順調にきている。体はそこまで大きくはないけど、乗って動かすといい。ディープ産駒では珍しいが体幹が強いタイプ。体はもう一段階大きくなってもらいたい」(育成)462キロ
秋デビュー目標

4位 [タンタグローリア](牝・ディープインパクト×タンタスエルテ・12)
4/8・鹿毛・白老F・[G1レーシング]・[栗・藤原英]

母父Stuka クラブ募集額4000万円
全姉パララサルー(アネモネS)、半兄タンタアレグリア(青葉賞2着)
「走りはしなやかだし、背中の使い方などセンスがある。能力があるだけに動き過ぎてしまうので、じっくりと成長を見ながら進めていく。最近、カイバをしっかりと食べるようになり、それに伴って毛づやも良くなってきた」(育成)413キロ
秋以降デビュー目標

5位 [コペルニクス](牡・ディープインパクト×ロベルタ・6)
1/19・黒鹿毛・ノーザンF・[近藤英子]・[栗・音無]

母父ブライアンズタイム
近親ヴィクトリー、リンカーン
「母はうちで預からせてもらったが、気性の難しいところがあったので、そのあたりがどう出るか。でも、母も現役時に3勝したように素質が高い馬であることは間違いないと思う。初仔ということもあり小さかったのが、ここにきてグングン伸びている」(調教師)
「坂路で16秒ペースで乗られているが、柔らかい身のこなしは、さすがディープ産駒といった感じ。この血統らしく少しカリカリするところもあるが、ここにきてだいぶ落ち着いてきた。無理せず馬に合わせて進めていく」(育成)424キロ
秋デビュー目標

6位 [サトノポラリス](牡・ディープインパクト×モアザンベスト・12)
2/8・鹿毛・千代田牧場・[里見治]・[栗・池江]

母父Giant's Causeway
「母父の影響か幅があって詰まっているが、中距離でも対応できると見ている」(調教師)
「兄姉よりしっかりした伸びのある馬体に出て、非常にバネの利いた走りをする。クビ差しがきれいで、いわゆる絵になる馬。調教師もサトノダイヤモンドに似ている、と言っていた」(育成)514キロ

7位 マイネルクラース(牡・ステイゴールド×マイネヌーヴェル・14)
3/22・鹿毛・ビッグレッドF・TCラフィアン・美・高木

母父ブライアンズタイム クラブ募集額3000万円
母はGⅢ勝ち、近親マイネルチャールズ
「母の産駒は少し硬めの仔が多く、ステイゴールド産駒の中ではパワー型」(育成)
6/12(日)東京芝1800でデビュー(4着)

8位 [レッドジュラーレ](牝・ハービンジャー×イタリアンレッド・8)
4/3・黒鹿毛・社台F・[東京HR]・[栗・石坂]

母父ネオユニヴァース クラブ募集額2400万円
母はGⅡ勝ち
「母もそうだったように完成するのは先だと思うが、現状でも随所に良さを見せてくれるし、体形も良い方に変わってきた。健康面に不安がないので、このまま順調に進められそう」(育成)444キロ

9位 母ミリアム・8(牝・ダイワメジャー)
1/14・栗毛・追分F・[不明]・[栗・不明]

母父キングカメハメハ
「柔らかい背中や、その背中の使い方の上手さなど、ダイワメジャーの良いところが詰まっている。今は気持ちだけで走っている部分があるのと、まだ底を見せていないので、じっくり見ていきたい。距離はマイル、1800くらい。父の産駒は仕上がりも早いし、この仔自身もパンとしてくれば早めに仕上がると思うので、夏前の移動も視野に」(育成)480キロ

10位 [リュイザン](牡・ステイゴールド×ラルナデミエル・7)
1/22・栗毛・白老F・[G1レーシング]・[美・二ノ宮]

母父Monsun クラブ募集額3600万円
母は米GⅢ勝ち
「凄く軽い動きをする。顔の流星が"7"の形をしているし、そういう意味でも面白そうな馬」(調教師)
「素軽いし、しっかりと地面をつかんで走れている。今は基礎体力をつける段階で、もう少し暖かくなってから調教を強化していく。ステイ産駒らしく気の強い面はあるが、先頭でも1頭でしっかり走れるし、期待しているので焦らずに進めていきたい」(育成)444キロ
 
 
[PR]
Commented by きばりん at 2016-07-02 21:17 x
POGりん編集作業、大変お疲れ様です。
いつも私の回は、書くことがそんなにないだろうと思っていたのですが・・・実はディーマジェスティが皐月賞を勝った日に『それPOG』を読み返して鳥肌が立ちました(゚Д゚;)

いつも2次ドラフトまで行くので正直1次ドラフトで終わって2次は回避したいなあと思うのですが(本音)、結局は「最後まで戦うぞゴルア」状態になっている自分がいます。

今回は安田ろろさんが参加されていないので・・・お話はしたことがないんですが、寂しさを感じています。

今回指名の母ミリアムの牝馬、大丈夫かなあ・・・(´・ω・`)
「不明」連発というのが・・・なんで指名したのか自分でもよくわかりません。誰も引き受けないってことないですよねww
Commented by efurin at 2016-07-03 00:42
きばりんさん・・・コメントありがとうございます。

そう言われてみたので、私も昨年のきばりんさんの項を読み返してみました。
ディーマジェスティはドラフト前からの評判馬だったので、あのタイミングで穫れたのは効果的だったと。
やっぱりドラフトは、ある程度、重複負けを覚悟して良血馬を獲りに向かわねばならないとも言えます。
その点でも今回、特に1位と3位指名馬の確保は素晴らしい立ち回りっぷりでした。

母ミリアムは所属等の情報が無いだけで、順調らしいですよ。

安田さんについては、初年度メンバーであり、ある種POGりんの象徴的な存在でもあったので戦線離脱は残念ですが、ご本人の意思を尊重するまでです。

では今シーズンもどうか、よろしくお願いいたします。
by efurin | 2016-06-20 23:42 | それぞれのPOGりん | Comments(2)