ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん3

第3回目は伊藤開示さん。

ディープインパクト固めの戦術を導入した13-14シーズンに初優勝。
その後、1頭のみ他種牡馬を混ぜるスタイルで11位、3位。
昨シーズンはきさらぎ賞を勝ち、クラシックでも上位奮闘したサトノダイヤモンドをはじめ、4頭の特別勝ち馬を擁しておりました。
いつしか通算成績の複勝率も5割を超え、その戦術の手堅さを証明しております。

そして二度目の優勝を目指す今回。
全馬ディープインパクトにスタイルを戻してきた上、実に9頭をノーザンF産で固めてきました。
大物個人オーナーの所有馬が多いのも特徴的。

全体的にゆっくり気味の始動となりそうですが、昨シーズンもそんな感じでしたし(10月以前のデビュー馬はレプランシュのみ)、慌てず騒がずといったところでしょう。

サトノダイヤモンドに続けとばかりの「高額サトノ」ツートップは驚異的です。
少なくともどちらかは、それなりの路線に乗ってくるのではないでしょうか。


3.伊藤開示

1位 [サトノアーサー](牡・ディープインパクト×キングスローズ・7)
3/1・青鹿毛・ノーザンF・[里見治]・[栗・池江]

母父Redoute's Choice 15セレクトセール19500万円
母は新GⅠ勝ち
「セリの時から好印象だった。ディープ産駒らしいバネがあり、しなやかな馬。大きなところを狙っていく」(調教師)
「やっぱりいい馬。併せ馬をしている横から見ていても重心が低くて走りがちょっと違う。切れ味がありそう。スタートもいいし、マイルから中距離まで幅広い舞台で活躍してくれるのでは。学習能力も高いし、間違いなくいいものは持っている」(育成)471キロ
秋デビュー目標

2位 [サトノヴィクトリー](牡・ディープインパクト×ジョコンダII・11)
2/21・鹿毛・ノーザンF・[里見治]・[美・堀]

母父Rossini 15セレクトセール23500万円
半兄サトノクラウン(弥生賞、京都記念)
「まだまだキャンターで18秒ペースくらいの調整だが、ディープ産駒特有のしなやかな動きを見せている。顔つきが良く品があり、やっぱり値段に見合う馬。今は馬が変化してきている時期で、まだまだ成長しそう」(育成)495キロ

3位 [ノーザンスピード](牡・ディープインパクト×サザンスピード・7)
3/28・黒鹿毛・ノーザンF・不明・[美・木村]

母父Southern Image
母は豪GⅠ勝ち

4位 アドマイヤラッシュ(牡・ディープインパクト×アドマイヤマリン・7)
3/13・鹿毛・ノーザンF・近藤利一・栗・友道

母父クロフネ
全兄アドマイヤダイオウ(若葉S)、近親アドマイヤサガス
「兄たちと異なり肢長でスラっとしたタイプ。一番ディープっぽいと言っても良いのでは。牧場でも兄より高い評価だし、より芝向きという感じ」(調教師)
「骨量があるタイプで、骨格からすると馬体は520~530キロぐらいあってもいいのでは。慎重に進めたかいがあり状態は上がっているので、ここから体を作っていく予定。兄もキレというよりは持続するスピードを武器にしている印象だが、この馬もそうだろう」(育成)493キロ
秋デビュー目標

5位 [アロマドゥルセ](牝・ディープインパクト×ジャッキーテースト・13)
5/17・青鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[栗・音無]

母父カーネギー クラブ募集額4000万円
「この前、牧場で見た時は、まだ2歳の体という感じではなかった。数字で言えば420キロぐらいだが、これからまだまだ成長してくると思うし、そのあたりの様子を見ながら」(調教師)

6位 [ポポカテペトル](牡・ディープインパクト×ミスパスカリ・13)
2/22・芦毛・ノーザンF・[金子真人HD]・[栗・友道]

母父Mr. Greeley
全兄マウントロブソン(スプリングS)、近親クロフネ
「ディープというより兄(ハワイアンソルト)に似ている。マウントロブソンはパドックで見たが、こちらとも似ている。ハワイアンソルトは速い脚を使えるタイプじゃなかったからダートで結果を残したが、決して芝がダメという感じもなかった。今は牧場で普通のところを乗っている。特に急ぐタイプでもないので、ゲートも含めて動き出すのは秋以降になると思う」(調教師)
「坂路で15秒ペースの調教を行っている。ここまで思い描いた通りの調整ができているし、いい成長を見せてくれている。調教では走りに集中するし、オンとオフがはっきりしていて、まさに優等生。期待の大きい1頭」(育成)473キロ
秋デビュー目標

7位 アドマイヤエース(牡・ディープインパクト×アドマイヤカンナ・11)
1/21・黒鹿毛・ノーザンF・近藤利一・栗・梅田

母父ブライアンズタイム
近親アドマイヤフジ、アドマイヤコスモス

8位 [アドミラブル](牡・ディープインパクト×スカーレット・9)
3/23・鹿毛・ノーザンF・[近藤英子]・[栗・音無]

母父シンボリクリスエス 近親ヴィクトリー、リンカーン
「馬っぷりが抜けていいし、バランスもフットワークもいい。今年はこれかな」(調教師)
秋デビュー目標

9位 [パールズシャイン](牝・ディープインパクト×スペリオルパール・16)
1/13・鹿毛・白老F・[シルクR]・[栗・池添学]

母父ティンバーカントリー クラブ募集額4500万円
全兄ラストインパクト(京都大賞典、金鯱賞)、近親ナリタブライアン、ビワハヤヒデ
「牧場サイドの期待も高く、求めるレベルが高いので今は成長を促している段階。上品で雰囲気のある馬。焦らずじっくりと育てて秋以降のデビューを目指したい」(調教師)
「兄姉と同じでゆっくりと進めた方がいいと感じたので、馬に合わせた調整を行っている。背中が柔らかくバネがあり、持続力がありそうな走りを見せている。普段はおとなしいが併せ馬をすると強気な面が出るので勝負根性もありそう」(育成)451キロ

10位 オンリートゥモロー(牝・ディープインパクト×アコースティクス・13)
2/17・青鹿毛・ノーザンF・池谷誠一・美・萩原

母父Cape Cross 14セレクトセール8400万円
半兄ロジユニヴァース(東京優駿)
「馬格は普通のサイズ。血統的にも期待している。もう少し調教を進めていってからデビュー時期を判断したいと思っている」(調教師)
「現在は16秒を切るぐらい。馬体重もあるし走りもパワフルで、今までにいないタイプ。早めに移動を考えている」(育成)469キロ
 
 
[PR]
Commented by 伊藤 at 2016-06-19 23:56 x
執筆お疲れ様です。今年の裏エースはノーザンスピードです。ノーザン半持ち予定が、この名前だと、全持ちになって、和子、和美名義だと予想します。馬体重500kgのディープで2回産地馬受験と、不安が期待へ変わりました。個人馬主盛り返してきたと思ったら吉田かよのどっちらけの結末を。
Commented by efurin at 2016-06-20 00:05
伊藤さん・・・コメントありがとうございます。
ノーザンスピードは木村厩舎らしいですね、今あれこれ見たら。
「ディープ」×「ノーザンF」×「デカい」というのは一種の勝利の方程式だと思いますし、この陣容はズバズバ当たりそう。
by efurin | 2016-06-19 17:37 | それぞれのPOGりん | Comments(2)