ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・17

中学生の頃に見た映画「ラストエンペラー」を思い出す。

第17回目は九官鳥さん。
初年度シーズンと、その翌シーズンを連覇。
九官鳥王国の時代でした。

しかし、参加者も増えた3シーズン目が13位(18名参加)。
その後、20名を超えた10-11シーズンからは、
「20位→19位→17位→17位→18位」
と、半端ない指定席感を漂わせております。

それが私には、清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀が晩年、北京植物園で庭師として勤務した姿と重なるのであった。

終幕・・・

ではなく、九王朝復権へ向け、そろそろ本腰を入れねばならない今回。
1次ドラフトでは、「勝ち組」と言っていい好結果。
5名重複の母ウミラージを1位指名でガッチリと確保。
その他の重複馬はすべて2名のみの重複でしたが、これを4勝1敗で切り抜け、補欠1位まででクリア。

話は前後しますが、昨シーズンは近年の定位置に着地したとはいえ、09-10シーズン以来の特別勝ちを飾り(それも2頭)、ダノンメジャーがダービーにも駒を進めておりました。
これは今シーズンの浮上に向けた布石となる、そこそこ中身のあった1年間だったと思います。

そして今回のメンバーは、その期待に見合うだけの重厚さを持った構成だと思えます。
5名重複の牡馬エースも目立つ存在ですが、何より気になるのは2位指名馬。
かつて九官鳥王朝の象徴的存在だったブエナビスタの弟。
そして、初年度シーズン優勝の立役者・ブラックシェルの一族も配備。
馬の出来は分かりませんが、このあたりの指名に、復権への並々ならぬ意欲を感じさせられます。

「三度目の優勝」とまでは言わずとも、上位食い込みの予感が漂っております。

あと、どうでもいいですが、上位指名3頭揃って青鹿毛なのは、第14回の人っぽい。


17.九官鳥

1位 [ウムブルフ](牡・ディープインパクト×ウミラージ・8)
1/25・青鹿毛・白老F・[社台RH]・[美・堀]

母父Monsun クラブ募集額7000万円
「馬の状態次第になるが、もしかしたら夏前の移動があるかもしれない。500キロぐらいの馬格で走りそうな雰囲気がある」(調教師)
「ディープ産駒らしくキビキビとした動きを見せていて期待を持たせる。生まれが早いので力強さがあるが、それだけでなく芯の強さもある。まだまだ良化していきそうだし、奥の深さを感じさせている」(育成)500キロ
6月入厩予定

2位 エルプシャフト(牡・ディープインパクト×ビワハイジ・20)
5/15・青鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・角居

母父Caerleon クラブ募集額15000万円
全姉ジョワドヴィーヴル(阪神JF)半姉ブエナビスタ(ジャパンC)半兄アドマイヤオーラ(弥生賞)
「最初の頃は、もっと小さくて弱さもあったけど、ここにきて本当に良くなってきた。体にも幅が出て、少しふっくらしてきた点がいい。乗り味はやっぱり良血馬という感じだし能力は高いと思う。もう少し大きくなるだろうし、休みを入れながら慎重に進めていきたいと思う」(育成)427キロ
秋入厩目標

3位 アルカサル(牡・ドリームジャーニー×アビラ・9)
3/3・青鹿毛・ノーザンF・サンデーR・美・大竹

母父ロックオブジブラルタル クラブ募集額3000万円
半兄ジェベルムーサ(マーチS2着)
「500キロぐらいあるけど、牧場での乗り込みは順調に進んでいる。巨漢のジェベルムーサよりは小さい分、脚元の負担なんかを考えると調教がしやすそう。手先も少し軽そうな感じ」(調教師)
「父の産駒とは思えないほど大きい。兄はダートで活躍しているけど、この馬は芝向きかな。坂路で(200m)15秒ペースで乗り込んでいるけど、軽い走りでいい動きを見せている。素直で悪さはしないし、脚元に不安がない点も好感が持てる」(育成)508キロ
秋入厩目標

4位 ジュンヴァルカン(牡・ネオユニヴァース×ピンクリップス・12)
2/15・鹿毛・ノーザンF・河合純二・栗・友道

母父エンドスウィープ 14セレクトセール3500万円
近親ベッラレイア
「アンアイバルドに似ていてプリっとした馬体。いかにも走りそうなネオユニヴァースって感じがするし、相当な切れ味がありそう」(調教師)
「父のいいところが出ていて、走るネオユニヴァース産駒の体形をしている。起用さはないけど、全身を使って走る姿は迫力満点。切れるというよりは長くいい脚を使うタイプ。トモがしっかりしていて、背中が広いから乗っていて気持ちがいい。動きは抜群」(育成)522キロ
7/19(日)中京芝2000でデビュー予定

5位 [ドラゴンシュバリエ](牡・ダイワメジャー×シェルズレイ・10)
4/26・芦毛・ノーザンF・[窪田芳郎]・[栗・角田]

母父クロフネ 14セレクトセール6600万円
半兄シャイニングレイ(ホープフルS)近親ブラックシェル
「兄姉に似て、この馬もがっちりしている。前向きさもあるし、あとは距離の融通がどこまで利くか」(調教師)

6位 [レッドシルヴィ](牝・ヴィクトワールピサ×ダンスーズデトワール・14)
2/22・鹿毛・社台F・[東京HR]・[美・鹿戸]

母父Highest Honor クラブ募集額2000万円
半兄ルルーシュ(アルゼンチン共和国杯)オメガホームラン(ジュニアC)
「いい体つきをしているし、順調にいってくれれば血統的にも走ってくると思う」(調教師)
「牝馬ながらいい筋肉がついている。決して大型馬ではないが、馬体重以上に大きく見せる好馬体の持ち主。馴致を終えて調教に入ってからも本当に順調で、進めていく中での変わり身も大きかった。手足の伸びが良く、体を大きく使って走れるし、父を想起させる安定感もある」(育成)460キロ

7位 [ジュエラー](牝・ヴィクトワールピサ×バルドウィナ・15)
1/17・鹿毛・社台F・[青山洋一]・[栗・藤岡]

母父Pistolet Bleu
半姉ワンカラット(フィリーズR)サンシャイン(愛知杯2着)
「牝馬だけど体もあるし、長い距離にも対応できそうな馬。もちろん、トレセンに移動して調教してみないことには判断できないが、現時点のイメージとしては芝1800デビューという感じ。順調だし早めからいけそう」(調教師)
夏デビュー予定

8位 [フロムマイハート](牝・ハーツクライ×マイネエスポワール・8)
3/11・栗毛・ビッグレッドF・[TCラフィアン]・[栗・宮本]

母父アグネスデジタル クラブ募集額1600万円
「自分の管理していた馬の子供を走らせるのは、やっぱり楽しい。お母さんは上のクラスに行ってくれたし、血統的に底力もあるから、この仔にはそれ以上の活躍をしてほしい」(調教師)
「手先が軽く、乗り味が凄くいい。性格も良く、扱いに困らない点も長所。まだユルさは残っているが、パワーがついてきたらいい馬になりそう。ピッチ気味の走法でスピードもあるので本当に楽しみ」(育成)432キロ

9位 [ストロングファルコ](牡・キングカメハメハ×アスペンリーフ・16)
2/22・黒鹿毛・追分F・[村木篤]・[美・不明]

母父サンデーサイレンス 13セレクトセール4000万円
半姉レジネッタ(桜花賞)
「当初は”気で走っている”感じだったが、徐々に体を使って走れるようになってきた。馬体のバランスが良く、サイズも手ごろ。兄姉を知るスタッフは、全兄のリヴェレンテによく似ていると評価している。距離はマイルから中距離までかなと思う。使い出しは夏を過ぎてからではないか」(育成)481キロ

10位 [プラチナメモリー](牝・ディープインパクト×ストロングメモリー・13)
5/4・鹿毛・白老F・[サンデーR]・[栗・吉田]

母父エンドスウィープ クラブ募集額2800万円
400キロ
[PR]
Commented by 九官鳥 at 2015-06-16 22:11 x
それPOGお疲れ様です。ほんとここ5年代わり映えのない最終成績なんですけどそろそろ抜け出したいですね(出来れば下に抜け出す意味でなく)
最終的に過去の栄光にもう1度すがりつこう的指名リストになっちゃってますが3位指名の馬には過去関係なく馬体見て気に入った1頭なのでこういう馬が活躍してくれたら嬉しいですね
Commented by efurin at 2015-06-16 22:40
九官鳥さん・・・コメントありがとうございます。
昨シーズンは序盤、「ついに復活か」と思いましたけどね、野路菊Sを勝ったあたり。
母アビラは世間一般でも穴人気を集めていますし、芝に出るかダートに出るか、ポイントはそこでしょうね。
1位指名馬は、堀厩舎ってだけで期間内2勝は固そうな気がしますわ。
実際どうなるか知りませんけども。
by efurin | 2015-06-15 22:18 | それぞれのPOGりん | Comments(2)