ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・16

バクシンオーはもういない。

津里俊満さんの回。

ファルコンSこそが「Tsusato・GⅠ」であると理想論を掲げつつ、ディープインパクト産駒が世に出てから数世代はガン無視。
サクラバクシンオー産駒中心に、ファスリエフ、クロフネ、フジキセキといった短距離志向の種牡馬で固める戦術を続けてきました。
しかし、バクシンオーなのに1600とか1800を使われるケースも多く、ファルコンS路線はどこへやら。

やがて、田舎から上京した若者が都会の色に染まるかの如く、12-13シーズンよりディープ産駒を導入。
その世代でデニムアンドルビー引き当て、味を占めた津里さんは、その後も毎回2頭前後のディープ産駒を加えるようになりましたとさ。

おしまい・・・
ではなく、バクシンオーのラストクロップ世代となった昨シーズン。
5頭のバクシンオー産駒を取り揃えるも、大ヒットにはありつけず17位フィニッシュ。
ただし、5頭中3頭が勝ち上がったあたり、改めてサクラバクシンオーという種牡馬の偉大さを感じました。

さて、今回のドラフトからはバクシンオー産駒が不在。
ますます都会化の時流が津里村にも押し寄せた印象。
ダイエーがイオンになって、ユニクロも出店したと思ったら、今度は駅前にH&Mができたような感じですか。

今回ドラフトにおいて、上位3~5頭を牡馬が占めるというPOが多かった中、こちらはその真逆パターン。
特に上位3、4頭あたり、とても派手できらびやかな良血牝馬軍を並べてきました。
道端三姉妹をパチンコ屋の営業に呼んだみたいな風情。

その牝馬勢には活躍を期待したいところですが、結果、サウスヴィグラス産駒が牡馬エースに着任。
まあ、これもまた面白いかもしれません。
かつての津里色が残る、商店街の魚屋さんみたいなものですし・・・。


16.津里俊満

1位 [サプルマインド](牝・ディープインパクト×シリアスアティテュード・7)
2/24・鹿毛・社台F・[社台RH]・[栗・藤原英]

母父Mtoto クラブ募集額5000万円
母は英GⅠ勝ち
「小さい頃からいい体をしていた。馬体に張りがあって、ここまで順調な発育過程を歩んでいる。キビキビとした動きを見せていて、切れ味がありそう。スピード感も十分に感じる。日々の走りからも伝わってくるが、秘めているものは相当だと思う」(育成)444キロ

2位 [リボンフラワー](牝・ディープインパクト×バディーラ・5)
5/16・芦毛・千代田牧場・[池江泰郎]・[栗・池江]

母父Unbridled's Song
全兄ダノンプラチナ(朝日杯FS)
「5月生まれの割に大きくて、体高も高い。これは意外に早そうで、上手くいけば夏デビューもあるだろう。母父が強く出過ぎたら、先々はダートという可能性もありそう」(調教師)
「兄同様スピード感ある走りをするし、その上で力強さが加わった印象。距離の融通も利きそうで、兄と同等かそれ以上の期待をしていいと思う」(育成)474キロ

3位 [シャリオドール](牝・ヴィクトワールピサ×サプレザ・8)
2/24・栗毛・社台F・[社台RH]・[美・戸田]

母父Sahm クラブ募集額4000万円
母は英GⅠ勝ち
「素晴らしい体つきをしているし、かなりの素質馬だと思う。ぜひ来年の桜花賞に出られるような馬に育てたい」(調教師)
「母の初仔ながら、それを感じさせないしっかりとした馬で、スピードも力強さも水準以上という印象を受ける。両親ともに世界的な名馬だから、期待せずにはいられない」(育成)468キロ

4位 [エッジースタイル](牝・ハービンジャー×ランズエッジ・7)
1/31・栗毛・ノーザンF・[サンデーR]・[栗・高橋忠]

母父ダンスインザダーク クラブ募集額2000万円
全姉ロカ(忘れな草賞2着)近親ディープインパクト
「現在は坂路で(200m)15秒ペースで乗り込み中。ハービンジャー産駒はこの時期、ユルい馬が多いけど、この馬はしっかりしている。跳びも大きいし、いい走りをする。携わったスタッフは皆”姉に似ている”と言う。騎乗者の指示にも従うし、ハミ受けもいいので折り合い面の苦労はまったくない。短い距離にも対応できそうだが、1800以上はあった方が良さそう」(育成)470キロ

5位 [シーザサン](牝・キンシャサノキセキ×シーザシー・5)
1/29・鹿毛・ノーザンF・[グリーンF]・[栗・宮本]

母父Lemon Drop Kid クラブ募集額1000万円
「今まで扱ってきたキンシャサノキセキ産駒の中では馬格があって楽しみな存在。短距離のパワータイプという感じ。仕上がりもいい」(育成)484キロ
5月上旬に骨折

6位 [ヴィグラスムーヴ](牡・サウスヴィグラス×ムービングアウト・9)
4/8・黒鹿毛・グランド牧場・[キャロットF]・[栗・吉田]

母父Langfuhr クラブ募集額1800万円 14HBAセレクションセール1220万円

7位 母ベネンシアドール・7(牡・ダイワメジャー)
2/28・栗毛・ノーザンF・[サトー]・[栗・村山]

母父キングカメハメハ 13セレクトセール6200万円
半姉デニムアンドルビー(フローラS)近親トゥザヴィクトリー
「ダイワメジャー産駒らしく骨格がしっかりしていて馬格もある。距離的にはマイルから2000ぐらいかな。もちろん走ってもらわないと」(調教師)
「今はまったく問題ないが、昨年末に少し脚元に疲れが出て休ませていたので、現在はまだ坂路で(200m)17、18秒ぐらいのタイムに抑えている。動きは少し硬いが、パワーとスピードは相当ありそう。ダイワメジャー産駒なのでマイルから2000ぐらいまでが主戦場になるのではないか」(育成)566キロ

8位 [アグレアーブル](牝・マンハッタンカフェ×プリティカリーナ・8)
2/12・青鹿毛・ノーザンF・[シルクR]・[美・斎藤]

母父Seeking the Gold クラブ募集額2500万円
「大型の割に身のこなしがいいし期待の1頭」(調教師)498キロ

9位 [ターゲリート](牡・シンボリクリスエス×ディーバ・16)
3/1・黒鹿毛・白老F・[G1レーシング]・[美・戸田]

母父Crafty Prospector クラブ募集額6000万円
全兄サンカルロ(ニュージーランドT)
「500キロを超える立派な馬体だし、黒光りしていて風格がある。非常に見栄えがいい。順調だし、それほど遅くはならないと思う。馬の形を見る限り、兄とはタイプが違うような感じ。距離適性に関しては性格的な部分にかかってくるだろう」(調教師)
「気が勝ったタイプだが、最近は折り合って上手なフォームで走れるようになってきた。兄のように息の長い活躍をしてほしい」(育成)527キロ

10位 [グランプリアクセル](牡・エンパイアメーカー×ロージーミスト・16)
4/9・鹿毛・杵臼牧場・[グランプリ]・[栗・矢作]

母父サンデーサイレンス 13セレクトセール4500万円
半兄グランプリボス(NHKマイルC)
「性格がピリっとしてきたし、割と早めからいけそう。グランプリボスは気の良さがいい方に出ていた。この馬もエンパイアメーカーの気の強さがいい方に出れば」(調教師)
「移動してきた当初は、やや細身の印象だったが、調教を進めていくにつれて実が詰まってきた感じで、変わり身が大きかった馬。気性は前向きで集中して走れるし、軽い走りをするので芝のマイル以上が合う印象」(育成)500キロ
[PR]
by efurin | 2015-06-14 20:11 | それぞれのPOGりん | Comments(0)