ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・11

折り返し地点が迫ってきた第11回。
ビスコ君の回。

初年度メンバーであり、通算の特別勝ちは15回を数え、それなりに重賞勝ち馬も出しているのですが、いつも中位あたりに落ち着いてしまいます。
それも大体、シーズン終盤に下位から中位まで挽回するパターン。

複勝率も通算40%を超えているし、もっと強いイメージもあるのだが、これは何が原因なんだろか?
「出走数が少ない傾向にある」
POGりん史上、すべてのシーズンに参加したのは6名ですが、ビスコ君の通算出走316回は、安田さんの296回に次いで少ない。
他の4名がすべて340回以上であることを考えると、やはり少ない。
(ちなみに、その4名中、優勝経験が無いのは管理人だけ!)
参加が1シーズン少ない、ちち氏(331回)や、そらおみさん(320回)よりも少ない。

「少ない少ない、うるさいわ!」との声が聞こえてくる。

昨シーズンは、序盤から牝馬エースのコートシャルマンが新馬→500万特別を連勝。
阪神JFで上位人気に推されたまでは良かったのですが、その後が伸び悩み。
それでも終盤に来て、レーヴミストラルが青葉賞を勝ってダービーへ。
「鬼ビスコ」たる末脚は健在でした。
また、初の全馬デビューも達成しておりました。

ただ、優勝争いをするには、なるべくなら序盤から好位置に付けたい。
(あまり飛ばすのもアレですが)
そこで迎えた今回は、早々から牡馬エースが登場しそうな気配。
それより先にミュゼモーゼスがデビュー予定ですし、今回は序盤から勢い良く飛び出るかもしれません。
(思えば、かつては小倉2歳Sを勝ったシーズンもあるわけです)


11.ビスコ食べてますから

1位 フィールドシャルム(牡・アドマイヤムーン×タイキクラリティ・10)
3/8・鹿毛・パカパカF・地田勝三・栗・西園

母父スペシャルウィーク 13セレクトセール1500万円
半兄クラリティスカイ(NHKマイルC)
「馬体がいい。距離は兄たちよりは若干、短くなりそうだが、2歳戦からいきなり活躍できそうな雰囲気」(調教師)
函館デビュー予定

2位 [サトノケンシロウ](牡・ディープインパクト×マジックストーム・14)
3/3・黒鹿毛・ノーザンF・[里見治]・[栗・池江]

母父Storm Cat 14セレクトセール20000万円
全姉ラキシス(エリザベス女王杯)全兄サトノアラジン(共同通信杯3着)
「ちょうどいいくらいの大きさ。いい感じで成長してきた」(調教師)
「坂路で(200m)15秒ペースの調整。まだ体が幼くて、走りもがむしゃらなところがあるので、調教で矯正しつつ進めている。もう少し大きくなって欲しいけど、走りにはバネがあるし乗り味もいいので、能力は高いと思う。距離は2000ぐらいまでが良さそう」(育成)430キロ
秋デビュー予定

3位 ミュゼモーゼス(牡・ダイワメジャー×チャールストンハーバー・15)
4/21・黒鹿毛・レイクヴィラF・高橋仁・美・大江原

母父Grindstone 14セレクトセール10000万円
全兄カレンブラックヒル(NHKマイルC)半兄レッドアルヴィス(ユニコーンS)
「馬格は490キロ以上。お尻の幅があるし、いかにもダイワメジャー産駒らしい体つきをしている。距離的にはマイルから2000ぐらいまでこなしてくれればいいね」(調教師)
6/14(日)東京芝1800でデビュー予定

4位 [オーパ](牡・ゼンノロブロイ×ヴィヤダーナ・6)
2/14・鹿毛・ノーザンF・[馬場幸夫]・[栗・石坂]

母父Azamour 13セレクトセール3400万円
半兄ダノンメジャー(野路菊S)

5位 [ムーンクエイク](牡・アドマイヤムーン×リッチダンサー・13)
4/26・栗毛・ノーザンF・[キャロットF]・[美・藤沢和]

母父Halling クラブ募集額4000万円
半姉バウンスシャッセ(フラワーC)半兄ホーカーテンペスト(黄梅賞)
「種馬が替わったし、上の2頭とはタイプが違う。もう少し馬が変わってくると思う。アドマイヤムーンの仔だと中距離とかマイルがいいのかな。まだ入厩の話などは聞いていないけど、夏ぐらいから使っていければいいんじゃないかと思っている」(調教師)
「厩舎の中でも進んでいる1頭。非常に順調にきており、遅くとも夏の後半にはおろす予定。スピードと切れを併せ持つ」(育成)476キロ

6位 [プリンセスノワール](牝・ネオユニヴァース×ペンカナプリンセス・11)
3/29・黒鹿毛・ノーザンF・[シルクR]・[栗・安田]

母父Pivotal クラブ募集額1800万円
半兄ワールドインパクト(青葉賞2着)

7位 [エンジェルフェイス](牝・キングカメハメハ×ワンフォーローズ・14)
3/5・黒鹿毛・ケイアイF・[ロードHC]・[栗・藤原英]

母父Tejano Run クラブ募集額4860万円
全姉レディアルバローザ(中山牝馬S)半姉キャトルフィーユ(クイーンS)
「兄姉の中では全姉レディアルバローザに似た雰囲気がある。ただ、骨格がしっかりしていて、姉のこの時期と比べても馬体は頼もしく映る。牝馬では一番進んだ組だが、まだまだ良化の余地があるし、血統的にも早期からというタイプではないので、秋に向けてじっくり乗り込む予定」(育成)487キロ

8位 母ムーンレディ・16(牡・ディープインパクト)
3/3・青鹿毛・社台F・[髙橋文枝]・[美・国枝]

母父プラティニ 15千葉サラブレッドセール19000万円
半兄エイシンフラッシュ(東京優駿)

9位 母メイキアシー・9(牡・ヴィクトワールピサ)
2/18・鹿毛・社台F・[NICKS]・[栗・庄野]

母父Sadler's Wells 13セレクトセール11000万円
半兄ブラヴィッシモ(橘S2着)
「セリ当時は当歳にしては垢抜けた馬体だった。今もその雰囲気を持っているし、調教を進めても体調は安定している。今は社台Fで順調だが、夏デビューという馬ではない。変に焦りたくないので、秋デビューを目指していきたい」(調教師)

10位 [アルマンディン](牝・ステイゴールド×クリソプレーズ・11)
1/28・黒鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[栗・音無]

母父エルコンドルパサー クラブ募集額2400万円
半兄クリソライト(ジャパンダートダービー)
「父が替わったけどダートだろう」(調教師)
「半兄はダートで活躍中も、この仔は芝で良さそう。ここにきて大きく変わってきた。ハズレのない血統」(育成)464キロ
[PR]
Commented by ビスコ食べてますから at 2015-06-17 15:31 x
「それPOG」執筆、お疲れ様です。
ここ数年は”伸びずバテず”といった順位が続いていますので、何とか1ケタ順位に食い込めたら、と思っております。
欲を言えば、そろそろG1を勝ちたいですが。
早期デビュー予定だったミュゼモーゼズが放牧に出てしまい、先行き不安ですが、全馬無事にいってもらいたいです。
Commented by efurin at 2015-06-18 21:43
ビスコ君・・・コメントありがとうございます。
トーセンジョーダンとかルーラーシップとか、後のGⅠ馬はいるのにねぇ(笑)。
やっぱりさ、ドラフトのウェーバー制って、1位指名馬選びに大きく影響するんだよね。
一桁順位だと、ある程度、大駒を狙いに行けるわけで。

それにしても、ミュゼモーゼスのデビュー回避は残念でしたが、牡馬エースが早そうなので、まずはそこに期待。
by efurin | 2015-06-09 22:38 | それぞれのPOGりん | Comments(2)