ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・8

えー、この人は「ミスター何」なんでしょうか?
いや、もうええわ。

08-09シーズンから参戦頂いており、当初の3シーズンで「2位→8位→3位」と、にわかに強豪常連化。
ところが、その後の3シーズンが「17位→20位→23位」と3位ずつ着々と順位を落とす凋落っぷり。
指名馬選びにも、どこか切れが無くなっていたというか、迷走っぷりを感じていたものです。

しかし昨シーズン、牝馬エースのショウナンアデラが3連勝で阪神JFを制覇。
「強いスモグリが帰ってきた!」
と当時、街は大騒ぎでした(ウソ)。

その後も、年明けからキロハナが新馬→500万特別を連勝。
ディープジュエリーも新馬勝ちを決め、磐石の態勢で春へ突入するかと思われた矢先、きっと本人の日頃の行いの悪さでしょう、3月にショウナンアデラとキロハナが相次いで骨折。
その後、ディープジュエリーとグランアルマダが特別戦を勝ち、しぶとく奮闘しましたが、結果は9位フィニッシュ。
牝馬エースがGⅠを勝ち、シーズン最多勝タイの12勝を挙げても9位。
ショウナンアデラが無事なら、また結果も違っていたでしょうが、そういった運も含めての勝ち負けであります。

今回のドラフトでは、渋いところでの殴り合い(小突き合いか?)が目立った印象。
管理人と同順指名で母シークレットジプシーを獲り合う格好になりましたが・・・思い返せば1年前のドラフトにおいて、スモ氏と私で重複したコンフェッシオン(母ストールンハート)という馬がおりまして、その馬の末路といえば酷いありさまで、ええ、まあ・・・。

ともあれ、確定したリストの良し悪しは知りませんけど、昨シーズンの反省を踏まえ、まずは近所の神社で厄払いをすることをお勧めしたい。


8.スモグリ

1位 [アムネスティ](牡・ディープインパクト×ミゼリコルデ・8)
3/23・鹿毛・追分F・[窪田康志]・[美・戸田]

母父ファスリエフ
近親アルカセット
「育成段階に移る時はコロっとしていたけど、そこからの成長が著しい。ディープ産駒にしてはガシっとしていて重量感のある体形だし、いいスピードがありそう。牧場の方でも早めに入れたいという話をしているし、様子を見ながら入厩のタイミングを考えていきたいと思う」(調教師)
「大型だが重心が低く、実が詰まった感じの馬。いいスピードがあるし、性格も良く集中力がある。1ハロン15秒を切るペースまで進んでおり、このままいけば早い時期にデビューできると思う」(育成)520キロ

2位 [ティソーナ](牡・ダイワメジャー×ラドラーダ・7)
1/20・黒鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[美・藤沢和]

母父シンボリクリスエス クラブ募集額4000万円
近親ゴルトブリッツ(帝王賞)
「この血統にしては馬体もしっかりしているし、凄くスピードがありそうな感じ」(調教師)

3位 [フラワーオブライフ](牝・ハーツクライ×エーゲリア・11)
3/28・鹿毛・ノースヒルズ・[ノースヒルズ]・[美・田中剛]

母父Giant's Causeway
半兄ジャンナ
「女の子にしては480~490キロと馬格もあるし、しっかりしている。まとまった感じの体つきをしているし、いい馬。3月末に牧場で見てきたけど、そう遅くはならないと思う。本当に楽しみ」(調教師)
「父がハーツクライに替わり、同時期の兄たちと比べてしっかりしている。フットワークも雄大で、スピードに乗ると迫力のあるキャンターに移行する」(育成)494キロ
秋デビュー予定

4位 [エディンバラ](牝・キングカメハメハ×タガノエリザベート・6)
2/10・黒鹿毛・八木牧場・不明・[栗・松田博]

母父スペシャルウィーク
近親キャットコイン(クイーンC)母はファンタジーS勝ち
「初仔としては小さいということはない。母も蹄さえまともならもっと走れた馬。その能力を受け継いでほしい」(調教師)
「もう全身がバネ。凄く柔らかくて動きも軽い。いかにも芝で切れ味を生かしそうなタイプ。432キロと小柄で、まだまだ成長してくると思うし、良化の余地は大きい」(育成)

5位 [ゴールデンバイオ](牡・ディープインパクト×ヒカルトキメキ・8)
4/20・芦毛・中舘牧場・[バイオ]・不明

母父クロフネ

6位 [レーヴドブラン](牝・ブラックタイド×ヒラボクドリーム・7)
4/12・鹿毛・千代田牧場・[セゾンRH]・[美・伊藤大]

母父キングカメハメハ クラブ募集額800万円
近親ヒラボクインパクト(セントポーリア賞)

7位 ヒットリターンキー(牡・ハービンジャー×キャッチザゴールド・13)
2/19・黒鹿毛・白老F・薗部博之・美・宗像

母父サンデーサイレンス 14セレクトセール1200万円
近親ステイゴールド

8位 メジェルダ(牝・ディープインパクト×メリュジーヌ・7)
5/1・鹿毛・村田牧場・ターフ・スポート・栗・昆

母父フレンチデピュティ クラブ募集額3000万円
「遅生まれで速いところをやっていないが、母の血が出て前向きなところがあって、短いところになりそう。順調なら北海道で使いたい」(調教師)
「馬体も気性面も、もうひと変わりしてほしいところはあるが、動きの良さを見ても楽しみな馬」(育成)450キロ

9位 カフジキング(牡・マンハッタンカフェ×ダンスオブザマンボ・7)
5/2・鹿毛・社台F・加藤守・栗・松元

母父Kingmambo 14セレクトセール5800万円
近親コスモメドウ(ダイヤモンドS)

10位 マイネルシャウト(牡・ハーツクライ×シャドウキャスター・11)
2/12・栗毛・ノーザンF・TCラフィアン・栗・宮

母父エリシオ クラブ募集額5000万円 13セレクトセール4000万円
「今はまだ性格もおっとりしているし、体つきもゆったりしているので、急かしても動けない。ただ背中の感触や乗り味がいいし、実が入ってくれば自然と動けるようになってくると思う。素質は高いので来年の春が楽しみ」(育成)500キロ
[PR]
Commented by スモグリ at 2015-06-08 23:01 x
それPOGお疲れ様です。

1位指名の母ミゼリコルデは配合的にいいところがあって以前から注目していたのですが、
全姉のマーシフルハートは小さすぎる為やむなくパス。
次は男馬だし大きめにでたら1位で獲ろうと去年の時点から決めていました。
なのでこれが獲れただけで今年のドラフトは8割方成功と言ってもいいのです。

ゴールデンバイオはディープのド鉄板配合だから情報ゼロでも賭けてみたいし、
ヒットリターンキーはベルーフと同配合だからイメージが湧きやすいし、
レーヴドブランは地味血統のくせに無駄にオシャレな馬名だし、
カフジキングはプライドイズメシア臭が漂って危険な香りがしますが、
たぶん優勝します。よろしくお願いします。
Commented by efurin at 2015-06-08 23:19
スモちゃん・・・今日ね、冷静に、努めて客観的に、自分の今シーズンの星勘定を予測してみたわけよ。
そしたら、どう少なめに見積もっても10頭で24勝はするのよ、今回。
ポイントで言うと、全馬デビュー、全馬勝利を抜いても600pは下らない。
まあ、だから参加者の皆さんには申し訳ないけど、俺が優勝しちゃうんだな。
9シーズン目にして、初めてドラフトで本気出しちゃったからねぇ・・・。
今まではどうしても立場上、皆さんに優勝してもらわないと、と遠慮していたから。

とまあ、そんな戯言はさておき、ゴールデンバイオは私もリストアップしておりました。
ただ情報に乏しく、実際に手を出すのはリスクが大きいと思いました。
レーヴドブランは千代田牧場とセゾンの提携初年度で、何だか最近はマイネルにせよシチーにせよ日高系にせよどこでも、クラブ馬は馬名をオシャレにしなきゃいけない風潮にあります。
ただ、あれって血統表に残りやすい牝馬に限った話なわけですわな。
by efurin | 2015-06-08 12:58 | それぞれのPOGりん | Comments(2)