ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・6

ゆるいペースで第6回。
「ミスター血みどろ」えるこんさん。

今回のシリーズ、「ミスター」ばかり言ってるような気がするけど・・・。

今シーズンと昨シーズン、どちらも1次ドラフトで11頭の重複負け。
ただし、補欠6頭に、他者が上位指名必至の良血馬を並べているあたり、確信犯的な戦略にも見えます。
(あわよくば補欠単独で確保、ダメでも2次突入でいいや)
そして、確実にウェーバー勝ちが期待できる2次ドラフト上位で、1次漏れの良血馬を拾う。
「肉を切らせて骨を断つ」とは、こういうのを指すのでしょうか?
(全然違うと思う)

それにしても、過去6シーズンすべてにおいてベストテン入りは立派のひと言。
また、通算勝率21.2%は現役PO中、最高の数値であり、通算特別戦勝利18回も最多記録。
ただし、GⅡ以上になると、なぜか一歩足りないのはなぜか?
この壁を乗り越えた時、いよいよ優勝が見えてくるわけです。

昨シーズンは、11月から12月にかけて、「黄菊賞(ベルラップ)→赤松賞(ディアマイダーリン)→京都2歳S(ベルラップ)→葉牡丹賞(トーセンバジル)」と破竹の勢いで4週連続特別勝ち。
この間、ブライトバローズとコンテッサトゥーレも勝ち上がり、「一体この人は今シーズン、何百ポイントまで稼ぐのだろうか・・・?」「ついに史上初の全馬勝利達成か?」と思ったものです。

その後も、重賞戦線でもそれなりに奮闘を続けましたが、最後は決め手に欠いて7位フィニッシュ。
全馬勝利どころか、全馬デビューを達成できなかったのも響いた。

で、今回のリストですが、2次ドラフト最上位指名となった母ダリシアが「あ、これが1次で漏れてましたか」的な存在。
「国枝銀河系軍団」は、こんな良血馬すら盲点化してしまうのか。

今回も大崩れはしなさそうな、そしてハマれば上位も十分の布陣であります。
ただ、池江先生の吹きっぷりが豪快過ぎる。


6.えるこん

1位 [フォイヤーヴェルク](牡・ディープインパクト×ナイトマジック・7)
2/23・青鹿毛・ノーザンF・[サンデーR]・[栗・池江]

母父Sholokhov クラブ募集額12000万円
母は独GⅠ勝ち
「やばすぎるね。身のこなし、柔軟性、賢そうな顔。ディープよりも馬体に伸びがあるね。日本の3冠どころか凱旋門賞も意識している。王道を歩ませたい」(調教師)
「本当にいい馬。コンパクトな馬体をしているけど、各パーツのつくりが素晴らしい。現在は坂路で(200m)15秒の時計を出しているけど、跳びが大きくて、大型馬と一緒に走っても小ささを感じない。性格も従順な方だし、キャンターにおろすとコントロールも利く。今までにもいい馬に乗せてもらってきたけど、この馬は別格だね」(育成)426キロ
秋デビュー予定

2位 [テラノヴァ](牝・ヴィクトワールピサ×エアトゥーレ・16)
4/16・芦毛・社台F・[社台RH]・[栗・須貝]

母父トニービン クラブ募集額4000万円
半兄キャプテントゥーレ(皐月賞)半姉アルティマトゥーレ(セントウルS)
460キロ

3位 [タンタビクトリア](牝・ディープインパクト×タンタスエルテ・11)
3/16・鹿毛・白老F・[G1レーシング]・[美・国枝]

母父Stuka クラブ募集額4000万円
全姉パララサルー(アネモネS)半兄タンタアレグリア(青葉賞2着)
「スラっとして牝馬らしいタイプ。慌てずに進めていく感じになると思うけど、まだまだ良くなりそうな雰囲気がある」(調教師)
「移動してきた時期は遅かったが、ここの水が合うのか、進めながら順調に成長している。カリカリしていた面も解消してきた。ストライドが綺麗で大きく、芝のマイル以上でいい脚を使うタイプだろう」(育成)456キロ
秋以降デビュー予定

4位 [パローマ](牝・ディープインパクト×ソルティビッド・13)
1/18・鹿毛・ノーザンF・[金子真人HD]・[栗・角居]

母父Salt Lake
半姉アパパネ(牝馬3冠)
「筋肉量の多さ、真面目な性格、乗った感触、成長曲線・・・父がキングカメハメハからディープに替わったけど、姉に似ている部分が多い。キャンターに行った時の動きなんかはディープが出ているのか、姉よりも柔らかい。まだ坂路で(200m)16秒くらいの調整だが、暖かくなってくれば、まだまだ良くなってくると思う。距離はマイルくらいが一番合っていそう」(育成)433キロ
秋以降デビュー予定

5位 ブリゲード(牡・キングカメハメハ×レジネッタ・8)
1/26・栗毛・追分F・G1レーシング・栗・浅見

母父フレンチデピュティ クラブ募集額8000万円
母は桜花賞勝ち
「年始に少し楽をさせて、徐々にペースを戻している段階。まだユルさは残すが、馬体のバランスが良く、パワーも備えている。ここから順調にいけば、遠くない時期にデビューまでこぎ着けられる可能性も十分あるだろう」(育成)502キロ

6位 サトノキングダム(牡・ディープインパクト×ダリシア・12)
4/9・鹿毛・社台F・里見治・美・国枝

母父Acatenango
半兄アニマルキングダム(ケンタッキーダービー、ドバイWC)
「まずはマイルぐらいから使っていくことになるだろうけど、距離が延びても大丈夫そう。里見さんも期待しているし、いい競馬をさせたい」(調教師)450キロ
ゲート試験合格後、放牧

7位 [プリンシパルスター](牡・ダイワメジャー×シルクプリマドンナ・16)
3/4・青鹿毛・ノーザンF・[シルクR]・[栗・矢作]

母父ブライアンズタイム クラブ募集額4500万円
全兄フラムドグロワール(いちょうS)母はオークス勝ち
「母は種牡馬のいいところを引き出す傾向がある。この馬は背が低くてコロンとした体形で、ダイワメジャーによく似ている。母はブライアンズタイムが強く出てスピードに欠ける印象だったけど、この馬はスピードがありそう。基本的にはマイラーかな」(調教師)
「坂路で(200m)15秒ペースで乗り込んでいて、ここまで本当に順調。毎日、元気がみなぎっている感じ。小柄だけどカイバ食いもいいしパワーも備えている。性格も我慢が利くし、レースでは直線で弾けそう」(育成)449キロ
夏デビュー予定

8位 アッラサルーテ(牝・ダイワメジャー×ラタフィア・14)
5/3・栗毛・ノーザンF・吉田勝己・美・手塚

母父Cozzene クラブ募集額2600万円
全姉エピセアローム(セントウルS、小倉2歳S)
「スピードタイプで早く使えそう」(調教師)475キロ
6/27(土)函館芝1200(牝)でデビュー予定

9位 ドルフィンマーク(牡・ヴィクトワールピサ×レッドクローシュ・13)
3/30・黒鹿毛・杵臼牧場・大塚亮一・栗・須貝

母父トニービン
半兄ペプチドアマゾン(京都新聞杯2着)
「どっしりしてパワーがある。走ると思う」(調教師)
ゲート試験合格後、放牧

10位 サトノベリーニ(牝・キングカメハメハ×ピサノベネチアン・11)
3/31・栗毛・フジワラF・里見治・栗・須貝

母父サンデーサイレンス
「牝馬にしてはパワーがあるし、成長力も感じる」(調教師)
6/14(日)東京芝1600(牝)でデビュー予定
[PR]
Commented by えるこん at 2015-06-07 13:29 x
それPOGお疲れ様です。
ミスター血みどろを拝命いたしましたえるこんです。

>(あわよくば補欠単独で確保、ダメでも2次突入でいいや)
POGりんは結構なビックネームが1次指名もれや、補欠での指名で獲得などを他の方でよく見るので自分も・・・という思いは確かにあります(笑)
※特に参戦初年度のルーラシップが1次指名もれしていたのが個人的に結構インパクト大きいです。
まぁ、その思いが全然はまらずでのミスター血みどろなんですが・・・

今回の2次ドラフトはこれは漏れてるかな・・・?とおもって母馬リストで検索した馬がことごとく検索に引っかかり、例年に比べて難産でした。
※ちなみにまっさきに検索したのが母ワイでした(笑)

ラヴアンドバブルズ、ヒストリックスター、ディアデラノビア、ダリシアあたりを最初はピックアップしましたが、1次で確定した馬が軒並みデビューが遅くなりそうだったので、速攻系もいれて今回の2次指名リストとなりました。

何とかG2、G1と勝利して今年も上位戦線に参戦できればと思っています。
今年度もよろしくお願いします!
Commented by efurin at 2015-06-07 23:08
えるこんさん・・・このところは、このシリーズを書くにあたり、過去のドラフトを振り返ったりしているのですが、皆それぞれ、意図が感じられて面白いものです。

今回のドラフトでも、例えば母ポルトフィーノが単独指名だったりして、そこを8位で落としたgalvezさんはしたたかだったな、と。
あと、母ゴールデンドックエーが2人というのもビックリ。
ちなみにこの馬、私が参加している他所POGでは、29名中9名が指名しておりました。

今回、作成した母馬リストを最も役立ててもらったのは、えるこんさんでしょうね(笑)
前回に比べると派手な2次指名ではなかったですが、手堅くまとめてきた印象です。

今シーズンは、特別戦通算20勝をぜひ、重賞で・・・いやGⅠで達成して頂きたいものです。

が、優勝するのは私です(笑)

では、今シーズンもどうぞよろしくお願いします!
by efurin | 2015-06-07 10:44 | それぞれのPOGりん | Comments(2)