ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・5

第5回目。
「ミスター無風」の胴長熊猫さん。

今回を含めて3シーズン連続、1次ドラフトでの重複負けなし。
それなりにノーザンF産馬やらディープ産駒やらを織り交ぜているにもかかわらず、というのが凄い。
前回に至っては16頭すべて重複すらなく、しかもその中からオークス馬ミッキークイーンを輩出。
12-13の最下位、13-14の16位を経て、ついに自己最高の6位まで躍進を遂げました。

今回も唯一人、1~10位指名ストレートで1次ドラフトを切り抜け。
上位3頭は社台系生産の父ディープですし、中~下位にかけても、それっぽいノーザンF産を配置。
それでいて、恒例の地方交流重賞狙いのダート馬っぽいのとか、ひまわり賞狙いの九州産馬やら、趣味と実益を兼ね備えた愉快な顔ぶれ。

上手くハマれば、前回より更に上の順位があっていいかもしれません。
ただ、やや情報不足の懸念あり(特に下位勢)、デビュー率が低くなる可能性も。

では今回も、本人ブログよりコメントを転載させて頂きつつのご紹介。

※ハートレー1位指名回避の理由はかなりホラーだが、実は私も「母6歳・2番仔」とマイルール的に好条件が揃ったティルヴィングを「やや馬格が足りない」という理由で指名回避(手出しなら中位あたりだった)した経緯あり。


5.胴長熊猫

1位 [ドラゴンテリー](牡・ディープインパクト×コージーロージー・6)
2/26・鹿毛・社台F・[窪田康志]・[美・戸田]

母父Pleasantly Perfect 14セレクト10500万円
母は米GⅡ勝ち
「スラっとしているし、いかにもディープ産駒らしい好馬体。手先の軽い走りで、いいバネを感じる。さすがはミリオンホースという雰囲気で総合的にレベルが高そう。もちろん期待の大きな1頭」(調教師)450キロ弱

<ハートレー・マウントロブソン・レプランシュなどが1位候補に挙がっていて、最後の最後までハートレーの予定だったのを翻意したのは母父コングラッツの代表産駒が【デブリン】だったので「まさか…」と思い返したから。
本当にえふりんさんがハートレー1位指名なんだから震えも来るということ。>

2位 [ティルヴィング](牝・ディープインパクト×ストゥデンテッサ・6)
2/27・青鹿毛・ノーザンF・[前田幸治]・[栗・松永幹]

母父High Yield 13セレクトセール7400万円
半姉アドマイヤピンク(アネモネS3着)母は亜GⅠ勝ち
「ここにきて急成長を遂げ、早期デビューも見込めるほどになってくれた。力強くて、かといって硬さはなく柔らかい。乗っていてもバネを感じる。芝向きの軽いフットワークをする。王道路線を目指してじっくり育てていきたいと思う」(育成)445キロ
ゲート試験合格済

<正直に言うと、松永幹厩舎という時点で切り捨てていた馬を直前で拾い直しました。(予定はディープインパクト×ララアでした)
でも「母ララアでガンダムファンの人がいたら…」という弱気が出て回避したら重複なし。同じく母レディジョアンも重複なし。ああん。>

3位 [ロードキング](牡・ディープインパクト×ピサノアラバスター・6)
2/27・鹿毛・社台F・[市川義美]・[栗・吉村]

母父クロフネ
近親シャイニンルビー、シャイニンレーサー
「500キロくらいと馬格があって、母系のクロフネが出ているかもしれない」(調教師)

<今回、ディープインパクト産駒3頭指名なのはそんな弱気を体現したもの。とにかく安パイを拾いたいという打算…ッ!
今、最終リストを眺めながらPOGりん指名母馬確定表と照らし合わせたら、母オールアイキャンセイイズワウが重複なし。何だよー母ララアと組み合わせてたら完全無風も達成可能だったのかー。>

4位 ゼンノサーベイヤー(牡・Mineshaft×Eden's Causeway・10)
2/1・栗毛・米国産・大迫久美子・栗・中内田

母父Giant's Causeway
母の半兄パラダイスクリーク
「2歳の時点で馬格があってパワーのありそうな体つきをしている。ダート向きという印象もあるが、早い時期から活躍してくれそう」(調教師)
6/20(土)阪神ダ1200でデビュー予定

<すでに名前と厩舎が決まっているマル外だけに謎男さんが唯一のネックでしたが「露骨なダート馬には来ない」「全馬デビュー率が下がるから下位に紛れ込ませるかも」と脳内で天使と悪魔がケンカしたので順位を6位から引き上げ。まったくの杞憂徒労。
中内田って誰…?>

5位 ロジクライ(牡・ハーツクライ×ドリームモーメント・8)
2/22・黒鹿毛・ノーザンF・久米田正明・栗・須貝

母父Machiavellian 13セレクトセール3900万円

<ディープインパクト以外に牡馬でエース格が欲しかったが、セオリーが希薄な分野のため作業も難航。ワークフォース・ハービンジャーの新興勢力か、ネオユニヴァース・ハーツクライの既存勢力かで揉めに揉めた。
最後はロジにもう一回だけ騙されてみようという気持ちが勝っての指名だったが、厩舎がいきなり関西に替わったのが気持ち悪く順位を引き上げたらこっちはグッジョブ。いや、本当にグッジョブだったのかは一年後。>

6位 母スルージエアー・7(牝・キングカメハメハ)
2/28・栗毛・ノーザンF・[尾田信夫]・不明

母父ダンスインザダーク 14セレクトセール3000万円
近親ディープインパクト

<こっから下は「被る?そんな奴はおらんやろぉ~」と余裕を持った指名。
ルージュバック・クィーンズリングのマンハッタンカフェバブルに乗っかる人が多そうだから、回避すればキンカメ牝馬は取り放題だろ。母ダイワスカーレット以外(笑)なんてかんがえてたが、デビューするかなこの娘?>

7位 母ザミリア・12(牡・ステイゴールド)
5/3・青毛・ダーレージャパンF・[シェイク・モハメド]・不明

母父Cape Cross

<ステイゴールド産駒のムラっぽさは前年で懲りたので指名する予定はなかったんだけど、急逝して何だかこのままステイゴールド産駒を当てられないまま終わるのも悔しいので。
でもまた全馬デビューの足を引っ張るのはコイツなんじゃないか…。>

8位 母エルフィンフェザー・18(牝・ファルブラヴ)
2/17・黒鹿毛・ノーザンF・[中西忍]・[栗・大久保]

母父サンデーサイレンス 14セレクトセール2500万円
近親エアグルーヴ

<新種牡馬がピンと来なかったのもあるのだが、何かこう「掘り出し物」を見つけたくなり。
地味ながら今年も100頭近い産駒を世に送り出すGⅡメーカーだし、安心と信頼のファルブラヴ牝馬でトライアル路線に殴り込みをかけたい。>

9位 [カシノマリア](牝・アドマイヤマックス×オオシマセレーネ・7)
5/11・鹿毛・神野生男・[柏木務]・不明

母父メイショウドトウ 15九州トレーニングセール150万円

<毎度お馴染み九州産。母サーストンフラッグと迷ったがリンカーン産駒なので1200のひまわり賞では不向きと判断。
ちなみに近親はメイショウドトウ…、何で九州産を指名するのに怯える必要があるんだ!(震え声)>

10位 [テーオーフェミニン](牝・スウェプトオーヴァーボード×フェミニンタッチ・19)
5/19・黒鹿毛・社台F・[小笹公也]・不明

母父サンデーサイレンス 15千葉サラブレッドセール1700万円
近親ゴールドアグリ(新潟2歳S)

<昨シーズン未勝利でポイントを重ね、勝ち上がって500万でも頑張ってくれたピックアンドポップを輩出したJRAブリーズアップセール組。
セイウンワンダー級を毎年望むのは贅沢だが、芝でもダートでもポイントを稼いでくれそうな馬を入れて全馬勝利をめざしたい。>
※JRAブリーズアップではなく千葉セールです。
[PR]
Commented by 胴長熊猫 at 2015-06-07 08:21 x
6位以下が如何に思い入れではなくフィーリングで指名したかバレてしまう紹介文ですな。あちこちセールを見て回って適当にメモするから…
母スルージエアーに至っては馬主さんが大井所属馬ばかりなので全馬デビューに早くも赤信号!
Commented by efurin at 2015-06-07 09:53
胴長さん・・・まずは今回もコメントをご提供頂きありがとうございました。
確かに、ブリーズアップも千葉も同じトレーニングセールではあるので混同しやすいっちゃあしやすいのです。
6位より下はもにょもにょしていますが、正直、1~5位だけで十分戦えるんじゃないでしょうか、このメンツ。
by efurin | 2015-06-06 22:14 | それぞれのPOGりん | Comments(2)