ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・4

さて、面倒なのを終えたところで第4回目。

POG通算最多出走回数と最多勝利を誇るリッチモンドさん。
優勝歴もありますし、あと1回優勝すれば「ミスターPOGりん」と呼んで差し支えないかもしれません。

毎回、種牡馬をバラけて指名する特徴的なスタイル。
昨シーズンでは、唯一、複数の重賞ウイナー(ブライトエンブレム、シングウィズジョイ)を所有。
更には若駒S勝ちのアダムスブリッジをダービーに送り込むなど、終始、重賞戦線を賑わせて5位フィニッシュ。

この戦術の有利な点として、ドラフトを首尾良く乗り切りやすいという特徴があります。
人気のディープインパクトやキングカメハメハ産駒でさえ、基本1頭ずつしか指名しない分、他種牡馬の産駒を獲りやすい。
今回も補欠1位指名までで難なく1次ドラフトをクリア。
12-13シーズン優勝の原動力となったロゴタイプの全弟を確保。
その他、奇しくも管理人の歴代GⅠ馬2頭(トールポピー、ミッキーアイル)の下を揃って指名。
個人的にも両馬の動向は気になるところです。


4.リッチモンド

1位 [ラルク](牝・ディープインパクト×ライラックスアンドレース・5)
4/15・鹿毛・ノーザンF・[松島正昭]・[栗・松永幹]

母父Flower Alley 14セレクトセール14500万円
母は米GⅠ勝ち
「能力は相当。軽いキャンターをする馬で切れそうなタイプ。操縦性があって、気性も走りもゆったりとしているので距離はもつと思う。急がずに成長を待ちながら進めた方が良くなりそう」(育成)448キロ
秋開催のデビュー予定

2位 イモータル(牡・マンハッタンカフェ×ショアー・14)
1/29・青鹿毛・ノーザンF・金子真人HD・栗・須貝

母父Acatenango 13セレクトセール5000万円
半兄エックスマーク 母はShiroccoの半姉
「雄大な馬格を誇っていて良い馬。大型馬だが、走りは軽くて推進力がある。調教は坂路(200m)16秒くらいのところを進めている。気性も素直だし、距離はある程度長めがいいと思う。今後はゲート試験だけ先に受けるかもしれない。その結果によっては意外と早い動き出しもありそう。大きなところを意識している1頭」(育成)522キロ

3位 ココファンタジア(牝・ステイゴールド×ココシュニック・8)
3/25・黒鹿毛・ノーザンF・キャロットF・栗・友道

母父クロフネ クラブ募集額2400万円
半兄ステファノス(富士S、白百合S)
「父が出ているのか小柄なタイプだけど、いいスピードがある。早い時期から動けると思う」(調教師)
「ここまで至極順調。スピードタイプで坂路も楽に駆け上がってくる。普段は少しうるさい部分もあるけど、走り出すとまったく問題ない。もうひと回り大きくなってくれたら、なおいい。距離は1800ぐらいが合っていそう」(育成)451キロ
7/5(日)中京芝1400(牝)でデビュー予定

4位 [ダノンスパーク](牡・ヴィクトワールピサ×スターアイル・9)
4/5・鹿毛・ノーザンF・[ダノックス]・[栗・音無]

母父ロックオブジブラルタル 14セレクトセール13500万円
半兄ミッキーアイル(NHKマイルC)
「父が馬格のある馬だったせいか、この馬はミッキーアイルより大きい。ディープからヴィクトワールに替わって、どう出るか」(調教師)
「セリの当時から馬の見栄えは良かった。ミッキーアイルに比べるとふた回りぐらい大きいが、こちらに来てからも順調に成長している。坂道で(200m)16秒のタイムを出していて、しなやかな動きを見せている。兄より性格はおとなしいが、この血統特有のハミがかりが出てきているので、短い距離にも十分対応できそう」(育成)538キロ
秋デビュー予定

5位 ナイトインブラック(牡・ローエングリン×ステレオタイプ・11)
4/26・黒鹿毛・社台F・社台RH・美・田中剛

母父サンデーサイレンス クラブ募集額5000万円
全兄ロゴタイプ(皐月賞)
「この時期のロゴタイプより、ひと回り大きいサイズ。トモの感じもしっかりしているし、凄く乗り味がいい。性格的にも利口だし、お兄ちゃんと一緒で順応性が高そう。これから調教を進めていくのが楽しみ」(調教師)500キロ超
6/28(日)函館芝1200でデビュー予定

6位 [クロスアンジュ](牝・キンシャサノキセキ×マンハッタン・16)
3/21・青鹿毛・ノーザンF・[吉田勝利]・[栗・庄野]

母父アフリート 14セレクトセール1250万円
半兄メトロノース(北海道2歳優駿)
「これは仕上がりが早そう。スピードがありそうな馬で、夏とは言わないまでも秋の阪神デビューとかは視野に入ってくると思う」(調教師)
「父のイメージとは違って距離の融通が利きそう」(育成)

7位 [アドヴェントス](牝・ジャングルポケット×アドマイヤサンデー・18)
2/20・黒鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[美・堀]

母父サンデーサイレンス クラブ募集額4000万円
全姉トールポピー(オークス)、アヴェンチュラ(秋華賞)
「姉2頭の育成も手掛けたが、上よりはコンパクトなつくりで、成長はゆっくりかな、という感じ。坂路で(200m)15秒ペースで乗っていて、動き自体は柔らかくて瞬発力がありそう。気性は姉たちよりもおとなしくて、体のサイズももう少し大きくなると思う」(育成)442キロ

8位 ボーンレガシー(牡・ショウナンカンプ×ボーンスター・17)
4/26・黒鹿毛・社台F・グリーンF・美・小島茂

母父サンデーサイレンス クラブ募集額1600万円
半姉プロヴィナージュ(阪神牝馬S2着)
「兄姉が走っているので楽しみ。扱いやすい馬だし、馬格もあって走れる体つき」(調教師)514キロ

9位 [ダムデミステル](牝・アグネスデジタル×タイキフェアレディ・11)
4/6・栗毛・ビクトリーホースランチ・[大樹F]・[栗・高野]

母父タイキシャトル クラブ募集額1200万円

10位 [スウィフトレイド](牡・Smart Strike×スウィフトテンパー・9)
3/12・栗毛・社台F・[社台RH]・[美・堀]

母父Giant's Causeway クラブ募集額6000万円
母は米GⅠ勝ち
「(昨秋に右前のヒザを手術したが)乗り出してからは順調。今後の進み具合にもよるが、意外と夏前に入れられるかもしれない」(調教師)
[PR]
by efurin | 2015-06-06 19:59 | それぞれのPOGりん | Comments(0)