ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・18

「POGりんはキャラの立った戦術家が優勝する傾向にある」

「10-11」メジロマック委員会→オール母父メジロマックイーン
「12-13」リッチモンド→オール種牡馬バラバラ
「13-14」伊藤開示→オール父ディープインパクト
「14-15」そらおみ→オール関東馬

この流れからすれば、そろそろこの方に順番が回ってきていいのかもしれません。
という今回は謎男さん。

謎男さんの不動スタイルが(いつ変えて頂いても、それは本人の自由です笑)、POGりんのドラフト全体に与えている影響はかなり大きいものと言えます。
普通なら下位指名に忍ばせて、こっそりと獲れる評判マル外・持ち込み馬が、ここでは獲れなかったりします。
実際に謎さんが指名するかは別問題ですが、獲りたいマル外をリストに入れた他POは、常に謎さんの影に脅えながら指名順を考えることになる。
ちなみに今回の母リトルブック。
この馬を私は他所POGで指名したのですが、POGりんだと「少なくとも3位以上は必要」と確信し、指名を回避しました。

それはさておき、そんな謎男さんにもかつて、ダンスファンタジア(母ダンスインザムード)という内国産ベタ良血で重賞(フェアリーS)を制覇した時代がありました。
それはまるで、実力派のミュージシャンがデビュー当時、他人の作詞作曲による売れ線アイドルポップスを歌わされてヒットを飛ばしたような、そんなイメージ。
「気絶するほど悩ましい」(Char)でしょうか。
いや、「セクシャルバイオレットNo.1」(桑名正博)かもしれません。

えー、まあ・・・そんなのもさておき、今回のドラフトも不動のスタイル。
母ビリーヴを落としましたが、その他は平穏無事にクリア。
若干、順調さを欠く馬もおりますが、2、3位指名の上位どころで早期攻勢となりそうなのは何より。

ちなみに今回唯一の「ディープインパクト産駒を有さないPO」でもあります。
そりゃそうなる。

まずは、マダムクレアシオンで函館2歳S獲りを狙いたい序盤戦であります。


18.謎男

1位 [ラニ](牡・Tapit×ヘヴンリーロマンス・13)
2/22・芦毛・米国産・[前田幸治]・[栗・松永幹]

母父サンデーサイレンス
半姉アムールブリエ(エンプレス杯)母は天皇賞(秋)勝ち
「Tapitはテスタマッタのイメージが強く、ダート血統だと思われるかもしれないが、同じ父のグラブザフラッグも芝の中距離をこなしているし、芝も問題ないと思う。心肺機能が強く、速い時計を初めて出した時も息が乱れなかった。アムールブリエも初めは気持ちが競馬に向いていなくて、競馬を使われていって段々と走る気持ちが出てきた。この血統は気持ちがキモになる」(育成)512キロ

2位 [マダムクレアシオン](牝・Invincible Spirit×リトルブック・5)
3/1・鹿毛・飛野牧場・[ラ・メール]・[栗・矢作]

母父Librettist
近親ジェンティルドンナ
「新馬勝ちできると思っている。スピード能力が凄い。後は、どれだけ距離をもたせるか」(調教師)
「いいスピードがある。ゲートも良くて、操縦性も高くタメも利く。どれをとっても優等生タイプ。精神的にも我慢強い馬で、調教後もへこたれる感じがない」(育成)468キロ
6/27(土)函館芝1200(牝)でデビュー予定

3位 ダノンキャップ(牡・Iffraaj×ザーキー・8)
2/20・栗毛・ノーザンF・ダノックス・美・藤沢和

母父Kingmambo 14セレクトセール6600万円
近親カレンブラックヒル
「6月の東京で使えそう。牧場で見てきた感じからも順調そう。父がザフォニックの血統だし、タイプとしてはマイラーなんじゃないかな」(調教師)
「坂路で(200m)15秒ペースで乗り込んでいて、行きっぷりの良さが目立つ。力強い走りで、スピードいうよりパワータイプかな。ダートも走れそうで、距離はマイルから1800ぐらいが合いそうだけど、短距離にも対応できると思う」(育成)
6/21(日)東京芝1400でデビュー予定

4位 [ジーブレイズ](牡・Tapit×Miss Mambo・12)
5/4・芦毛・米国産・[セゾンRH]・[栗・矢作]

母父Kingmambo クラブ募集額7700万円 キーンランドセプテンバー42.5万ドル
「この父だしセリでも高かったので期待しているけど、現状はやや頭の高い走り。15-15まで進んでいるので、これから良くなってくると思う」(調教師)468キロ

5位 母Running Bobcats・11(牡・Montbrook)
2/17・黒鹿毛・米国産・[馬場幸夫]・[美・手塚]

母父Running Stag
半兄アジアエクスプレス(朝日杯FS)
「馬の格好はいい。兄よりパワー型に出た印象」(調教師)
骨折のため年明けデビュー予定

6位 ノンゼロサム(牡・Speightstown×Winendynme・12)
5/15・黒鹿毛・米国産・TCラフィアン・栗・西園

母父Dynaformer クラブ募集額5000万円
「馬体が格好いいし、牧場でガンガン乗り込んできて動きも抜群。ゲートの出も速いし結果を出せる馬」(調教師)
「当初は前向き過ぎる面があったが、調教を進めるにつれてリラックスして走れるようになった。馬体も乗り味も良く、ポテンシャルがとても高い馬」(育成)478キロ
阪神デビュー予定も直前で放牧

7位 母El Fasto(牡・Proud Citizen・12)
5/6・鹿毛・米国産・[栄進堂]・[栗・不明]

母父El Prado キーンランドセプテンバー20万ドル
「今は成長を促している段階だが、かなりの出世が見込めると思う。日本の馬場に合うフットワークをしているし、距離の融通性もある」(育成)480キロ

8位 [ラトナプラ](牝・Distorted Humor×Bon Jovi Girl・7)
2/14・鹿毛・米国産・[ノースヒルズ]・[栗・笹田]

母父Malibu Moon キーンランドセプテンバー40万ドル
「とても柔らかいキャンターを見せるし、距離はこなせると思う。深い胸前からも心肺機能が高く、距離の融通性を裏付けている」(育成)439キロ

9位 母Coyote・15(牝・Dubawi)
5/9・鹿毛・英国産・[林正道]・[美・斎藤]

母父Indian Ridge アルカナ1歳セール50万ユーロ
「全体のバランスがいいし、オーナーの期待馬」(調教師)
「輸送もあって毛づやはまだ本当じゃないが、暖かくなれば良化してくるはず。ユルさもあるし、じっくりと進めていけば走ってくるだろう。背中、跳びとかはいい素質を感じる」(育成)460キロ

10位 [モズジョイ](牡・Kitten's Joy×Observation・7)
1/2・栗毛・米国産・[グランプリ]・[栗・矢作]

母父Pulpit キーンランドセプテンバー29万ドル
「早めのデビューを視野に入れている。父キトゥンズジョイは日本競馬に向きそうな印象がある」(調教師)
[PR]
Commented by 謎男 at 2015-06-16 21:18 x
いつかはエイシン固めをやってみたいものです。

日本の馬場適性が不安ですが、ロンシャン、アスコットを走っていても違和感を感じさせない布陣です。
Commented by efurin at 2015-06-16 21:47
謎男さん・・・今回からエイシン固め(プロレスの技みたいだ)入ってたら、母マーゼリンは持っていかれてたろうな、と思ったり。

池江先生が吹くのと違って、矢作先生は比較的、信用できるラッパの持ち主なので、マダムクレアシオンは新馬勝ちしそうな気がします。
Commented by 謎男 at 2015-06-16 21:59 x
矢作師にはラングレーの前科があります。

ダービーまでに重賞の1つや2つは勝ってもおかしくない吹きようでした。
Commented by efurin at 2015-06-16 22:10
謎男さん・・・まあ、この季節、栗東も美浦も意味不明なラッパが吹き荒れているわけですから。
ラッパ通りに事が進めば「3場で1Rから12Rまで全レース、フルゲートでダービーをやっても足りない」ということです。
by efurin | 2015-06-15 23:56 | それぞれのPOGりん | Comments(4)