ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・23

今回はカワタカさん。

2、3シーズン前は重賞戦線での活躍馬を何頭か輩出。
中流階級へ躍進を果たしておりましたが、昨シーズンは見せ場なし。

毎回、2次ドラフトとは縁がないPOですが、今回の1次ドラフトでは珍しく6頭重複負け。
ただ、9頭は重複なしで確保したあたりは毎度の独自路線。

その中で驚いたのが1位指名馬。
もう「母父ディープインパクト」の時代がやって来たのか、と。
アドマイヤムーン産駒や母父タイキシャトルといった「いかにも」な路線も堅持しつつ、下位3頭に忍ばせた父ディープインパクトが何とも不気味な存在感。

まずは「カワタカ血統」最大のヒットである母アフレタータが夏場にどう動くか注目。


23.カワタカ

1位 モズノキセキ(牝・ヴァーミリアン×ナチュラルブリッジ・4)
4/26・青鹿毛・目黒牧場・北側雅司・栗・牧田

母父ディープインパクト

2位 [トミケンウユムル](牡・アドマイヤムーン×ウキヨエ・4)
4/17・黒鹿毛・幌村牧場・[トミケン]・不明

母父アグネスタキオン 13HBAオータムセール150万

3位 [アスクジョーダン](牡・キンシャサノキセキ×ネヴァーピリオド・10)
3/20・鹿毛・ShallFarm・[廣崎利洋]・[栗・野中]

母父タイキシャトル 半姉ストレイトガール
「姉と同じでちょっと時間が掛かりそうだけど、いい馬。生まれた時から良かった」(調教師)
「父の産駒は何頭か預かっているが全体的にデキがいい。馴致から乗り出しまでの感じから、姉の実績を差し引いてもポテンシャルはかなり高い。距離の融通も利きそうだし、じっくりと育てていきたい」(育成)496キロ

4位 アドマイヤナイト(牝・アドマイヤムーン×アドマイヤカグラ・5)
1/21・栗毛・新冠橋本牧場・近藤利一・栗・梅田智

母父スペシャルウィーク

5位 ブライトボイス(牡・スペシャルウィーク×アフレタータ・12)
3/27・栗毛・富田牧場・宮川純造・栗・加用

母父タイキシャトル 半姉ファインチョイス、半兄アットウィル
「しっかりとした体型は母父タイキシャトルの影響だろう。進めていって凄く良くなってきたし、兄姉が2歳時から活躍している血統なので早くから活躍できるのではないかと思っている」(育成)496キロ

6位 [スズカステイボーイ](牡・ステイゴールド×サイレンスアモール・9)
3/5・鹿毛・辻牧場・[永井啓弍]・不明

母父テイエムオペラオー 13HBAサマーセール1100万

7位 アルーリングトーン(牡・フレンチデピュティ×アルーリングアクト・15)
2/14・鹿毛・白老F・サンデーR・栗・西園

母父エンドスウィープ クラブ募集額3000万 全姉アルーリングボイス、母はGⅢ勝ち
「上が皆、堅実に走っている。筋骨隆々の馬体で、いかにもフレンチの血を受け継いでいるという感じ。この母系は気が悪いという話を聞くが、現段階でそんなところは見せていないし、非常に楽しみにしている1頭」(調教師)

8位 アドマイヤスカイ(牡・ディープインパクト×アドマイヤカンナ・9)
1/26・青鹿毛・ノーザンF・近藤利一・栗・橋田

母父ブライアンズタイム 近親アドマイヤフジ、アドマイヤコスモス、アドマイヤホープ
「最初の頃はトモが緩かったけど、1月、2月で急激に良くなってきた。ハミをグイグイと取ってディープ産駒らしい走り方をする。疲れが出ても休ませるとすぐ元気になるし、精神的な強さもありそう」(育成)455キロ

9位 [ロイヤルヴォルト](牝・ディープインパクト×レディジョアン・8)
2/22・鹿毛・千代田牧場・[飯田政子]・[栗・松田国]

母父Orientate 母は米GⅠ勝ち、近親ディルガ

10位 [レッドラミア](牝・ディープインパクト×マウントコブラ・12)
3/10・鹿毛・社台F・[東京HR]・[栗・藤原英]

母父Mt. Livermore クラブ募集額2800万
[PR]
by efurin | 2014-06-20 23:59 | それぞれのPOGりん | Comments(0)