ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・9

ビエンビエンさん同様、こちらもベスト10の常連。
昨シーズンも手堅く9位にまとめた「500万特別ハンター」えるこんさん。

しかし今回は1次ドラフトで大苦戦。
11頭が重複負けを喫しておりました。
ただ驚いたのが2次ドラフトの指名馬。
2次ドラフトでここまでの銀河系は、なかなかお目に掛かれない。

大敗の1次ドラフトの中で、前評判がすごぶる高いトーセンバジルを確保できたのは大きな収穫。
実際、走ってみないと分からないですが、宝塚記念当日、ティルナノーグとの激突には注目が集まります。
その前に、こちらも評判の高いベルラップが今週末、どんな走りを見せてくれるか。
そして、2次ドラフト組の中で何頭かでも血統の額面通りに走ってくれば優勝争いも十分。


9.えるこん

1位 レッドメアラス(牝・ステイゴールド×セイランクイーン・13)
4/17・芦毛・青藍牧場・東京HR・栗・須貝

母父メジロマックイーン クラブ募集額2200万
「浅田真央ちゃんのような、しなやかさがあって凄くきれいな馬体をしている。ステイゴールドの女の仔は凄く難しいところがあるが、これまで色んな経験をして勉強になった。この馬も早期デビューを検討している」(調教師)450キロ

2位 トーセンバジル(牡・ハービンジャー×ケアレスウィスパー・8)
3/1・黒鹿毛・ノーザンF・島川隆哉・栗・藤原英

母父フジキセキ 12セレクト13500万 近親トーセンジョーダン
「大物の雰囲気がある。調教でも折り合いがつくし余計なことをしない。まるで古馬に乗っているよう。あとはトモの筋肉が本当に凄くて推進力が半端ない。血統的には晩成型だけど、この馬は完成度も高い」(育成)484キロ
6/29(日)阪神芝1800でデビュー予定

3位 [アルギュロス](牝・マンハッタンカフェ×シルヴァースカヤ・11)
3/26・黒鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[栗・池江]

母父Silver Hawk クラブ募集額2800万 近親シックスセンス
「いかにもマンハッタンらしい胴長な体形でグッドルッキング。オークス向き」(調教師)
「ここまでは上手く調整ができている。ピッチ走法で回転が速くいいスピードを持っている。気性が少し勝っているので、その辺を注意しながら乗り込んでいるが、普段はおとなしいし折り合えない感じではない。距離は1600~2000ぐらいが良さそう」(育成)450キロ

4位 ベルラップ(牡・ハーツクライ×ベルスリーブ・7)
3/9・鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・須貝

母父シンボリクリスエス クラブ募集額3000万
「均整が取れた馬体をしていて、柔らかい身のこなしをする馬。いかにもハーツクライ産駒という感じで、終いの脚が切れそうで、内に秘めたものを持っていると思う」(調教師)
「柔らかみがあり、ジャスタウェイに引けを取らない素質を感じる」(育成)478キロ
6/15(日)東京芝1800でデビュー予定

5位 ディアマイダーリン(牝・ハーツクライ×オネストリーダーリン・14)
2/22・鹿毛・追分F・窪田康志・美・菊沢

母父Kingmambo 近親ゴールドアリュール
「牝馬では最も進んでいる中の1頭で、騎乗スタッフの評価も一様に高い。しっかり体力がついてきており、牝馬ながら距離はもちそうなのでオークスを目指してほしい」(育成)478キロ

6位 母ドナブリーニ・9(牡・ディープインパクト)
3/21・鹿毛・ノーザンF・[林正道]・[栗・石坂]

母父Bertolini 全姉ジェンティルドンナ、ドナウブルー
「馬体が少しずつ変化してきている時期なので無理をさせていない。体高はあるが、まだ幅が足りない感じなので成長を促している段階。普段の行動は兄姉と似たところがあるし、やっぱりいい馬」(育成)460キロ

7位 [コンテッサトゥーレ](牝・ディープインパクト×エアトゥーレ・15)
4/5・鹿毛・社台F・[社台RH]・[栗・安田]

母父トニービン クラブ募集額4000万 半兄キャプテントゥーレ、半姉アルティマトゥーレ
「460キロくらいだが馬がいい。順調にきているので牧場の方も、早く入れようか、それともゆっくりか、なんて感じで迷っているらしい」(調教師)
「父の産駒らしいムダがなくまとまりのある馬体で、それでいてほど良く筋肉もついている。躍動感あるフットワークも申し分なく、やはり良血、と思わせてくれる。いやがおうにも期待は高まる」(育成)

8位 フローレスダンサー(牝・ハービンジャー×ダンスインザムード・11)
2/18・鹿毛・社台F・社台RH・栗・松田博

母父サンデーサイレンス クラブ募集額4000万 半姉ダンスファンタジア、母はGⅠ勝ち
「お母さんがうるさかったらしいが、この馬はおとなしい。しかし、ハービンジャーは大きく出すんだな。この馬も牝馬にしては大きい」(調教師)
「父の産駒は骨量があり大きく見せるが、調整を進めると前向きでスピード感もあり、いい意味で期待を裏切る馬が多い。この馬はGⅠ馬である母のスピードを受け継いでいると思うし、動きや馬体からは距離が延びても問題ないはず。クラシックの王道を目指してほしい」(育成)502キロ

9位 レジメンタル(牡・ハービンジャー×レジネッタ・7)
2/7・栗毛・追分F・G1レーシング・栗・浅見

母父フレンチデピュティ クラブ募集額6000万 母はGⅠ勝ち
「良血らしく当歳の頃から品があった。素直で扱いやすいタイプで乗り方に注文がつかず、展開を問わずに力が発揮できそうなイメージ。見た目も血統も良く、動きも目を見張るものがある。素質は間違いなくある馬で、それを潰さないよう大切に育てていけば必ず結果は出ると思っている」(育成)463キロ

10位 [ブライトバローズ](牡・キングカメハメハ×ジェダイト・10)
2/18・鹿毛・ノーザンF・[猪熊広次]・[美・堀]

母父サンデーサイレンス 12セレクト5200万 近親ケープリズバーン、ガイヤースヴェルト
「一つ上のアドマイヤメテオよりも大柄だし、ある程度は距離をこなせそうな感じ。いい雰囲気がある」(調教師)
「ストライドが大きくパワフルな走りを見せている。おっとりとした性格で、とても扱いやすい馬」(育成)494キロ
[PR]
by efurin | 2014-06-12 13:57 | それぞれのPOGりん | Comments(0)