ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・8

とにかくベスト10は外さない、POGりんきっての敏腕プレイヤー・ビエンビエンさん。
参戦初年度から6シーズン連続9位以内てのは凄い。

昨シーズンも序盤からエイシンオルドス、ウインマーレライが特別戦を勝利。
2月にはトーセンスターダムがきさらぎ賞を勝ち、上位を賑わしましたが後半に失速。
それでも3シーズン連続の二桁勝利、特別戦4勝はさすがの一言。

今回はドラフトも見事に立ち回って、上位指名7頭はストレートで確保。
リストを見ると、キャロットFとG1レーシング勢が主力を形成。
非追分F生産のG1レーシングが中~下位に並んでいるのも特徴的。
また、海外GⅠ勝ち馬の母が多いのも目立つ特徴。
随所に世間一般の盲点を突いている印象で、それがドラフト結果に結びついているような気がします。

まずは開幕第2週、アヴニールマルシェの走りに注目が集まります。
POGりん史上最多となる10名重複を制しただけに、これはぜひ活躍してもらいたい。


8.ビエンビエン

1位 アヴニールマルシェ(牡・ディープインパクト×ヴィートマルシェ・10)
2/4・鹿毛・ノーザンF・キャロットF・美・藤沢和

母父フレンチデピュティ クラブ募集額7000万 半姉・サンブルエミューズ
「凄いよ、このディープは・・・。牧場でも評判がいい。ディープの仔は平均的に見てきゃしゃな馬が多いけど、本当に立派な馬体をしている」(調教師)
「体の線もディープっぽいし、力強さというよりスピードタイプ。調教の動きも素軽くて抜群。気性も素直でムキにならないし、走りにムダがない。競争心があるのもいい」(育成)495キロ
6/15(日)東京芝1800でデビュー予定

2位 [クルミナル](牝・ディープインパクト×クルソラ・10)
5/12・黒鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[栗・須貝]

母父Candy Stripes クラブ募集額3600万 母は亜GⅠ勝ち
「モノは凄くいいけど気性がまだまだ子供。入厩は少し遅れるかな」(調教師)
「ちょっとまだ非力なところはあるが、持っているものは相当だと思う。5月生まれだし、これからもっと良くなっていきそう。体もまだまだ大きくなりそうだし、馬体減りなどを気にしなくてもよさそう。スケールの大きさ、そして奥深さを感じる」(育成)457キロ

3位 [メリーモナーク](牡・キングカメハメハ×リッチダンサー・12)
5/5・鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[栗・橋田]

母父Halling クラブ募集額4400万 半姉バウンスシャッセ
「まだ少し弱いところがあったり、子供っぽい体つきをしているので坂路でもまだ時計は出していないけど、いい素質を持っている。夏を越して秋になれば、自然と弱いところも改善されてくると思う」(育成)465キロ

4位 [トーセンゲイル](牡・ディープインパクト×パーシステントリー・6)
3/19・黒鹿毛・ノーザンF・[島川隆哉]・[栗・池江]

母父Smoke Glacken 13セレクト17000万 母は米GⅠ勝ち
「もちろんクラシック級。460キロぐらい。芝の中距離で切れ味を発揮しそう」(調教師)
「坂路で15、16秒のところを乗っているが背中は抜群。まだ少し線が細い感じなので、もうふた回りぐらい大きくなって幅が出てきてほしいけど、やっぱりいい馬。この時期の2歳馬は勢いだけで走ってしまうところがあるけど、この馬は道中で力まないし、しっかり折り合う。そのあたりはセンスなのだろう」(育成)

5位 アルバートドック(牡・ディープインパクト×ゴールデンドックエー・7)
1/21・鹿毛・白老F・G1レーシング・栗・松田博

母父Unusual Heat クラブ募集額6000万 母は米GⅠ勝ち
「悪くないんじゃないか。実はあまり印象にないから。俺が覚えているということは、どこか難点を持っているということだから。覚えていないくらいでちょうどいい」(調教師)
「これはがっちりとしたディープ。馬体重も500キロあって、体だけ見たらダートかな、と思う。でも走らせてみると動きが凄くきれいで、やっぱり芝かな、と。気性面は問題なく、素直に言うことを聞いてくれる。あとは、まだ少し中身が緩い面があるので、成長を促して、そうすればもっともっと良くなると思う。体の運び方がかっこいい」(育成)

6位 ルートヴィヒコード(牡・ディープインパクト×リトルハーモニー・17)
2/17・鹿毛・白老F・G1レーシング・栗・長浜

母父コマンダーインチーフ クラブ募集額6000万 半姉リトルアマポーラ
「とにかくストライドがきれいで、芝のクラシックディスタンス向き。広くて直線の長いコースが合う、いかにもディープ産駒らしいタイプだと思う。秋デビューから王道を進んでほしい」(育成)488キロ

7位 ハルマッタン(牝・マンハッタンカフェ×マチカネハヤテ・7)
4/20・鹿毛・社台F・G1レーシング・栗・河内

母父サクラバクシンオー クラブ募集額1600万 近親アグネスアーク
6/28(土)阪神芝1200でデビュー予定

8位 インクルーシブ(牝・ディープインパクト×キャッシュインクルーデッド・8)
1/22・青鹿毛・白老F・G1レーシング・美・古賀慎

母父Include クラブ募集3600万 母は米GⅠ勝ち
「女の子で小さいけど、いかにもディープらしいバネを感じさせるし凄く雰囲気がいい。これは楽しみ」(調教師)
「柔らかみのある軽いフットワークはいかにも芝向き。現時点で405キロと小柄な馬だが、カイバ食いが細いわけではないし、体質が弱いということもない」(育成)

9位 母Oelectra・9(牡・Henny Hughes)
4/11・栗毛・米国産・[グリーンF]・[美・和田道]

母父Gulch クラブ募集額1890万 14バレッツ3月セール15万ドル
「8月の新潟でデビュー勝ちを狙っていく」(調教師)

10位 シェーンハイト(牝・バゴ×ヴァイスハイト・8)
4/9・青毛・ノーザンF・キャロットF・美・斎藤

母父アドマイヤベガ クラブ募集額1600万 近親ロジユニヴァース、ノーザンリバー
[PR]
by efurin | 2014-06-12 12:01 | それぞれのPOGりん | Comments(0)