ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・2

メジロマ委さんことメジロマック委員会さん。
POGりん界きっての戦術家、そしてピンかパアかの大振りスーパースター。

昨シーズンは全馬早期デビュー馬で固め、狙い通り9月中旬には全馬デビューを達成。
更に開幕週デビューのイスラボニータがとんとん拍子に出世街道を歩み、終始、上位戦線に君臨。
最後は僅かの差で二度目の優勝を逃しましたが、とにかく盛り上がったシーズンでした。

そして迎えた今シーズン。
今回は拍子抜けと言っていいほど極端な偏りは無し。
しかし細かく見ると、1~4位が「ステイゴールド×メジロマックイーン」の黄金配合。
5~8位がディープインパクト産駒(5、6位は早期デビュー組)。
そして下位の2頭が芦毛(のネオユニヴァース牝馬)という、これまでの戦術をミックスし、それなりの主張は感じられるリストとなりました。
優勝を果たした10-11シーズンの立役者、オルフェーヴルとフェイトフルウォーの全弟、全妹にも期待が掛かりますが、脇を固める父ディープ勢の走りがカギを握るかもしれません。


2.メジロマック委員会

1位 アッシュゴールド(牡・ステイゴールド×オリエンタルアート・15)
1/31・栗毛・白老F・社台RH・栗・池江

母父メジロマックイーン クラブ募集額18000万円 全兄・オルフェーヴル、ドリームジャーニー
「素晴らしいの一言。オルフェーヴルそのものといった感じで体もそっくり。気性の激しいところはマシになっている。夏の新潟を予定している」(調教師)
「はじめは小さかったが寒い時期にしっかりと体力をつけて、どんどんと成長してきた。馴致からけいこに移動して進めても音を上げたことがない。芯が強くて丈夫なのだろう。力強さ、躍動感がある。乗ったスタッフは、やっぱりいいですねと口を揃えて言う」(育成)451キロ

2位 [ジョンブドール](牝・ステイゴールド×シャープキック・16)
4/3・鹿毛・ノーザンF・[サンデーR]・[美・高橋文]

母父メジロマックイーン クラブ募集額2000万 半兄・タイセイレジェンド
「気の悪い血統だけど特に問題なくきている。体も成長してきているので楽しみ」(調教師)

3位 [レッドサヴァージ](牡・ステイゴールド×ヒカルラフィーネ・9)
5/26・青鹿毛・大道牧場・[東京HR]・[美・二ノ宮]

母父メジロマックイーン クラブ募集額3800万 近親フラガラッハ
「黄金配合だし、いいところがありそう。秋以降のデビューを予定している」(調教師)
「週3回、坂路で16秒の時計を出している。5月生まれで、まだきゃしゃなので成長を促している段階。徐々にではあるが馬体に幅が出て、筋肉量も増えてきた」(育成)434キロ

4位 [バトナージュ](牝・ステイゴールド×フェートデュヴァン・12)
4/13・黒鹿毛・ハシモトF・[シルク]・[美・伊藤伸]

母父メジロマックイーン クラブ募集額2500万 全兄・フェイトフルウォー
「当歳の頃からバネの良さを感じていたし、馬のシルエットは悪くない。さすがに兄ほどの迫力はないけど、いい格好に成長してくれた。まだまだ変わってきそうだし楽しみ」(調教師)

5位 ディープフォルツァ(牡・ディープインパクト×チナンデガ・8)
4/14・鹿毛・社台F・グリーンF・栗・安田

母父チチカステナンゴ クラブ募集額6000万 母は仏GⅢ勝ち
「コロンとしていてディープ産駒によくあるタイプとは違うかも」(調教師)
「ディープ産駒らしくバネの利いた弾むようなフットワークが特徴的で、ストレートにいい馬。距離は十分にもつだろうし、クラシックディスタンスはこなせると思う」(育成)458キロ
6/15(日)東京芝1800でデビュー予定。

6位 スマートアロー(牡・ディープインパクト×スマートフェアリー・11)
4/27・鹿毛・スマートプロジェクトInc・大川徹・栗・須貝

母父ティンバーカントリー
「迫力がある馬体でディープにしては大柄。ここにパワーとしなやかさが加われば走るだろう」(調教師)
6/7(土)阪神芝1600でデビューして4着。

7位 [ヴィーヴル](牝・ディープインパクト×レディブラッサム・16)
4/24・鹿毛・ケイアイF・[ロードHC]・[栗・安田]

母父Storm Cat クラブ募集額6090万 半兄・ロードカナロア
「早くというタイプではない。時間をかけてやっていくつもり」(調教師)
「母が強く出ている印象で、距離の融通はあまり利かないかもしれない。このきょうだいは皆、母に似る」(育成)440キロ

8位 [ステラスターライト](牝・ディープインパクト×ノーブルステラ・11)
3/13・鹿毛・社台F・[G1レーシング]・[美・堀]

母父Monsun クラブ募集額3200万 半姉ノーブルジュエリー
「今のところデビューは秋を予定。ただ、調教の進み具合によっては夏ぐらいに入ってくる可能性もある」(調教師)
「ディープ産駒らしい上質のバネの持ち主で、当歳の頃から光るものがあった。調教でもキビキビとしたいい動きを見せてくれており順調そのもの。兄姉と同様、芝のマイル前後が活躍の場になりそう」(育成)460キロ

9位 母ココシュニック・7(牡・ネオユニヴァース)
2/12・芦毛・ノーザンF・[林正道]・[栗・松田国]

母父クロフネ 12セレクト5200万 半兄・ステファノス 母の母ゴールドティアラ
「ディープ産駒だが、精神的に余裕があるのは素晴らしい」(調教師)
「力がついてきている。跳びが大きくて気性もおとなしいから中距離ぐらいが合っていそう。週2回、坂路で15秒の時計を出していて順調に乗り込んでいるが、あまり慌てずに進めていく方針」(育成)518キロ

10位 [レッドルヴァン](牡・ネオユニヴァース×サヤカ・16)
1/26・芦毛・社台F・[東京HR]・[美・尾関]

母父A.P. Indy クラブ募集額2000万 母はGⅢ勝ち
「牧場の評価も高いし、いい走りをしている」(調教師)
[PR]
Commented by メジロマ委 at 2014-06-11 00:26 x
おっす、オラメジロ。
昨年は何気に最多着外数も取れましたので満足ですわ。
来年はオルフェーヴル3冠後に配合された馬の
デビューでございますので全頭ステマで固めます。
Commented by efurin at 2014-06-11 00:30
メジロマ委さん・・・やっぱね、POGはたくさん走ってなんぼですから、最多着外ってのもそれなりに勲章なのです。
てか、私も伏せていた次年度の方針。堂々たる宣言ですな。
さて、皆の衆はどう対処するか。
ともかく今シーズンの順位も重要になってきますね。
by efurin | 2014-06-09 22:27 | それぞれのPOGりん | Comments(2)