ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・10

10位 肉まん 43.24p(3.3.1.12)

1位 サトノアラジン(牡・ディープインパクト×マジックストーム)栗・池江
21.84p(1.0.1.1)ラジオNIKKEI杯(GⅢ)3着
2位 シュターツオーパー(牡・シンボリクリスエス×ディーバ)美・大久保洋
0p(0.0.0.2)
3位 シャドウダンサー(牡・ホワイトマズル×ダンスインザムード)栗・角居
10.8p(1.1.0.0)黄菊賞(500万)2着
4位 アルマミーア(牝・ディープインパクト×ライヴ)栗・中竹
0p(0.0.0.1)
5位 レッドアルヴィス(牡・ゴールドアリュール×チャールストンハーバー)栗・安田
7.8p(1.1.0.1)
6位 アムールブリエ(牝・Smart Strike×ヘヴンリーロマンス)栗・松永幹
0p(0.0.0.1)
7位 ミュゼタイフーン(牡・ハーツクライ×ドーニングストーム)美・大江原
0p(0.0.0.4)
8位 ナッハフォルガー(牡・ウォーエンブレム×クリックヒア)栗・中竹
0p(0.0.0.1)
9位 [エイシンロビン](牝・エンパイアメーカー×Rutherienne)[栗・小崎]
未出走
10位 パラドーロ(牝・ステイゴールド×マッチザピース)美・木村
2.8p(0.1.0.1)


11月末までに9頭がデビューして勝ち上がりが3頭。
上位指名のサトノアラジンとシャドウダンサーが活躍して前半戦のベスト10を確保。
しかし、前評判や陣営のトーンからすると、サトノアラジンは不完全燃焼の部類。
当然ダービーを目指さなければらならない素材だと思いますし、クラシック前のどこかで重賞を勝ってもらいたいところです。
シャドウダンサーは軽いケガがあり、順調さを欠いてしまいましたが、大きな影響は無さそうですし、こちらも重賞戦線に乗ってきてもらいたい。
この上記2頭に加え、レッドアルヴィスが首尾良く春のダートOP、交流重賞戦線に乗ってくればラストまで楽しめそう。

あとは未デビューのエイシンロビンがどこでデビューを迎えるか。
個人馬主というのもあり、音沙汰が無いのは心配。
[PR]
by efurin | 2013-12-29 00:25 | それぞれのPOGりん | Comments(0)