ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・3

3位 伊藤開示 97.96p(4.5.1.5)

1位 ハープスター(牝・ディープインパクト×ヒストリックスター)栗・松田博
75.6p(2.1.0.0)新潟2歳S(GⅢ)、阪神JF(GⅠ)2着
2位 サトノルパン(牡・ディープインパクト×エリモピクシー)栗・村山
10.56p(1.1.1.0)
3位 ヴィッセン(牡・ディープインパクト×ダンツクレバー)栗・石坂
未出走
4位 ローハイド(牡・ディープインパクト×アドアード)栗・松田博
9.0p(1.2.0.1)
5位 サンドラバローズ(牝・ディープインパクト×メジロサンドラ)栗・池江
0p(0.0.0.1)
6位 スウィートレイラニ(牝・ディープインパクト×ウィキウィキ)美・二ノ宮
0p(0.0.0.2)
7位 レッドソレイユ(牡・ディープインパクト×リーチフォーザムーン)美・藤沢和
未出走
8位 イサベル(牝・ディープインパクト×スカーレット)栗・角居
未出走
9位 スナッチマインド(牝・ディープインパクト×スナッチド)栗・岡田
2.8p(0.1.0.0)
10位 デコイ(牡・ディープインパクト×クイックリトルミス)美・木村
0p(0.0.0.1)


全馬ディープ固めで臨んだ今シーズン。
出走ペースこそ緩かったですが、今シーズン初出走馬となったハープスターが新馬→新潟2歳Sを連勝。
伊藤さん自身、POGりんでの初重賞制覇となりました。
そして1番人気を背負って迎えた阪神JFでは2着に終わりましたが、まさに負けて強しの内容で、来春の牝馬戦線の主役候補筆頭であることに変わりはありません。
galvezさんのレッドリヴェールに対し、こちらはエース馬なのが強みですし、まずはハープスターが無事に走ること、これが優勝争いへの最重要条件となるでしょう。

ただ一方で、全体の出走回数が少なく、獲得ポイントの大半をエース馬2頭で占めていることに不安も残ります。
ただ、その一角であるサトノルパンがどうにか年内に勝ち上がりましたし、この馬が今後、上のクラスでどこまでやれるか。
おそらく500万では格負けすることも無いでしょう。
[PR]
Commented by 伊藤 at 2013-12-27 18:44 x
それPOGは一年の〆としてうれしいです。
えふりんさんに会えてうれしかったです。
今年ほ飼食いが悪いという情報に悩まされました。
こればっかりは、指名段階ではわからないですし。
ハープスターは寝藁まで食べる頼もしさがあるので無事いってくれるでしょう。
あとは全馬デビューが目標です。
来年もよろしくお願いします。
Commented by efurin at 2013-12-28 20:58
伊藤さん・・・どうも、コメントありがとうございます。
私なんぞに会ったところで何の得にもならないと思いますが、そうおっしゃって頂けるのはありがたい限りです。
何だかんだで年内7頭がデビューしましたし、関係者サイドからしてもせっかくのディープ産駒なので、なるべく新馬戦期間内にデビューさせたいところなのではなかろうか、と。
今後の伊藤さんとハープスターの活躍を願っておりますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
by efurin | 2013-12-25 21:13 | それぞれのPOGりん | Comments(2)