ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・23

13位 メジロマック委員会 48.82p(5.5.4.14)

1位 ロードクロサイト(牝・Unbridled's Song×Folklore)栗・矢作
8.52p(0.2.2.0)
2位 キクノメテオ(牡・スペシャルウィーク×エイシンバーリン)栗・荒川
8.4p(1.0.0.0)
3位 ラブラバード(牡・スペシャルウィーク×グレイトフィーヴァー)栗・松田博
5.0p(1.0.0.4)
4位 ビーチブレイブ(牡・ハーツクライ×ビーチフラッグ)栗・加用
未出走
5位 モルダバイト(牡・シニスターミニスター×エクセレンス)美・新開
5.1p(0.1.2.1)
6位 アラバンサス(牝・アグネスタキオン×アドマイス)美・久保田
0p(0.0.0.1)
7位 ピーコックグリーン(牝・アドマイヤコジーン×ガルフパール)美・田村
0p(0.0.0.3)
8位 ホワイトフリート(牡・クロフネ×ファインセラ)美・久保田
12.0p(2.0.0.3)
9位 エキサイトゲーム(牡・ダイワメジャー×グッドゲーム)栗・橋田
未出走
10位 ニシノアプレゲール(牡・チチカステナンゴ×キープユアスマイル)栗・今野
9.8p(1.2.0.2)


芦毛で固めた今シーズンは、ここまでカワタカさんと並ぶ3位タイの出走数28回。
8頭がデビューして4頭が勝ち上がり。
ロードクロサイトとモルダバイトも未勝利でコツコツと稼いでおり、爆発力はなくとも安定感ある戦いっぷりでした。
結果、2歳戦はAクラスとBクラスの切れ目にて終了。

全体的にダート向きの馬が多く、そのあたりはPOG的に微妙なところです。
しかし、ダ1200の新馬を勝ったキクノメテオは、血統的に芝でもやれる余地が残っていると思います。
この馬が芝の短距離路線で戦えるなら、順位を上げる可能性もある。
同じく、ダート戦2勝でOP入りを果たしたホワイトフリートも、番組的に冬場は芝に適性を求めたい。
次走、京成杯へ向かう予定らしいので、馬場悪化ならチャンスがあるかも。

一方、芝で勝ち上がったラブラバードとニシノアプレゲールに関しては、十分、500万クラスで戦える力を持っております。
このあたりが無事にコツコツやってくれば、今後も大きく順位を落とすことはなさそう。
[PR]
Commented by メジロマ委 at 2012-12-26 21:11 x
中間地点ということでぼちぼちですね。
ロードクロサイトは去年のレッドクラウディア的な
活躍をしているはずだったんですけどねえ。
おっかしーなあ。
Commented by efurin at 2012-12-26 21:40
メジロマ委さん・・・まさに「ピンかパアか」だった近2シーズンと異なり、今回はまさに安定堅実志向ですね。
出走数が多い中、3着以内率5割キープですし。
ロードクロサイトは今年のポインセチア賞を勝つ馬だと踏んでいたのですが・・・。
おかしいなぁ、確かに。
by efurin | 2012-12-26 19:47 | それぞれのPOGりん | Comments(2)