ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・18

25位 九官鳥 15.0p(1.1.1.14)

1位 マイネルストラーノ(牡・ディープインパクト×マイネソーサリス)美・手塚
13.2p(1.1.0.3)ホープフルS(OP)2着
2位 アクメバイオ(牝・ネオユニヴァース×サンチェッス)栗・梅田智
0p(0.0.0.4)
3位 セプテントリオ(牡・ステイゴールド×オータムブリーズ)美・鈴木康
0p(0.0.0.2)
4位 ロジヒット(牝・ネオユニヴァース×ヒットザボード)美・古賀慎
1.8p(0.0.1.0)
5位 コスモシャイニング(牡・タニノギムレット×ダイイチアピール)美・田中清
未出走
6位 サブラタ(牝・ウォーエンブレム×レディオブチャド)美・手塚
0p(0.0.0.1)
7位 クラージュドール(牡・キングカメハメハ×レクレドール)栗・池江
0p(0.0.0.1)
8位 レッドセイリング(牝・ゼンノロブロイ×チャールストンハーバー)栗・藤原英
未出走
9位 プラリネ(牝・アドマイヤムーン×クーヴェルチュール)美・国枝
0p(0.0.0.3)
10位 フォーナインキング(牡・ハーツクライ×ターキー)美・田村
未出走


ここまでに7頭がデビューしましたが、未勝利で底を見せているっぽい馬も多く、前半は最下位でターン。
しかし、各参加者の情勢を分析比較すると、九官鳥さんが最下位で終わる可能性は低いと思います。
理由として、唯一の勝ち上がり馬が牡馬エースであり、年の最後にホープフルSで好走したことが挙げられます。
自己条件なら勝ち負けになる馬ですし、重賞でもそこそこやれていい。
高額条件であればあるほど、エース馬の1.2倍ルールが効いてくる。
ただ逆に言えば、万が一、このエース馬にアクシデントなどあれば、このまま最下位フィニッシュの可能性も出てきます。
すべての馬に言えることですが、とにかく無事に今後も進んでもらいたい。

あとは11/3に新馬で3着のロジヒットが、短期放牧を挟んで年明けには出走しそう。
どうにか2頭目の勝ち上がりが欲しいところです。
[PR]
by efurin | 2012-12-25 23:06 | それぞれのPOGりん | Comments(0)