ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・15

21位 胴長熊猫 21.24p(1.2.3.13)

1位 サトノユニコーン(牡・ディープインパクト×シャイアーズエンデ)栗・橋口
3.72p(0.0.2.2)
2位 [ダノンマイティ](牡・アグネスタキオン×スープリムゴディス)[栗・音無]
未出走
3位 母マコトキンラン(牡・ジャングルポケット)
未出走
4位 グリコーゲン(牡・チチカステナンゴ×ミスアルダント)栗・矢作
0p(0.0.0.2)
5位 タイセイホーネット(牡・メイショウサムソン×ハニーハント)栗・宮本
0p(0.0.0.2)
6位 アリオンバローズ(牡・ステイゴールド×ダンジグジョイ)栗・藤沢則
0p(0.0.0.2)
7位 ウインドクラスト(牝・スペシャルウィーク×ウィンドサイレンス)栗・松元
4.92p(0.1.1.2)
8位 メイショウカミタカ(牡・シルバーチャーム×ディープスマート)栗・西橋
0p(0.0.0.1)
9位 カシノランナウェイ(せん・マーベラスサンデー×カシノエスケイプ)栗・梅内
12.6p(1.1.0.0)ひまわり賞(OP)2着
10位 キングスクルーザー(牡・クロフネ×フィールドサンデー)栗・平田
0p(0.0.0.2)


全馬デビューを達成した昨シーズン同様、今回も快調なペースで8頭がデビュー済。
ですが、残る2頭に音沙汰が無いのは気掛かりです。
しかし、「どこから引っ張ってくんねん?」という情報皆無の馬が、いつの間にか入厩してシラっとデビューするのが胴長スタイルなので、あまり気にしなくて良いと思います。

序盤、カシノランナウェイが九州産限定で上位争いを繰り広げたのは良かったのですが、その後が不発気味。
未勝利で底を見せつつある馬も多く、このままでは最下位争い参戦の可能性も。
デビューから2戦連続3着したサトノユニコーンはそれっぽかったのですが・・・。

となれば、ここは一発「カシノランナウェイが一般馬に混じっても通用した」というオチに期待したい。
いや、冬の小倉で1200の500万特別があるでしょ。
あのあたり、どうっすかね?
って、まずは放牧から戻ってくることが先ですが。
[PR]
Commented by 胴長熊猫 at 2012-12-26 07:08 x
ドラフト重複とひまわり賞でやりきったので個人的には大満足です。
来シーズンの指名が楽しみだ!(白目)
Commented by efurin at 2012-12-26 19:23
胴長さん・・・なんちゅう早い燃え尽きなのか・・・。
全馬デビューが見えているのが幸いであります。
by efurin | 2012-12-25 21:44 | それぞれのPOGりん | Comments(2)