ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・13

3位 ちち 101.4p(6.4.1.13)

1位 レッドレイヴン(牡・Smart Strike×Wonder Again)美・藤沢和
35.4p(2.1.0.0)百日草特別(500万)1着、東スポ杯2歳S(GⅢ)2着
2位 カレンバッドボーイ(牡・ディープインパクト×ロレットチャペル)栗・橋口
2.8p(0.1.0.1)
3位 ベアトリッツ(牝・ディープインパクト×バルドウィナ)栗・音無
8.4p(1.1.0.1)
4位 ソリーソアンジェロ(牝・ディープインパクト×レンドフェリーチェ)栗・橋口
0p(0.0.0.2)
5位 ピクシーチャーム(牝・キングカメハメハ×オリエントチャーム)栗・矢作
0p(0.0.0.1)
6位 リージェンシー(牝・タニノギムレット×ヴェルヴェットクイーン)栗・中竹
1.8p(0.0.1.1)
7位 シンネン(牡・ステイゴールド×キタサンバースデー)栗・浅見
2.0p(0.1.0.2)
8位 トーセンレディ(牝・ダイワメジャー×レディインディ)美・加藤征
7.0p(1.0.0.4)
9位 ハッピーモーメント(牡・ディープインパクト×アドマイヤハッピー)栗・角居
7.0p(1.0.0.0)
10位 エーシンサミット(牡・Montbrook×My Golden Quest)栗・西園
7.0p(1.0.0.1)


相変わらずの手際の良さで、今シーズンも年内に全馬デビューを達成。
これで3シーズン連続の達成となり、まさに全馬デビュー職人であります。

昨シーズンは失礼ながら「全馬デビューだけ」といった風情でしたが、今シーズンは様相が異なります。
半数の5頭が勝ち上がり、その中でレッドレイヴンが重賞2着。
東スポ杯でコディーノに付けられた差は、そのまま完成度の差だったでしょうし、まだまったく底は見せていないと言って良いでしょう。
また、ハッピーモーメントもそれっぽい良血馬なので、年明け早々の特別戦(おそらく寒竹賞っぽい)での走りによっては牡馬2本柱が確立できる。
逆に言えば、レッドレイヴンだけで優勝争いに加わるのは難しいかもしれません。

牝馬勢は、エース馬のベアトリッツが勝ち上がったのが何より。
馬体回復のために放牧中ですが、そのあたりの成長があれば、牡牝ともに重賞戦線が楽しめそう。
[PR]
by efurin | 2012-12-25 21:05 | それぞれのPOGりん | Comments(0)