ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・6

17位 galvez 35.2p(3.2.1.17)

1位 リグヴェーダ(牡・ディープインパクト×ニキーヤ)栗・池江
8.4p(1.0.0.0)
2位 アドマイヤキンカク(牡・ディープインパクト×ソニックグルーヴ)栗・友道
2.0p(0.1.0.3)
3位 エルマンボ(牡・ウォーエンブレム×ティエッチマンボ)美・堀
未出走
4位 カウウェラ(牡・キングカメハメハ×メモリアルサマー)美・戸田
0p(0.0.0.2)
5位 オアシスムーン(牝・アグネスタキオン×テンザンデザート)栗・河内
0p(0.0.0.4)
6位 ハナズデラックス(牝・オレハマッテルゼ×コスモカラット)栗・牧浦
1.8p(0.0.1.2)→抹消
7位 トゥザレジェンド(牝・キングカメハメハ×トゥザヴィクトリー)栗・池江
0p(0.0.0.1)
8位 オスカルアンドラス(牡・ネオユニヴァース×ルヴァンクレール)美・加藤征
0p(0.0.0.1)
9位 レッドマニッシュ(牝・シンボリクリスエス×スティンガー)美・国枝
5.0p(1.0.0.3)
10位 アユサン(牝・ディープインパクト×バイザキャット)美・手塚
18.0p(1.1.0.1)アルテミスS(重賞)2着


序盤戦は負けが込んだ印象でしたが、10月にアユサンが新馬勝ちの後、重賞2着と奮闘。
連覇を狙った阪神JFでは2頭出しを果たし、見せ場を作っておりました。
そして今年の最終日で良血エースのリグヴェーダが新馬を快勝。
来年の躍進に期待を抱かせる2歳戦の終盤でした。

既に9頭がデビューしており、残るはエルマンボのみ。
11月末にデビュー直線まで進んでいたのですが、軽いケガで放牧。
ただ、順調なら期間内デビューの可能性は高いです。

その全馬デビュー達成の上で、リグヴェーダとアユサンが重賞戦線で活躍すれば、ベストテン入りが見えてくるはず。
牡牝それぞれに主軸ができたのは大きいと思います。
特にリグヴェーダはエース馬だけに、今後の躍進次第では優勝争いに加わる目も残っているでしょう。
[PR]
by efurin | 2012-12-25 16:45 | それぞれのPOGりん | Comments(0)