ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・4

8位 フレンチサラダ 68.3p(5.1.4.12)

1位 キズナ(牡・ディープインパクト×キャットクイル)栗・佐々木
29.4p(2.0.1.0)黄菊賞(500万)1着、ラジオNIKEEI杯(GⅢ)3着
2位 トルストイ(牡・ディープインパクト×グレースアドマイヤ)栗・音無
3.1p(0.0.2.0)
3位 エルミラドール(牝・ジャングルポケット×アドマイヤサンデー)栗・笹田
未出走→抹消
4位 ワープドライブ(牡・ディープインパクト×リアリーハッピー)美・久保田
未出走
5位 ダノングラッド(牡・ネオユニヴァース×レディマールボロ)栗・角居
0p(0.0.0.4)
6位 エイシンラトゥナ(牝・Exchange Rate×Queen's Play)栗・松元
26.2p(2.0.0.2)ダリア賞(OP)1着、アルテミスS(重賞)4着
7位 ディープウェーブ(牡・ディープインパクト×ラリーズン)栗・松田博
6.8p(1.0.1.1)
8位 アスタラビクトリア(牝・ネオユニヴァース×ホワイトウォーターアフェア)栗・角居
未出走
9位 タニノタキシード(牡・タニノギムレット×タニノシスター)栗・角居
2.8p(0.1.0.1)
10位 ハーツコンセンサス(牝・ハーツクライ×インコグニート)栗・石坂
0p(0.0.0.4)


昨シーズン4位のフレンチサラダさんは、今回も序盤まずまずの滑り出し。
既デビュー馬については当たり外れの差が大きい印象で、共に4戦を消化しているダノングラッド、ハーツコンセンサスはかなり厳しい現状。
あと、牝馬エースの登録抹消は痛い。

しかし、牡馬エースのキズナとエイシンラトゥナがOP戦線で活躍し、来年にも期待が掛かります。
エイシンについては阪神JFで大敗を喫してしまい、もしかしたら早熟の可能性もありますが、逆にキズナはまだまだこれからの馬。
ラジオNIKKEI杯で賞金加算できなかったのは少し痛いですが、無事に進めばどこかでクラシックの権利は獲ってくれる馬だと思います。
更なる上位進出のカギは、この馬が握っていることに間違いはないでしょう。

また、良血トルストイはデビューから連続3着と堅実ですが、この手のタイプは、メンバーの濃くなる未勝利戦線で勝ち切れないパターンも多いので、できるだけ早く勝ち上がってもらいたい。
ディープウェーブは昇級戦の万両賞でも、そこそこ踏ん張りましたし、クラス慣れしてもっとやれるでしょう。
[PR]
by efurin | 2012-12-25 15:37 | それぞれのPOGりん | Comments(0)