ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・1

では恒例のやつを、ウェーバー順にてやっていきます。
(順位の赤字は勝ち上がり馬)

6位 toki 79.76p(7.7.2.8)

1位 トーセンパワフル(牡・ネオユニヴァース×アコースティクス)栗・角居
20.16p(1.2.0.2)萩S(OP)2着
2位 リジェネレーション(牡・アグネスタキオン×エアトゥーレ)栗・角居
10.2p(1.1.1.0)エリカ賞(500万)3着
3位 クライナーヘルツ(牡・ネオユニヴァース×ライジングクロス)栗・池江
0p(0.0.0.2)
4位 ディアデラマドレ(牝・キングカメハメハ×ディアデラノビア)栗・角居
8.4p(1.0.0.0)
5位 バルトロメオ(牡・ディープインパクト×フォルテピアノ)栗・音無
1.3p(0.0.1.2)
6位 アクションスター(牡・アグネスタキオン×レディオブヴェニス)栗・音無
12.6p(1.1.0.1)ラジオNIKKEI杯(GⅢ)4着
7位 ヴァーティカルサン(牡・マンハッタンカフェ×ヴァレラ)栗・石坂
5.0p(1.0.0.1)
8位 サトノプレシャス(牡・アグネスタキオン×ハニーローズ)栗・安田
4.8p(0.2.0.0)
9位 プレイズエターナル(牡・アドマイヤムーン×メイビーフォーエヴァー)栗・安田
17.3p(2.1.0.0)かえで賞(500万)1着
10位 ダイワモンド(牝・ダイワメジャー×サウンドバイト)美・菊沢
未出走


出走機会の7割でポイントを獲得。
例年変わらぬハイレベルな安定感を見せており、この年末まで出走機会11週連続ポイント獲得中。
勝ち上がり馬が6頭おり、休養中の未勝利組・サトノプレシャス、バルトロメオも順調に復帰すれば、すぐに順番が回ってきそう。

牝馬エース・ディアデラマドレの故障離脱は痛かったですが、牡馬勢は充実。
クラシック路線と短距離路線の双方で楽しめそうな陣容です。

まずは年明け、福寿草特別に出てきそうなリジェネレーションと、クロッカスSから始動予定のプレイズエターナル。
この2頭の結果が命運を占いそう。
アクションスターも昇級初戦のラジオNIKKEI杯で、そこそこいい競馬をしましたし、ぜひクラシック路線に乗ってもらいたい。
あとはダイワモンドが無事にデビューすれば全馬デビュー達成。
[PR]
Commented by toki at 2013-01-03 04:30 x
寸評有難うございます、正直今年は手駒が小さい粒ぞろいになって先がなさそうな感じなんですよね、トーセンパワフルも2勝目をあげれず無駄にレースを消化した結果最後は万両賞で飛んでしまいました、これ以上の上昇はなさそうなので一桁順位維持とできたら期間内最多勝を狙いたいと思います。
Commented by efurin at 2013-01-03 04:59
tokiさん・・・毎度コメントありがとうございます。
確かに、GⅠ馬を擁して優勝した2シーズンと比べると小粒感のある現状ではあります。
しかし、ジェンティルドンナもヴィルシーナもトーセンホマレボシも2歳時に重賞やOP特別は勝っていなかった。
なので分かりませんぞ、リジェネレーション、アクションスター、プレイズエターナルあたり。
by efurin | 2012-12-24 19:45 | それぞれのPOGりん | Comments(2)