ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・11

11.カワタカ

1位 ミラクルアスク(牝・ディープインパクト×イルバチオ・13)
3/18・鹿毛・川上牧場・廣崎利洋・美・伊藤正

母父・ロイヤルアカデミーII 母はアイビスサマーダッシュ勝ち
3月入厩済

2位 アットウィル(牡・アドマイヤムーン×アフレタータ・10)
2/7・栗毛・富田牧場・宮川純造・栗・領家

母父・タイキシャトル 全姉・ファインチョイス
「姉のファインチョイスに比べておとなしく、息の入れ方や背中の筋肉が凄くいい。芝でもダートでもやれそう」(助手)
「がっちりした体形は好感が持てる。ピッチ走法だし気性も前向きなので、やはり短いところが向いているだろう」(育成)
480キロ(5月) 函館デビュー予定

3位 ランギロア(牡・アグネスタキオン×ハルーワスウィート・9)
3/3・栗毛・ノーザンF・佐々木主浩・栗・友道

母父・Machiavellian 半姉・ヴィルシーナ
「こちらは父がアグネスタキオンということで、父産駒らしい筋肉質の体形でコロンと見せる。胸幅があって、ヴィルシーナとはまったく違うタイプ。ハルーワスウィートは父の良いところを出すのではないか。ヴィルシーナと同じく北海道でゲートを受け、一旦放牧に出して札幌デビューというプラン」(友道師)
「まだトモに少し力が足りないが、胸前の筋肉は発達しているし、いい切れ味がありそう。2、3ヶ月でまたガラッと変わってくると思う。飼い食いが良くて、馬体の細化などの心配もない」(育成)
498キロ(4月)

4位 ダイワストリーム(牝・ダイワメジャー×ダイワエンジェル・10)
3/5・栗毛・フジワラF・大城敬三・美・上原

母父・タイキシャトル 半姉・ダイワデッセー
「生まれた時からバランスのいい体つき。変わらず成長している」(育成)

5位 プリフォンテイン(牡・アドマイヤムーン×プレミアノアール・6)
2/21・鹿毛・ダーレーJF・シェイク・モハメド・栗・松永幹

母父・スペシャルウィーク 近親・ブラックエンブレム

6位 アドマイヤドバイ(牡・アドマイヤムーン×ロイヤルカード・11)
5/13・鹿毛・辻牧場・近藤利一・栗・橋田

「走りがリズミカル。夏場にデビュー予定」(橋田師)
「もちろん、将来的にはドバイワールドCを制するような馬になってくれることを願っている」(近藤利一氏)

7位 アメージングタクト(牡・ウォーエンブレム×アルーリングアクト・13)
2/9・鹿毛・白老F・サンデーR・栗・野村

母父・エンドスウィープ クラブ募集4000万 半姉・アルーリングボイス 母はGⅢ勝ち
「バランスのいい体つき。ゲートの開く音にちょっと怖がって出は鈍かったけど、二の脚は速い。そのあたりは慣れていけば解消するだろう」(野村師)
460キロ(5月) 6/10(日)阪神芝1400でデビュー予定

8位 レッドオーヴァル(牝・ディープインパクト×コートアウト・12)
3/7・鹿毛・社台F・東京HR・栗・安田

母父・Smart Strike クラブ募集3600万 半兄・ストロングリターン
「夏場は体に厚みを出すことに専念し、秋口のデビューへ向けて進める」(クラブ)
451キロ(5月)

9位 母オルターネイティヴ・10(牝・ハーツクライ)
2/27・栗毛・社台F・[橋元勇氣]・[未定]

母父タイキシャトル 12千葉サラブレッド950万

10位 [テイエムオーライト](牡・ファンタスティックライト×テイエムオーシャン・12)
3/28・鹿毛・川越F・[竹園正繼]・[栗・新川]

母父・ダンシングブレーヴ 母はGⅠ3勝
「(半兄の)テイエムオペラドンは正直なところ競走馬になれるかな、という弱さがあったが、この馬は違う。馬のつくりはピカイチ。オペラドンどころの話じゃない。凄くいい。これは走ってくるはず。これで新川にも大きいところを取ってもらわないと」(竹園正繼氏)
[PR]
by efurin | 2012-05-27 11:03 | それぞれのPOGりん | Comments(0)