ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・23

17位 きばりん 19.32p(2.0.4.13)

1位 パトロネージュ(牡・Mr. Greeley×Prospective Saint)栗・角田
3.72p(0.0.2.0)
2位 アリゾナビスティー(牝・アドマイヤムーン×パパゴ)栗・矢作
0p(0.0.0.1)
3位 メイショウイチフジ(牡・ブライアンズタイム×メイショウオッチモ)美・尾形
0p(0.0.0.3)
4位 ダイワインスパイア(牡・ダイワメジャー×ダイワパッション)美・池上
7.0p(1.0.0.2)
5位 アルーア(牝・ディープインパクト×アルーリングアクト)栗・野村
0p(0.0.0.2)
6位 オウケンプレスリー(牡・スペシャルウィーク×ストレイトフロムテキサス)栗・小崎
未出走
7位 ホッコーファイナル(セン・キングヘイロー×ホッコーシャープ)栗・飯田明
0p(0.0.0.2)
8位 マーチャンテイマー(牝・クロフネ×マサコチャン)栗・松田博
1.8p(0.0.1.1)
9位 クリーンプリンセス(牝・ジャングルポケット×ガトーショコラ)栗・佐々木
未出走
10位 タマモキャッツアイ(牝・サクラバクシンオー×ブルーアイ)栗・中竹
6.8p(1.0.1.2)

序盤戦から年末にかけて、まずまずコンスタントに出走馬を送り出したきばりんさん。
全体的に短距離部門の馬が多い印象ですが、とにかく8頭がデビューできたのは良かった。

ダイワインスパイアは新馬勝ちの内容から、自己条件の芝短距離なら勝負になりそうですし、今後、まずはここでポイントを稼ぎたい。
京王杯でもハナを切った先行力は魅力十分の存在。

タマモキャッツアイは現状、1200でも距離が長い印象なので、POG期間的にはちょっと厳しいかもしれません。
でも、いずれ北海道シリーズのダ1000で穴を空けそうな雰囲気があるので、POGとは関係なく記憶に留めておきたい1頭。

未勝利組ではパトロネージュとマーチャンテイマーがいい線いっているので、早めに勝ち上がっておきたい。

そして、未デビュー組では年明け早々にオウケンプレスリーが初陣を迎える予定。
大物感がありそうな馬ですし、サクサク進めば戦力になる可能性がある。
また、現在未入厩のクリーンプリンセスも秋には一度、入厩していたので、全馬デビューの可能性はそこそこ高いと思われます。
今シーズンからボーナスが30pに増えたので、順位の押し上げには貴重な材料。
[PR]
by efurin | 2011-12-28 21:29 | それぞれのPOGりん | Comments(0)