ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・20

16位 九官鳥 19.5p(2.2.1.14)

1位 ローゼンケーニッヒ(牡・シンボリクリスエス×ローズバド)栗・橋口
未出走
2位 シュガーヒル(牡・クロフネ×ソルティビッド)美・国枝
9.1p(1.1.1.0)
3位 ディアデラバンデラ(牡・シンボリクリスエス×ディアデラノビア)栗・角居
2.0p(0.1.0.3)
4位 エンブレムローザ(牡・ウォーエンブレム×ローザネイ)栗・橋口
0p(0.0.0.1)
5位 マイネエカテリーナ(牝・アグネスタキオン×マイネヌーヴェル)美・稲葉
8.4p(1.0.0.1)
6位 ジプシーマイラブ(牝・Manduro×ローズジプシー)栗・矢作
0p(0.0.0.1)
7位 フォルトファーレン(牡・ディープインパクト×クリソプレーズ)栗・音無
0p(0.0.0.3)
8位 アンコールピース(牝・ネオユニヴァース×トレアンサンブル)栗・松田博
0p(0.0.0.3)
9位 [サトノアブソルート](牡・アグネスタキオン×フェアディール)[美・堀]
未出走
10位 テイエムキュウベエ(牡・ストラヴィンスキー×テイエムグラマー)栗・小島貞
0p(0.0.0.2)

ここまで8頭がデビューし、出走回数もほどほどに確保している九官鳥さん。
しかし、全体としては低調な結果に終わった前半戦でした。
複数回出走して、勝ち上がりのメドが立っていない馬も多く、ちょっと厳しい情勢かもしれません。

ただ、牝馬エースが勝ち上がっているのは強み。
マイネエカテリーナは母系の血統的に中山向きの可能性がありますし、牡馬相手の東京戦だった百日草特別9着はノーカウントでいいかもしれません。
鼻出血を発症し、現在は放牧に出ておりますが、春の中山開催で一発あるかもしれません。

また、アパパネ弟のシュガーヒルはダート戦線でコツコツ稼いでくれるのではないでしょうか。
開幕週にデビューした良血馬ディアデラバンデラは12月になって、ようやく2着に入りましたが、もしかしたらこちらもダート向きかもしれませんね。

未デビュー馬が2頭のみなので、そこからの上積みは厳しいかもしれません。
が、牡馬エースのローゼンケーニッヒが1月中旬にはデビューしそうな見込みですので、ここに掛かる期待は大きいでしょう。
ただし、9位指名のサトノアブソルートは馬名登録の気配もなく、全馬デビュー達成についてはどうとも言えないところです。
[PR]
Commented at 2011-12-29 20:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by efurin at 2011-12-29 21:49
ラジオ向けコメントの方・・・って、書き込んでいる場所で誰だか分かってしまうわけですが、どうもありがとうございます。
読まさせて頂きます。
by efurin | 2011-12-28 19:43 | それぞれのPOGりん | Comments(2)