ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・13

15位 謎男 21.66p(1.1.2.12)

1位 シャドウパーティー(牡・King's Best×Glinting Desert)美・堀
3.36p(0.1.0.0)
2位 レッドコースト(牡・Cape Cross×Rosie's Posy)美・藤沢和
未出走
3位 エーシンスペリアー(牝・King's Best×Politesse)栗・松元
0p(0.0.0.2)抹消
4位 エーシンドクトル(牡・Montjeu×Solaia)栗・松永昌
0p(0.0.0.2)
5位 エーシングリフォン(牝・Street Cry×Wind Flow)栗・坂口
0p(0.0.0.1)
6位 レッドグルーヴァー(牡・Any Given Saturday×Wake Up Kiss)栗・角居
0p(0.0.0.2)
7位 グランシャルム(牝・Dylan Thomas×ロイヤルファンタジー)美・鹿戸雄
1.8p(0.0.1.1)
8位 レッドガナドーラ(牝・Bernardini×Zophie)美・国枝
未出走
9位 マイネヴォヤージ(牝・Teofilo×Hambye)栗・宮本
0p(0.0.0.2)
10位 ゲンテン(牡・Bernardini×Miss Terrible)栗・矢作
16.5p(1.0.1.2)デイリー杯2歳S(GⅡ)3着

お馴染みの外国産軍団。
9月に札幌でゲンテンが新馬勝ちし、2戦目のデイリー杯でも3着に奮闘したあたりは良かった。
しかし、エーシンの外国産軍団が軒並み不発。
牝馬エースのエーシンスペリアーに至ってはデビューから2戦連続のしんがり負けの末に抹消。
これは痛い。

また、新馬戦2着で高い素質をうかがわせてくれたシャドウパーティーも骨折が判明。
ちょっと運の無い感じのシーズン前半でした。

ただし、デビュー率が高いのは好材料。
全馬デビューボーナスというルールがありますので。

残る2頭はどちらも東京HRのクラブ馬ですので、期間内には間に合わせてくるのではないでしょうか。
ただ、レッドコーストが脚の炎症などで、レッドガナド-ラが爪の具合が悪く、調整が遅れ気味なのは気になるところ。
共に評判馬なので、できれば早めに出てきてもらいたいところであります。

そして、唯一の勝ち上がり馬であるゲンテンですが、年明け早々にダ1400の平場戦に出走予定。
ダートも2戦目ですし、距離も前走の1200よりは向くでしょう。
重賞実績からしても、500万クラスでは力量上位でしょうし、サクっと昇級してもらいたい。
[PR]
by efurin | 2011-12-27 22:33 | それぞれのPOGりん | Comments(0)