ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・5

5位 肉まん 77.16p(6.3.2.15)

1位 シェイクスピア(牡・ディープインパクト×グレースアドマイヤ)栗・角居
未出走
2位 アンチュラス(牝・ディープインパクト×アンチョ)栗・安田
30.36p(1.1.1.1)ファンタジーS(GⅢ)2着 阪神JF(牝・GⅠ)5着
3位 ラシンティランテ(牝・アグネスタキオン×アドマイヤキラメキ)栗・友道
17.0p(2.0.0.2)白菊賞(牝・500万)1着
4位 アナスタシアブルー(牝・ファルブラヴ×ライラプス)栗・松田国
7.0p(1.0.0.2)
5位 オメガホームラン(牡・ダイワメジャー×ダンスーズデトワール)栗・安田
11.0p(1.0.1.1)クローバー賞(OP)3着
6位 マデイラ(牡・クロフネ×マチカネエンジイロ)栗・荒川
7.0p(1.0.0.1)
7位 ロイヤルチョイス(牡・Redoute's Choice×コーラルチャイムズ)栗・長浜
0p(0.0.0.3)
8位 ケープジャスミン(牝・クロフネ×シェイクハンド)栗・沖
4.8p(0.2.0.1)
9位 プリンセスエイコー(牝・ネオユニヴァース×ティークリッパー)栗・長浜
未出走
10位 サードシアター(牡・オペラハウス×ホワッツニュー)美・鈴木伸
0p(0.0.0.4)

序盤の7月からコンスタントに指名馬がデビューし、重賞勝ちこそ無かったものの、ハイレベルな質と量をもって前半戦を上位ターンで終えました。
上位7名中6名が重賞ウイナーという中、この順位に食い込んでいるのが平均的なレベルの高さを物語っております。
「平均的な層の厚さ」という点ではtokiさんと双璧を成す存在でしょう。

5頭の勝ち上がり中、新馬勝ちが実に4頭。
新馬勝ちを果たせなかったアンチュラスはGⅢで2着。
阪神JFの3頭出しは圧巻のパフォーマンスでした。
その牝馬勢も、それぞれ次走は重賞、OP特別への出走を予定されておりますし(アンチュラス・・・フィリーズR、アナスタシアブルー・・・エルフィンS、ラシンティランテ・・・フェアリーS)、このあたりの予定からしても豪華な布陣であります。

オメガホームランとマデイラの牡馬勢もOPで通用する素地を持っていると思いますし、勝ち上がり組に関しては順調に行ってくれれば今後もポイントを加算してくれると思います。

そして年明けの1/15には牡馬エースのシェイクスピアがデビュー予定。
既に8頭がデビューしているわけですし、2シーズン連続となる全馬デビュー達成の可能性も高い。

まずは年明け早々に出てきそうなラシンティランテとオメガホームランで後半戦の弾みを付けたいところでありましょう。
[PR]
by efurin | 2011-12-25 19:51 | それぞれのPOGりん | Comments(0)